artのしおり

artist高村牧子の見たり感じた事を記録しておくページ、美術館とか固有名詞にリンクをはっています。

宝塚市立手塚治虫記念館

2024-02-28 | 展覧会感想
宝塚市に行ったので、前から行きたかった手塚治虫記念館に行った。企画展は『アニメ化記念 PLUTO展 ~アトムとプルートゥからのバトン~』であった。私はPLUTOは話題作ではあると知っていたが、読んではいない。でもPLUTOにはアトムを読み込んだ上で真似ではなく新しい表現になっていることがアトムとPLUTOの原稿を並べるかたちの展示でわかった。子供向けではあるがアニメ工房 . . . 本文を読む

「前衛」写真の精神: なんでもないものの変容

2023-12-25 | 展覧会感想
松濤美術館、入ってみると初めてではないはずなのだが、なんだか新鮮にこんなにも古めかしい建物だったかなぁと驚いた。消して古くさいとかではなく、格調高く感じた。これは女子トイレなのだが、写真では伝えきれない、とても美しい佇まいのトイレであった。簡素なのだが最近内装を新しくしたのか清掃も行き届いていて心地よい空間であった。建物の形のせいか正方形的な形ではないので、床のタイルが壁と水平になっていないのだけ . . . 本文を読む

即興 ホンマタカシ

2023-12-07 | 展覧会感想
東京写真美術館でホンマタカシを見た。ピンホールカメラであったrevolutionの裏は富士山であった恵比寿はバカライルミネーションで人がいっぱいであった。女の子達は写真や動画を撮るのが楽しそう。写真美術館では『写真から100年』という展示もあり、こんなにもみんな写真が好きなことは東京工芸大学の創始者も感慨深いでしょう。 . . . 本文を読む

合田佐和子展

2023-02-17 | 展覧会感想
帰る途もつもりもない三鷹市民ギャラリーは駅出てすぐのビルの5階にあって、結構便利だし、時々見逃せない企画をやっている。合田佐和子の作品をあまり熱心に見たことはなかったのだが、昭和の女子の美大生像を作った人かもしれない。あの頃は意識しなかったが、周りからはそう見られていたような気もする。 . . . 本文を読む