*** june typhoon tokyo ***

The night is still young...

日本アイスホッケー女子、ソチ五輪出場決定第1号!

2013-02-11 01:16:51 | スポーツ
■ 日本アイスホッケー女子、ソチ五輪出場決定!

Ih_ladies01
Ih_ladies02

 スロバキア・ポプラトで行なわれたアイスホッケー女子・ソチ冬季五輪最終予選最終日で、日本女子代表はデンマークに5-0で完勝し、開催国出場の長野五輪以来、4大会ぶり2度目の五輪出場権を獲得!!

 前回の長野大会は開催国出場だから、予選を勝ち抜いての五輪出場は初。男子は残念だったけど、これで少しでもアイスホッケーに注目が注がれることを期待!

 とりあえず、フジテレビはキムタク主演の“月9”ドラマ『プライド』を再放送しないと、メイビー。(なんだ、このオチ)

 

 
 
 
 
 





ブログランキング・にほんブログ村へ




<script type="text/javascript">
//<![CDATA[
(function(d){
if(typeof(window.NINJA_CO_JP_ONETAG_BUTTON_9139ed0f25af9895c576cb364acae62a)=='undefined'){
document.write("<sc"+"ript type='text/javascript' src='http://omt.shinobi.jp/b/9139ed0f25af9895c576cb364acae62a'></sc"+"ript>");
}else{
window.NINJA_CO_JP_ONETAG_BUTTON_9139ed0f25af9895c576cb364acae62a.ONETAGButton_Load();}
})(document);
//]]>
</script>

 
 

  
 

コメント

さらば、愛しの“マイク”

2010-05-25 23:16:00 | スポーツ
■ ラッシャー木村死去

Photo


 ラッシャー木村(本名・木村政雄)が5月24日午前5時30分、腎不全による誤嚥性肺炎のため死去とプロレスリング・ノアが発表。68歳。プロレスラーの基礎体力作りのために、大相撲界へ入門。幕下20枚目となると、十両となると相撲界から引退出来なくなるとの思いから廃業、1965年にプロレスラーとしてデビュー。日本プロレス、東京プロレスを経て国際プロレスへ。金網の鬼のニックネームが定着する。新日本プロレス参戦では“はぐれ国際軍団”として存在価値が下がったことから全日本プロレスへ。当初、ジャイアント馬場と敵対するも、その後、馬場と“義兄弟タッグ”を結成。マイクパフォーマンスでも人気を集め、マイクは全日本、その後のノアでも恒例となった。2004年に体調不良を理由に現役引退。プロレスリング・ノア終身名誉選手会長。

 あまり強いというイメージはないけど、抗争とかにはなくてはならない存在だったな。いい意味でも悪い意味でもいろいろ乱してくれるというか。晩年はマイクパフォーマンスばかりがピックアップされたけど、国際プロレス時代はアンドレ・ザ・ジャイアントからキヴ・アップ勝ちしているし、ルー・テーズは「馬場・猪木・木村の中だったら、相撲とレスリングをマスターしている木村が一番強い」と答えてたり、実力者だったから、長い間選手生活を出来たんだろうな。

 いろいろなマイクパフォーマンスがあるけど、個人的には「お前、最近なんか元気だと思ったらコノヤロー! やっぱりな、お前は、ジャイアントコーン食べてるなコノヤロー!」が好きだったな。(笑)

ラッシャー木村 vs ウンナン
</object>


ラッシャー木村マイクグラフティー
</object>


ラッシャー木村のマイクコーナー
</object>



ブログランキング・にほんブログ村へ


コメント

元気になりたいあなたへ

2010-04-24 05:44:11 | スポーツ
■ やっぱりエンジョイしないと!


男子新体操 鹿児島実業2010
</object>


2007年度高校総体 新体操 鹿児島実業高校
</object>


 
 真剣におバカを突き詰めるって素晴らしい。

 こういうのを観て、辛い時も明日の活力に。(笑)


ブログランキング・にほんブログ村へ


コメント

超個人的ヴァンクーヴァー五輪まとめ

2010-03-01 03:01:09 | スポーツ
■ 2010年のヴァンクーヴァーオリンピックについての超個人的感想

 国保の“腰パン王子”(←こんな表現しか出来ないマスコミも謝罪会見すべき)ネタで始まりましたが、あっという間に数々の激闘によってかき消されましたね。

 冬季五輪ってコンパクトなイメージがあるけれど、どの競技も興味深く観られる気がする。あまり観てないのは、スキーの距離とバイアスロンくらい。特に注目していたのは、カーリングとショートトラック。そして、日本は出ていないけれど、アイスホッケーかな。アイスホッケー観ていると、時間があっという間に過ぎる気がする。本当に。トロント・メイプルリープスのレプリカ・ジャージ(一応、購入当時1万円以上した)を着て観戦したくなった(したくなっただけ)。

 いろいろ憶測を呼んでいる女子フィギュアですが、メダルというか順位はどうでもいい。問題は採点。特に、GOE(Grade of Execution)という出来映え評価というやつ。演技審判によって-3から+3の7段階で評価されるというものだけど、そもそも競技である以上、技術やレヴェルの高さが点数の軸とならなければならないものなのに、出来映えによってガンガン加点されるというのが不明瞭となっている素なんではないか、と。
 まぁ、採点と審査員の構成(自国選手を採点出来てしまう)があれでは、もう競技じゃなくてミスコンと一緒。クイーン・オブ・アイスの大会。そう思えば合点がいく、か。個人的には、フリーは長洲未来が一番だったと思う(現在の採点方法なら)。

 ところで、アイスダンスの解説が天野真と書いてあってビックリ。常日頃フィギュアを見ている人は当たり前なのかもしれないけど(ISUの技術審判員だから)。カナダ在住なので久しく会ってないけど、3回くらい一緒に飲んだ仲なので。(笑)



コメント

三沢光晴 FOREVER

2009-06-14 18:01:31 | スポーツ
 
</object>


 ちょっと昨日から仕事とかやる気になりません。

 ジャンボ鶴田越えを果たし、間違いなく日本最強のレスラーだった三沢。こんなに切ない「スパルタンX」を聴いたのは初めてだ。
 ジャンボ鶴田が「ミチャワくん、まだこっち来るの早いよ」っていって、現世に戻してくれないか……。
 
 三沢は誕生日が自分と2日違いの6月18日。そういうことでもより親近感が湧いていたレスラーでした。会場にはなかなか行けなくても、日曜深夜の日テレの放送はほとんど欠かさず観ていたのですが、それも先日打ち切りとなり、寂しい思いをしてたんだけど、それ以上に寂しいことが起こるとは。

 とりあえず、ありし日の姿をネットで見るくらいしか、胸の隙間を埋められそうなことが思い浮かびません。とはいえ、見たところで、埋められる訳でもないんだけども。

 あと、齋藤彰俊選手。
三沢の分まで、これ以上に自分のスタイルでトップを走りぬいていってくれ。 
 

コメント