*** june typhoon tokyo ***

The night is still young...

国際武道大×東北福祉大@神宮【全日本大学野球選手権】

2018-06-17 23:59:59 | 野球

 大学野球の頂点決戦は、東北の雄・東北福祉大に軍配。

 大学野球の頂点を決する全日本大学野球選手権の決勝戦が6月17日に明治神宮野球場で行なわれ、昨年準優勝の国際武道大を6対2で破った東北福祉大が14年ぶり3回目の優勝を達成した。

 序盤から互いに攻勢を仕掛ける展開。1回、国際武道大は1死から及川、勝俣の連打でチャンスを作るも、続く豊田、磯網が凡退したのに対し、東北福祉大は今大会当たりの出ていなかった4番・深江のレフトスタンドへの2ランホームランで先制。すると、2回表に国際武道大が2死2・3塁から柄澤が左中間へのタイムリー2塁打を放って同点に。その裏、東北福祉大はすぐさま反撃し、2死1・2塁から吉田のレフト前タイムリーで3対2と勝ち越すと、中野、元山もタイムリーを放ち、3連打で5対2と突き放す。

 3回、4回と国際武道大はスコアリングポジションへランナーを進めるも無得点、東北福祉大は続けて三者凡退と、やや国際武道大へ流れが行きかけたかのように思えたが、5、6回とランナーを出すも得点出来ずにいると、6回裏に東北福祉大が1死満塁のチャンスから中野がライト前タイムリーで追加点を挙げ、6対2。この点数がダメ押しに効いたか、国際武道大は7回、8回と4番手の津森に連続で三者凡退を喫し、流れは再び東北福祉大へ。国際武道大も継投を駆使しながら、東北福祉大の後続を抑えて反撃へ望みを託す。9回表、国際武道大は先頭打者の鮎ヶ瀬が出塁したものの、続く高上が併殺打でチャンスを逸し、そのまま試合終了となった。

 東北福祉大の11安打に対し、国際武道大も10安打を放っていたが、得点に巧く繋げられなかったことが点数の差に表われてしまったようだ。東北福祉大は9三振を喫していたものの、吉田が3安打、中野と清水聖が2安打と上位打線が特に活躍。4番・深江は2三振するも大きな先制弾を放って貢献した。国際武道大は豊田、赤木、鮎ヶ瀬がマルチ。7人がヒットを記録したが、ヒットのなかった三河と高上に1本出ていたら状況が変わったかもしれない。

 東北福祉大は準決勝の慶応義塾大戦に逆転勝ちしてさらに勢いに乗った。非常に高いレヴェルで安定した力を発揮した。国際武道大は今年も優勝に手が届かなかったが、2年連続で決勝進出は見事。活発な打線は迫力もあった。無敗で大学日本一決定戦まで駆け上がってきたことも称賛に値するだろう。

 また、応援もそれぞれ見ごたえがあった。チアリーダーを含む華やかなブラスバンド演奏で軽快にリズムを繰り出す東北福祉大に対し、野球部員を中心とした男声による雄々しいコールを中心とした国際武道大。対照的な応援スタイルだったが、それぞれ持ち味を発揮して、グラウンド内とともに熱戦をいっそう盛り上げた演出も、大学野球観戦の醍醐味として大いに楽しめた。

◇◇◇

■ 2018/06/17(日) 第67回全日本大学野球選手権大会 決勝
 国際武道大 - 東北福祉大 
 神宮球場 試合開始13:03 終了15:38 試合時間2時間35分
 球審:清水/塁審:美濃、戸塚、小出/外審:
 観衆:7000人

国際武道大 020 000 000 2
東北福祉大 230 001 00X 6

【バッテリー】
(国)青野、林、伊藤将、吉田、北村-鮎ヶ瀬
(東)藤川、三浦、椋木、津森-岩﨑、笹谷
【勝】(東)三浦
【S】
【敗】(国)青野
【本塁打】(東)深江1号(1回2ラン)

≪国際武道大≫
(7) 柄 澤(2 市立船橋)
(4) 及 川(3 市立船橋)
(5) 勝 俣(3 東海大菅生)
(9) 豊 田(3 東海大相模)
(D) 磯 網(3 東海大相模)
(3) 三 河(3 横浜)
(8) 赤 木(3 作新学院)
(2) 鮎ヶ瀬(2 作新学院)
(6) 高 上(4 銚子商業)

P 青 野(4 市立船橋)1 2/3回
P  林 (4 銚子商業)3 1/3回
P 伊藤将(4 横浜)  0 1/3回
P 吉 田(2 旭川実業)1 2/3回
P 北 村(2 東海大相模)1回

≪東北福祉大≫
(8) 吉 田(4 国士舘)
(4) 中 野(4 日大山形)
(6) 元 山(2 佐久長聖)
(5)3 深 江(4 八戸光星)
(7) 清水聖(3 智辯学園)
(9) 古 川(4 花咲徳栄)
(2) 岩 﨑(3 九州国際大)
2  笹 谷(3 花咲徳栄)
(D) 大 西(4 智辯学園)
(3) 清水敬(4 酒田南)
R5 西 山(4 国士舘)

P 藤 川(4 京都外大西)1 2/3回
P 三 浦(1 盛岡大学附)2 2/3回
P 椋 木(1 高川学園) 1 2/3回
P 津 森(3 和歌山東) 3回

◇◇◇






































◇◇◇



















◇◇◇
■ 出場校
苫小牧駒澤大 (北海道学生野球連盟)4年ぶり2回目
東海大北海道キャンパス (札幌学生野球連盟)4年連続8回目
富士大 (北東北大学野球連盟)6年連続13回目
東北福祉大 (仙台六大学野球連盟)3年連続33回目
東日本国際大 (南東北大学野球連盟)2年ぶり13回目
国際武道大 (千葉県大学野球連盟)2年連続19回目
白鴎大 (関甲新学生野球連盟)8年ぶり4回目
創価大 (東京新大学野球連盟)4年ぶり22回目
慶應義塾大 (東京六大学野球連盟)4年ぶり11回目
東洋大 (東都大学野球連盟)2年連続12回目
東海大 (首都大学野球連盟)3年ぶり37回目
神奈川大 (神奈川大学野球連盟)3年ぶり26回目
中京大 (愛知大学野球連盟)2年ぶり19回目
日本大国際関係学部 (東海地区大学野球連盟)7年ぶり4回目
福井工業大 (北陸大学野球連盟)8年連続41回目
立命館大 (関西学生野球連盟)2年ぶり18回目
大阪商業大 (関西六大学野球連盟)2年連続9回目
天理大 (阪神大学野球連盟)2年連続6回目
奈良学園大 (近畿学生野球連盟)2年ぶり21回目
京都学園大 (京滋大学野球連盟)2年連続8回目
広島大 (広島六大学野球連盟)35年ぶり3回目
徳山大 (中国地区大学野球連盟)7年ぶり13回目
四国学院大 (四国地区大学野球連盟)2年連続12回目
福岡大 (九州六大学野球連盟)2年連続29回目
九州産業大 (福岡六大学野球連盟)5年連続19回目
日本文理大 (九州地区大学野球連盟 北部)3年連続8回目
宮崎産業経営大 (九州地区大学野球連盟 南部)初出場

■ 試合結果
・6/11(月)
≪1回戦≫
広島大(中止)東北福祉大(神 宮)
富士大(中止)中京大  (神 宮)
東日本国際大(中止)神奈川大(神 宮)
奈良学園大 3-4 立命館大(東京D)
天理大 0-10 大阪商業大(東京D)
四国学院大 1-13 徳山大(東京D)
九州産業大 3-2 東海大(東京D)

・6/12(火)
富士大 2-4 中京大(神 宮)
東日本国際大 1-0 神奈川大(神 宮)
京都学園大 2-0 日大国際関係(神 宮)
日本文理大 2-4 苫小牧駒沢大(神 宮)
広島大 3-8 東北福祉大(東京D)
福井工業大 1-0 福岡大(東京D)
宮崎産業経営大 6-2 創価大(東京D)
≪2回戦≫
国際武道大 2-0 立命館大(東京D)

・6/13(水)
中京大 1-3 白鴎大(神 宮)
東日本国際大 2-0 京都学園大(神 宮)
苫小牧駒沢大 0-11 慶應義塾大(神 宮)
東北福祉大(不戦勝)東海大北海道(神 宮)※
大阪商業大 1-2 徳山大(東京D)
東洋大 3-10 九州産業大(東京D)
福井工業大 1-3 宮崎産業経営大(東京D)

・6/14(木)
≪準々決勝≫
東北福祉大 2-1 白鴎大(神 宮)
東日本国際大 2-10 慶應義塾大(神 宮)
国際武道大 8-0 徳山大(神 宮)
九州産業大 3-0 宮崎産業経営大(神 宮)

・6/16(土)
≪準決勝≫
東北福祉大 7-3 慶應義塾大(神 宮)
国際武道大 4-3 九州産業大(神 宮)

・6/17(日)
≪決 勝≫
東北福祉大 6-2 国際武道大(神 宮)

※ 東海大北海道は、3月に未成年飲酒が発覚し謹慎中の部員が4月上旬に再び飲酒していたと判明。6月11日に全日本大学野球選手権の辞退を発表し、不戦敗となった。


◇◇◇

















ブログランキング・にほんブログ村へ
『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 近況注意報 20180614 長崎・... | トップ | callme@ヤマハ銀座スタジオ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

野球」カテゴリの最新記事