mouton's cafe

第二幕

徒然

2018-05-18 11:00:28 | モノ

これで二個目になる鯖江のペーパーグラス。

今度はちょっと奮発して四季シリーズを選んでみました。

クオリティの高さもさることながら、持つ喜びも満たせるメガネ。

こうなると夏秋冬も欲しくなりそうでヤバイ。

 

+

定例の月イチ飲み会は各自BYO。

同年代の友人たちは気が付くと五十路を過ぎて、内も外もややお疲れ肥大気味(笑)。

食べたり飲んだりするものの質と量に配慮する必要性が否が応でも高まっていて、いつも話題に上ります。

食事制限にダイエット用サプリ、それと適度な運動などなど。

私にとっても切実な問題です。

自分も含め、友人たちも働き盛り。

仕事の後の美味しいワインと料理はなによりの楽しみです。

これがあるから頑張れる。

細く長く共に楽しめる人生が過ごせたら幸いです。

また、別の日は輸入業者主催の試飲会。

この日は100種を超えるアイテムが並びました。

勿体ないので吐き捨てないで全部飲みました(笑)。

帰りは一時間かけて足で帰り、内臓のアルコールを飛ばしました。

で、自宅で風呂上がりに飲むビールの旨いこと。

畑では「島にんにく」の収穫。

動物質の肥料を使わないので、分球せずに小さいまま。

牛糞や鶏糞を使えば簡単に大きくなるのは知ってるんだけどなぁ...

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

これはイイ

2018-04-27 14:53:34 | モノ

Sonyのワイヤレスイヤホンが届きました。

新製品らしく従来のに比べていろいろ進化しています。

今まで使っていたのと比べてもだいぶ軽量化しました。

スポーツ時にもしっかり固定される感じです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

徒然

2018-04-20 12:01:15 | 日記

五年目の夏野菜のシーズンに入ったわが菜園ではアスパラガスの旬を迎えている。

土の間からニョキッと頭を出したと思ったら瞬く間に長く伸びるので、うまいタイミングを掴んで収穫すれば、グリーンとホワイトの中間の味わいが楽しめる。スーパーで買ったものとは瑞々しさと甘さにすごい差があってビックリ。

ボク独りで出勤すると、カミさんの乗るもう一台をずっと待つ忠犬ぶりを発揮するグリ坊。

放っておいでも何処にもいかず、自分のテリトリーを離れることはありません。

手が掛からず安心ですが、お客さんのズボンの裾をパクパク齧る癖が玉に瑕(笑)。

国産ワインと鯖缶にハマってます。

独りで一本開けてしまいました。

ちょうど良い塩梅サイズの充電ステーション。

照明付きは他にあまりなく、メイドインチャイナでしたが今のところちゃんとしてます。

出火しないかとちょっと心配(笑)。

日本では至る場所で地震や噴火が相次ぎ、世界ではテロや戦争が拡大をみせています。

混沌とした世の中になってきました。

カーディナルT字スクエアは世界の転換点。心しましょう。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

徒然

2018-04-02 11:24:55 | 自転車

自転車のいい季節になりました。

通勤に要する時間はだいたい一時間。

短すぎず、長すぎず、いい運動になります。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

12台目のアウディ

2018-03-20 11:25:51 | クルマ

2001年のTTロードスターを皮切りに、気がつくとAudiばかり12台を乗り継いでいました。

当ブログは引っ越したりで2005年以前の記録は失われています。

2001年当時はデジカメの画素数は今と比べると非常に小さく、黎明期のデジカメを使って自分のブログに残す人も少なかったです。今ではもう当たり前ですが、それでも2005年以降の記録がちゃんと残っているというのは嬉しいものです。

 

うちの車庫にひさしぶりに「赤」が加わり、明るい雰囲気になりました。

アウディの赤は明るいトーンなので好きです。

A3は今回ので二台目。前はどちらかというと朱色っぽかったですね。A3の後釜が上の黒いTTで、シートが真紅でした。妻は歴代のアウディの中でもこれが一番のお気に入りだそうです。

A1があった時は黒、紺、紺、青の寒色カルテットでした。

パン窯も青。

実はN Boxが一番使えます(笑)。

日本の軽自動車は素晴らしい。

以前乗ってたS4(イモライエロー)の色は良かったなぁ。黄色ではこれが一番好きかも。他に黄色系では2008年頃にパパイアオレンジのTTに乗っていた事がありました。これも目立ちましたね!

しかしAudi初のDSGというギアボックス(今のSトロニック)の出来が悪くて割と早く手放し、

代わりに入手したのが下のTT。

これは潔く後席を取り外して軽量化を図り、エンジンをリファイン、足周りとボディを強化したレアなTTでした。左ハンドルMTで乗ったこれは今までのとは異なり野性味がありましたね。確か名は「クアトロスポーツ」を冠していたと記憶してます。思い出深い一台です。

そういえばこんな組み合わせもありました。コンパクト2台。

その時代時代を彩った楽しいカーライフを過ごしていたのが今更ながら思い出します。

だからクルマ趣味は止められません。

しかしオールロードの画像が他に一枚も残ってないのは悲しい。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加