歴史作家 智本光隆「雪欠片―ユキノカケラ―」

歴史作家 智本光隆のブログです。
最新作『神剣の守護者』(学研パブリッシング)発売中!!

祈念―がんばろう東北―

桜の花に癒され、地震の爪あとに涙し・・・しかしながら確実に仙台の街は復興しております。1歩づつではございますが、前進していきたいと思っております―8年前、被災地からこの言葉をいただきました。今年もまた、春がめぐって来ました。今も苦しい生活を送られている方々に、お見舞いを申し上げます。本当に1日も早い復旧、復興がなされますよう、尽力して行きたいと思っております。

開花!

2021-03-22 06:46:55 | 日記

これは一昨日の写真なんですが、

 

 

 

さっき出てみたらもう七分咲き近くにみえなくもないw

そして強風で散らないが心配・・・

 

 

 

智本光隆

コメント

10年

2021-03-11 12:50:00 | 日記

3.11

あれから10年が経過しました。

2011年3月11日。朝にカワヅザクラを見に行きました。

そして、『豊臣蒼天録』の1巻部分を執筆中に2階の仕事場で揺れを感じました。

(当時はまだタイトルはついていませんが)

その当時、家族のひとりが仙台に暮らしておりまして、

まずテレビを見て、名取の津波映像をみて絶句したのを覚えています。

場所が名取と4、5キロしか離れていない。

これ、どうなっているんだと。

 

 

夕方近く、生存確認だけは取れましたが、そこからまた連絡が取れない状態に陥り・・・

新潟、山形経由で被災地に向かったのが3月15日。

どちらかというと中越地震のイメージから「道は土砂崩れで埋まっていないか?」と、

直前まで福島ルートにするか、父親と紛糾していました。

・・・この時点で福島を通り抜けられるわけはないんですが。

山形駅で合流して、そこから引き返してきました。

仙台入りしたのは3月末の東北道開通翌日でした。

当時、「東北道の現状」「東北道 現状」で探索すると、

このブログが2番目になっており、それでお越しになられた方もいるかと思います。

東北の地震 - 歴史作家 智本光隆「雪欠片―ユキノカケラ―」 (goo.ne.jp)

(ここから連載?のように続きます。今読むと事実誤認や色々ありますが)

ちょうど卒業年だったので仙台のアパートを引き払ったのが4月10日のこと。

 

思い出せばキリはないです。

当日、「津波警報は解除された」という誤報が仙台の町に回ったらしく、

それなら「アパート戻れ」と繋がった電話で指示し、

その後に「若林区役所に津波が到達」とニュースが流れ真っ青になりました。

結果をいえばそれも誤報でした。

山形までひたすら走る。山形駅は微妙に雨でした。

写真を撮ったら白い光の粒のように映っていました。

 

 

家に帰ったら、カワヅザクラが満開になっていたとか。

父、伯父、伯母が「あの向こう(仙台東部道路)から水に浸かって人が死んでいる。

その「におい」がする。前橋空襲のときの利根川と同じだ。お前は分からないか?」と、

3人まったく同じことを言った、とか。

その3人のうちで、伯父と伯母はこの10年で故人になりました。

命には限りがあり、明日は必ず訪れるわけではない。

10年前に分かっていたことではありますが。

 

あの頃、「10年後」を想像はしなかったと思いますが、

自分自身のことをいえば、思い描いていた10年後とは少し違うでしょう。

あの後、福島にいく機会はありましたが、仙台には一度も行っていません。

「自分にできる復興の手助け」と考えつつ、何も出来ずに10年が流れた・・・

それが自分自身で現実かも知れません。申し訳なく、悔しいですが。

 

 

今年は震災関連のニュースをよく目にしますね。

それが10年の節目だからなのか、他に理由があるのか分かりませんが、

10年後の東北は元の東北にどこまで「復興」したのか?

そして今の日本は元の日本であるのか?

それともどこかで道を違えているのか?

最後に、いつもこのブログのトップにある10年前に被災地から頂いて言葉を、

もう一度ご紹介したいと思います。

 

 

「桜の花に癒され、地震の爪あとに涙し・・・しかしながら確実に仙台の街は復興しております。

1歩づつではございますが、前進していきたいと思っております」

 

 

 

2011年3月15日 山形駅前

 

 

花は咲く

 

 

祈りを。

 

 

 

智本光隆

コメント

電子書籍!!

2021-02-13 23:02:17 | 日記

え~群馬テレビ「レッツゴーカースポット」をご覧になり、

こちらにお越しになられた皆様、智本です。

現在、紙の本は購入がむずかしい状態になっておりますが、

電子書籍版は購入可能です。ご興味をもってもらえたら嬉しいです。

既刊は、、、

 

『関ヶ原群雄伝1~3』 出演者:大谷吉勝、大谷吉継、石田三成、真田幸村、小早川秀秋、織田秀信

『本能寺将星録 上下』 出演者:細川忠興、珠子(ガラシャ)、蒲生氏郷、津田信澄、明智光秀、豊臣秀吉

『豊臣蒼天録1~3』  出演者:豊臣秀頼、松平忠輝、千姫、五郎八姫、大谷吉治、真田幸村、徳川家康

『桃山乱戦奇譚 天下人の血』 出演者:豊臣秀勝、豊臣秀次、伊達政宗、蒲生氏郷、大政所、豊臣秀吉

『神剣の守護者』    出演者:楠木正具、雪姫、木造長政、木下藤吉郎、明智光秀、織田信長

 

名前の筆頭者が主人公。

『本能寺将星禄』は忠興、ガラシャの両主演です(作者的に・・・)

なお、『神剣の守護者』以外は『仮想歴史小説』ですので、結末は史実と異なります。

よろしくお願いします。

 

アマゾン電子書籍

Kindle | Amazon | アマゾン

 

 

智本光隆

 

コメント (2)

出演します!!

2021-02-13 20:27:51 | 日記

突然ですが・・・

群馬テレビ「レッツゴーカースポット」の「スバリスト」に、

「歴史作家 智本光隆」として出演します。

昭和52年開始の歴史ある番組です。

 

放送は2月13日(土)12:00~

再放送2月13日(土)22:00~

 

皆様、是非ともご覧下さい。

 

撮影風景

 

 

レッツゴーカースポット|ニュース・情報|群馬テレビ (gtv.co.jp)

レッツ・ゴーカースポット | 富士スバル (fujisubaru.co.jp)

群馬テレビ公式(ポチッとくん)さん (@pochittokun) / Twitter

富士スバル公式アカウント(@fujisubaru.official) • Instagram写真と動画

 

 

智本光隆

コメント (2)

谷性寺様より

2021-02-07 18:49:06 | 本能寺将星録

これ、紹介しようと思って先延ばしに・・・

一昨年、取材でお邪魔した京都の「谷性寺」さんより年賀をいただきました。

 

鶴屋吉信「京の手づくり最中 明智光秀」

 

 

 

そしてこちらが境内の「明智光秀公 首塚」です。

 

 

 

桔梗の花も咲き終わる季節・・・

 

 

 

智本光隆

 

コメント