心の旅路

フライロッド片手に心の川を旅するへなちょこフライマンのブログ。

佐藤成史FF&フォトスクール

2018-09-21 07:51:15 | 2018年釣行記
SilkyWood主催の佐藤成史FF&フォトスクールin会津参加して来ました。

写真はfacebookから拝借m(_ _)m
ご一緒させて頂いた皆様、楽しい時間をありがとうございました!

※携帯水没の為、連絡手段がメールしか無いです(^^;;
Comment

このまま終了は哀しい…

2018-09-05 07:57:00 | その他



平水時と今朝のライブカメラの映像と水位です。
禁漁迄に回復してくれそうにないし、渓相も変わってそう…

Comment

今シーズン前半の釣り

2018-08-19 20:15:27 | 2018年釣行記
釣り場と対峙する相手が変わってからも数年は同じ道具立てでやっていましたが、今年は自分なりに考えてより釣り場と相手に対して有利な道具立てで挑んでいます。
(ラオウに挑むザコキャラですから武器の強化は必然)

ロッドはrusspeak zenith 7’6”#3.4.5からOrvis HLS 8’6”#3へ、リールはOrvis CFO3からHatch finatic 3+への変更です。

解禁から暫くは釣り場は場所取り合戦化して入りたい場合に入れなかったり、やっと入れたと思ったら強風やらダムの放水?やらでストレスの溜まる釣りを強いられましたが、4月にCreさんと入った場所でやっと今年の初物に出会えてました。

ご覧の通り「ぬ」ですがなにか?

その後、手こずりながらヤマメにも出会えてやれやれです。

別の日にも相手にしてくれるのはラオウには程遠いサイズ。


渓流でも消化不良なサイズでシーズンを折り返すことになりました。

ラオウ曰く

そんなやわな針ではこの身体に傷一つつけることは出来ぬわ!!

だそうです(^^;;
Comment

Dry Cabinet

2018-07-28 19:22:58 | その他
安物ですが防湿庫なるものを買いました。

今まで乾燥剤を入れた密閉型容器にカメラを保管してましたが、乾燥剤は直ぐに替え時表示になってしまうので不経済と思い購入に踏み切りました。

LEDの光か少々眩しいですが防湿機能はしっかりしていて室内の湿度が70%でも庫内の湿度は38%を保ってます。
Comment

ドルフィンライズ

2018-07-22 20:17:56 | 2018年釣行記
以前、ラインメーカーのテスターをされている方から…

「昔は尺ヤマメが群れでドルフィンライズをしながら移動していた」

と言う話を聞いたことがあり、そんなライズが観られた昔を羨ましいと思ったものですが、6シーズン目にして遂に尺ヤマメ達のドルフィン編隊に遭遇する事が出来ました。
しかし、当然一筋縄ではいかないヤマメ達は、一見ちゃんとドラグフリーで流れているフライを見切りライズをやめてしまうのです。

この川のヤマメは1投目で決めないと2投目以降にフライに出る可能性が極めて少なく、ポジショニングからキャストのタイミング、フライをドリフトさせる長さまで完璧にこなしてやっとフライを咥えてくれるのです。
当然へなちょこアングラーである自分が相手にすると言うことは北斗の拳で例えるなら…

“ラオウに闘いを挑むザコキャラ”

と言っても過言ではないでしょう。
何時もにも増して慎重にキャスティングポジションに向かいます。
そして前回のドルフィンライズの位置から約1m上流に狙いを定めフライをキャスト…

流れるフライを観ながら何時もなら見向きもしてくれないヤマメが何故かフライに出る予感みたいなものがあり、ヤマメはナチュラルと同じようにフライにドルフィンライズをしました。

ヤマメの背鰭が水面下に消えるかどうかのタイミングで合わせるとヤマメの確かな重みが伝わってきます(この瞬間が一番好き)。
しかしティペットは8x、会話をするようにヤマメ少しずつ自分に有利な流れに誘導します。
前の週に34cmのヤマメを7xで取り込んだのが予行練習になったようでかなり冷静に取り込むことが出来ました。


尾鰭もこの通りで放流の痕跡が無いこのサイズ(36cm)のヤマメを日中に釣る事が出来て本当に嬉しい。

そしてCreさんに感謝です。
Comment