名古屋市東区にあるこう鍼灸院|自律神経失調症、メニエール病専門

頭痛、自律神経失調症、メニエール病の症状解説や鍼灸治療、セミナー活動などご紹介します。

人生を有意義に!緩和ケアで癌(がん)と共に生きる

2020年11月13日 | 鍼灸院日記

名古屋市のみなさんこんにちは

東区葵 愛大車道校舎前の

先月10月4日(日)~  10日(土)

日本ホスピス緩和ケア協会により

ホスピス緩和ケア週間

 となっていました

この週間は様々な緩和ケアを

おこなっている施設や病院などで

ポスターの掲示及びセミナーや

見学会の実施などを通して

緩和ケアの普及啓発活動が

おこなわれる期間です

緩和ケア病棟と聞くと

どうしても暗く寂しいイメージを

持たれる方が多いと思います

しかし

実際の緩和ケア病棟は

皆さんがイメージされるのとは

少し違います 

下の動画をご覧いただき

そんな様子を感じ取って

いただければという

思いを込めて作成しました

―YouTubeホスピス緩和ケア週間―

 

みなさんはホスピス緩和ケアと聞くと

どのようなイメージをお持ちですか

・一度入ったら出られない
・最後にいくところ
・モルヒネでおかしくなる

といった声がいまだ多く聞こえます

WHO(世界保健機構)は

緩和ケアとは

「生命を脅かす疾患による問題に

直面している患者とその家族に対して

疾患の早期より

痛み 身体的問題 ・心理社会的問題
スピリチュアルな問題に関して

きちんとした評価をおこない

それが障害とならないように

予防したり対処したりすることで

クオリティー・オブ・ライフを

改善するためのアプローチである」

としています

緩和ケアの理念は

すべての人が

その人らしい人生を全う出来る様に

「より豊かで意義深いものにする」

ための機会づくりです

2020.10.31中日新聞に

このような記事が掲載されました

国立がん研究センターが

実施した遺族調査では

・亡くなるまでの1ヶ月間に
  患者が痛みを感じた 40.4%
・患者がつらい気持ちを抱えていた 42.3%
・遺族が長く嘆き悲しんでいた30.1%

という結果が公表されました

しかしながら

緩和ケア病棟では

痛みを訴える人の割合は少なく

適切なケアがなされていた

とのことです

大切なのは患者さん自身の 

肉体的 精神的苦痛を

緩和させること

そして ご家族の心のケアです

当院がボランティア活動をおこなっている

豊橋医療センターは 日本でも

有数の緩和ケア病棟があり

常日頃から緩和ケアに対しての

啓蒙活動をおこなっています

今回の動画も緩和ケア啓蒙活動の一環です

終末期に

どのような医療を受けたいのか

むしろ終末期ではなく

癌を宣告されたら

まず治療を含めた選択肢を

考えるきっかけとして

緩和ケアを思い出してほしいです

私たち鍼灸師も

患者さんの苦痛や不安に

向き合い 寄り添いながら

治療をおこなっています

それでは動画をご覧ください

緩和ケアでがんと共に生きる

~~~~~~~~~~~~~~~~

地下鉄桜通線 
車道 駅4番出入口から
西(名古屋駅方面)へ徒歩1分

地下鉄東山線・JR中央線
千種 駅1番出入口から
北西へ徒歩5分

頭痛/自律神経失調症/難聴
メニエール/夜泣き 専門鍼灸院

こう鍼灸院

名古屋市東区葵2-3-13 みねビルディング1F
TEL.052-937-1189

こう鍼灸院電話


この記事をはてなブックマークに追加

学校に行けない自律神経の病気

2020年10月24日 | 鍼灸院日記

名古屋市のみなさんこんにちは

東区葵 愛大車道校舎前の

「こう鍼灸院」です

最近 朝起きられず学校に

行く事ができないと言う

症状で鍼灸院を訪れる学生さんが

増えています
(特に小学生〜高校生)

 一般的に親御さんからすると
・怠け
・気合いが足りない
・仮病だ

などと思われがちですが

実は

起立性調節障害(OD)という

病気の可能性があります

ただ親御さんの世代ではあまり

認知されていなかった病気なので

仕方がない事かもしれません

お子さんに

こんな症状はありませんか?

・朝 体がだるく起きられない日が
 何日もある
・毎朝 頭痛 腹痛 気持ちが悪い
・午前中は調子が悪く午後から夕方に
 かけ段々と調子が良くなってくる
・お風呂に入ると気持ちが悪くなる
・調子が悪いと頭を下げて歩く
・顔色が青白い

3つ以上 当てはまる場合

まずは小児科を受診してみましょう
(第1選択は小児科です)

当院に来院される学生さんの多くは

病院を受診した後も思うような

結果が出ないという理由で来院される

ケースが多いです

これは鍼灸治療をすれば良くなるから

ではありません

良くならないケースもあります

もともと特効薬などなく

対処療法をするしかないのが

現状だからです

しかし鍼灸治療を取り入れることで

症状の程度もありますが

学校に行けなかった学生さんが

行けるようになったケースは

たくさんあります

鍼灸治療には自律神経を整える

作用があり

起立性調節障害は自律神経機能が

うまく作用できなくなるのが

大きな原因の1つですので

そうした面から

鍼灸治療は症状緩和に有効なのです

患者さんにとって

病院だからとか鍼灸院だからとか

ではなく 少しでも良くなる事が

全てだと思いますので

病院でいい結果が出ていないなら

鍼灸治療を試したり併用してみるのも

1つの方法だと思います

また起立性調節障害に似た症状が

大人におきることも最近

多くなっているようです

・体調が悪い
・お腹が痛い
・頭が痛い
・耳鳴りがする
・寝ても疲れが取れない

などなど様々な症状があり

病院に行ったけど調子が良くならない

原因がわからない

これらも自律神経の乱れが

不調の原因なのかもしれません

鍼灸治療は

もともと予防医学の側面があり

鍼をすることで自然治癒力が高まり

調子が良くなる可能性がありますので

是非

鍼灸を試していただきたいと思います

微力ながら1人でも多くの患者さんの

手助けになれればと思い

日々 頑張っております

~~~~~~~~~~~~~~~~
地下鉄桜通線 
車道 駅4番出入口から
西(名古屋駅方面)へ徒歩1分

地下鉄東山線・JR中央線
千種 駅1番出入口から
北西へ徒歩5分

頭痛/自律神経失調症/難聴
メニエール/夜泣き 専門鍼灸院

こう鍼灸院

名古屋市東区葵2-3-13 みねビルディング1F
TEL.052-937-1189

こう鍼灸院電話


この記事をはてなブックマークに追加

鍼灸Go To キャンペーン!?

2020年09月14日 | 名古屋市のイベント

名古屋市のみなさんこんにちは

東区葵 愛大車道校舎前の

「こう鍼灸院」です

緊急のイベント告知です

みなさんは

難聴 耳鳴り 顔面神経麻痺

逆子 不妊 つわり

うつ病 自律神経失調症

夜泣き 疳の虫

などの症状に対し

鍼灸治療が有効であることを

ご存知ですか

実は

WHO(世界保健機構)が定める

鍼灸適応症としても認められています

しかしながら

知らない人の方が

多いのが今の現状です

そんな方の為に

こう鍼灸院では

10月5日(月)〜10月10日(土)

診療時間中に一部のベッドを使って

はり・きゅう無料体験会

開催する事に致しました

・「はり」に興味はあるけど怖い

・病院で治療を受けたが良くならない

・整体とマッサージとは何が違うの?

などの疑問に鍼灸師がお応えします

そして

実際に片手を使って

はり・お灸を体験していただきます

わたし達は

1人でも多くの方に

はり・お灸の良さを

もっと知ってもらいたい

辛さを感じている方に

楽になってほしいです

この期間中に

体験を受けて下さった方

体験会を紹介してくださった方

全ての方に

・免疫力アップに効果的なお灸

・ツボ刺激に最適なパイオネックス

プレゼントたします

是非この機会にお越し下さい

また

当院では

みなさんが安心して

ご来院いただけるよう

コロナ対策として

・玄関に手指消毒の設置

・スタッフ全員のマスク着用

・常に窓を開けての換気

・こまめなアルコール消毒

(人がよく触れるドアノブや椅子など)

など徹底して行っていきます

みなさんのお越しを

お待ちしております


~~~~~~~~~~~~~~~~
地下鉄桜通線 
車道 駅4番出入口から
西(名古屋駅方面)へ徒歩1分

地下鉄東山線・JR中央線
千種 駅1番出入口から
北西へ徒歩5分

頭痛/自律神経失調症/難聴
メニエール/夜泣き 専門鍼灸院

こう鍼灸院

名古屋市東区葵2-3-13 みねビルディング1F
TEL.052-937-1189

こう鍼灸院電話


この記事をはてなブックマークに追加

私の娘が難聴になりました

2020年08月22日 | 鍼灸院日記
名古屋市のみなさんこんにちは

東区葵 愛大車道校舎前の

「こう鍼灸院」です

最近 難聴を訴える方が

例年より多く来院されています

なかでも低い音の聞こえが

悪くなる

急性低音障害型感音難聴

人が多いです

なぜでしょうか?

たまたまなのかもしれまんが

個人的にはコロナ禍のストレス

原因の1つにあるのかと思います

難聴の原因に

疲労とストレスが大きく

関与していると言われています

これにより

自律神経の異常が

起こり内耳の内リンパ液が

増加するために難聴になると

考えられています

低音障害型感音難聴の特徴

・治りやすく再発しやすい
・女性に多い(20代から40代)
・治ってから数年後にメニエール病を発症
 する可能性がある

症状としては

・耳のつまり感
・低音が聞こえにくい
・低い耳鳴り 「ゴ〜ッ」
・音がゆがんで聞こえる
・自分の声や周りの声が響く
・耳の中に水が入っているような
 感じがする

などです

この難聴は聞こえ辛さより

耳のつまり感のほうが気なる方が多く

聴力の低下に気がついていない方も

多いので注意してください

万が一 難聴になってしまったら

とにかく早く治療をはじめてください



他人事ではないでよ

実は私の娘も6月に

このタイプの難聴になりました

すぐに病院にかかりましたが

あまり改善がみられない為

帰省させ鍼治療をしました

幸いに聴力は回復し安堵しました

しかし

1ヶ月以上たった今でも

少し音の響きが

気になる日もあようです

なので

最近

・聞こえにくさを感じる
・耳鳴りがする
・耳のつまり感がたまにある

などの症状があるようでしたら

早めに対処しましょう

放置すれば治らないことにも

つながってしまいます

しかし

現実に病院では発症しないと

治療してもらえないことが多いです

鍼灸治療は未病治療が

1つの特徴でもあるので

少しでも耳に異変を感じたら

お早めにご相談ください


~~~~~~~~~~~~~~~~
地下鉄桜通線 
車道 駅4番出入口から
西(名古屋駅方面)へ徒歩1分

地下鉄東山線・JR中央線
千種 駅1番出入口から
北西へ徒歩5分

頭痛/自律神経失調症/難聴
メニエール/夜泣き 専門鍼灸院

こう鍼灸院

名古屋市東区葵2-3-13 みねビルディング1F
TEL.052-937-1189

こう鍼灸院電話




この記事をはてなブックマークに追加

軽い頭痛を甘く見るのは危険です

2020年07月27日 | 鍼灸院日記
名古屋市のみなさん こんにちは

東区葵 愛大車道校舎前の

「こう鍼灸院」です

皆さんは

一次性頭痛二次性頭痛という

言葉を聞いたことありますか

一次性頭痛は簡単に言うと

繰り返しおこる頭痛で

俗にいう『頭痛もち」の頭痛のことです

二次性頭痛は

くも膜下出血などに

代表されるような

生命にかかわる頭痛のことです

当然ではありますが

鍼灸適用一次性頭痛です

一次性頭痛とは

主に片頭痛 緊張型頭痛に

代表される頭痛で

当院に来院される方は

このタイプの頭痛がもっとも多いです

今やネットで頭痛と検索すれば

さまざまな情報が手に入る時代です



しかし

検索しても今一つ自分の症状と

一致するとは限りませんよね

片頭痛 緊張型頭痛にしても

・個人差 慢性度の違い
・2つの症状が混在するケース

もあるため症状の区別が

つかないのも うなずけます

当院に来院されている患者さんは

市販薬からはじまり
病院
マッサージ
整体など


色々な経緯をたどって来院することが多く

それだけ慢性化した状態で来院するので

教科書通りの症状には

ならないことの方が多いのです

慢性度の高い頭痛
(片頭痛、緊張型頭痛)の方は

ほとんど首コリ 肩コリが存在しますので

治療で大切なのは

このコリを取り 血流を

改善させることです

多くのケースでは

数回の治療をすることで

1週間単位 1ヶ月単位で

頭痛の頻度が減り

薬に頼ることも減っていきます

治療直後から

首・肩が軽くなったなど

実感する方も多いと思います

また その場では大きな効果を

感じなくても 次の日に

首や肩がすごく楽になったと

感じる方も多いと思います

こうなれば

自然と頭痛の頻度 程度は

軽減するはずです
 
逆に言うなら

今は頭痛がなくても

首コリや肩コリを放置すれば

頭痛につながる

可能性があるということです

個人的には

頭痛は1日してならずです

そこに至る過程があると思っています

例えば 身体的なストレス

同じ姿勢で長時間仕事をしている
長時間のスマホ
常に緊張状態にさらされる環境

など 生活環境の中には

いくらでもその可能性は潜んでいます

そのまま放置すれば

体は借金体質になり

悪循環になってしまいます



借金は早めに返済して楽になり

貯蓄体質をつくりましょう

鍼灸は

そのお手伝いができる方法の1つです

ただし

頭痛には冒頭でお話しした

二次性の怖い頭痛もございますので

今までに経験したことのない

激しい頭痛や はじめての頭痛には

まずは病院ですよ!!

鍼灸はそのあとでも遅くないです

補足情報

こんな理由で頭痛患者さんが

来院されます

・薬に頼りたくないから
・慢性的な頭痛もちで色々と
   治療をためしたが効果がなく来院
・以前 治療していた治療院がなくなった
・今まで治療していた治療院が遠いから
・ネットを見て来院
・当院に通っている患者さんの紹介

  
などです

以前はネットが多かったですが   

最近では紹介が多い傾向にあります

頭痛について更に詳しく知りたい方は

当院のホームページをご覧ください
頭痛 専門外来
http://koushinkyu.net/headache/


~~~~~~~~~~~~~~~~
地下鉄桜通線 
車道 駅4番出入口から
西(名古屋駅方面)へ徒歩1分

地下鉄東山線・JR中央線
千種 駅1番出入口から
北西へ徒歩5分

頭痛/自律神経失調症/難聴
メニエール/夜泣き 専門鍼灸院

こう鍼灸院

名古屋市東区葵2-3-13 みねビルディング1F
TEL.052-937-1189

こう鍼灸院電話



この記事をはてなブックマークに追加