愛猫達の心筋症闘病生活記!~【命の輝き・奇跡の時間】

愛猫達、マリン・プリン・コロンの心筋症闘病生活記。最悪なことに、そろいも揃って、3匹とも心筋症という病魔と闘う記録です!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

最後に皆様へ~☆

2008-11-06 00:42:33 | 奇跡の時間☆




11月2日/ブログを今まで読んで下さり、
約9ヶ月もの間、応援や励まし、祈りを本当にありがとうございました。



 

みなしゃぁ~ん9ヶ月間、どうもありがとにゃぁ~ん   


11月5日、本日プリンを無事に埋葬してきました。今日はプリンの初七日です。
今日の朝まで雪が降っていましたが、午後にはすっかり解けていたので大丈夫でした。
ママの父の調整区域の私有地に・・・建物が建てられない土地なので、
ニャンママ家一族で飼われていた、ペットちゃんたちの埋葬の場所だけに使用されています。
『空と海と小高い大地』が重なっているような場所です。
ママの父は今までのペットちゃん全ての埋葬に立ち会っています。



「大自然を満喫できるところです。春には野の花が沢山咲きます。」


亡きミュウやマリンのそばに・・・皆様から頂いたお花等を一緒に添えました。
埋葬する前に、冷たかったプリンを何度も何度も抱きしめて・・・
あまりに最後の別れが辛すぎて・・・
これで二度とプリンに触れることが出来ないのだと思ったら、
そのまま、また札幌につれて帰ろうかとも思いました。
涙が後から後から出てきて、仕方ありませんでした。
ですが後悔や恨み等の気持ちは一切なく、ただただ安からかに眠ってほしいと。
本当に生まれ変わって、健康な体でママの所に必ず戻ってきて欲しいと願ってます。




「ミュウ、チンチラシルバー、享年13歳。リンパ腫。くしくもマリン・プリンも同じ13歳で亡くなりました。」



今日でこの「愛猫の拡張型心筋症闘病生活記!」は最後になります。
また会えるまで・・・
皆さんがもしも猫ちゃんやワンちゃんを飼っているのでしたら、
この先幸せで、穏やかで、健やかな日々が続くことを願わずにはいられません。
どうぞいっぱいいっぱい話をして、スキンシップを出来るだけ沢山してあげてください。
そして全身全霊で愛してあげてください。

出合った瞬間から「奇跡の時間」はいつもそこに、すぐそこにあります。
闘病生活が始まった瞬間から、「命の輝く奇跡の時間」も直ぐそこにあります。





  









皆様にお願いがあります。
どうかこの【プリン】(ヒマラヤン・♀・13歳、末期の拡張型心筋症・末期胸腺型リンパ腫・重度ヘルニア・腎不全・腎性貧血)で、
余命1週間の宣告をうけながら、小さな体で闘って闘って、頑張って頑張って最後まで懸命に生き抜き、
約9ヶ月間、何度も命の輝きと奇跡を見せてくれた、お目目がかわいい猫のことを、
どうかどうか皆様の心の片隅にでも置いてあげてください。
1週間の余命宣告を受けても、こんなにも生きていけることを思い出してあげてください。




プリンの【命のバトン】は、
nestママの最愛の息子のルーすけちゃんからいただいたバトン。
もっともっと長い時間、咥えて離させたくはなかった。
本当に本当に・・・離させたくはなかった・・・
このバトンは今度は、3女のコロンに受け継がれます。
そして現在闘病中の猫ちゃん達全てに・・・

ママの闘病生活はまだまだ続きます。
今度の敵はマリンと同じ「肥大型心筋症」です。
マリンも沢山の病魔が一度に襲い掛かりました。
マリンやプリンの敵の沢山の病魔を、やっつけることが出来なかったママ。
今度は絶対勝ってみせる。
マリンやプリンがママに残してくれた宝物の、
ありったけの知識と愛を使って、コロンを守る。
これ以上愛するものを病魔に奪われたくはない

ママがきっと元気になる頃、
またブログで皆さんに、お目にかかることがあるかも知れません。
どうかそのときは、今度はコロンを応援していただけたら、
ママはとってもうれしいです。
それまで、皆さんの愛する猫ちゃん・ワンちゃんと共に、
どうかどうか元気で、健やかに・・・
「命の輝き・奇跡の時間」を過ごして行ってください。

プリンの闘病生活を支え続け、応援してくれました皆様。
本当に本当に心より感謝いたしています。またお目にかかれる日を・・・



ニャンママ







にほんブログ村 猫ブログ ヒマラヤンへにほんブログ村 猫ブログ ヒマラヤンへにほんブログ村 猫ブログ ヒマラヤンへ

ポチッと応援、お願いします。励みになります




ニャンママの猫友さんの『たらちゃん』の新しいブログです
是非訪問してくださいませクリックよろしくです


Ateliertara0_3


「LIFE CATS 緊急SOS!ペルシャ100匹助けて」  
lifecats100

【ペルシャ猫100匹SOS!】KOTO 猫救済ネットワーク
banner-5.gif
            
☆預かりっ子クラブ☆

コメント (187)

【追悼記】~本当に支えられていました!

2008-11-03 00:00:13 | つらい日々



11月1日/ブログを読んでくださる皆様大変ご心配をおかけしております。
励ましや、応援や心のこもった沢山のコメント、メールを本当にありがとうございます。

「愛猫の拡張型心筋症闘病生活記!」は後1回で最後にしたいと考えています。
愛猫を立て続けに2人も亡くしてしまい、
ママのしてきた闘病生活は、良かったのか悩んでしまいます。
「肥大型心筋症」についてのブログをと考えましたが、
今はママが考えている以上にショックが大きすぎて、
とても続けることが出来そうにありません。
最後の記事を投稿したら、その後ランキングからもはずしたいと思います。
元気になったらコロンの「肥大型心筋症闘病生活記」で、また復活を考えています。
皆様のところへはこれからも時々お邪魔すると思いますので、
今後ともどうか宜しくお願いします。

ブログを読んで下さる皆様に約9ヶ月間もの間、支えていただきました。
本当に、本当に心より感謝いたします。
色々な方との出会いがあり、大変支えられました。
ブログを続けて本当に良かったです。
このブログは、愛猫達の病気の早期発見・早期治療に、
少しでも役立つことが出来ればと、ママの後悔の念から始めました。
なので、ランキングをはずしても、
ブログはもしかしたらこの先誰かが知って、役に立つかも知れない。
ママの娘達のこの記録も宝物ですので、
このまま残させていただきます。

ママはプリンとの闘病生活で、病気に対抗する「知識」と言う財産を、
プリンを通して沢山いただきました。これはママの大切な宝物です。
これから先のコロンとの闘病生活に・・・
コロンを守るためにきっと役立つ武器になるでしょう。
プリンとの闘病生活記は、皆さんに少しはお役に立てられたのでしょうか?


「追悼記」

病院には毎日行っていました。今は点滴のみ。投薬は一切中止をしていました。

点滴はいわゆる皮下補液。季節の変わり目で一気に悪化したプリンに、
継続して打っているものです。
プリンは一時尿毒症を起こしかけていましたが回復し、
これから腎不全や貧血の為にまた打っていたものです。

これはなぜ今継続しているかというと、打たなければまた脱水症状が進んで、
また尿毒症を起こしてしまったら、
プリンの旅立ちは、一層苦しい旅立ちになってしまうためです。
それを避けるために継続して打っていました。


また投薬は、ここ最近のプリンにとっては非常に過酷なものでしかありませんでした。

プリンは投薬をするたび、心臓が激しく動き出し、
ママに助けといわんばかりの音が出ない鳴き方を力一杯出すのです。
リンパが炎症を起こしているため、嚥下が大変きついのだと思います。
飲んでも直ぐに吐いてしまいます。なので投薬はプリンにとって相当なストレス。
あるいは酷い辛く苦しい行為なのです。痛みもあるのだと思います。

投薬すると失禁までするようになっていました。
その上貧血も進んでいることから、力を入れすぎて、
瞳孔も数分間は開きっぱなしになって、気を失いかけてしまうこと毎回でした。
今までのプリンはそんなことは一切ありませんでした。
我慢をして沢山の薬を飲んで頑張っていましたし、
投薬でここまで疲れたり、痛がったりすることはありませんでした。

貧血が進み、腹水が溜まってから、本当に極最近のことです。
投薬によるストレスや苦痛で命を縮めるのは、本末転倒なのです。




先生とも毎回、苦痛軽減のためプリンに今何が出来る処置なのか話していました。

結果、【酸素と皮下補液点滴】なんだそうです。
腹水は今溜まってきていますが、痛みは無いようです。
痛みが無い!これだけが救いです。
腹水がたまりすぎて呼吸が苦しくなるようでしたら、直接抜きにかかるそうです。
麻酔なしで痛みはほとんど感じないように、抜くことが出来るそうです。
プリンの胸水・肺水腫・腹水のチェックは毎回エコーでしてくれていました。

ずいぶん後で知りましたが、ここの病院は札幌、いわゆる北海道では、
技術や患者さんへの対応も両方の面から、一般評価でも、
口コミでもトップクラスの病院なのだそうです。
普通そういう病院って、前評判で裏切られる動物病院が多いのが現状でが、
ここは本当に評判どおりの病院だと感じます。料金もとっても良心的です。
安心してプリンやコロンを任せられました。これは本当に心強かった。




通院へも、あったかな手編みのまりもさんメイドのふぁふぁ毛布、
おかんメイドの可愛い魔よけケープ、
それになんとプリンの担当の一人のM先生メイドのマフラーで・・・
完全武装して冬の対策での通院でした。



 



少し前まで、nestママからいただいた、
ペットのコタツも大活躍でした。





ママの姪っ子や妹をはじめ、家族にも支えられていました。
闘病生活で疲れているからと、手作りケーキの差し入れがありました。




またニャンママ家に宅配が来ました。
ブログ、【猫はどんな夢を見る】「心筋症で後足マヒを起こしたチビ君(キジトラ♂)の経過記録 ブログ」の
猫友の太郎ママからも精が付くようにと、うなぎの差し入れを送ってきてくれました。
本当にありがとう。




ブログ、【笑福にゃん~ノルさんず
「タラさんとイクラさん☆心筋症のいっくんの記録&かみ合わぬ2にゃんとの愉快なまいにち♪」
のうにゃさんから、スピリチュアルスポットとしても有名な戸隠神社のお守りを、
タラさんといっクンの気合入りで、プリンの為に送ってきてくれました。
埋葬するときに一緒にプリンのそばに入れます。本当にありがとう。



本当に本当に支えられていました。
ブログを読んで下さる皆様。メールやコメントをくれる皆様。
ママが心配だからだと、直接お電話をくれた猫友さん。
色々プリンにお守りや手作りの贈り物を送ってくれた猫友さん。
そのうえ、わざわざプリンの為に祈祷までしてくれた猫友さん。
ニャンママ家に色々差し入れをくれた猫友さん。
プリンへの献血の為にリンクバナーを作成してくれたり、
リンクをしてくれていた猫友さん。
プリンの為に哀悼記事をブログに書いてくれた猫友さん。

プリンは本当に本当に皆さんから愛され、
とっても幸せな猫ちゃんだったと、心からそう思います。
本当に本当にありがとうございました。

ニャンパパも一生懸命でした。
ママがプリンに付きっ切りなので、買い物や交代の睡眠。
パパには申し分けないけど、最後の時期は、
スーパーのご飯で勘弁してもらっていました。
気持ちがすさむからと言って、しょっちゅうお花を買ってきてくれました。
パパとでなければ、この闘病生活は続けられませんでした。



(プリンの亡骸を冷凍保存する前の、コロンの最後のお別れの挨拶をタイミングよく撮影できました。)

【nestさん・先生達・MOMOさん・ケンタローのパパさん・まりいママさん!
きれいで素晴らしいお花を本当にありがとうまだ届いています。

少しずつ切って、冷凍し、埋葬する際に一緒に入れます。



ママはプリンがいる酸素室の直ぐ横で寝ていました。
変な言い方ですが、ママはある意味幸せでした。
下の3枚の写真はプリンが亡くなる当日、10月30日の写真です。
何度も何度の抱きしめて抱っこをしてやりました。








「プリン・・・ママは何をしても、ご飯を作るときも、
お洗濯するときも、コロンと遊んでいるときも・・・
毎日プリンのことが頭から離れない。ママは涙が出てきて仕方がない。
ママがご飯食べるとき、必ず横にちょこんと座っておねだりしていたのに、
ママはプリンがいなくなってから、ご飯をあまり食べられなくなっちゃった。
パパも同じ。コロンもプリンをずっと探している。とっても寂しがってる。
元気なの?会いたい、会いたい、触れたい、スリスリしたい・・・
もう1度、もう1度でいいからママのこと呼んで欲しい。」


わたち歌が上手にゃの!だって奇跡の猫にゃんだもん☆
「余命宣告1週間から、かなり回復したときの動画です。クリスマスソングを歌っています。上手でしょ?」

プリン・・・クリスマスをパパとコロンと一緒に迎えたかったな・・・


*ニャンママ一族はペットちゃんは皆埋葬です。
先代のワンちゃん・猫ちゃん・鳥ちゃん・オットセイちゃん・ミニブタちゃん・ハムちゃん・・・
みんな同じエリアに、眠っています。
プリンを今月5日に埋葬予定です。
プリンの亡骸をを今日1日夜、腐敗防止の為急速冷凍をしました。
母なる大地に帰り、また生まれ変わって今度は健康な身体で戻ってきて欲しい。


にほんブログ村 猫ブログ ヒマラヤンへにほんブログ村 猫ブログ ヒマラヤンへにほんブログ村 猫ブログ ヒマラヤンへ

ポチッと応援、お願いします。励みになります




ニャンママの猫友さんの『たらちゃん』の新しいブログです
是非訪問してくださいませクリックよろしくです


Ateliertara0_3


「LIFE CATS 緊急SOS!ペルシャ100匹助けて」  
lifecats100

【ペルシャ猫100匹SOS!】KOTO 猫救済ネットワーク
banner-5.gif
            
☆預かりっ子クラブ☆


コメント (93)