Practice Makes Progress

~ナースえいや三十にして立つ~
アメリカで看護師しながらナースプラクティショナー目指してます
二児の母(3歳&0歳)

当ブログをご覧になられている方へ

更新日:2017年10月25日

Practice Makes Progress ~ナースえいや 三十にして立つ~」へようこそ(^^)
現在のコンテンツは看護師(RN)としての勤務、FNPプログラムの様子が中心となっています。
・ えいやの自己紹介はこちらへどうぞ。
・ アメリカ看護留学、アメリカでRNになりたい方(アメリカ市民・永住者を除く)は
  初めにこちらをご参照ください。
・ ナーシング・プログラム、CNAとして働いていた時の様子に関しては
  右サイドバーにある各カテゴリーよりご覧ください。
・ アメリカの移民ビザ&グリーンカード情報をご覧になりたい方は初めにこちらをご覧ください。
ブログランキングに参加しています ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ

よろしければクリック応援お願いします。モチベーションアップに繋がります(^^;)
Daisypath Anniversary tickers

私も渡米当初は色々あった

2019-04-11 07:48:00 | 【アメリカ】生活全般
アメリカに来たばかりの自分を振り返る機会があったので
いくつかのエピソードを書こうと思う。

私がアメリカにやってきたのは約18年前。
日本で高校を卒業して学部留学生としてアメリカへ来た。
渡米したのは6月初旬。
夏学期は大学の寮に住みながら
100番台のJazzのクラスと環境に関するクラスに加えて
一番上のESLのクラスを取らされた記憶がある。

このESLを取らされた事が屈辱的だったのを覚えてる。
(当時は10代で若かった~(^▽^;))
日本の田舎町で高校まで育って
ネイティブの英語に触れることは全く無かったし
渡米したてなんだからESLの1つくらいどうって事ないですよね。
でも、当時の私としては、
高校で英検2級を取っていたし
TOEFLも500点以上取っているんだから
普通に正規の大学教養科目を取れると思ってたんです。
それが、英語のPlacement testを受けさせられて
まさかESLを取らされるとはつゆにも思っておらず
涙したのを今でも覚えています。
(当時は10代で若か...(以下略))
International student officeかESLのスタッフ?先生?には
「一番上のESLクラスなんだから次から全部大学の授業取れるよ!」
と励まされたものの
「なんで私が...」という想いがありましたね。
(当時は10代で若...(以下略))

そんな感じで夏学期の授業を受けつつ
秋学期のクラス登録や今後のクラスを取る予定を立てるために
専攻学部のカウンセラーに会いにいったのが
渡米後1ヶ月くらいした時だったと思います。
日本から来て右も左もわからないような状態。
カウンセラーに色々教えてもらおうと思って行ったら

はぁ!?秋学期の登録?
あなた来るの遅すぎるわよ!
取れるクラスなんか1つもないわ!


と冷たくぶった切られたのは忘れもしません ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
顔面蒼白はおろか色々な意味で真っ青ですよ!
これがショックでショックで。
(当時はおしとやかな大和撫子だったんです(^▽^;))
ESLのオフィスによろっと立ち寄って
「こんな事があったんですぅ~」って話したら涙腺崩壊(T△T)
日本というとても親切な国で生まれ育った私としては
アメリカ流のこの対応に打ちのめされました。
(当時は10代...(以下略))
いや、今考えてもこの対応はちょっと酷いけど(-_-;)
日本の田舎から来た10代の少女にはキツかったですね。

幸いなのはESLスタッフ達がとても優しかったこと。
「ずいぶん酷い対応されたのねぇ丶(・ω・`) ヨシヨシ」
と親身になって相談してくれ
私の専攻科目に沿って空いているクラスを探してくれたんです。
無事に4クラス、12単位分の履修登録が出来て
そこからはまぁまぁ順調な留学生活だったと思います。

もちろん、全てにおいて順風満帆なわけではなく
色々壁に当たることもあったけど
自分で何とか対処して徐々に強くなっていた気がします。

そう言えば、留学生が集団でSSNを申し込める機会があった時に
風邪で寝込んでしまい、
自分で申請するハメになった事もあったんだっけ。
(当時は留学生でもSSN取得可能でした)
1人でバスを乗り継いでSocial security officeに行った記憶があります。
その時は書類が足りなくて追い返され ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
後日またオフィスに赴いてようやくSSNもらえたことも。

こうやって色々な経験を重ねて今の私がいるんですね。
今ではアメリカ人と同等に張り合っていますが
最初から強かったわけではありません。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ
コメント (14)

近況もろもろ

2019-03-25 23:51:45 | 【アメリカ】生活全般
こんにちは。生きてます(´ཀ`」 ∠):

超絶時間がありません。
週3日朝から晩まで働いて
週3日実習に行って
週1日は家族のことや週の準備に追われて終了。

相変わらず体調崩したり
ストレスで持病が再発したり
そのせいで疲労がハンパないですが
生きてます_(:3 」∠)_

仕事は淡々とこなす日々。
肺炎や敗血症の患者さん担当したり
アルコール中毒や薬物中毒の患者さん担当したり
妊婦さんや出産直後の患者さん担当したり
HACA&CRRTのダブルコンボ担当したり
毎日学びながらボチボチとやってます。

面白かったのはHACAとCRRTのコンボ。
HACA単体(1:1)、CRRT単体(1:1)の経験はあるけど
コンボは初めてで良い経験させてもらえました。
ただ、コンボだからと言ってナース:患者の比率が
2:1になるってわけではないんですけどね(^_^;)
でも、妊婦さんを担当した時は
L&Dナースが1人付いてきたので2:1でした。
今まで妊婦さんは何回も担当しているけど
こんな事は初めてでラッキー(╹◡╹)♡

学業は上手くいってたんですが
3月に入って実習でコケました_(┐「ε:)_
今学期はFamily practiceとOBGYNの実習で
2月中はFamily practiceにかかりっきり。
新しい経験させてもらえて楽しかったです( ^ω^ )
3月に入ってすぐにOBGYN開始予定だったんですが
初日にクリニックへ行ったら
先生、私が来ることを忘れていて
すでに他の生徒さんがいましたΣ(゚д゚lll)ぇぇぇ
4月に出直すことになったんだすが
実習を終えるのが学期終了日ギリギリ( ´_ゝ`)
職場でそんな愚痴を吐いてたら
去年NPプログラムを卒業した同僚から
彼女のOBGYNプリセプターを紹介してもらい

先週から実習に入れました(^∇^)
この2週間(3月中旬 vs 4月上旬)はデカイです。

プリセプターを確保しても
直前にキャンセルされるクラスメートもいるし
私のようなケースもあるので
バックアップ・プリセプターを確保しておいた方が本当にいいですね(T_T)

家ではもうすぐ4歳になる長女に怒られるようになってきました( ̄▽ ̄;)
ポップコーンをボリボリ食べてたら
「お母さん食べ過ぎてるよ!」言われますた。
成長ですね。
そんな彼女は4月から日本語補習校へ通います。
(私の時間がさらに無くなるぅぅぅ(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`))
毎週土曜日の4時間、
もうほとんど日本語が出来なくなっちゃったけど
少しでも日本語に触れ合う機会が増えて
日本の良い文化を吸収してくれればと思っています。

次女は8ヶ月にして寝返りしないのが面白い(=^▽^)
お座りしてる時にバランス崩してコロンと寝転がると
「え?起こしてくれないの?」って顔して見てきます。
やろうと思えば出来るんだろうけどヤル気がない(。-∀-)
長女もプクプクしてたけど
次女はアメリカ基準でもかなり大きくガッシリしてるので
寝返りやハイハイは遅くなること間違いなし。
と言うか長女はハイハイしなかったので
次女もハイハイしないで終わりそうな気も(・・;)

以上まとめでした( ̄^ ̄)ゞ


人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ
コメント (18)

プリセプター探し

2019-02-06 06:00:00 | 【アメリカ】FNPプログラム
NPプログラムでは必ず実習が課されていますが
プリセプターを確保するのが難しくなってきています。
州によってプリセプターの見つけやすさは異なりますが
どこに住んでいても



実習開始1年前からプリセプター探しをしたほうがいい



と言っても過言ではありません。
私が通うFNPプログラムはアメリカ南部にあるので
南部や東海岸の学生が多いんですが
多くの人がプリセプター見つからない(>_<)と騒いでいます。

プリセプター確保が難しい理由としては
 ①学生を受け入れる医師やNPが限られている
 ②NPプログラムに在籍している人が多い
 ③医学部やNPプログラムのある大学が
  その地域の多くの医師/NPを囲ってしまっている
というのが大きいように思います。

まず①に関しては、医師やNP全員が
プリセプターシップを受け入れているわけではありません。
学生に教えながら業務をこなすのは時間がかかるので
嫌がる/受け入れない医師/NPは多いです。

②についてはNPプログラムへ進むRNが年々増加しています。
私が働くICUに至っては
20代から40代前半の80%はNPプログラムに在籍しています。
40代後半から50-60代の定年を見据えている人達は
今更学校へ戻ろうとはしませんが
20代から40代前半で定年まで時間がある人達は
NPプログラムに時間とお金を費やしても
NPになった時のお給料で投資費用を回収出来るので
続々と進学していきます。
また、RNの労働環境は悪化の一途をたどっているので
そこから抜け出そうとNPを目指す人が多いのも事実です。

③については医学部やNPプログラムのある地域密着型の大学が
生徒のプリセプターを確保するために
周辺の医師グループなどと契約をして
多くの医師/NPを囲ってしまうのです。
なので、私のようにオンラインプログラムに在籍している人は
自分の住む地域でプリセプターを探すのが困難
になります。

幸い、私の住む地域には
医学部、NPプログラムはそんなに多くないので
プリセプターを探すのは比較的難しくないです。
とは言っても決して簡単ではありません

プリセプターを見つける最大のコツはコネ
一緒に働いている医師やNPにお願いしたり
親や友人の知り合いにお願いしたり
自分や子供、親がかかっている医師/NPにお願いしたり
などすると見つけやすいです。

今学期はFamily practice(家庭医)とOBGYN(産婦人科)の実習なんですが
Family practiceは一緒に働いているMDにお願いし
OBGYNは2人目妊娠中にかかっていたMDに引き受けてもらえました(*^▽^*)
夏はInternal medicine(内科)
秋はFamily practiceとPeds(小児科)ですが
Pedsは娘達がかかっているMDに打診してOKをもらいました(^-^)
Internal medicineと秋のFamily practiceは未定ですが
打診出来そうな人がいるので
コネというのは本当に大切だと思います。

ちなみに、同じFNPプログラムに在籍している同僚は
今学期のFamily practiceのコネが無かったので
約50件の医師に電話をかけてプリセプターを見つけました。
南部に住む人達の中には
150件以上電話をかけて色々なクリニックに足を運んでも
全く見つからないという人もいるし
他州のクリニックまで行って実習している人もいるので
足を運ばず50件の電話(Cold calling)だけで
プリセプターを見つけられるのはかなり良いだと思います。

Family practiceやInternal medicineは比較的見つけやすいですが
OBGYNとPedsは困難な傾向にあるので
OBGYNとPedsは優先的に探して回った方が良いです。
なぜ難しいかと言うと
医学生(MD/DOプログラム)、PA(Physician assistant)学生、
NP学生がOBGYNとPedsを競い合うからです。
娘たちがかかっているPedsクリニックでも
最近では1年前から
プリセプターシップの打診をしてくる学生が後を絶たないようで
いくらプリセプターを見つけやすい地域と言えど
早くから行動するに越したことはないなぁと実感しました。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ
コメント (2)

ええと

2019-02-04 15:54:35 | 【アメリカ】生活全般
2月に入っちゃいましたが((((;゚Д゚)))))))
明けましておめでとうございますm(_ _)m

先学期が終わってから
少しはゆっくり出来るかな?と期待したものの
仕事に育児に諸用に忙しくしていたら
全く休めないままにSpring 2019セメスターへ突入。



私の冬休みどこ行った(ノ◇≦。)



現在はフルタイム勤務、FNPプログラムの実習、
そして家事育児で全く自由になる時間がありません(´;Д;`)
子供が1人いるのと2人いるのでは雲泥の差で
毎日グッタリ、ベッドに入るとバタンキュー(死語?)
そして夜は授乳があるので纏まった睡眠は取れず。
慢性疲労が一番似合う言葉。
人生で今が一番辛いかも.°(ಗдಗ。)°.

おそらくですね、持病が再発してると思います。
だって、異常なまでの食欲で
毎日炭水化物&お菓子を3000-4000カロリーは取ってると思うけど
ある日突然3kg痩せましたΣ(゚д゚lll)
異常な食欲は母乳のせいだと思ってたけど
今まで水平だった体重が1ヶ月位前にガクッと落ちたんです。
色んな人に「痩せたねー」と言われるようになったし。
それから慢性疲労に、手足の震えに、動悸に、
急に来る不安感に、体感温度の上昇。
職場はいつも寒いので一年中ジャケットを着ているのに
最近は暑く感じるので着ていません。

ここまで来ると明らかに持病の症状なので
かかりつけの内分泌科医に予約を取ろうとしたら
3ヶ月先まで取れませんでした(´⊙ω⊙`)
嗚呼、アメリカあるある( ;∀;)

かかりつけの内科医(PCP)に電話したら
1週間後の予約が取れたので会って来ました。
定期健診で出される血液検査に加えて
持病関連の血液検査プラスαをオーダーしてもらったので
今はその検査結果待ちです。
まー、十中八九持病の再発でしょう|( ̄3 ̄)|

ここ3年は寛解状態で薬も飲まず
定期的な血液検査だけだったんですが
私の場合はストレスが原因で不均衡になるようで
(病気が発覚した時もストレスまみれだった)
無理はするもんじゃないですね_(:3 」∠)_

とは言っても、仕事は辞められないし、
今更FNPプログラムを諦められるはずもないし、
最低限の家事はしなくちゃいけないし、
子供も育てなきゃいけないので、
現状維持で頑張り続けますᕦ(ò_óˇ)ᕤ
本当に持病の再発だったら
薬を飲んでお付き合いしていくしかないですね(´ω`)

今年の12月に卒業するまでの辛抱なので
ぶっ倒れない程度に頑張ります(›´ω`‹ )
「幼児と乳児がいて、フルタイムで仕事して、
大学院までこなして、スーパーウーマンだね」
とたまに言われますが
家の中はゴッチャゴチャだし、化粧する時間もないし、
子供達に寂しい思いさせてるし、
自分はおろか旦那の精神を擦り減らせて体力も消耗させてるし
ホント、こんな生活避けられるものなら全力で避けた方がいいですよ!
毎日(›´ω`‹ ) ゲッソリ
皆さんはこんな風にならないでくださいね。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ
コメント (2)

Fall 2018終了

2018-12-19 08:32:34 | 【アメリカ】FNPプログラム
FNPの専門課程1学期目が無事に終了しました。
専門課程なので難易度が高くなる事を想定して挑んだ今学期。
蓋を開けてみれば結構簡単でスムーズでした( ^ω^ )

2つクラスを取ったんですが
両方とも学期中にテストが何回かある形式。
課題で出される読書量が半端ないけど
レクチャーとパワーポイントに焦点を当てて勉強すれば
テストでは結構点数が取りやすかったので
あまり勉強する時間のない私でも
難なくクラスをパスすることが出来ました。

子供が2人に増えてからは
自分でもビックリするくらい勉強する時間がなくて
どれくらい時間がないかと言うと
テスト勉強は前日の一夜漬けのみなんです(^^;)

ちなみに私の週のスケジュールを大まかに表すと
日曜日 → 買い出し、食事の作り置き、保育園準備
月曜日 → 午前中テスト、午後仮眠もしくは諸用を済ませる
火曜日 → 仕事
水曜日 → 仕事
木曜日 → 仕事
金曜日 → 子供の習い事、諸用を済ませる
土曜日 → 掃除洗濯、家族サービスなど
こんな感じで、意外と勉強に割ける時間がないんですよね。
睡眠時間を削って(勉強)時間を作ることも出来るけど
夜間頻回授乳している身としては
常に疲れてグッタリなので厳しいです(›´ω`‹ )

学期の最初の頃は
なるべく空いてる時間に教科書を読むようにしてたけど
無理して体壊しそうになったのと
テストをこなすうちに要領を得たので
一夜漬けでも難なくAを取れるようになりました。
あと、テストでわからない問題があっても
今までの経験&知識をもとにEducated guessすれば
結構な確率で正しい答えを選ぶことが出来ます。

来学期からは実習が始まります。
Family practiceとOB/GYNを90時間ずつ。
3ヶ月半で計180時間をこなすのは
一見そんなに悪くないように聞こえるけど
フルタイム勤務+乳幼児子育てなので
かなり戦々恐々としています(゚д゚lll)

職場ではパートタイムになれるように
引き続きディレクターと交渉中ですが
(今までの経緯はココ
果たしてパートタイムになれるのか、
なれたとしてもいつからなれるのか不明なので
今後もフルタイム勤務継続することを前提で
頑張っていくしかないですね(´-ω-`)


人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ
コメント (5)

NPやCRNAのお給料

2018-12-05 01:30:01 | 【アメリカ】FNPプログラム
RN/LPNに引き続きAPRNのお給料の実態も
Medscapeで出ているのでリンクを貼っておきます。
APRNとはAdvanced Practice Registered Nurseの略で
 ・Nurse Practitioner(ナースプラクティショナー)
 ・Certified Registered Nurse Anesthetist(麻酔看護師)
 ・Clinical Nurse Specialist(専門看護師)
 ・Certified Nurse Midwife(助産師)
これらの専門職の総称です。

レポートを簡潔に述べると
APRNのお給料は
 ・太平洋側(CA、OR、WAなど)と東海岸(MA、RI、CTなど)が高く
 ・CRNAが断トツ稼いでる(CRNA:$192K、NP:$112K)
ってところでしょうか?

レポートに出ているお給料は”中らずと雖も遠からず”かな?
働く分野(Acute careやPrimary care)や州によって
お給料はかなり違ってくるんですが
全米を全体的に見ると妥当なラインだと思います。
個人的に言わせてもらうと
NPのお給料がちょっと低い感は否めませんが…(^▽^;)



APRN Compensation Report 2018



人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ
コメント

アメリカ 看護師/ナースのお給料

2018-12-02 00:59:30 | 【アメリカ】RN(看護師)
アメリカ看護師(RNとLPN)のお給料に関する記事が
Medscapeで出ていたのでリンクを貼っておきます。
アメリカは地域によって大幅に給料が違うので
あくまでも参考程度にしかなりませんが
極端に給料の高い地域、極端に低い地域でなければ
実際の給料にまぁまぁ近いものはあると思います。
また、このレポートは細かい分類もあるので参考にしやすいです。



RN/LPN Compensation Report 2018



人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ
コメント

仕事復帰して早くも寝込む

2018-11-11 08:10:25 | 【アメリカ】RN(看護師)
仕事復帰2週目にして体調を壊しました( ;∀;)

その日は2人受け持ちから始まって
フロアで1人コードブルーしている最中に
3人目の患者を一般病棟からRapid responseで受け入れ。
この時すでに午後4時。
この患者さんの気管挿管&透析ラインを挿入している最中に
隣の病室の患者がコードブルー(最初とは違う人)。
私の他の2人の患者さんは容態が安定してたから良かったものの
Intubation & line insertionと
病棟内でコードが2つ同時進行すると
人手が激しく少なくなるので大変(; ̄ェ ̄)
チャートを終わらせてフロアを後にしたのは定時から45分後でした。
うちの病院は残業に煩いんですが
流石にこの状況では定時にあがれません(ㆀ˘・з・˘)
45分の超過はかなり遅くにあがる部類ですね。

この時は特に疲れを感じてなかったんですが
夜中に体の異変を察知。
翌朝は全身が痛くて寝込みました_:(´ཀ`」 ∠):
この日はもともと休みだったから良かった。
風邪ではないので1日寝たら回復したけど
家事、夜中の授乳&搾乳、仕事で疲労困憊なのは明白なので
勤務予定だった翌々日は敢えて病欠しました。
じゃないとまた倒れそうな予感でいっぱいだったので( ̄^ ̄)ゞ

私、新しい生活サイクルが始まると必ず体調壊すんですよね。
今回は仕事復帰がきっかけでしたが
大体、大学院の各学期の始めに寝込みます。
免疫システムが弱い自覚はあるので気をつけているつもりだけど
自覚のないところで無理している事があるので
このコントロールをするのが難しいです(>_<)

頑張り過ぎないように気を付けます。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ
コメント (4)

アメリカ小児予防接種はDr.Hip

2018-11-06 03:26:13 | 【アメリカ】FNPプログラム
今学期履修しているクラスでは
CDCの小児予防接種スケジュールを
暗記しなきゃいけないんですが
アメリカで妊娠出産子育てする人にも
とっても役立つ暗記方法があるので紹介します。



キーワードはDr.Hip



まず、予防接種の種類を紹介します。
 A=Hepatitis A(A型肝炎)
 B=Hepatitis B(B型肝炎)
 D=DTaP(ジフテリア/破傷風/百日咳の混合)
 R=Rota Virus(ロタウイルス)
 H=HiB(ヒブ)
 I=IPV/Inactivated Polio Vaccine(ポリオ)
 P=Pneumococcal(肺炎球菌)
 M=MMR(麻疹/おたふくかぜ/風疹の混合)
 V=Varicella(水疱瘡)
 Tada=Tdap(DTaPのブースター)
 Human=HPV(Human papillomavirus/子宮頸がんワクチン)
 Men=Meningococcal(髄膜炎菌)

種類が多くて圧倒されちゃいますよね(^^;)
でも覚えるのは難しくないのでご安心を!

At Birth(出生直後)
 B B型肝炎
2 Months(生後2ヶ月)
 To be Dr.Hip(2 B D R H I P
 B型肝炎、DTaP、ロタ、ヒブ、ポリオ、肺炎球菌
4 Months(生後4ヶ月)
 For Dr.Hip(4 D R H I P
 DTaP、ロタ、ヒブ、ポリオ、肺炎球菌
6 Months(生後6ヶ月)
 Be Dr.Hip In 6 months(B D R H I P In 6 months)
 B型肝炎、DTaP、ロタ、ヒブ、ポリオ、肺炎球菌、インフルエンザ
1-1.5 Years(1-1.5歳)
 One Mad HPV(1 M A D H P V
 MMR、A型肝炎、DTaP、ヒブ、肺炎球菌、水疱瘡
4-6 Years(4-6歳)
 Very Dim in 4-6pm(Very D I M in 4-6pm)
 水疱瘡、DTaP、ポリオ、MMR
11-12 Years(11-12歳)
 Tada! Human Men!
 Tdap、HPV、髄膜炎菌
16 Years(16歳)
 Men 髄膜炎菌

これを説明しているYouTubeビデオもあるので貼っておきます。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ
コメント (2)

RNライセンスの更新④更新完了

2018-11-03 01:26:19 | 【アメリカ】RN(看護師)
前回(RNライセンスの更新③)の続きです。


30時間分のContinueing educationを証明する為
過去2年分のCEUの証明書を
State board of nursingに提出しました。
それから1週間後くらいに連絡が来て





無事にライセンスが2年更新されました〜╰(*´︶`*)╯♡





通常の更新手続き&更新料の支払いに始まり、
5年おきのバックグラウンド(犯罪歴)チェック、
さらにライセンスの監査対象になった関係で
ここまで来るのに約1ヶ月要しましたが
無事に更新が終わって良かったです(๑>◡<๑)

うちの州ではCEUの証明を4年間保管する義務があります。
ちゃんと2年ごとに30単位取得して
4年以上保管しておいて良かったです。
(実際にはRNになってから取得した単位は
全て保管してあります>念のため)


人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ
コメント