とのさま日記なるもの

思いのすべてを書きます

傲岸不遜

2018-04-30 20:22:01 | 独り言
傲岸不遜

自分を偉い人間と考えて,相手を見下した態度をとるさま


そこまでは言わなくても

不遜

思い上がった態度


これだけで十分だな


あちらはあちら

あちらは不遜






けじめ

2018-04-30 17:48:02 | 考える
昨日

無事に母の四十九日を終えました

母はもういないけど

私たちの心の中に良い思い出として寄り添ってくれています

それぞれの心の中にはしっかりと母の死を受け入れてこれからの生活を歩んでいこうという決意が出来ていました




三木サービスエリアのつばめ

2018-04-30 17:43:30 | 三木緑が丘サンロードを愛する人のカイ!






今日は家でゆっくり過ごしました

夕方からお買い物がてら三木サービスエリアにお茶をのみにいきましてね

つばめさんとこんにちは

毎年 巣作りしに帰って来てくれます

巣作り、子育て

そして

巣立ち

応援したいですね🎵


穏便に‥……

2018-04-29 09:46:51 | 考える
気になっていることがあります

修復不能状態のなかでのことです

内容を書きたいのですが

やめておきます

しかし

これはどうすれば良いのかと迷うことです


母に尋ねたいくらいです

母ならなんと言うだろう


母に関することなので

よくよく考えないといけません


私のなかでは全否定したいのです

いまさら‥……ってこともあります


母も嫌っていました


母に電話してきけるなら


どうする?お母さんって尋ねたい


あんたに任せるよ

絶対に拒否しなさい

どちらだろう


穏便に‥……って言うだろうか


それはないな





両親への感謝

2018-04-29 07:37:56 | 考える
今日は

母の四十九日です

浄土真宗では亡くなるとすぐに仏様になるとのこと


色んな初手続きも終わっていきました

母のことを色んな場面で考えます

最近は

こんなときなら母ならどうするだろう

母ならどう行動するだろう‥……


迷ったときは

そう考えます

母に反発していた娘時代

そんなことも思い出します

たいした

反発ではないけど


母には辛かった時期ですね


親になってそれは感じました

その立場になればきづくのです

父は私や母のために必死で働いてくれました

母は父や私のために家を守ってくれました

そして

私が嫁ぐときに

喜びの中の寂しさを感じていたのだと思います


子供が巣立つ時の喜びと寂しさ


それも親になって知りました

嫁ぐ私はただ嬉しいだけで

親の寂しさは分からなかった

遠く離れて暮らすわけではないから、いつでも会えるって思っていたからね

でも

娘が家を出るときの寂しさはかなりのものです

娘の部屋は空っぽで‥……

父が置いていた私の勉強机と本棚を壊して捨てる時の気持ちを
後々母に聞かされました


両親には心より感謝しています

両親から受け継いだ命は続いています