フロスマラブー

フライフィッシング好きなおじさんの日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2/2さいたま水上 ジャバラストローマーカーでの試釣

2021-02-13 23:02:15 | FF釣行
こんにちは。
1月は結局1回の釣行だけでした。

その間に行っていたのが、ストローマーカーの作成。
野菜ジュースについているストローを洗って貯めていたのを取り出し、工作です。
一番の問題は、根元の閉鎖とラインへの接続です。
いくつかの方法、材料を試して、やっとそれなりのものが出来上がり、口径の違うサイズのストローも購入し、一応の完成をみました。


左から、口径4mm、4.5mm、5mm、6mm

それで、試投するため、さいたま水上へ。前回の釣行で一番のポイントと感じたPポイントに入れました。

全てのマーカーを試しましたが、全て及第点を与えても良いかなと。
想像を超えたのが、意外と水が入りづらかったことです。
テムコさんのホームページの記載を取り入れ、内部にフロータントを施したのも幸いしたのか、軽合せ等でマーカーが水中に引き込まれても2,3回は全然大丈夫でした。

それと、口径違いの効果。
口径違いは、見やすさや耐久性を比較するために作成したのですが、フライの重さにあわせて選択できるというものです。
今回の試作ではジャバラによる以外にフライの重さ違いに対応できる工夫をしましたが、4mm、4.5mm、5mmは長さを同じとしたので、重ければ太いものを使うといった使い方を発見しました。

終了1時間前には、遠投時の視認性を確認するため、Mポイントに移動しました。
このさいたま水上の流れは、風の影響を受けるのですが、今回このMポイントは手前からほとんど流れがなく、中央部で右から左奥へのゆるーい流れがみられました。

6mmマーカーで試しましたが、25m先でもなんとか視認できました。


次回は、いよいよジャバラストローマーカーを作る最大の目的のダブルハンドでの試釣に取り組みたいと思います。


本日の最大


今回のシステム
ロッド 10f #5
ヘッド フローティング11.3g
テペット フロロ#3、#2、#1 全長3m 途中超小型ヨリモドシ、ジャバラストローマーカー
フライ マラブー
コメント

1/18さいたま水上公園釣行記

2021-02-07 22:38:35 | FF釣行
こんにちは。
例年なら1月は、正月の加賀FAのタグフィッシュから始まり、ほぼ週ごとに川越水上に通うところでしたが、加賀FAは年末年始の休業、緊急事態宣言の発出に伴い川越まで行くのも躊躇し、家に籠もっていました。

でも、うずうず。それで、ホームグランドのさいたま水上公園に視察目的で3時間、釣行しました。

さいたま水上は、昨シーズンに水流の向きが正反対になるという出来事がありました。
それで、そのままかな、それとも元に戻ったのかなと思いながら現地に着くと、水流は昨年と同じ向きなのですが、なんか変です。

とりあえず、空いていた南側シェード前のFポイントに陣取り釣り始めました。
昨年より岸近くの流れが強いです。
流れにのせるマーカー釣りですが、突っつくだけで、引き込みに至らない当たりが多いです。スレている感じです。
それでも、数投すると引き込み当たりがあり、あわせると塩焼きサイズのニジさんがあがってきました。


しばらくして、左右も空いてきたので、うろうろしながら、流れ、当たりを探ります。
まず、南東の水車は位置はほぼ同じですが、向きが岸方向となっていて、これがFポイントで感じた「昨年より岸近くの流れが強い」理由と分かりました。


さらに残り1時間時点で、陣を引き払いぐるっと1周のチェックに入ります。

南西の水車は、少し位置が西側にズレ、向きも西の赤島に向いています。
特にすごいのは、北西の水車です。なんと向きが岸に直角に当たるような向きです。

西の岬を望む。 手前が赤島に向いている南西の水車。 西の岬釣り人の奥が北西の水車。

全体的に見ると、いろんな流れがある結構いい感じの釣り場となった感じです。
岸に直角に当たる北西の水車は、なんという向きか?と思いましたが、これが良い結果を生んでいるようです。
なかなかやりますなぁ、さいたま水上さん。パチパチパチ。

ホームページの釣り場紹介にすでに掲載しましたが、全体の流れは数のとおり。

今期の一番のポイントは、Pでしょうか!


今回の主なシステム
ロッド 10f #5
ヘッド フローティング11.3g
テペット フロロ#3、#2、#1 全長3m 途中超小型ヨリモドシ、自作ヤーンマーカー
フライ マラブー
コメント

12月の釣行

2020-12-19 23:16:13 | FF釣行
こんにちは。
釣行記を復活させようと思ったのに3日坊主。ごめんです。
まずは12月の2釣行をまとめてアップします。箇条書き的にカキコします。

12月9日 今期初の川越水上公園波プ
開園10分前に到着。7番目で岬左側に陣取り。9時に岬右側の方が帰られたので移動。
水位は通常より50cmくらい低く、水質はまぁまぁ。
途中でkingfisherさんと、ジェットパパさんが合流。
ジェットパパさんがダブルハンドを始めるとのことで、kingfisherさんによる講習会を見学。
私はペリーポーク型でシングルスペイは不得意。「シュートまでしないで10分集中してアンカーを打つ練習が良い」は非常に参考となる。
場所が良いので、釣果も結構あり満足。



講習会


本日の最大


今回の主なシステム
ロッド 13f6i #78
ヘッド フローティング454gr 11.2m
(最初はインタミティップラインを使用したが、水位が低いので底の落ち葉を拾ってしまった。)
テペット フロロ#3、#2、#1 全長4m 途中超小型ヨリモドシ
フライ トラウトガムもどき(ノーウェイト)


12月23日 今期2回目の川越水上公園波プ
開園35分前に到着。2番目で岬右側に陣取り。
水位、水質は前回同様。
途中でkingfisherさんと、ジェットパパさんが合流。
今回は新たに購入したマエストロの14f#8の入魂が目的。併せて、マエストロのラインもチェック。
今まで使っていたW社の14f#8と投げ比べる。W社のロッドは発売当時軽いと評判であったもの。
マエストロの方が重いが、その差のほとんどはバットセクションであり、耐久性向上のためのゴム入りコルクによるもと思われる。
このため、その重量差ほど投げにくさは感じられない。もう少し投げ込んでからレビューを投稿したい。
ただし、40mは厳しいです。

朝は寒い


ジェットパパさんはダブルハンドで釣果


本日の最大


今回の主なシステム
ロッド 14f #8
ヘッド フローティング543gr 12.0m
テペット フロロ#3、#2、#1 全長4m 途中超小型ヨリモドシ
フライ トラウトガムもどき(ノーウェイト)
コメント (2)

11/25荒川冬季にじます釣場釣行

2020-12-04 00:01:11 | FF釣行
こんにちは。

今週は連続して前橋との案もありましたが、もう少し近い皆野の荒川冬季にじます釣場に釣行しました。
荒川は隔年ぐらいで釣行しています。近くて、安い(シーズン券4000円)のですが、水量は少な目です。

現着7:30なので、途中長瀞のセブンイレブンでシーズン券を購入し、放流ポイントの皆野中学校前で釣ります。





栗谷瀬橋下から釣り下って行きます。
本流ウェットの練習として、いい流れです。
コツンと当たりはあるのですが、それだけで終わりが続きます。
そうしている内、対岸の護岸が谷折れしている場所に来ました。
一番のポイントなのですが、根掛かりし、ドロッパーの付け根から先を失いました。
ポイントなのでもう一度流しましたが、また、根掛かりです。
グーッとゆっくりと引っ張ると、木の枝が水面に現れました。そうです、ここに木の枝が沈んでいるのです。
残念ながら、引っ張りきれず、テペットの接続部から失いました。
自然の川ですから当たり前なのですが、沈み石以外でも気をつけましょう。また、ひとつ勉強になりました。
(当日時点ですが、折れ地点の下流3m、対岸護岸から2mぐらいに沈んでいます。)

その先で、ようやくヒットしましたが、残念ながらあと2,3mのところでバレ。40ぐらいのニジだと思います。
誰もいないので、その後も釣り下り、ウォーターパーク長瀞まで来ましたが、結局、ノーフィッシュ。


車に戻り、昼食を取り、一休み。

午後の部は、一番のポイントの少し上流から釣り下って行きます。
すると、ようやく釣り客が来られ、栗谷瀬橋下に入られました。ですから、テンポ良く下って行くことを心がけました。


根掛かりする一番のポイントはワープして、午前の部でバレた10mくらい下流で、ようやくC&Rできました。


さほどの魚体ではないのですが、結構引きました。

その後、プールの終わり付近でヒットしましたが、残念ながら素早く自然リリース。
これで、納竿といたしました。

帰り際にこの釣り場のkeeper的な存在のパレットの杉山さんとちょっとお話ししました。
昨年の台風19号では駐車場まで流され、流れもずいぶん変わったとのこと、最近は川鵜の来襲が多いとのこと。
そうそう、私がダブルハンドを始める際に読んだ本に杉山さんが書いた「60になったらバブルハンド」の言葉が思い出されます。

シーズン券も購入したので、また、来ましょう。
今回は対岸護岸下の浅場を狙いましたが、次回は流心の深場を狙ってみたいと思います。


水位(親鼻)1.26m
今回のシステム
ロッド Schmitt DH1204-6XX
ヘッド パワーヘッドS 4ティップチェンジャブル#8ライン タイプ2ティップ
テペット #3 1m、#2 1.5m途中にドロッパー
ドロッパーフライ バーバーラーバのもどきオレンジバージョン
リードフライ バーバーラーバのもどき
コメント

11/17利根川冬季ニジマス釣場+α

2020-11-22 21:58:15 | FF釣行
お久しぶりです。

後ほど記載しますがある出来事があって、これからなるべく釣行記を書こうと思いますので、ご笑覧くだされば幸いです。

近いのに遠かった群馬県前橋の利根川の冬季ニジマス釣場に行ってきました。
冬季ニジマス釣場としては、阪東子持冬期釣り場には結構行ってきましたが、ここは初めてです。
なぜか? 価格も時間も同じで、近いのに。
単に阪東子持冬期釣り場は、オヤ友のkingfisherさんの釣行記に触発され釣りに行ったら釣果を得て、その成功体験で釣行を重ねただけ。利根川は食わず嫌いだったのです。
今回は、私が本流の釣り方を勉強させていただいているCamelさんのブログで取り上げられているので、犀川でのC&R成功を機に挑みました。

敷島球場前の河川に面して設置されている管理棟に8時20分に到着し、釣券を購入。初めてなので放流が濃いと思われる管理棟前を釣りました。
そうそう、釣券は販売店で購入できるか前日に漁協に確認したので間違わずにすみましたが、管理棟だけです。

河原におり川の様子を見ると、フライでは左岸側は釣りづらく思えたので、100mほど上って右岸側に渡り、釣り下って行きます。


釣りはじめから管理棟前ぐらいまでの場所は、非常にいい感じでサクッと釣れそうなのに、かかったのはスレのオイカワのみ。当たりらしきものは2度ほどありましたが。


管理所前を過ぎると、岩があってちょっと釣りづらい区間が100mほどあり、その後また釣れそうな区間となり、全長で350mくらいで瀬にになり、左岸に戻れます。



そうそう、結構下流部でなんとか1匹、C&Rできました。


フライはCamelさんのバーバーラーバのもどきオレンジバージョンでした。

管理棟に戻ったあと、車でポイントを視察し、早めの帰路につきました。

水位(前橋)1.70m
今回のシステム
ロッド Schmitt DH1204-6XX
ヘッド パワーヘッドS 4ティップチェンジャブル#8ライン タイプ2ティップ
テペット #3 1m、#2 1.5m途中にドロッパー
ドロッパーフライ バーバーラーバのもどきオレンジバージョン
リードフライ バーバーラーバのもどき


追伸
10月20,21日の犀川釣行結果をここで報告します。
Camelさんのブログで憧れて苦節4年、やっと釣果を得ました。泊まりはGOTOを利用してさぎり荘でラムを味わい、最高の釣行となりました。
20日 放流地点にいいタイミングで入ったようです。1匹だけ復活したマスをキャッチできたようです。釣れたシステムは上記利根川に同じ。

































18日 朝一は前日と同じ場所。朝食後はさぎり荘前で釣果なし。









追伸2
釣り友のnofishさんが今月初め急逝された。
いつもニコニコ、温和な方でした。あの笑顔をもう見られないとは。
ちょっと早すぎますよ、nofishさん。働くのを退いたばかりなのに。コロナがなければ退職祝いの釣行をみんなでする予定だったのに。
貴兄との釣行記をもっとアップしておけば良かった。後悔先に立たず。
でも、安らかに。合掌
コメント