粘土で作るお花の教室 /ジュンコ・フローラ・スクール♪

「ひとひら、ひとひら」自分の手で作るクレイフラワーのお教室。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

世界にひとつだけの花

2013年08月20日 | お花

プリザーブドフラワー、アーティフシャルフラワーなど、
現在市場には様々な種類のアートフラワーがあります。
中には本物かと見間違う程、生花そっくりに作られた
奇麗なクレイフラワーも見かける様になりました。

ジュンコ・フローラ・スクールのオリジナル粘土で作る
「ルナ・フローラ」は作り手によってまったくちがった表現になるお花です。
「油絵の薔薇」を立体にしたいと思った「ルナ・フローラ」の創始者、
ジュンコ人見会長の思いは決して生花を模写する事ではなく、
お花と言う題材を使って自己を表現するお花を作る事でした。

例えば「ルナ・フローラ」に 代表される「薔薇」は、
花びら一枚一枚を型やローラー等を使わずに仕上げていく為、
作り手の指紋や手の皺がそのまま花びらの模様となります。
作り手のその時の気分によって、花びらの厚さや表情も変わります。
ですから全く同じ模様の花びらは一枚も存在しません。
着色も色つきのクレイを混ぜる手法ではなく、
沢山の種類の絵の具から選んで自分の好みで配分、
調整して練り込む為、カラー表現は無限大。探究心がくすぐられます。

こうしてたくさんの「世界にひとつだけの花」達が
この45年の間に数々の会員の手から生み出されて来ました。
同じ薔薇でも「ルナ・フローラの薔薇」は作り手によって
こんなに様々な表情があるのです。

Roses_tou