とのさま日記なるもの

思いのすべてを書きます

悪たるもの

2017-06-22 19:25:58 | 私の詩
つまずきながら

人生を歩いてきた

何度も何度も倒れ

何度も何度も踏まれ

その度に立ち上がり

前をしっかりと見据えて

歩いてきた

体は傷まみれ

靴も脱げ

衣も破れ

雨の日も風の日も雪の日も

この足で歩いてきた

これからだってそうだ

誰にも負けない

誰にも何にも言わせない

誰にも渡さない

この手で得たものは離さない


悪たるものよ

お前になど分けてやることなど

微塵もない




ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 心の声 | トップ | 今夜のご飯は? »
最近の画像もっと見る

私の詩」カテゴリの最新記事