アクセスアップとSEO

アクセスアップに有効なSEO関連情報を掲載していきます。SEO対策をしてアクセスアップしよう!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

スパム行為の実例(リンクスパム)

2004年06月19日 | SEOワンポイント
リンクスパムとは、主にリンクポピュラティを不正に操作するために行われるテクニックです。
隠しリンクや、グループ内のサイトをクロスリンキングする行為などがこれにあたります。

隠しリンク
あらゆる種類の隠しリンクは、検索エンジンに対するスパム行為と見なされます。特に小さな画像を利用したリンクはしないようにしましょう。

リンクファームスパム
リンクファームスパムとは、スパムを行うグループ内のサイト同士を相互リンクし、グループ内のリンクポピュラティを上昇させるためだけに設置されたリンク集をいいます。
このようなリンク集は多くの場合、掲載されているサイトのテーマに一貫性がないため、検索エンジンはこれをスパム目的のリンク集であると判断します。
単なる相互リンクや相互リンク集の設置は通常おこなわれていることであり、検索エンジンに対するスパム行為と見なされる心配はありません。
ただし、リンクしているサイトの中にスパム行為をしているサイトがいくつもあると、検索エンジンに同類のサイトであると判断される可能性もあるので、相互リンクするサイトには注意が必要です。
また、相互リンク集に掲載するサイトが増えてきたらSEOの観点からも、なるべく同類のサイト毎にまとめたほうが良いでしょう。
コメント (3)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

スパム行為の実例(リダイレクト)

2004年06月18日 | SEOワンポイント
リダイレクトとは、検索エンジンに読み込ませることだけを目的として徹底的に最適化したページを作り、検索エンジンからアクセスしてきたユーザーを、自分が意図するページに自動的にジャンプさせるテクニックです。
ホームページを移転した際など、ユーザーの利便性を考えて使用するのには最適なテクニックですが、アクセスアップを目的としたような利用方法にはペナルティを課せられる可能性もあるので考えものです。

meta要素refreshを使用したリダイレクト

head要素内にページをリフレッシュさせるmeta要素を挿入し、任意のURIへとジャンプさせるテクニックです。現在の検索エンジンのほとんどは、このページの内容を無視し、リフレッシュ後に表示されるページの内容をインデックスするように調整されています。なお、リフレッシュするまでの時間に極端に短い時間を指定してあると、スパム行為とみなしインデックスしない検索エンジンもあるので、ホームページ移転のお知らせなどで利用する場合には注意が必要です。

  ※meta要素refreshを使用したリダイレクトのサンプル

JavaScriptを使用したリダイレクト

JavaScriptを使用してページの読み込みと同時に任意のURIへとジャンプさせるテクニックです。現在の検索エンジンのスパイダーはJavaScriptで記述してある内容を読み込みできにくい特性があるので、スパム行為として扱われる可能性は現在のところはあまりありませんが、スクリプトの記述によってはインデックスされる場合もありますし、スパイダーの技術も日々進歩しているので、お勧めはしません。

  ※JavaScriptを使用したリダイレクトのサンプル

クローキングを使用したリダイレクト

スパイダーがクロールしてきた場合と、人間のユーザーがアクセスしてきた場合とで、表示するページをSSIを使って切り替えるトリックを、クローキングといいます。スパイダーがクロールしてきた場合には徹底的に最適化したページを見せ、人間のユーザーには人間用のページを見せます。スパイダーと人間の振り分けには主に IPアドレスをすることから、IPデリバリーとも呼ばれます。Googleなどでは、このトリックに大変厳しいペナルティーを与えると公言しているくらい、かなりリスクの大きいテクニックです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スパム行為の実例(詰め込みテキスト)

2004年06月14日 | SEOワンポイント
詰め込みテキストスパムとは、非表示要素や各種の属性値などにキーワードを羅列するテクニックです。非表示要素にキーワードを詰め込む例としては、meta要素keywordsが代表的なもので、他にnoframes要素やnoscript要素などがあります。属性値をスパムする例としては、img要素のalt属性が代表的ですが、title属性やid属性のほかに、name属性やsummary属性などにキーワードを詰め込む例もあります。

■meta要素keywordsへのキーワードの詰め込み

meta要素keywordsに数多くのキーワードを詰め込む方法は、現在ではキーワードの適合度を高める効果はほとんどありません。そのうえ詰め込みすぎると逆にペナルティーを与えられます。このスパム行為はリスクはあってもメリットはほとんどありません。

■各種の属性値へのキーワードの詰め込み

属性値への詰め込みテキストスパムの中で代表的なものがimg要素のalt属性です。特に1×1ピクセルの画像を使ってalt属性にキーワ-ドを詰め込むトリックは、現在では無視されるかペナルティーを受けるかのどちらかです。他にキーワ-ドが詰め込まれがちな属性に以下のものがあります。

 ※キーワ-ドが詰め込まれがちな属性
  ・title属性 ・id属性 ・name属性 ・summary属性

そもそも、これら属性値は視覚障害者のかた達など音声読み上げソフトなどを利用している人にとっては非常に重要な意味を持った属性ですので、その要素に意味のないキーワードを詰め込むのはやめましょう。

■非表示要素へのキーワードの詰め込み

キーワードを詰め込むことでスパム行為の対象となる非表示要素には、代替要素であるnoframes要素やnoscript要素などがあります。これらの要素は必要があればHTMLに記述すべきものですが、やはり、過剰なキーワードの詰め込みには注意したほうが良いでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スパム行為の実例(隠しテキスト)

2004年06月12日 | SEOワンポイント
隠しテキストスパムとは、人間のユーザーに見せることを目的とせず、検索エンジンのスパイダーに読み込ませることだけを目的として、 HTML内にキーワードや文章などを記述するテクニックです。背景色と似た同系色を使ったの文字や、人間には判別できないほどの小さな文字でキーワードや文章など記述したりします。

背景色と同系色の文字を使った隠しテキスト
 隠しテキストのトリックとしてよく使われるものが、この背景色と同系色の文字を使ったトリックです。

※サンプル;背景色と同じ文字色を使っています。(左クリックしてスクロールしてみて下さい)
  ここから⇒背景色と同じ文字色を使っています。|ここまで

現在の検索エンジンのほとんどは、body要素やfont要素など各種の属性値を読み取ることができます。body要素のbgcolor属性で設定した背景色とfont要素の color属性で設定した文字色に同じ、もしくは非常に似たものを使用した場合には検索エンジンは、それをスパム行為とみなす場合があります。

小さな文字を使った隠しテキスト

 隠しテキストのトリックとして、人間には判別不可能なほど小さな文字を使用するという方法があります。
しかし上記でも説明したように検索エンジンは各要素の属性値を読み取ることができますし、検索エンジンによってはCSSの指定の一部を理解するものもあります。あまり多く使うと検索エンジンにスパム行為とみなされる場合があるので注意が必要です。

CSSのプロパティ指定を使った隠しテキスト

positionプロパティ指定による隠しテキスト  ※サンプル

 CSSのpositionプロパティを設定してキーワードが含まれる部分をプラウザの
 画面の外に指定し、人間の目には見えないようにする事ができます。

displayプロパティ指定による隠しテキスト  ※サンプル

 CSSのdisplayプロパティを設定してキーワードが含まれる部分自体を生成
 しないようにし、プラウザの画面から見かけ上、存在させないようにします。

visibilityプロパティ指定による隠しテキスト  ※サンプル

 CSSのvisibilityプロパティを設定してキーワードが含まれる部分を表示
 しないようにし、プラウザの画面から消してしまいます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SEOの注意点(スパム行為について)

2004年06月11日 | SEOワンポイント
検索エンジンスパムとは

不正な方法をもちいて検索エンジンを攻略し、検索結果上位表示させようとする行為を「検索エンジンスパム(Search Engine Spam)」といいます。
悪意がなくても、検索エンジンスパムを理解せずに検索エンジンの検索結果を上位表示させようとすると、知らず知らずのうちに検索エンジンスパム行為をしてしまうこともあります。

今後、このコーナーで代表的な検索エンジンスパムの方法をいくつか紹介しますので、思い当たることがあったら修正することをお勧めします。

検索エンジンスパムに対するペナルティー

検索結果からの除外

それほど悪質でないスパム行為の場合、それまで検索結果上位表示されていたキーワードが検索結果リストの上位に表示されなくなる事があります。データベースには残っているので、URIで検索したり、スパム行為の対象となっていないキーワードで検索すると表示されます。

データベースからの削除

検索エンジンが悪質とみなすようなスパム行為を行った場合、検索エンジンのクロール対象リストから除外され、データベースから完全に削除されてしまいます。ページやディレクトリィが削除される場合や、ひどい場合にはドメインごと削除される場合もあり、データベースに復活するのにかなりの期間が必要となります。
コメント   トラックバック (7)
この記事をはてなブックマークに追加

論理的強調要素と視覚的強調要素

2004年06月05日 | SEOワンポイント
論理的強調要素 <EM>タグ、<STRONG>タグ

これらのHTMLタグは論理的な強調要素を表すHTMLタグで<EM>は強調、<STRONG>はより強調と意味付けされます。これらのHTMLタグはブロック要素ではありませんので、先の<Hx>タグとは異なり、インラインで記載できます。

視覚的強調要素 <B>タグ、<I>タグ、<FONT>タグ

ロボット型検索エンジンではこれらのHTMLタグでマークアップされたフレーズも論理的強調要素の次に重要視します。
ページ内で、検索結果にヒットさせたいキーワードをこれらのHTMLタグでマークアップして記載しておくことは、SEO対策をするうえで非常に有効です。
但し<FONT>タグに関しては、SIZE属性に"+1"以上や、"4"以上を指定する必要があります。
これは、「本文中の他の部分よりも文字サイズを大きくしている」ということで重要な語句とみなし、重要視するHTMLタグです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

H1 タグ

2004年06月04日 | SEOワンポイント
SEOにおいて、ホームページを製作する際に適切なHTMLタグを使用することが大切です。
その中でも<H1>タグは、SEO対策のうえで<TITLE>タグと同じくらいに重要なHTMLタグです。

見出し要素である<H1>~<H6>タグ

<H1>~<H6>タグは、第一レベルから第六レベルまでの見出し要素を示すHTMLタグです。
このHTMLタグも言うまでもなく、そのページの見出しや小見出しを示すHTMLタグで、このHTMLタグでマークアップされた語句や文章はそのページ内の中でも重要であるとみなし、特に。<H1>タグは、<TITLE>タグと同じくらいに検索エンジンが重要視するHTMLタグです。
検索エンジン最適化(SEO対策)のうえで、かかせないHTMLタグといっても良いでしょう。

H1タグに記述する文章は、タイトルタグと同じ内容のものにすればベストです。
間違ってもH1タグとタイトルタグの内容が全く違うなどという事がないようにしましょう。
またH1タグは、そのページ内で複数使ってはいけません。
重要なタグだからといって幾つものH1タグを使用すると、検索エンジンにスパム行為とみなされる場合もあります。
また。<H1>~<H6>タグは、H1タグから順番に使用するようにしてください。
H1タグの上にH3タグなどを記述するような事をしてはいけません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タイトル タグについて

2004年06月03日 | SEOワンポイント
■SEOにおいて、ホームページを製作する際に適切なHTMLタグを使用することが大切です。
 その中でも<TITLE>タグは、SEO対策のうえで最も重要なHTMLタグです。

 <HEAD>タグ内に記載するHEAD要素の一つであるタイトルタグは、そのページ内における情報のタイトルを示すHTMLタグです。
言うまでもなくそのページのテーマを簡潔に表すように記載されるべきスペースで、多くのロボット型検索エンジンもこのHTMLタグでマークアップされたフレーズはそのページ内の中でも重要であるとみなし、最も重要視するHTMLタグです。

 したがってタイトルタグに記述する文章は、そのページ内で最も重要なキーワードを記入するようにしましょう。
ただし、キーワードの詰め込みすぎには注意してください。
キーワードを多く記入すると、それぞれのキーワードの重み付けが下がるからです。
キーワードを検索結果上位表示させたいのであれば、タイトルタグに記述するキーワードは
多くても3~5以内にしたほうがよろしいかと思います。
但し、キーフレーズ(複数キーワードの組合せ)として検索結果上位表示させたいなら別です。

 また、タイトルタグ内に記述する文章は、H1タグと同じ内容のものにしましょう。
そうすることによりタイトルタグ内に記述されたキーワードの重み付けが更に上がります。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ホームページが Google に登録されているか確認しよう!

2004年06月03日 | SEOワンポイント
■SEO対策をする以前に、ホームページが検索エンジンに登録されていなかったら話にもなりません。そこで、まずは検索エンジンの代表格「Google」にホームページが登録されているか確認しましょう。
>> Google登録確認方法
コメント
この記事をはてなブックマークに追加