artのしおり

artist高村牧子の見たり感じた事を記録しておくページ、美術館とか固有名詞にリンクをはっています。

貨幣博物館

2019-03-06 | 博物館
日本銀行本店のとなりにある貨幣博物館に行きました。 入場するのに、手荷物検査があります。飛行場の様にX線を通します。鞄に入っているハサミを発見されました。持っていることを忘れていて、『刃物はありませんか?』にありませんと答えていたのでばつが悪い。荷物はロッカーに入れて問題無し。 展示内容は身近なのにあまり知らなかったお金のことがわかリ楽しめまし た。 展示室の中も時々警備員が二人で巡回していてな . . . 本文を読む

練馬区ゆかりの漫画家

2019-02-28 | 博物館
練馬区の石神井公園にある『ふるさと文化館』は地方自治体の郷土資料館の新しいタイプなのだか、その分室は元は日銀の施設だった物なので公共の施設としてはちょっと雰囲気が不思議。 ここは小説家の五味康祐ので遺品を所蔵していて、オーディオセットの展示もあり、今日は音出しの日でマニア?と思われる方がレコードを聞いていた。 もの凄くいい音のクラシックが流れていた。 そしてこの『練馬区ゆかりの漫画家』の展示なんだ . . . 本文を読む

横浜能楽堂特別展 山口晃「昼ぬ修羅」

2019-02-18 | 博物館
横浜桜木町駅から紅葉橋を渡って紅葉坂という急坂を登ると掃部山公園(かもんやまこうえん)があります。 井伊直弼の銅像がありました。 その横に横浜能楽堂があります。 そんな日本の伝統的な場所で現代美術家の山口晃「昼ぬ修羅」の展示がありました。   . . . 本文を読む

国立近現代建築資料館

2019-02-08 | 博物館
明治期における官立高等教育施設の群像 旧制の専門学校、大学、高等学校などの実像を建築資料からさぐる ↑という長い題名の企画展を国立近現代建築資料館で見てきました。 ここは土日なら旧岩崎邸庭園から入るのですが(要入場料)平日は湯島地方合同庁舎から入リます。 入り口で名前を書いてバッヂを借りて入りその先が建物の周囲を回って、遠い! 右奥の狭い入り口から入ります。 . . . 本文を読む

特別展「鴎外の『うた日記』~詩歌にうたった日々を編む」

2019-01-07 | 博物館
文京区立森鴎外記念館に行った。 建物が素敵です。 敷地は団子坂の上にあって「観潮楼」と名付けたとおり昔は東京湾まで見えたそう。 玄関の反対側に彫刻と地図があります。   中に入ると歌碑があります。 現代的な建物がすばらしく、二階まで上がると、眺めのいい休憩室と図書館があるので展示はありませんが行ってみる価値があります。 一階のカフェの窓からは庭園も眺めることができます。 ジャズが流れ . . . 本文を読む

第8回 柳瀬荘アート教育プロジェクト 2018

2018-11-19 | 博物館
第8回 柳瀬荘アート教育プロジェクト 2018 柳瀬荘は柳瀬川から見上げるところにあります。 写真は川越街道からの眺め、この写真には写っていない右側に小高く緑が茂った辺りが敷地です。 今は東京国立博物館が管理しています。 普段は週に一度、外観のみ無料で公開となっているところを、この展示の期間だけ中に入ることができます。 昔はお金持ちの茶室などのための別荘的なお家だったようです。 . . . 本文を読む

館蔵品展「絵葉書に見る東京・中野」

2018-06-12 | 博物館
山﨑記念中野区歴史民俗資料館で開催中の「絵葉書に見る東京・中野」を見た。 インターネットもテレビもラジオもない時代の絵葉書から社会を見る、結構おもしろかった。 図録があったら買いたかった。 入り口の辺りは電気が切れているのか暗かった。 こんなことに言っては何ですが、多分予算は少ないんだろうな、 でも、丁寧に運営されてると思う博物館なので頑張ってほしい。 世知辛い世の中だけど文化的なところへ . . . 本文を読む