自走式移動胃袋 ~ The nomadic stomach ~

旅(ツーリング)と食(B級グルメ)の記録と記憶、願望を現在・過去・未来とつらつらと書いています。

日ノ出町・初芳鮨 で オフ会

2019年02月21日 | 地元食 ~ 横浜
まもなく1週間が過ぎようとしておりますが、前週の週末に開催された食べ〇グ系のオフ会に参加いたしました。 当初計画は5~6人で寿司でも摘まみましょうというトコロでしたが、彼のチームRBというヤツがありまして…いつのまにやら参加者が二桁&昼からのロングランとなっておりました(笑) ワシは元々ヒルは仕事の予定が入っていたので夜の部からの出遅れ参加となりました。 総勢15名の大所帯の多くの方は初対面に近い状況なのですが、食べログといっても日記的な使い方をされている方が多いのとヨユーのある時はコメのやり取りまで拝読しているので、ウッスラと既視感が産まれております。

さて、参集された場所は日ノ出町駅から遠くはない寿司屋でありまして、ワシは久々の野毛散策をすべく桜木町からのエントリーといたします。 ドコゾに飲みに入る時間はないので、少しだけフラフラとしまして、ラス前の入店になります。 ドーモドーモという感じでテケトーにオフ会がスタートいたします。 でもって、突出しのモズクより先に登場しました鰤大根は、生姜が効きすぎているわけでもないのに魚の臭みとは無縁ですし、大根もふわっと煮汁が染み込んでいるのは「手練」ということでしょう。



刺身盛り合わせ…って、木の切り株に乗っての登場です。 スタンダードな鮪中トロ&赤身から始まり、鰤、鯵に〆鯖、蛸&烏賊、帆立に赤貝、そしておめでたくも数の子に伊勢海老が加わってのフルエントリーです(嬉)



皆が写真を撮り終わるのを待っていただきますが、ワシは忘れてはいけない…忘れられない断面写真を撮ったりいたします(慣)



一回りの挨拶を済ませた頃に、海老の塩焼きが登場いたします。 ミナサンのヒルゴハンは中華街・食べ放題からスタートでしたが、カラオケでカロリー消費&酔い覚ましをされたので、ソコソコには箸が伸びております。



宴も半ばというトコロで寿司屋にしては、濃い目の鰻の蒲焼が登場デス♪ コチラの店を紹介いただいたOKサンはヲトナリで粛々と杯を重ねられていますが、コチラが出されるのは珍しいとのことでした(評)



既に酩酊劇場の世界ですが、挨拶も一回りすませた頃に〆ということなのでしょう…鮨の握りが各卓にフタサラ=計4皿が供されます。 エントリーはスタンダードに鮪の赤身と中トロ、鰤、甘エビ、いくら、鉄火巻にかっぱ巻等々が盛り込まれての登場デス♪



この店でのワシはビールからブレることはなかったのですが、楽しい宴ですからほんのりと酔いつつ、時間を過ごします。 終盤かなぁ…ということで、鰤大根の残りを攫っていると伊勢海老のアタマ汁が登場します。 ワシにはキッチリと伊勢海老がアタリましたが他のミナサンはアラ汁的なモノになったりしているようですが、とにかく出汁が秀逸なのでしっかりと味わいます。



楽しく&美味しくいただきましてワシとしては一次会=皆様にとっての二次会、それとも三次会(?)=を終了しましょうということになりました(謝) 一旦は解散という雰囲気になったので、ちょいとご挨拶周りでもしようと離脱を図りましたが… この雰囲気を続けたいなぁ…ということで三次会 ⇒ 無限ループへと突入する気配でありました(爆)

初芳鮨寿司 / 日ノ出町駅桜木町駅伊勢佐木長者町駅
夜総合点★★★☆☆ 3.6

コメント (2)

伊勢佐木長者町・浜志まん / 浜志゛まん で ミニボストン

2019年02月19日 | 地元食 ~ 横浜
書きたいというか…義務感も含めて書くべきネタがいくつもあるのだけれど… 前回からの流れということで拙ブログにしては年イチも書かない甘味ネタになります。

関内駅チカでラーメンをいただいた我夫婦は伊勢佐木町商店街を散策しつつ、お茶でも飲みましょうといういうことにしておりますが、我妻が文明堂の喫茶コーナーに向かおうとするのを無視しましてテクテクと歩かせます (笑)  向かいましたのは 浜志まん! 読み方は「はまじまん」とのことで、かつては「浜志゛まん」と表記されていたようです。 まあ、横浜の老舗洋菓子店ですので、モロモロと歴史があるのでしょう (^_^;)



コチラではワシも珍しくコーヒーだけでなくケーキのセットをいただきます。 かなり自由な飲み物とケーキの組み合わせができるのですが、我妻はレモンロールパイでしたか?



ちなみにワシは迷うこともなくミニモンブラン(訂正:正しくはミニボストン)です… って、ネタ狙いなのと甘すぎず&クリーミー過ぎずのバランスからの選択でした。 トップのセンターにいるアーモンドチョコがカワユイですね(魅)



そして、どうでもヨイコトでありますが、ワシはコーヒーはブラック派なのに甘いモノをいただく時はアメリカンを選ぶ傾向があり、しかも何故かクリーム(生クリームのみ)を入れたくなるのデス♪ そして…ついつい断面を撮りたくなるのは刷り込みですかねぇ (°Д°) いやはや軽いスポンジと肌理の細かい生クリームをカスタードクリームで繋いでいるとは、なんとも甘味好きの心をくすぐるのでしょうねぇ (旨)



ちなみにコチラの店舗は少し前の朝ドラ まれ の撮影にも使われたとのことでありました。 ふむふむ、初訪の我妻にもスッカリ気にいってもらえたのはケーキの美味しさに加えて、入店から退店までほどよき気を使っての接客をいただいたのも大切なポイントだったかと思います \(^o^)/

浜志まんケーキ / 阪東橋駅黄金町駅伊勢佐木長者町駅
昼総合点★★★☆☆ 3.8

コメント (6)

関内・ナルトもメンマもないけれど で カレーラーメン

2019年02月17日 | 地元食 ~ 横浜
昨夜は食べ〇グ系のオフ会があり15名ほども集まったのですが、ソチラの記事はもうちょいと後に回して、少し前の我妻とのヒルゴハンネタをお届けしておきます。 ふむ、なつたび_2018も中途半端だし、断面大賞もねぇ… まあ、ご興味を持っていただいているミナサンには少々申し訳けありませんが、趣味の領域ということでご容赦いただきましょう…

さて、関内駅近くのセルテ… 施設の区分はデパートになるのですかね? コチラにラーメン横丁と称するゾーンが出来たのは昨年の6月ですが、ヨサゲな店が揃っているのに空いてますねぇ ( ´△`)



さて、選びました店は ナルトもメンマもないけれど というよく分からない店名ですが、ネット系でもヨイ評判のようでコチラだけにちょいと待ちがあります。

  

とりあえず、ポチポチと食券を買って待つのですが 「食べ終わったら、とっとと出ましょうよぉ …」と呟きたくなります。 まあ、ほどなく他のヒトがスパッと出てくれたのでヨシとしましょうかねぇ… 周辺環境に対する反応が鈍いヒトビトというのはイロイロな意味で損をしているはずなので、カワイソウに思います。



比較的シンプルにまとめられているメニューは、一番人気が塩ラーメンとのことです。



まあ、人気の程度によらず我妻セレクトは塩らーめんに決まっていますが、コチラに味玉を載せています。 デフォルトでピーマンやフライドオニオンがトッピングなのでちょいと洋風な感じもします。



一方でワシは新感覚…カレーらーめんに白飯と追いチーズ=とろーりチーズソースを添えておりますが、ラーメン丼のこじんまりしたのを見るに麺を大盛りにしなかったのが悔やまれます (-_-;)



一応、初訪の店では大盛りを控えるようにしているのと、白飯を頼んでいるので十分と思って控え目にしたのですが、カレーミートソースが肉も含めた量が想定以上にたっぷりとしているのを見誤りました。



そのキーマカレーっぽいルーはスープや麺との相性もナカナカですし、コチラにもピーマンが入っております。 やや細目のストレートに弱いちぢれが入った麺はルーもほどよく絡んでくれますを



半分くらいまで食べ進んだトコロにチーズを投入しますと、グッと味がマイルドになってキッチリとした味変を楽しめます。 そういえば、太源のカレーラーメンも久しく食べていないですね(間)



ウマウマという感じで食べ進みまして、最後は白飯にカレースープをかけ回して、定番の雑炊にして終了デス♪



途中で我妻から搾取した塩ラーメンも完成度の高いモノでありましたので、是非、再訪したいと思います。 しかし、セルテに人気(にんき? ひとけ?)が無いのは仕方がないにしても、路面店であっても並びが出そうなレベルの店なのに、何故に…

ナルトもメンマもないけれどラーメン / 関内駅伊勢佐木長者町駅馬車道駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7

コメント (4)

崎陽軒・春のかながわ味わい弁当

2019年02月15日 | 地元食 ~ 横浜
昨日はバレンタインデーというヤツでありましたが、我妻からの義理チョコもなく何十年ぶりかでチョコレート・ゼロとなりました(笑) ということで、この日は午後遅めから埼玉は朝霞界隈に出張で、南武線⇒府中本町経由⇒武蔵野線という乗り継ぎは順調に行ったのですが、帰りは電車事故等々に遭遇しまして19時過ぎに出発して我家帰着が21時過ぎ… 我妻が悩みながら用意してくれたのが、崎陽軒は春のかながわ味わい弁当というヤツであります。



崎陽軒のHPによれば…神奈川県内への観光客の増加を図るため、県とのタイアップ企画として、「かながわを、知り、味わうお弁当」をコンセプトに誕生した「かながわ味わい弁当」。本年も春の行楽にピッタリな「春のかながわ味わい弁当」が登場いたします。
横浜名物「シウマイ」をはじめ、「三崎産マグロ」「三浦産芽ひじき」「小田原蒲鉾」「小田原産梅干」といった神奈川県が誇る名物を中心に、「筍」「キャベツ」「菜の花」といった春らしい食材を加え、味わいにも見た目にもこだわった内容に仕上げました。ご好評の2種のごはんを詰めたお弁当スタイルで、春ならではの「筍ご飯」と、「小田原産梅干」をトッピングした白飯をお楽しみいただけます。神奈川県の名所をデザインした掛け紙も併せてお楽しみください。… とのことであります(怠)



ちなみに我妻からはバレンタインデーということで、ちょっとしたプレゼントをギブされておりますが、ソレに加えて食にもビミョーに愛を散りばめられております(笑)



はてさて、仕事は相変わらずの状況に「輪」がかけられてきています(労) まあ、お役目なので仕方がありませんが、明日はいつもとは違う系列でのオフ会があるので楽しみというか、息抜きにしたいと思っております…が、その前に仕事なのですよぉ… (嘆)
コメント

川崎駅・いろり庵きらく で 麺三昧

2019年02月14日 | 地元食 ~ 川崎
前日のブログへの200万アクセス(IP)達成記念記事の終わりにチョロッと書きました明太子ゴハンネタになりますが、いただいたのは川崎駅ナカの いろり庵きらく になります。

アサゴハンメニューから明太子ごはんセットを選びます。 そばは自動式に「たぬき」になるのも+1という感じで嬉しいモノです。



実はちょい前の記事を受けて、食べ〇グ系のヲトモダチのykykサンからのリクエストに応えてのご紹介デス♪



コチラの380円はお得なのですが、生卵を追加するとクイッと価格が上がりますね(微) まあ、昔からの外食の王道でベースは安く&トッピングで利を稼ぐ策にスンナリと乗っておりますが、まあ…ヨシとしましょう。 ちなみに最後は明太子ごはんんい残った卵入りの出汁をかけまわして仕上げます。



続いては、通勤電車の中でふいに食べたくなった 冷やしたぬきそば=390円は、アサゴハン時間帯なので明太子ごはんを頼んで「ゴハンはいりません!」の方が安いのかぁ… って、絶対ゴハンはいただきますけどね(爆)



まあ、ゾゾッと啜り上げながら、価格設定から考えるとホウレンソウとかワカメとか、せめて短冊のナルトを少量でもトッピングすれば見栄えも段違いによいのになぁ…なんて思います。



ふむ、トッピングということではコチラは温かいとろろそばを上げておきます。 このメニューは単純にかけそばに「とろろと海苔」がトッピングされただけなので、少しサビシイという感じです。



コチラにウズラの卵のひとつでも割り入れておけば見た目のCPもグッと上がると思うわけです(弱)



コチラの店の記事も3回目… 別にメニューのコンプリートを狙っているワケではなかったのに、ちょいと誘われております…が、ケッコーなバリエーションなのですよ… いやいや、イカンイカン… 食べたいモノを食べたいトキに食べたいヨウに食べるために、食べられるモノを食べないというのも必要なのですよ(迷)

いろり庵きらく 川崎店立ち食いそば / 川崎駅京急川崎駅八丁畷駅

昼総合点★★★☆☆ 3.4

コメント