goo

台湾のドトールコーヒー

台北や高雄など、台湾の主要都市には、町のいたるところにコーヒーショップがあります。台湾の人間は、いつからコーヒー好きになったのかな・・・。ショップの数だけ見れば日本のほうが多いでしょうが、人口比割合では日本以上にあるんじゃないかな~と思いました。
ダンテ(丹堤)コーヒー、ミスターブラウンといった地元資本のものや、イカリ(怡客)コーヒーに、眞鍋(MANABE)珈琲と、日本風の店名が書かれた店(実は日本の珈琲館を発祥とするショップ)もあったし「ドトール」もあった。
で、今回の台湾の旅では、ドトールコーヒーに何度か行ってきました。
ドトールはご承知の通り日本資本のコーヒーショップで、台北と高雄に十数店舗展開。メニューは日本のドトールとほとんど一緒で、値段は日本国内のドトールと同じような値段のもあれば安いのもあります。



注文方法も日本のドトールと同じ。当然、メニューの名前は全部漢字で書かれてる。美式??(アメリカンコーヒー)、冰咖啡(アイスコーヒー)、拿鐵(カフェラテ)、濃縮咖啡(エスプレッソ)と、こういう感じ。
私はアイスコーヒー(冰咖啡)のLサイズを注文。
レジカウンターで「冰咖啡(ピンカーフェイ)、エル」・・・と注文。
すると店員は・・・「エロ?」

エロ? そう言われて私、戸惑ってたら店員がカップのサイズ、S・M・Lを指差します。
はっは~~ん、台湾ではローマ字のLの発音は「エロ」と言うのかと認識。

まあなんとか無事にアイスコーヒーのエロサイズはゲット(笑)



ドトールコーヒーは、中国語で「羅多倫咖啡」と書くみたいです(笑)




そして、台湾のドトールが日本のドトールと大きく違うのが、店内で無線LANによるインターネット接続ができること。涼しい店内でネットしながら、ゆったりとコーヒーを飲む・・・・。くつろげます~~!

写真は南京東路にある「南京一店」。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )