Aruのよもやまつれづれ日記

東京の西の端、高尾の生活
料理、出来事、車等々、取り留めないですがお付き合いの程よろしくお願いします。

エコキュートの防寒対策

2019年01月14日 | DIY

冬になると悩ましいお湯切れ

ガスのお宅ですとお湯切れなんてことは発生しませんが

エコキュートを利用しているために冬場はお湯切れが発生します。

夜間にお湯を沸かし550L貯湯しますが、それでも日常の生活を送ると

お風呂を張って、入浴3人目あたりで警告音が出ます。

強制沸かし増しをしてもすぐに増量されるわけではありませんから追いつきません。

時間差で入ろうとすると、シャワー中に警告音。

ということで、対策を少々。。。

考えられる対策としては給湯器本体、給湯経路、ユニットバス、浴槽の対策です。

今回は手軽なところで、給湯経路の保温です。

使ったのはフォームエースというパイプカバーで耐熱タイプ

(カタログを見ると120度までOKでしたが、直に巻くわけじゃないから要らなかった気がします)

購入はおうちDEPO府中店です。かなりの建材の在庫がありますので、見ているだけでも楽しいです。

(まだJoyful本田が未訪なので、そちらも行ってみないと。。。)

いきなり装着画像ですがこんな塩梅です

給湯系の赤いホースに巻き付けるだけ。

IMG_20190106_124659

手が入れられる範囲はカバーしましたが、給湯器本体から3mくらいは床下に入ることができず未対策。

図面では空いてましたが給排水のパイプに占領されていて、もぐれません。

(注文住宅だったらクレームもんでしょうなぁ。。。入れるようにするのに壁に点検口を新たに追加しないとですかねぇ(涙))

で、巻いた結果ですが、効果絶大です!お湯ぎれが無くなりました!

と言いたいところですが、湯切れへの貢献は不明です(汗)。

わかりやすい効果としては朝にお湯を出した際にお湯に代わるタイミングが多少早くなった気がするところ。

(その日の気温もありますから、それも微妙。。。)

対策を完璧にするならば、床下を気密断熱住宅のように断熱材を露出しているコンクリ全面に張り付けた上で、

基礎パッキングとの隙間も気密テープで塞がないとだめかもしれません。ユニットバス本体の断熱は壁内に断熱材を入れるのは厳しいから無理かな、、、入ることができる床下の断熱追加くらいしか無いですかね。とりあえず出来るところから少しずつ対策をとっていきます。

(ガス給湯入れれば?という話もありますが、ガスを新規導入すると60万から80万のイニシャルコストがかかります、それ以降のガス代も結構かかりますしねぇ)

悩ましい。。。。

コメント

部分日食 1月6日

2019年01月14日 | 日常

一週間以上前のことですが、部分日食がありました。

VIXENの日食グラスで見るとしっかり欠けている。

試しにカメラのレンズの前に日食グラスを付けて撮影したのがこちらです

bubun_20190106

画質はダメダメですが写るもんですね。記念には十分かな?

当日の部分日食の様子は国立天文台のサイトに写真と動画が掲載されています。見逃した方はぜひ。

コメント

口樂 麻婆麺 大辛 山椒マシマシ

2019年01月14日 | ラーメン

年末の訪問でしたが、京王堀之内の口樂さんへ伺ってきました。

以前は限定であったという麻婆麺がレギュラー化ということで初訪です。

DSC_0053

私は麻婆麺を大盛で、大辛、山椒マシマシ、家族は普通盛りで同じく大辛、山椒マシマシです。

店内オペは店主1人、とても広い厨房です。

先着は4名、店内は音楽が流れ黙々と調理する店主、静かに待つ客。

不思議な空気感です。

供されたのはこちら

DSC_0041

DSC_0043

チャーシューは2種、豚と鳥、刻みネギと刻みタマネギが載ります。

他の方のブログでは海苔が有りましたが、注文を忘れました。

DSC_0044

DSC_0045

DSC_0046

麺は自家製だとか、プリプリです。

DSC_0047

しっかり麻婆らしく豆腐も、スープは辛さを増したせいでしょうか、激辛、山椒もマシマシにしましたので

相当の辛さです。ただ辛いだけではなく、ちゃんと旨味が感じられるレベル。

食べ進めると自然と汗が伝い落ちます。辛い!でも気持ち良い!

DSC_0048

途中、ごはんを注文し通常の麻婆豆腐に

せっかくの麻婆麺のスープを食べきれるのでこれはオススメです。

DSC_0051

予想外は自分が完食したのち、家族がギブしたこと。

スープ残を半量以下に減らして丼を上げました。

久々に、ガッツーーーーン!と脳天を殴られるような辛さの料理をいただきました。

ご馳走様でした。

 

コメント

E34の修理、開かなくなったドアとドアノブゴム

2019年01月12日 | 

さて、先週末に出先で下りようとドアノブに手をかけると「ポン」という音が

その後はドアノブを引いてもスカ、ドアは開かず。。。

どうやらドアオープナーのリンケージが切れたのか、外れたのか。。。

内張を外すと切れている模様、真ん中の赤いケーブルの左端にフックがあるはずなのに、ありません。

IMGP5460

以下の12番のパーツ、正式名称はボーデンケーブル(部品番号:51218148620)、500円程度のパーツ。

image

ケーブルを少し剥いて、代わりに輪っかを作ってみます。長さがこれでよいかこれで確認

問題なければちゃんとしたフックをつけます(といいつつそのままにしそうな予感)。

IMGP5461

ドアを外したついでに、最近動きが渋いパワーウィンドーのリンケージをグリースアップします。

IMGP5459

IMGP5458

IMGP5457

あと、外のドアノブ周りのゴムがボロボロなので、こちらも交換です。

ドアノブのプラの周りとボディの隙間をゴムが埋めるのですが

IMGP5448

殆ど欠損して無いも同然

IMGP5450

外してみると無残、剥がそうと触るとボロボロと崩れます。

新車から交換されていなかったとすると、確か94年式なので25年?

IMGP5451

外したゴムを並べてみました。

発掘された骨のようですね。

上が付いていたもので下が新品です。

IMGP5453

他のドアゴムも同じような状態です。

いやはや酷いもんです。

IMGP5454

ドア側はシール材が無かったので汚れ放題です。

IMGP5455

IMGP5456

汚れを落とし新品を取り付けます。

今回は、互換品を使いましたが、やはりというか、穴の位置や形状が微妙に違います(汗)

まぁ。無いよりはマシでしょう。

ということで、ドアは開くようになり、ドアノブのシールも復活です。

IMGP5462

久々の車DIYでした。

しかし寒かった。。。。

コメント

初詣

2019年01月08日 | 高尾・八王子

年が明けましたので初詣へ行ってまいりました。

詣で先は八幡様

手水舎で清めてから芽の輪をくぐりお参りします。

IMGP5416

お参りの後は恒例のおみくじ。

今年は中吉、昨年浅草寺で引いた大凶からはかなりの改善です(汗)

IMGP5419

書いてある内容は「調子に乗らず、慎み深くまっとうにやれば良し、慌てたらダメ」

ですよねぇ、、、日々地道に積み上げてまいります。

コメント