羽生結弦選手 応援ブログ~kosumo70

日々の出来事や、フィギュアスケート、羽生選手の情報や感想など。
楽しく羽生選手を語りたいと思います。

婦人公論・僕は進化したい・・

2019-10-07 18:30:43 | 日記
 ∞さんのツイより_
 2019年10月7日現在
 ISUグランプリ🇨🇦カナダ大会
 出場 本田真凜選手
 ※変更がある場合はツリーに追加
 最新版はツリーの最後
 ※見やすり表が掲載されています。

 和田隆文さんのツイより
 本田真凜 選手のGPシリーズ第2戦
 スケートカナダ出場が決まりました。
 日本スケート連盟が7日に発表。第4戦中国杯と
 合わせてGPは2試合に。

 仙台坂さんのツイより
 既出かどうかわかりませんが、
 コーセーお客様相談室に確認したところ
 10/10(木)より
 雪肌精の化粧水1本に付き羽生選手の
 ポストカードを1枚その場でプレゼントの
 ことです💝
 ポストカードはオリジンのようです。
 (取り扱い店舗は限定)

 田中宣明 たなかのぶあきさんのツイより
 あした発売ですなあ。
 婦人公論で初めて写真が掲載されます^_^

 三浦公規さんのツイより
 こんにちは!
 いつも応援ありがとうございます‼️
 今月も瑞鳳殿 さんで演奏させて頂きます!
 「星月夜の饗宴ーふたつの秋音色ー」
 昨年と今年の羽生結弦 選手モチーフの
 七夕飾りのもと、和太鼓等の演奏を
 お聴きいただき、秋を感じていただく
 イベントです!

 みずほさんのツイより
 テレ朝グランプリシリーズ記者会見
 羽生選手は欠席
 羽生選手のビデオメッセージ部分
 動画です。

 

 ∞さんのツイより_
 オリコン週間ランキング 2019年10月07日付
 2019年9月23日~2019年9月29日 | ORICON NEWS
 羽生結弦「進化の時」
 発売日: 2019年09月25日
 羽生結弦「進化の時」製作委員会
 Blu-ray1⃣NEW
 推定売上枚数:27,704枚
 DVD2⃣NEW
 推定売上枚数:10,743枚
 ※いまだに一位二位って凄いですね

 [フィギュア]山本草太、憧れ羽生結弦から
 「学べるところは学びたい」4回転サルコーも
 「調子が上がってきた」
 今回の大会ではシニアに転向してから初めて羽生結弦
 (ANA)と一緒のリンクで戦うことになる。
 山本にとってあこがれの選手だけに
 「学べるところは学びたい」と謙虚な姿勢をみせる一方、
 「戦うために頑張っていけたら」とキッパリ。
 記事はこちらです。中日スポーツより

 スポーツ報知さんのツイより
 羽生結弦 、3年ぶりの真駒内で
 「思い出をまた塗り替えて喜びを上書きできるように」

 kenken 求N杯23日さんのツイより
 NHK おはよう日本
 NHK杯記者会見

 まっぴぃさんのツイより
 今日のデイリー、右一面のみ
 左にフィギュア関連と羽生くんのVメセちらあり

 台風被災
 「アクアリンクちば」救いたい 
 全国から激励の声 寄付口座を開設
 省略
 完成した二〇〇五年のこけら落としでは、浅田真央さんが
 演技し、羽生結弦選手や紀平梨花選手も調整で
 使ったことがあり、このリンクに対するファンの
 思い入れは強い。

 寄付は先月二十六日から年内まで受け付ける。
 十月二日現在で全国の五十人以上から計三十五万円以上
 の善意が寄せられ、職員の柳川正道さん(69)は
 「こんなに愛されているなんて、涙が出るほどありがたい」
 と感激する・・・記事はこちらです。
 --------------------------------- 

 

 

 
 海外ファンの方のGIFより
 ---------------------------------
 <過去の記事より> 2014年
 4年後の五輪に向けて金メダリストが始動!
 羽生結弦「僕は進化したい」←平昌に向けて

 2014年も後半に突入。今年話題となった人物のその後は? 
 スポーツジャーナリストの折山淑美さんが、
 五輪フィギュアスケートで日本人男子として初の金メダルを
 獲得した羽生結弦選手、19歳の彼の果てしなき挑戦と葛藤を
 雑誌「DIME」10月号でレポートしている。

 6月末の「ドリーム オン アイス」で新しいショート
 プログラム(SP)を初披露して、7月のショーでもジャンプ
 を完璧にこなしていた羽生結弦。
 表現力がこれまで以上に必要になるスローテンポの
 入ったピアノ曲、ショパンの『バラード第1番ト短調』を
 選び、高難度の4回転トゥループを体力的にも厳しくなる
 後半に組み込んだ構成は、彼のさらなる進化を希求する
 思いの表われでもある。

 昨シーズン最後の大会だった3月26日からの世界選手権。
 2位と0.33点という接戦を制して2月のソチ五輪に続く
 ビッグタイトルを手にした羽生は試合後

 「最後は意地と執念でした」といって笑みを浮かべた。

 五輪で金メダルを手にしたからこそ、負けることは
 許されないと決意して臨んだ大会。
 自信を持っていたSPは思わぬミスで出遅れたが、
 フリーではシーズン初戦のフィンランディア杯以降は
 失敗が続いていた4回転サルコウの着氷を踏ん張り切り、
 町田樹と大接戦での決着。

 そんな勝利への、執念ともいえる思い。それは昨季の
 彼が、ソチ五輪へ向けた戦いの中で芽生えさせ、育て
 上げてきたものでもあった。

 ◇2本の失敗ジャンプで成長できた

 全日本選手権を初制覇した12~13年シーズン。
 その自信を糧に、世界選手権で大きく羽ばたこうとした
 羽生は、大会直前に膝を痛めて表彰台を逃した。
 自身の不注意も要因になったともいえる失敗。
 勝負事に絶対はないことを改めて知らされたからこそ、
 翌シーズンの彼は結果にこだわった。
 初めての五輪代表の切符を確実に手にするためには最終
 選考会の全日本選手権だけに照準を合わせるのではなく、
 ひとつひとつの大会を大事にしていかなければいけないと。

 だが13年、GPシリーズ初戦のスケートカナダでは、
 その思いが逆風になった。
 王者パトリック・チャン(カナダ)に次ぐ2位ながら
 234.80の低得点。ミスが出て自滅といえる結果だった。

「あの時は前週のスケートアメリカで高得点を出して
 優勝した町田選手の結果も気になったし、ファイナル
 進出を確実にするためにも順位を取りたい、
 パトリックに勝ちたいという思いを強く持ちすぎました」

 羽生はその時の自身を、自分が何をすべきかと
 考えるのではなく、周りを必要以上に気にしすぎてしまった
 と分析した。
 その反省を結果につなげたのは2週間後のフランス杯だった。
 再び王者チャンとの戦い。
 その中、2シーズン目になるSPの『パリの散歩道』では
 国際試合自己最高の95.37点を出した。そしてフリーでは
 最初の4回転サルコウを跳ぶ直前に、スケートが氷の溝に
 はまるアクシデントが。
 続く4回転トゥループは転倒しながらも合計得点を263.59点
 にして2位になり、ファイナル進出を決めたのだ。

「パトリックとの得点差はカナダとそれほど変わりなかった
 けど、それまで自分が取り組んできたものは出せた。
 それとともに、ジャンプを2本失敗してもほかの要素を
 しっかりやることで得点を伸ばせることを実感できたのが
 大きな成果だった」

 こう話す羽生が幸運だったのはチャンがSP、フリーとも
 パーフェクトな演技をしたことだった。自分も完璧な演技
 をした時、チャンとどのくらいの差が付くのか確認できた。
 冷静に計算して5点は負けると分析した羽生は、その差を
 埋めるための課題として、つなぎの技術の向上やスピン
 などをていねいにしてGOE(出来栄え点)を稼がなければ
 などと、明確なものにすることができた・・・
 明日へ続く。

 ◇チャンピオンだからこそ結果を出す

 その新たな取り組みの成果はすぐに出た。12月5日からの
 GPファイナルでは、SP、フリーともにミスをしたチャンを
 上回ると自己最高の293.25点を叩き出し、13.17点の大差を
 付けて優勝したのだ。

 自分と相手を冷静に分析して、王者チャンとの差を一気に
 埋めた若き羽生の飛躍的な勢い。それがソチ五輪の大舞台
 でも発揮され、彼を王者の地位まで駆け上がらせた。
 金メダル獲得は06年トリノ五輪の荒川静香以来で、
 日本人男子では初。さらにGPファイナルと五輪、
 世界選手権の完全制覇は01~02年のアレクセイ・ヤグディン
 (ロシア)以来、男女シングルスを
 通じても史上2人目という歴史的な快挙だったのだ。

 だがそれで羽生が満足したわけではない。
 そのタイトルも、SP、フリーともにパーフェクトな
 演技をして獲得したものではなかったという悔いもある。

「今季は自分にとって、真価が問われるシーズンに
 なると思う。
 五輪チャンピオンだからこそ、その立場に値するような
 結果を出して いかなければいけない」

 やさしげな風貌とは裏腹に、負けず嫌いで勝負に
 こだわる性格を持つ羽生は、王者だからこそ技術だけ
 でなく、精神力や表現力も磨き上げていかなければ
 いけないと自分自身にプレッシャーをかけるのだ。

 「僕自身は進化したいというのがあります」

 こう話す羽生は、次の18年平昌五輪まではアスリートと
 して、そして表現者としてさらに進化し続けなければ
 いけないという強い意志を持って、新たなシーズンを
 歩みだし始めた。
 ---------------------------------
 まだまだ、続きますよ~~
 常に、新しい記事がでましたら随時更新いたします!!
 ポチっとクリックして頂けたら嬉しいです。
 心より・・愛を込めて・・!
 人気ブログランキング
 

1番下にあるランキングバナーは
 当ブログとは一切関係ありません。
 以前、このバナーを押すと韓国旅行ツアーにいってました。
(相手側が取らない限りずっと張り付いています) 
 こちらからは取れない~~~↓ 
コメント (6)