Practice Makes Progress

~ナースえいや三十にして立つ~
アメリカでCNA→ICU RN→NP

電話で処方箋出したら簡単すぎて怖い件

2021-11-30 14:27:00 | 【アメリカ】NP(ナースプラクティショナー)
長女:6歳 小学1年生
次女:3歳 Pre-K3(年少組)
私:30代後半 ナースプラクティショナー


突然旦那が帯状疱疹になりましてね。


なんか発疹があるんだけど…とお腹を見せられたんで「ああ、Herpes zoster(ヘルペス ゾスター)だわね」と言ったら





ヘルペス!!!!((((;゚Д゚)))))))





と恐怖に慄いていました(≧▽≦)☆ギャハハ

それはさておき…旦那に帯状疱疹の薬を処方する為に薬局へ電話を入れたのですが…

私(処方者)の名前及び連絡先
旦那(患者)の名前、生年月日
薬の名前、分量、用法、リフィルの有無

を聞かれただけで処方完了(´⊙ω⊙`)
これだけで薬を処方出来てしまいビックリしました∑(゚Д゚)

だって、私が偽者だったらどうするんですか?
医師やPA/NPの名前なんていくらでも検索出来るし、誰かが私に成り済まして薬を処方する事って可能ですよね?

NPIとか免許番号とか何かしら私が処方者本人だとわかる情報を聞かれるかと思ったら、電話先の薬剤師さんは「大丈夫!検索かけて必要な情報把握出来るから!」だそうで…

いや〜、便利だけど(処方者としては)怖い世の中になりましたね((((;゚Д゚)))))))


  人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ



コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 1年生にしてレベル分け | トップ | 明けましておめでとうございます »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

【アメリカ】NP(ナースプラクティショナー)」カテゴリの最新記事