けやき学童クラブ

横浜市港北区にあるけやき学童クラブのブログです
自然豊かな場所で、子供たちはのびのびと過ごしています。

2021年1月16日 入所説明会を行います

2021年01月09日 | お知らせ

2021年度入所説明会・申し込みのお知らせです

 

日 時

2021年1月16日(土)   13:00~15:00

 

場 所

けやき学童クラブ

篠原町1042-1 (昨年度と場所が違いますのでご注意下さい!)

 

内 容

けやき学童クラブのしおりをお渡しし、学童についての説明を行います。当日は、支援員(スタッフ)や在籍児童の保護者も参加しますので、疑問点について何でも質問してください。

現在、来年度の入所について多くの問い合わせが来ております。入所希望の方、迷っている方もぜひ説明会にご参加ください。

また、今年度は現地参加以外にもオンライン(ZOOM)でもご参加いただけます。説明会に参加ご希望の方はこちらからお申し込み下さい。フォームが利用できない方は直接お電話かメールにてご連絡ください

 

連絡先

TEL:080-6680-7491(平日12時~18時)

E-MAIL:keyaki-gakudou-club.6-12@ezweb.ne.jp

 

個別の学童見学も随時受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。 皆様のご参加、お待ちしています!

 

                     

コメント

クリスマス会

2020年12月25日 | 学童の様子

12月に入り学童もクリスマスムード一色

 

下校してすぐに折り紙と画用紙を取り出して何かを作り始める子どもたち。

「何を作っているの?」と聞くと、「カレンダー」と2年生。

新年のカレンダーを作っているのだと思ったのですがなぜか日付は12月21日~25日。

「これを作って飾っておけばその日になったら中にお菓子が入っているんだよ」と嬉しそう話していました。

昨年作った『アドベントカレンダー』を覚えていて今年は自ら作り始めたようです。

それを聞いた1年も「僕も作るー」と作り始めました。

当日にお菓子を見つけた子どもたちは「やったー今年も入ってる」と大喜びでした。

 

そんな中6年生は集まって何やら相談。

「毎年6年生のお兄さん、お姉さんたちは私たちのために色々とイベントを考えてくれて、みんなが楽しめるようにしてくれていた」「今年は私たちの番だけどイベントが少ないから何も出来ていない」「クリスマスくらい何かしてあげたい」

と学童のために何か出来ないかと相談していました。

「準備の時間が短いからイベントは難しいけどおやつくらいなら出来そうじゃない

「パーティは年明けにやればいいよ」となりクリスマス当日12月25日に『クリスマスおやつ』、年が明け1月6日に『新年会(クリスマス会延期)』を行うことになりました。6年生の「低学年たちに何かしてあげたい」という優しい気持ちにジーンと来てしました

当日も高学年(5,6年)がフルーツのカットやお菓子のトッピングをしてくれたり、チョコソースやジュースの配布をしてくれたりと準備を手伝ってくれました。

ケーキを食べた低学年たちも「おいしい~」と大喜び。

そんな姿を見た高学年たちも何だかすごく嬉しそうでした。

「こうやって次の高学年に受け継がれていくんだろうな~」と実感しました。

『5,6年生ありがとう。新年会(クリスマス延期)もよろしくね』

 

コメント

本移転先を探しています!

2020年12月17日 | お知らせ

けやき学童クラブ、7月末に仮移転を行いました。

仮移転先への引越しから1か月が経ち、子ども達も楽しく学童ライフを送っています。

 

しかしながら仮移転先は篠原小学校の学区から外れており、近隣にも学童クラブがあることから、篠原小学校の学区内への本移転先を引き続き探しています。

 

けやき学童クラブでは引き続き物件を探しています。(チラシをご覧下さい)

条件に全て当てはまらなくても結構ですので、情報がありましたら、けやき学童クラブ

までご連絡ください、よろしくお願いします。

コメント

保護者の声 Part6

2020年11月28日 | 保護者の声・児童の声・OB/OGの声

保護者の声 Part6です。

 

早朝保育・初めての夏休みの思い出

 

けやき学童入所は決めていましたが、入所前に、スーパーでの買い物中に、当時のけやき学童保護者会の会長さんに「今、夏休みなどの長期休暇中に朝8時から保育をする早朝保育の制度を作ることを検討しているんだけど、入所してきたら、利用する?」と声をかけられました。「はい。」とサラリと答えたものの、内心は「えっ!?じゃあ、今は通常の出勤に間に合うように出かけると、子どもは家に置いて出るしかないの!?」と驚きました。私の直面した最初の「小1の壁」でした。

幸い、入所までにけやき学童には「早朝保育」の制度ができ、1年生の夏休みには毎日のように早朝保育を利用しました。

そして、夏休みはお弁当作り。夏の暑い盛りに突然、始まった不慣れなお弁当作りは「お腹を壊さないように」と大変、神経を使いました。8月のお盆休みのころにはクタクタ。そんな時、支援員さんがそっと笑顔で、「1年生が一番つらいの。初めてのお弁当。子どもはまだまだ手がかかる。でも、これさえ乗り越えたら、この先は頑張れるから。もう一息よ。」この言葉にどんなに癒されたか。忘れられません。

後で聞かされたのですが、その年の早朝保育のヘビーユーザーは我が家。我が子のための早朝保育だった日もあったそうですが、子どもは支援員さん独占の時間を楽しんでいたそうです。私には夏休みに気が付く余裕はありませんでした。

 

6回にわたり現役の保護者の皆様『学童に入ってどう思ったか』を語って頂きました。

支援員も初めて聞くお話もあり、「そんな風に思っていたんだ~」と改めて学びました。

学童を検討中の皆様にもご参考になれば幸いです。

コメント

保護者の声 Part5

2020年11月21日 | 保護者の声・児童の声・OB/OGの声

保護者の声 Part5 です。

 

『学校でもない、家でもない居場所』

 

下校してきた我が子が、支援員さんの「お帰り。」の一言に、答えもせず素通り。うっかりすれば、足を払ったり、お腹にパンチ! 明らかにイライラしている様子で帰ってくる時があるとのこと。そんな時は「お母さん、お仕事、忙しそうなの?」と聞いてくださると、大抵、図星。「先週も行ったくせに、今週も土曜日、仕事なんだって!つまんない!!」といった答えが返ってくる。その時は普段はない私の土曜出勤が続き、バタバタしていたことがご不満だったらしい。

「わかりやすいんです。お母さんがお仕事で忙しい時はご機嫌悪いんです。でも、学童から帰るころには、ご機嫌、直して帰るでしょ。ここで気分転換しているみたいよ。だから、時にはパンチ!らしいの。」

子どもは学校から家へ帰る間の学童で、他では見せない姿を見せていたようです。子どもにとって、けやき学童は学校とも家とも違う安心して本音を言える場所のようです。

そして、支援員さんに「知らなかったでしょ!?」と言われ、その日もまた、親子でけやき学童に助けられていることを感じた瞬間でした。

コメント

保護者の声 Part4

2020年11月08日 | お知らせ

保護者の声 Part4になります。

 

いろいろな仲間

 

学校ではリーダーを務めたりするほうではない我が子も、けやき学童では、上級生になれば、高学年会議を行い、班編成やルール決めをしたりし、行事の企画・運営の中心となって行動しています。遠足では下級生の手を引き、一緒にお弁当を食べたりもしています。そんな中で、我が子の口から出た言葉は、「僕も上級生に手伝ってもらってきたんだ。面倒見てもらったんだ。だから、今度は僕が上級生として下級生を助けるんだよね。」と言います。兄弟も少なく、異学年で交流することも少なった昨今、けやき学童で過ごしているからこそ、経験することではないかなと思うとともに、我が子がちょっと立派に見えた出来事でした。

また、けやき学童には、ダウン症や自閉症などの仲間もいます。1年生の時から一緒に過ごしてきているせいか、彼や彼女のペースを守って共に行動することもできれば、一生懸命物事に向かう姿に学ぶこともあって、助けたり、助けられたりの仲です。

けやき学童で、多くの人と出会い、仲間のことを思いながら過ごすことができているのではないでしょうか。家庭ではなかなかできない経験なのかもしれません。

コメント

ミニ縁日(ハロウィンパーティー)

2020年10月30日 | 学童の様子

10月26日、久しぶりの大型イベント『ミニ縁日』を行いました。

今年はキャンプや夏祭りが開催できず、子どもたちからも「イベントが無くてつまらない」と悲しい声が上がっていました。

そんな子どもたちの声を聞き、何か楽しいイベントは出来ないかと考え、保護者の皆様にも協力して頂き、『ミニ縁日』を行うことが出来ました。

 

子どもたちからもどんな事がやりたいか聞くと

「焼きそばが食べたい

「わなげで遊びたい

と意見もたくさん上がり高学年を中心に準備をスタート。

 

または「ハロウィンもしたい」という意見もあり、「一緒にやっちゃおう」ということで仮装をして縁日を行うことになりました。

ご家庭からお菓子や筆記用具、おもちゃなどたくさん寄付を頂きゲームの景品やハロウィンのお菓子もいっぱい集まりました。

(ご協力いただきありがとうございます)

 

 

前日には保護者の皆さんが子どもたちのためお庭をきれいにしてくださったり、子どもたちに配るお菓子や景品のセットをしてくださったりと色々お手伝いしてくださり何とか当日を迎えることが出来ました。

 

当日は仮装した(今年「鬼滅の刃」の仮装が多かったですね)子どもたちがわなげやピンボール、スーパーボールすくいで遊んだり、焼きそば、アメリカンドック。チョコバナナ(子どもたちのリクエストおやつ)などいつもより豪華なおやつを食べたりと一日盛りだくさんで過ごしました。

ゲームの景品やハロウィンのお菓子などお土産もたっぷりあり、すごく満足そうな子ども達を見て「やって良かった」としみじみ感じました。

 

子どもたち、保護者の方々、皆で作った『ミニ縁日』。とても楽しい1日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

保護者の声 Part3

2020年10月29日 | 保護者の声・児童の声・OB/OGの声

保護者の声 Part3です。

 

けやき学童を選んだ理由、そして・・・

 

現在、利用している下の子の入所の理由は、上の子がけやき学童を気に入って利用していたからですが、上の子のけやき学童を選んだ理由は、他でもない、下の子が通う福澤保育センターの敷地内にあったからです。しかし、その前には、企業運営の学童保育の入所も検討しました。上の子の学童入所はもう10年近く前になりますので、当時は企業運営の学童保育は少なく、篠原小学校学区外の大倉山方面にしかありませんでした。そこで先方の学童保育に入所希望の問い合わせをすると、「お子さん一人が違う小学校に通う子なので、なじめるか、どうか、心配はありますが、ご希望ならば受け入れはできると思います。」というお返事でした。もっと学区外のお子さんも利用しているだろうと思っていたのですが、「学区外だからなじめるか?」の一言に早々にあきらめました。

しかし、今、ふり返ってみると、子ども以上に保護者の私が学区内のけやき学童に入所してよかったと思っています。小学校は保育園のような子どもの送迎はなく、昼間は仕事に出かけ、この地域を離れている私は他の保護者の方に会うことがほとんどありません。しかし、けやき学童には保護者会や行事があり、そこで同学年だけでなく他学年の保護者の方ともお顔見知りになり、けやき学童の「みんなで子育て」のキャッチフレーズの通り、親子ともども、様々な場面でお声掛けをいただくことができ、心強いです。

コメント

保護者の声 Part2

2020年10月19日 | 保護者の声・児童の声・OB/OGの声

保護者の声Part2です。

 

けやき学童への入所は何より家に近いので決めましたが、実際お世話になって有り難いことがたくさんありました。

 

親運営型なので、保護者にとって負担がある部分はありますが、その分子供達の学童での様子を感じることができると思います。

 

おやつは手作りも取り入れてくれること、ドッチビーなど体を動かす遊びをたくさんさせてくれること、夏休みや代休の時は外出や遠足と、けやき学童ならではのイベント企画で、子供達が楽しめるようにしてくれます。夏のキャンプのおかげで息子は魚の丸焼きが好きになりました。

 

何より有り難いのは、子供達だけではく保護者にも寄り添ってくれることです。迎えが遅くなる際は預かり時間の相談に応じてくださったりと、非常に助かりました。学童のサポートにとても感謝しています。

コメント

保護者の声 Part1

2020年10月03日 | 保護者の声・児童の声・OB/OGの声

こんにちは
けやき学童保護者会役員行事係です。これからけやき学童ってどんなところ?を保護者目線で不定期にお伝えしたいと思います。1回目は学童にお子さんを通わせている保護者の方に声をいただきましたのでご紹介します。

 

子ども2人をけやきに入れている母です。

けやきに子ども達を入れてみて、上の子は、学童でたくさんのお兄さん・お姉さんに囲まれ、お世話をしてもらったり、かわいがってもらったことで、上級生となった今では、下級生に手を差し伸べることが出来るようになりました。

下の子は、お兄さん達と一緒に遊ぶ中で、わがままを抑えられるようになってきています。これから上級生になっていく中で、学童での成長がとても楽しみです。

縦のつながりを経験させることが出来たことが、親としては子ども達をけやきに入れて良かったなと思っているところです。

親の立場としては、けやき学童のように保護者が運営に携わっている学童は、役員や係をやらないとならない点としては大変だと感じることもありますが、やっていく中で仲良くなれたり、仕事とは違う繋がりを持つことが出来るという良い面もあります。

我が家は親子とも学童に入ったことで、縦・横の繋がりを得る体験が出来ました。

 

途中入所,ご見学受付中です。
お気軽にお問い合わせください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
けやき学童
住所 港北区 篠原町 1042-1
連絡先 TEL 080-6680-7491
mail keyakigakudou@snow.ocn.ne.jp

 

 

コメント