岩澤の梵鐘・銅像

梵鐘・銅像造りや京都の話題を綴っていきます。

夏の鋳造火入れ

2020-08-07 15:28:29 | 梵鐘
7,8月は、梵鐘口径2尺1寸(63cm)と灯籠の鋳造火入れを行いました。
梵鐘には、世界平和を願い、ご先祖様を供養する文言が刻まれています。
写真は、鋳上がり後の生まれたばかりの梵鐘です。
 
これからお盆の時期になり、今年はコロナウイルスの影響で帰省が叶わない方もおられることと思いますが、
ご先祖様を供養する心は大切にしたいものですね。




梵鐘鋳造火入れ

2020-06-19 14:23:42 | 梵鐘
本日は、九州に納める梵鐘口径2尺(約60cm)、重量60貫(約225kg)と喚鐘、風鐸の鋳造火入れを行いました。
梅雨の時期で、朝から雨が降っていましたが、不思議なことに、おかげ様で鋳造の間は雨が止みました。

風鐸とは、お寺の堂や塔の軒の四隅などにつるす青銅製の鐘形の鈴のことです。






灯籠 鋳造火入れ

2020-06-12 14:21:26 | 銅像
本日は、神社にお納めする灯籠の鋳造を行いました。
今回は、戦時中に供出された灯籠で、当時の写真を基に復元製作を行っています。
 
梵鐘、銅像、銅器には戦争の際、兵器に作り替えられるため、軍部に回収された歴史があります。
今回の灯籠のように、当時の復興に向けて、梵鐘、銅像、銅器づくりに精進しています。



鏧子(けいす)鋳造火入れ

2020-05-22 14:56:57 | 梵鐘
鏧子(けいす)、喚鐘の鋳造火入れを行いました。鏧子は、おりんの大きなもので、お寺様のお堂で読経をされる時に使われます。
今回は、口径2尺5寸、高さ2尺2寸と、鏧子の中でも大型です。(二枚目の写真はイメージです)
新型コロナ感染症が蔓延する中、このような祈りを込めて使われる佛具を製作させて頂くことを、ありがたく思います。
 
新緑の季節となり、吹く風も心地よく感じられる頃となりました。
祈りの力によって、皆様の不安、恐れが少しでもなくなり、安らかに過ごせる世の中になりますように。




梵鐘鋳造火入れ

2020-04-10 14:46:13 | 梵鐘

本日、梵鐘(平等院型 口径2尺3寸 重量約375㎏)と祭鐘2口、喚鐘6口の鋳造火入れを無事に行いました。
一日でも早く、コロナウィルスが収束し、世界中の皆様が穏やかに過ごせるよう、心より祈念申し上げます。
また、全国の皆様が外出されて鐘の音を聴くことができる日を願っております。

 
外出を自粛されている方が多くいらっしゃると思いますが、当社ホームページのYoutube動画にて、鐘の音を聴く事ができますので、ぜひお聴き下さい。https://www.youtube.com/channel/UCqqOaJh0Q54-0SUEjYgx62A
 

写真は、梵鐘の火入れの様子と、少し前に撮った工場近くの桜です。ご笑覧下さい。