映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアリティ映画でシミュレーションしておけば何処かで役立つはず

きっと、星のせいじゃない。

2015年02月15日 01時49分37秒 | 映画 か行
評価:★★★☆【3.5点】



試写会が当たりました!去年も当ったけど観に行けなかったから
その時の悔しい思いを胸に行ってきました(笑)
満員の会場は女性8割、男性2割ってところでしょうか。

ちなみにペア鑑賞なので伴侶に観に行くか訊いたところ
「それって妖怪出るの?」と返されたので
「たぶん、好みじゃない映画だよ」と言いひとりで鑑賞。



ジョン・グリーンのベストセラーYA小説
『さよならを待つふたりのために』を「ファミリー・ツリー」
「ダイバージェント」のシェイリーン・ウッドリー主演で映画化した
全米大ヒット感動青春ラブ・ストーリー。
難病を抱えながらも懸命に生きる10代の男女の切なくも
瑞々しい初恋の行方を綴る。共演は「キャリー」のアンセル・エルゴート。
監督は、これが長編2作目の新鋭ジョシュ・ブーン。
<allcinema>



ベタな展開でもいいんです。初めから分かっているから^^;
でも、少し意外だったのは健常者と思っていた男子くんが
まさかの身障者であったこと。

最近のワタシの鑑賞法は事前情報は完全シャットアウトにしておくこと。
なので、前向きで行動力ある男子くんが終盤で
どんどん意図しない運命に流されていく展開は衝撃だった。


【今週のツッコミ】
・今や、北米ティーンエイジャーのアイドルに君臨している
 シャイリーン・ウッドリーは演技力ありますね。
 全然タイプじゃないけど(おい)

・この子、日本の伝統的お遊び“福笑い”のベースに持って来い。
 だって、お顔の各パーツがクッキリし過ぎだもの(こら)

・前向き男子くんはジャージ姿は逞しいがスーツを着た途端
 妙に華奢に見えたのは気のせいか。

・映画の脚色とは思うが片方義眼から両目を失ったあの友人の
 あまりのノー天気さじゃなく前向きな明るさに勇気をもらえた。

・ヘイゼルの両親はちょっと出来すぎていて違和感があった。
 特にあの父は絶対怪しい!(って何にだよ)

・母役のローラ・ダーンに気づくのに可也時間が掛かった(笑)

・こういうベタな映画のなかで異彩を放っていた人物がひとり。
 最も印象に残ったのがウィレム・デフォー。
 もはやこういう役をやらせたら右に出る俳優はいないだろう。

・本作ポスターデザイン見て『マイ・ブルーベリー・ナイツ』思い出す。
----------------------------------------------------------
監督:ジョシュ・ブーン
脚本:スコット・ノイスタッター/マイケル・H・ウェバー
音楽:マイク・モーギス/ナサニエル・ウォルコット


出演:シャイリーン・ウッドリー/アンセル・エルゴート/ローラ・ダーン


『きっと、星のせいじゃない。』


コメント (11)   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
« ミュータント・タートルズ | トップ | フォックスキャッチャー »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2015-02-15 22:05:41
> 「それって妖怪出るの?」

三人で目が四つ、足が5本、肺が四つ(でしたっけ)の下りはギリシャ神話の三姉妹で一つの目を共有する妖怪姉妹的でふりましたけどね。病気もみんな妖怪のせ……
ふじき78さんへ (ituka)
2015-02-17 00:37:57
>三人で目が四つ、足が5本、肺が四つ(でしたっけ)

あ~!そういや男二人のどちらかが言ってましたね!(爆)
そのシーンで会場が揺れましたよ(そんなオーバーな)^^;
おすぎが (笛吹働爺)
2015-02-20 18:42:24
昨日だったか朝のメ~テレで、とってもいい映画、と言ってた。近々見ようと思う。
笛吹働爺さんへ (ituka)
2015-02-21 00:23:40
ベタで王道だけど、こういう映画は観ておいた方がいいと思いました(笑)
Unknown (えふ)
2015-02-22 19:39:38
私もガスがまさかの展開になってビックリしました!
もう完全に心の中はヘイゼルよりもガスくんに移ってしまいました。
ひさしぶりにツボにはまったので泣いちゃいました(涙
えふさんへ (ituka)
2015-02-22 22:16:46
ガスが遂にタバコに火をつけたから、感染症になったと思ってますが
実際はどうなんでしょうね。
なんか車からヘイゼルに救援要請したガスは完全に別人でした^^;
明るく元気で行動的な彼の方に目線が移っていったのはワタシも同じでしたよ(笑)

会場はあちらこちらから鼻をすする音が・・・。
見ました (笛吹働爺)
2015-02-24 00:45:29
小児ガンと戦ってる子供たちの映像をたまにTVでやってるがいつも正視できないです。
本作は映画だし、事前に内容わかってたので、もっぱらシャイリーンの演技中心に見てましたね。ファミリーツリーより老けましたね、って当たり前ですな。
しかしなんですね、アメリカのブラってデカイなって脱線してみてましたよ。
二人の会話で死後の世界はあるかないかってとこがあったが、あるに決まってんじゃんて叫びそうに・・・。
突っ込み所 (笛吹働爺)
2015-02-24 00:51:32
もう一つ引っかかったのは、ベッドシーンでヘイゼルの背中、肩幅ひろーい、って思った。ああいう病気だったらあんなに成長できんやろ! なんてね。
笛吹働爺さんへ (ituka)
2015-02-24 23:03:17
鑑賞お疲れ様です^^
シャイリーン、呼吸器つけてるものの、なんだか見た目は逞しかったですよね(笑)
「ファミリーツリー」に出てたことすっかり忘れてました。
そうか~、あれから既に3年の月日が流れてたんですね、早い(笑)

死後の世界は普通あるでしょ!何を今さら!とワタシも思いましたよ(爆)
Unknown (Ageha)
2015-03-01 23:04:05
主人公のヘイゼルがダイバージェントにでてた子だったとは。気が付きませんでした。(;´∀`)
そりゃ役でイメージ変わるわな。

・・・たしかに病人にしては肩幅ひろかったかな。(爆)

ポスターはマイブルベリーナイツ・・たしかに。わかる気がします。
内容は・・たしかどなたかも書いてたけど「永遠の僕たち」にイメージが近かった気がします。ラブストーリーで余命ものなんだけど、すんなり受け入れられたのはあんがいあの映画に雰囲気が似てたからかも。(^_^;)

コメントを投稿

映画 か行」カテゴリの最新記事

22 トラックバック

『きっと、星のせいじゃない。』をよみうりホールで観て、きゅんふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★生きるとは辛さに耐えること、死ぬとは被忘却に耐えること】 ガン患者のラブコメ(哲学的だけど「コメ」なんだと思う)。 可愛い女の子は鼻に管を付けてて ...
『きっと、星のせいじゃない。』 2015年2月16日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『きっと、星のせいじゃない。』 を試写会で鑑賞しました。 映画とは関係ないけど、よみうりホールは久しぶりだった。 どうやら2ヶ月はご無沙汰だったみたい。 【ストーリー】  末期ガンながらも、薬の効果で深刻な状態を免れているヘイゼル(シャイリーン・ウッドリ...
映画・きっと、星のせいじゃない。 (読書と映画とガーデニング)
原題 THE FAULT IN OUR STARS2014年 アメリカ原作 ジョン・グリーン「さよならを待つふたりのために」 主人公のヘイゼル(シャイリーン・ウッドリー)は16歳13歳で甲状腺癌になり、腫瘍が肺に転移幸い抗がん剤が効いて、今は酸素ボンベは手離せないものの小康状...
映画「きっと、星のせいじゃない。」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『きっと、星のせいじゃない』 (公式)を昨日の公開初日に劇場鑑賞。採点は ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら78点にします。 ざっくりストーリー 17歳のヘイゼル・グレース(シャイリーン・ウッドリー)は末期のガン患...
きっと、星のせいじゃない。 (佐藤秀の徒然幻視録)
知ってはならない「アンネの日記」の結末 公式サイト。原題:The Fault in Our Stars。ジョン・グリーン原作、ジョシュ・ブーン監督。シャイリーン・ウッドリー、アンセル・エルゴート、 ...
きっと、星のせいじゃない。 (あーうぃ だにぇっと)
きっと、星のせいじゃない。@よみうりホール
試写会「きっと、星のせいじゃない。」 (日々“是”精進! ver.F)
愛と死をみつめて… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201502120001/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】きっと、星のせいじゃない。 オリジナル・サウンドトラッ...価格:2,138円(税込、送料込)
『きっと、星のせいじゃない』(試写会) (・*・ etoile ・*・)
'15.01.20 『きっと、星のせいじゃない』(試写会)@有楽町朝日ホール CheRishさんで当選 いつもありがとうございます! 実はCheRishさんでは『エクソダス』も当たっていたのだけど、体調崩して行けなかった『エクソダス』お声掛けしてキャンセルしてしまった、こぶた...
きっと、星のせいじゃない (ハリウッド映画 LOVE)
なんでこんなに明るく生きていられるの?
きっと、星のせいじゃない。 (風に吹かれて)
0と1のあいだは無限の数がある 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/kitto-hoshi 原作: さよならを待つふちりのために (ジョン・グリーン著/岩波書店) 末期
きっと、星のせいじゃない。 (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
きっと、星のせいじゃない。 '14:米 ◆原題:THE FAULT IN OUR STARS ◆監督:ジョシュ・ブーン ◆出演:シャイリーン・ウッドリー、アンセル・エルゴート、ナット・ウルフ、ローラ・ダーン、サム・トラメル、ウィレム・デフォー、ロッテ・ファービーク、アナ・デラ...
0と1の間のちいさな無限。~「きっと、星のせいじゃない」~ (ペパーミントの魔術師)
どっちかが余命いくばくもなくてっていうラブストーリーはあれど、どっちもってのは ある意味相当悲しいはなしなんだけども どっちもそういう病だからこそ、誰よりもわかりあえることもあるわけで。ものは考えようで。 誰かに出会って人生が変わるとはよく言うけど、 ....
『きっと、星のせいじゃない。』 (こねたみっくす)
ヘイゼルとガスのokay。それはきっと、忘れてしまう言葉なんかじゃない。 何て純粋な恋の映画なんだろうか。何て爽やかな青春映画なんだろうか。そして何て可愛らしいカップルなん ...
「きっと、星のせいじゃない」☆透き通った涙 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
清らかで濁りのない、透き通った美しい涙がほろほろと流れる映画。 自分の境遇を後回しにして、残される者に対して愛を注ぐ物語。 湿っぽいお涙頂戴にしないところが、さすがアメリカ☆でも大判ハンカチは最初から用意しておこう!
0と1の間のちいさな無限。~「きっと、星のせいじゃない」~ (ペパーミントの魔術師)
どっちかが余命いくばくもなくてっていうラブストーリーはあれど、どっちもってのは ある意味相当悲しいはなしなんだけども どっちもそういう病だからこそ、誰よりもわかりあえることもあるわけで。ものは考えようで。 誰かに出会って人生が変わるとはよく言うけど、 ....
『きっと、星のせいじゃない。』 (2014) (相木悟の映画評)
さわやかに胸に沈殿する、純愛ストーリー! 瑞々しい若手俳優の好演、人生訓を提示する物語性と、硬軟が融合したまばゆい青春映画であった。 本作は、ジョン・グリーンが友人をモデルに書き上げたベストセラー小説の映画化。全米で公開されるやサプライズ・ヒットをか....
恋愛の基本。その2。『きっと、星のせいじゃない。』 (水曜日のシネマ日記)
ガン患者の集会で出会った若い男女の恋愛模様を描いた作品です。
『きっと、星のせいじゃない。』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「きっと、星のせいじゃない。」□監督 ジョシュ・ブーン□脚本 スコット・ノイスタッター、マイケル・H・ウェバー□原作 ジョン・グリーン□キャスト シャイリーン・ウッドリー、アンセル・エルゴート、ローラ・ダーン、      ...
きっと、星のせいじゃない。★★★★ (パピとママ映画のblog)
ジョン・グリーンのベストセラー小説「さよならを待つふたりのために」を基にした青春ロマンス。ガン患者の集会で出会った若い男女が恋に落ち、憧れの作家と対面しようとオランダへ旅する姿などを追う。『ダイバージェント』に出演したシャイリーン・ウッドリーとアンセル...
予め死を受け入れた二人のために~『きっと、星のせいじゃない。』 (真紅のthinkingdays)
 THE FAULT IN OUR STARS  17歳のヘイゼル・グレース(シャイリーン・ウッドリー)は、甲状腺ガンが肺に 転移し、酸素ボンベが手放せないながらも小康状態を保っていた。母(ローラ ・ダーン)の薦めでガン患者が集う会に参加した彼女は、骨肉腫により...
きっと、星のせいじゃない。 (映画的・絵画的・音楽的)
 『きっと、星のせいじゃない。』をTOHOシネマズ渋谷で見てきました。 (1)時間的な余裕があるときにはこうした純愛ラブストーリーも良いのでは、と思って映画館に行ってみたのですが、案の定、女子高生が大部分でした。  本作(注1)は、17歳で末期ガンを患っている少...
きっと、星のせいじゃない。 (映画好きパパの鑑賞日記)
 がんにかかった若者の悲恋物語との事前情報に、アメリカでもお涙頂戴がはやっているのかと、ちょっと冷めた感じで見にいきましたが、丁寧な作りで無理に泣かせようとしていません。ちなみに、周りは若い女性ばかりで、宣伝も女性向きなのですが、中高年の男性がみても、...