なしのつぶてちょう☆梨屋アリエ

梨屋アリエの日記と告知のブログです。自分の立ち位置がまるでわかっていません。

梨屋アリエ公式サイトへ

http://www13.plala.or.jp/aririn/をチェックしてね
読書会参加者募集中
★12歳から19歳までのYA読書会【YA読書クラブ】4月6日(土)千代田区ポプラ社にて。
★誰でも参加OKのYAの読書会2【横浜緑YAカフェ】3月31日(日) 横浜市緑区の十日市場地区センターにて。
★誰でも参加OKのYAの読書会【YA*cafe】4月14日(日) 池袋の東京芸術劇場にて
くわしくは専用ホームページをみてね。ありりんに会えるよ~♪

12歳から19歳までのYA読書クラブ 4月6日午後@千代田区 参加者募集『むこう岸』

2019年03月14日 | YA読書クラブのお知らせ

YA読書クラブ世話人からの「当日ご案内」の送信をもって、お申し込みが完了となります。

 

http://www13.plala.or.jp/aririn/club/

 

コメント

【横浜緑YAカフェ】3月31日(日) 午前10時からテーマの本『エヴリデイ』

2019年03月05日 | YA*cafeと横浜緑YAカフェのお知らせ

http://www13.plala.or.jp/aririn/ymyacafe/

新規メンバー随時受付中。会員でなくても仮入会で参加できます。参加当日のご入会は入会費無料。

 

*日時3月31日(日)午前10時~11時45分

 

*会場 十日市場地区センター 1階 小会議室B
 横浜市緑区十日市場町808-3 JR横浜線十日市場駅南口から徒歩3分
 会場のサイト→ http://tokaichiba-cc.com/access

 

*テーマの本『エヴリデイ』デイヴィッド レヴィサン 著(小峰書店刊) 
        事前に読んでおいてください。

 

*参加費200円(未成年半額 中学生高校生対象「読書奨学金」対応)
 お釣りのないようお願いいたします。お飲み物はご持参ください。

 

持ち物
*おすすめしたいYA作品があるかたはお持ちください。(任意)

 

参加方法
*「横浜緑YAカフェ参加」と明記の上、
本文にお名前(HN可)、年齢、当日の連絡先を書いてメールでお知らせください。
担当者からの返信を持って受付完了となります。
締切3/29 申し込み状況により締め切り後も受け付ける場合があります。

 

横浜緑YAカフェ世話人 梨屋アリエ 協力 YARC  YoungAdultReadingClub

 

コメント

YAポーズと中高生対象読書奨学金贈呈報告~

2019年02月24日 | YA*cafeと横浜緑YAカフェのお知らせ

久しぶりにYAポーズ。お顔の一部を隠させていただきました。

 

本日、読書会参加の高校生に、読書奨学金(図書カード)をお渡ししました~。3人目です。


2017年より、「YA読書クラブ」「YA*cafe」「横浜緑YAカフェ」の読書会のいずれかに3回出席した中学生・高校生(または18歳未満の人)に、読書奨学金として1 ,000円の図書カードをプレゼントします。

読書奨学金は中高生の読書会への交通費の足しになれば……という思いで始めました。読書会の大人の参加費やYARCへのカンパの一部を使わせていただいています。

 

コメント

突然、図書館のYAコーナーの担当になってしまって、どうしたらいいのか……という方の話を聞きたい

2019年02月22日 | ヤングアダルトとはなにか

突然、図書館のYAコーナーの担当になってしまって、どうしたらいいのか……という方の話を聞きたい。
どんなところに不安な要素があるのか。

司書的なことはわかりませんが、わかる範囲で答えられることがあるかも。
途中で止まっている「YAとはなにか」にも反映させます。

コメント

講談社刊『恋する熱気球』の表紙の紹介です!

2019年02月18日 | 梨屋アリエ作品のコマーシャル★★★★★

講談社刊『恋する熱気球』の表紙の紹介です!

 

スマホで作ってみました……。

コメント

逃避行動

2019年02月15日 | 2019年

YAにゃんこ、おにぎりになってみた!

口は桜の花。YA読めにゃー!!

かわいくできなかったのでそのうちリベンジします。
カニ腹パンはとても美味しくできた。(資料画像は筋肉予備校というサイトより)
いなり寿司、かわいくしようとしたら、なんだか捨て猫のような。
なかなか猫にならない。
ホットケーキミックスで土台を作って、アップルタルト作ってみた。
ハート型のパスタ、茹でたら微妙。
チョコムースを作る。
カスタードプリンを作る。
ハート型のパンを焼く。
ところで、

桜新町の波平の毛がまたなくなっていました。

 

ダイソーの金髪ウイッグを買ってきて自撮りで遊んでいる飼い主をひややかに見守る猫。

コメント

誰でも参加OKのYAの読書会 【YA*cafe】 2月24日(日)午前 『ヴンダーカンマー ここは魅惑の博物館』樫崎茜著

2019年02月03日 | YA*cafeと横浜緑YAカフェのお知らせ

 

 

*随時会員募集中。お試し参加も歓迎です。入会金無料。

 テーマ本『ヴンダーカンマー ここは魅惑の博物館』樫崎 茜 著

くわしくは、http://www13.plala.or.jp/aririn/yacafe/

 

コメント

1月なにしてたっけ

2019年02月01日 | 2019年

1月が終わってしまった。未だに信じられないが。

大学の担当している授業の秋学期も、終わった。補講は出欠とらないといっておいたのに、半数以上の学生が来ていた。なんてやる気のある大学生たちなんだろうか……。
来年度のシラバスから、英文の説明を入れろと。その項目を無視して校了にしてたら、必須項目のお知らせのお手紙が学部長様から来てしまった。

1月は子どもの権利研究所の「子どもに帯する暴力の全面禁止にむけて」の学習会、赤木かん子さんの文学の系譜講座、スマイリーキクチさんの講演を聴きたくてインターネット人権フォーラム、都立図書館の「マンガ・アニメ・ゲームと東京」講演会、児童福祉の里親活動についての公開講座、社会福祉士会の講座、多摩少年院と、児童自立支援施設の国立武蔵野学院と京都府立淇陽学校を参観。

 

「読書推進運動」(1/15号)で日本YA作家クラブのニューズレターを紹介していただきました!! ありがとうございます!! ひとこと欄では「す児庫」にも触れていただきました!! ご紹介、ありがとうございます!!

 

 安積遊歩さんと安積宇宙さんにお会いしました。お二人のテレビ番組収録を見学させていただきました。‬福祉専攻の大学生と、車椅子を押すアテンドしました。というか教えていただきました。記念撮影してもらった。すごい嬉しい。

そして、そして、「す児庫お誕生記念会」無事に開催できました。18人でお食事をしました。
直接でなく、SNSで遠くから見守ってくださったかたも、ありがとうございます。皆さまにこれからもステキな本とのご縁がありますようにと、折り紙のバラと「ごえんがあるよチョコ」がお土産。誕生ケーキ。本日のお誕生記念会の参加費から、食事代と雑費を引いた額を、「すごい児童文庫」2号の作成費用にさせていただきます~。記念会でいただいたカンパは、記念会の会計でなく、寄付の会計のほうにつけさせていただきます
飛行機、新幹線、夜行バスにのって来てくださった方もいれば、自転車で駆けつけてくださった方も。

次回の執筆ボランティアさん募集中。
https://jidobunko.wixsite.com/index


 

 

コメント

日本YA作家クラブのニューズレターを中学校や高校やYAコーナーのある図書館に配布したい (紙版は終了。PDFファイル受付中)

2019年01月19日 | ヤングアダルトとはなにか

「日本YA作家クラブ」のニューズレターの試し刷りを作ってみました。

A4サイズで4ページ。無料配布。2000部発行予定。

http://jya.iinaa.net/

「日本YA作家クラブ」は、2009年発足の、YAを書いている作家と翻訳家の会です。梨屋が連絡係や世話人をしていて、内容は主にwebでYAをPRする活動なのですが、なんだかんだで10年経つなーと言うことで、PRのための紙のレターを発行することにしました。
普段webを見ていないかたに、ネット上にYAの作家や翻訳家の情報があることを知ってもらうためです。

ニューズレターの制作費は寄付でなんとかできたのですが、これをどうやって中学や高校、YAコーナーのある図書館や若者の読書に関わっているところに届けたらいいのか、それが問題だぁーっ。なぜなら、個別に送付していたら送料と封筒だけで印刷費の10倍以上の資金が必要になるからです。

広域のYAの司書さんの勉強会の集まりとか、図書委員担当の先生とか司書教諭の集まりとか、そういうところで、まとめてくばってくださらないか。同一市区町村に配るのではなく、理想としては分散して配っていただけたら嬉しいのです。しかし「日本YA作家クラブ」から個別に送るような送料の予算がない。だって、「日本YA作家クラブ」って任意の参加の個人のあつまりの会で、補助とか企業とかそういうのまったく関係なく、みんなにYA読んで欲しいよね~YAもあるって知って欲しいよね~という思いのある作家や翻訳家のぽわーとしたつながりで続いている会なのです(なにせ世話人がぽわーとしてますから)。

「ダウンロードしてもらえば?」といわれるのですが、ふだんネットを見る習慣のない方に、こういう会があるんだっと、サイトを見に来ていただくためにわざわざ紙で作ったので、まず紙で配って、可能であれば図書室などで利用者に向けても閲覧や展示して欲しいのです。(紙が配り終わったらそのうちDLやります。)大量部数を発行して全国の図書館や教育委員会に送っても、YA担当の知らないところで事務員さんに捨てられてしまう可能性があるので、破棄される可能性のないルートでお送りできればと思っています。

 PDFファイルをご希望の方は、読書・教育関係機関の代表者あてにメール添付でのみ対応します。2号発行後にwebで公開します。

 配布のお願いの連絡を直接取っているところ、1月19日現在。紙版は配布終了です。あとはPDFファイルのみ。コピー可ですのでお知り合いの館でどうぞコピーしてください。

クリックして拡大

配布を開始しています。腐るものではないので、じわじわ時間をかけて配ります。

小学校や「小学生向け」の地域文庫、幼児向けの絵本の読み聞かせグループは、ごめんなさいYA情報がまだ必要ないと思うので除きます。(「す児庫」とは違う読者の層です。)

拡散よろしくです。

ツイッターやFacebookからのお問い合わせ可能ですが、最終的には「日本YA作家クラブ」のメールでやりとりできるといいな。jya.sakka(あっとまーく@)gmail.com

http://jya.iinaa.net/

コメント

『夏の階段』が電子書籍になりました。

2019年01月10日 | 梨屋アリエの作品★★★★★

梨屋アリエの『夏の階段』が電子書籍になりました。11日から購入できます。

この装丁は、2008年3月のハードカバーもの。

懐かしい!! と思った方はぜひ、電子書籍をチェックです。

電子書籍専用の道具がなくても、スマホでもタブレットでもパソコンでも読めますよ。

Amazonのkindleの他
honto
kinoppy
kobo
その他 いろいろな電子書籍サイトで購入できます、たぶん。

ウズ高の5人に会いに来てください。

いまでも、中学の国語の塾の問題や模擬テストに作品の一部が使われています。テストの読解文で作品を知った方もいらっしゃるかも。

コメント

ツイッター有志で「児童文庫」のフリーペーパーを作成します。最新情報★

2019年01月05日 | 児童文庫ブックガイド(す児庫)制作状況

す児庫(すじこ)のホームページを作成しました。https://jidobunko.wixsite.com/index

このページには、その後の進行状況をつけ加えていきます。この記事の下へいくほど時間が前になります。


1/5 あけましておめでとうございます。
無料配布する「大人も知りたいすごい児童文庫教えます」第2巻で、好きな児童文庫の紹介文を書いてくださるボランティアさんを募集してます。大人も子どもも。

https://jidobunko.wixsite.com/index

年末にサイトの更新しました。

初版500部は配布完了です。(これからお渡しの方も含む)配布状況はこちらからご確認ください

カンパ付き送料分を負担してくださるかたが40人現れたら第一巻を重版できるかもしれません……と言うことで、重版予約申し込みも受け付けています。期限付きです。


12/14 「す児庫」第1巻を本棚においたときに配布していると勘違いして持って行かれないため、表紙「無料」と裏表紙のFreeを隠すための画像を御厨さんが作ってくださいました https://jidobunko.wixsite.com/index/blank-5  す児庫以外には使わないでください……いくらの禁帯出シールはるのが流行ったらどうしよう。


12/12 「す児庫」第1巻配布作業始めています。初版500部はもう予約でいっぱい。

購入のお問い合わせをいただきましたが売りものではありません!!! 書店さんや企業さんで配布したいという場合は重版で対応しますので、費用をご負担ください。写真は「す児庫」第1巻の梨屋のページのご案内。


 

12/2 第2巻の執筆ボランティア募集始まりました。それからチラシ、こちらの頁から 


 11/23 「す児庫」第1巻、校了です。初版500部。いろいろなかたにご意見をうかがい、表紙裏に前書きをつけました。

 


 10/30 す児庫、団体名「児童文庫☆第三者評価委員会」を「す児庫SNSの会」に変更しました。

28日(日)に編集会議を開催しました。詳しくはこちらの日記


 10/12 (今回の執筆に関わってない方も歓迎で)集まれる方と集まって、編集会議をしたい。候補日は10月28日。場所は都内。たぶん喫茶店のようなところになるので参加時に飲食代がかかります。

もひとつ。す児庫☆1号が完成したら、告知と次号の資金集めも兼ねたお誕生イベントしたい。どこか協力していただけないかなあ。お菓子を食べていい会場がいいなあ。児童文庫の編集の方にちょろっとトークしてもらえないかなあ。どこかにバックアップしてもらえないか。す児庫ちゃんのお誕生会を手伝ってくださる方募集……という感じ?執筆ボランティアのかたは日本全国にいらっしゃるので集まれないと思うので、まだ直接関わっていないけど、なんとなく期待して見守っていてくれている方に来ていただいて、児童文庫についての思いや、お話が聞きたいなと思っている。


 10/10

ただいま、す児庫第一号の執筆ボランティアさんの原稿提出期間となっています。ゲラにする前にお直し作業をしていただく場合があります。書いて作って楽しいのでなく、本を手にした方にとって読みやすくて信用される情報を掲載できるよう、執筆者さまにはご協力をお願い致します。全員の原稿がそろわないと、全体のページ数が把握できません。ページ数が決まらないと1冊あたりの制作費の目安がでないので、部数もまだ未定です。10月下旬には、部数を決められるかなあ……。寄付してくださった方への報告が遅れておりまして、すみません。いまは原稿の添削優先なので、手が回らなくて。


 

「児童」のC8コードの新書サイズの児童文庫レーベル をいまわかる範囲で創刊年順にまとめてみたリスト↓ (修正版)


 「児童文庫」のブックガイドを作りたいという意見があって、それはあったらいいなーと思いました。で、有志のボランティアで、児童文庫を紹介するフリーペーパーを作ってみようか、ということになりました。

フリーペーパーの読者対象 

・子どもに児童文庫を手渡す大人、児童文庫について知りたい大人。
・児童文庫の読者で、評論等に興味を持つ者。(本文にルビはつけません)

で、3つ募集をしています。

1、フリーペーパーを配布する支部となる人
2、フリーペーパー制作のための費用をカンパしてくださる人
3、児童文庫のブックレビューや評論、感想などをボランティアで書いてくれる人。

 

詳しくは、すじこのホームページhttps://jidobunko.wixsite.com/indexをお読みください。

コメント

TSO48 (年女48)

2019年01月01日 | 2019年

コメント

12月なにしてたっけ

2018年12月31日 | 生存記録2018

12月。
日本YA作家クラブの「ニューズレター」と「すごい児童文庫」が完成したため、その対応でてんやわんや(死語?)の一カ月でした。おおきなトラブルなく、だいたいお渡しできたかなーと思います。SNSで情報を広めてくださいましたみなさま、本当に、本当にありがとうございました!!! 

12月は、神奈川県内にある児童自立支援施設、横浜家庭学園、向陽学園、おおいそ学園の参観をしました。思いのほか忙しすぎて、行こうと思っていた講演会など行けないことがあったけど、忙しいおかげで、原稿が進みました……。忙しい方が、時間を惜しんで書きたくなるのね。
ファンタジー研究会で「キズナキス」テーマにしていただきました。地元の作家としてようやく「栃木子どもの本連絡会だより」に紹介をのせていただきました。
レポート無事に2本書いて某社会福祉士会の基礎講座にも行き、YA読書クラブと横浜緑YAカフェをおこない、所属している俳句同人の忘年句会に参加し、編集者様と打ち合わせをし、世の中にながされて『ボヘミアン・ラプソディー』を見にいき、突然思い立って工場地帯の夜景をみるクルーズに行き、でも波荒く、羽田あたりで行き先変更になって工場萌えできずにお台場の花火。





 

忙しすぎて構ってあげられないせいか、猫の要求が連日激しい。
受け取った順に積まれている仕事場の書類を猫に蹴り落とされ、かなり整理整頓しましたが、残しておいた分をまた蹴り落とされ。

大掃除は、窓まわりと思いつきガーデニングで散らかったベランダとお風呂の排水口をきれいにできたので、まあいいか。

秋の終わりに種をまいてベランダで育てていた野菜を食べるのが、日々の喜び。

がんばった。がんばった、1年でした。

来年は、ちゃんとYAの新刊を出します。

 

コメント

栃木子ども本連絡会だより

2018年12月27日 | アリエせんせーのイベントや講演の記録


栃木ゆかりの作家として、インタビューというか、いただいた質問に自分で文章書いたのです。

児童書の作家はタダ働きが多い。
子どもの本の活動をしているかたも、ボランティアが多く、若い方はボランティアをする余裕がないため、どこも大変なのです。

本は人と社会をつないでいくものです。
これまでの平穏な生活が大切と思うのであれば、ないがしろにしてはいけません。
とくに、子どもの本。
戦前、戦時中、子どもの本が軍国少年少女を育ててしまったことを、子どもの本に関わる大人は忘れずに。
子どもにとっての良書とはなにか、いつも反省をしながら問い続けてほしいです。
コメント

す児庫第1巻の配布先。(初版500部大放流、完了)

2018年12月27日 | 児童文庫ブックガイド(す児庫)制作状況

『す児庫』第1巻をちょっと読んでみたいかた。
配布先をおおざっぱにお知らせします。人を介して届けていただくので、「次の会合であったときに」渡していただくことになります。なので時間がかかります。「読みたいんだけどどなたか持っている方いませんか」と、聞いてください。コミュニケーションと連携のツールでもあります。

『す児庫』はコピー不可、転載厳禁です。それぞれの紹介文を書いた方に著作権が帰属します。

500部のす児庫ちゃん「放流」完了致しました。これからどうしても個人で欲しいという方は、カンパ付き送料負担つきの重版予約のお手続きを。一月末までに40人集まったら重版します。でもまだ3人だから無理かしら……

 

更新して差し替え

まとまった部数が必要な方は、制作費をご負担いただければ重版します(目安として30部6000円送料別)。売り物ではありませんので、販売はしません。

 

コメント