映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアリティ映画でシミュレーションしておけば何処かで役立つはず

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

2015年04月11日 19時17分25秒 | 映画 は行
評価:★★★☆【3,5点】(11)



嘗て、傑作自虐ネタ映画 『その男 ヴァン・ダム』 があったが
本作もその手にちなんで挑戦してはみたものの
内容自体は、それほどのものでもなく至って普通に感じた。

これは観る人それぞれの感性だからね、感想もいろいろあっていい(笑)



かつて主演した大人気スーパーヒーロー映画
「バードマン」のイメージが払拭できずに、
その後は鳴かず飛ばずの俳優人生を送るリーガン。
私生活でも離婚に娘サムの薬物中毒と、すっかりどん底に。
そこで再起を期してレイモンド・カーヴァーの
『愛について語るときに我々の語ること』を原作とする舞台を
自ら脚色・演出・主演で製作し、ブロードウェイに打って出ることに。
ところが、大ケガをした共演者の代役に起用した
実力派俳優マイクの横暴に振り回され、
アシスタントに付けた娘サムとの溝も深まるばかり。
本番を目前にいよいよ追い詰められていくリーガンだったが…。
<allcinema>



内容についての前情報は一切遮断していることから
ワタシの勝手な予想として、主人公は売れない舞台から離れ
背後に守護霊のような存在のバードマンの“お声”で
新作映画に着手していくものだとばかり思っていたので
この展開は若干スローテンポに感じてしまった。

最後まで舞台に賭ける主人公は天の声に助けられ(?)て
自分の生きる道で華々しく散ろうとしたら大失敗!
ところが結果オーライから批評家やメディアから喝さいを浴び
再び脚光を浴びる形になりましたよって、こう捉えたんだけど
時に睡魔が邪魔をして見逃したシーンもあるから自信がないわ(爆)

申し訳ないけど、アカデミー作品賞にしてはもうひとつだった。


【今週のツッコミ】
・本作の時代設定は2009年以降であるということは誰でもわかる(笑)
 『ハート・ロッカー』のジェレミー・レナーネタなど
 映画の裏話てんこ盛りだったからね^^

・「アイアンマン」をブリキを着たヒーローと茶化す姿が痛々しい。

・実際に『バードマン』の映画をいちど作ってください(爆)
 主演はもちろんマイケル・キートンで(笑)

・マイクの横暴ぶりは半端なかったが実在する俳優にも
 そんな横暴で傲慢な俳優さんもいるんでしょうね。

・でも、舞台で実際に“本番”しようとするのはいないでしょう^^;

・顔面を打ち抜いた主人公の包帯姿こそバードマンだった(笑)

・あの付け鼻があるだけでマイケル・キートンに見えなかったは
 彼は鼻にも特徴があるってことだな(笑)

・全篇ワンカットで見せられたけど意外にスムーズな撮影で
 違和感はそれほど感じなかった。

・この映画、全篇すべてリーガンの妄想でありラストの後に
 ベッドから目が覚めるというオチがあってもいいのでは。

・全世界10億ドルの興行収入は超大成功の証しらしい。
 では『アバター』の27億ドルはとんでもない数字ってことですね^^
 ちなみに歴代で見ても10億ドル突破はまだ19作品。
-------------------------------------------------------
監督:アレハンドロ・G・イニャリトゥ
脚本:アレハンドロ・G・イニャリトゥ/ニコラス・ヒアコボーネ/アレクサンダー・ディネラリス・Jr/
    アルマンド・ボー
音楽:アントニオ・サンチェス


出演:マイケル・キートン/ザック・ガリフィナーキス/エドワード・ノートン/
    エマ・ストーン/ナオミ・ワッツ


『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』

コメント (14)   トラックバック (43)   この記事についてブログを書く
« ソロモンの偽証 後篇・裁判 | トップ | セッション »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (えふ)
2015-04-11 21:45:31
好き嫌いを問われる作品ですね。
私はもちろん、
バードマンが劇中で言っていた
ドンパチ映画が好きです(汗
えふさんへ (ituka)
2015-04-11 21:58:48
背後のバードマンが自分の声で鳴け!と言った直後の
バトルシーンはなかなか良かったですよね!
彼はまだいい方です。生涯主演を張れず消えていく単役もいるんですからね~^^;

あの批評家が劇場から早々に出て行ったことで、してやったりでした(笑)
TBありがとうございます。 (ミス・マープル)
2015-04-12 08:13:27
冒頭の空中浮遊のシーンから嫌な予感がしました。
確かにBGMに使われるドラムの音や連続して撮影
したかのような手法は素晴らしいと思うけれど、内容が
好みではなかったです。
同じく途中で睡魔が襲ってきました。
ミス・マープルさんへ (ituka)
2015-04-12 09:46:24
現実と非現実の区別がつかないよう意図した作りは嫌いじゃないですが
だったら、もっと弾けた内容にしちゃえばいいのにと思いました。
主人公が批評家にぶちまけるセリフが心に残っています(笑)
財産をかけて作っているのに、何のリスクもない連中が作品を批評するってところ。
ここは双方に言い分があるのでぶつかるのも無理はないですね。

やはり睡魔が襲ってきましたか(笑)

こんばんは。 (オリーブリー)
2015-04-14 00:39:49
>本作の時代設定は2009年

う~ん、違うと思いますよん(笑)
シリーズを言及したかは覚えてないけど、ウディ・ハレルソンは「ハンガーゲーム」、マイケル・ファスは「X-MEN」、ジェレミーも「アベンジャーズ」とか言ってたよ^^
業界の裏側やユーモア、コネタいっぱいで、私は凄く楽しめました。
オリーブリーさんへ (ituka)
2015-04-14 22:58:28
リーガンがジェレミー・レナーって誰や?みたいなこと言った時に
プロデューサー(?)が「ハート・ロッカー」がアカデミーに掛かっているとか言ってたような^^;
なので「お!ってことは2009年なのか?」でしたが
ジェレミーのアベンジャーズの話が出てきたということは
2012年までは過ぎてるわけですね(笑)

多分そこら辺りは睡魔で見落とした可能性あるな~^^;

記事をプチ修正しよっと(爆)
星の数 (ami)
2015-04-16 21:58:26
itukaさんと私、評価はどちらも同じ「3.5」なのに
方や(若干)低評価、方や高評価なのはこれいかに!?(爆)

イニャリトゥ監督は前作『BIUTIFUL ビューティフル』で
それこそ完膚なきまでに打ちのめされたので(私のその年のベストムービー)
この内容の普通っぽさが逆に新鮮に感じました(笑)

あ、それからこの作品は全編ワンカットではなく
ワンカットに見える様に撮ってあるらしいですよ。
amiさんへ (ituka)
2015-04-16 22:52:54
☆は同じでも評価内容に違いが出るのは
おそらく、期待値の大きさがそうさせているのかもしれませんね(笑)
いや、ワタシ的に特に期待してたわけではないですが
鑑賞中ずっと息苦しいような、どこか閉所恐怖症の発作がでそうな感じでした(爆)

>前作『BIUTIFUL ビューティフル』

おぉ~!これ観ようか迷った作品ですが上映劇場の関係で観られないままです。
打ちのめされたんですね。やはりいつかの鑑賞予定にいれなければ(ってBS放送だけどね・笑)

全篇ステディカムによるワンカットにしか見えなかったです。
逆にどうすればそう見えるようになるのかメイキングが気になるので、ソフト買う?(無理)
この映画、鑑賞後もオフィシャルサイトに行かなかったので、あちらこちら勘違いしたまんまですね(爆)

amiさん情報ありがとう^^


Unknown (mariyon)
2015-04-20 23:03:38
>現実と非現実の区別がつかないよう意図した作りは嫌いじゃないですが
だったら、もっと弾けた内容にしちゃえばいいのにと思いました。

おっしゃるとおり!
不完全燃焼でした。予告のイメージが強すぎた。
まさか、あんなオチとは・・・でした。

アメリカの興行成績がそんなにいいのは
すごくすごくびっくりです。
勝手に玄人受け映画って思っていました。
(玄人と言っても、人よりちょっと多めに映画を観ている程度の人間の意味で)
そういう人間の自己顕示欲を満足させることができる映画なのか、それとも大衆ウケ映画なのか?

ただ一つ言えるのは、あの舞台を面白いと思える人は、舞台通に違いない。


mariyonさんへ (ituka)
2015-04-21 23:28:20
あちらの興行成績はよかったんですか^^;
まぁ、どちらかというと作り方が斬新だったな~と思うくらいで
内容的にはそれほどのモノでもなかったです。
予告編のバードマンがもっと活躍するような作りにしたらワタシ的にウケたかもしれません(笑)

>勝手に玄人受け映画って思っていました。

いや、正しくそれでしょう!(笑)
こういった映画はマニアック系とでもいいましょうか。
ツボにはまると本当に面白いんだと思います^^
今思えば、ワタシは勝手に『グランド・ブダペスト・ホテル』と同ジャンルにしちゃいましたよ(爆)

>ただ一つ言えるのは、あの舞台を面白いと思える人は、舞台通に違いない。

なるほど!舞台通か~。うんうん納得しましたよ(笑)

コメントを投稿

映画 は行」カテゴリの最新記事

43 トラックバック

劇場鑑賞「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 (日々“是”精進! ver.F)
彼は、本物のバードマンになれたのか… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201504100001/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】【輸入盤】Birdman [ バードマン あるいは(無知がもたら...価格:2,285円(税込、送料込)...
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) (佐藤秀の徒然幻視録)
ハリウッドの栄光は死んだ時に決まる、あるいは・・・ 公式サイト。原題:Birdman: Or (The Unexpected Virtue of Ignorance) 。アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督。マイケル・キートン、エドワー ...
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 2015年4月7日 TOHOシネマズ六本木ヒルズ (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 をジャパンプレミアで鑑賞しました。 ジャパンプレミアとうことで別居問題で騒がれている、米倉涼子と小芝風花が登壇しました。 米倉涼子は好きであるが、あまり喋らない方が良いかもw 【ストーリー】  かつ...
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) (ハリウッド映画 LOVE)
黄色い字幕って、読みづらい。
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) (あーうぃ だにぇっと)
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)@TOHOシネマズ六本木ヒルズ
映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」@TOHOシネマズ六本木ヒルズ (新・辛口映画館)
 今回私は「ジャパンプレミア試写会」に招かれた。上映前にクリス・ペプラー司会、米倉涼子、小芝風花の舞台挨拶があり、本編上映前からシーンを再現した寸劇やネタバレ的な会話が多く、困ったイベントである。客入りは満席、客層は大人ばかりであるが、一人だけ5歳位の...
『バードマン あるいは (無知がもたらす予期せぬ奇跡)』Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance) アレハンドロ・G・イニャリ... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞、ラストについて触れています。『バードマン あるいは (無知がもたらす予期せぬ奇跡)』BIRDMAN OR (THE UNEXPECTED VIRTUE OF IGNORANCE)監督
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 (こねたみっくす)
映画好きにはたまらん大傑作だ! ただ映画を見るのが好きなだけの映画ファンよりも、業界裏事情まで含めた映画に纏わるもの全てを愛する映画好きにこそ、この映画の魅力は花開く ...
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(試写会) (・*・ etoile ・*・)
'15.03.23 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(試写会)@20世紀FOX試写室 cocoで当選! いつもありがとうございます┏○ペコ スゴイ見たかったので大喜びで行ってきたー ネタバレありです! 結末にも触れています! 「かつてヒーロ...
映画:バードマン Birdman 中年の悲哀を全面に出しつつ、噂に違わぬ 超・快?怪作! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
来年のアカデミー賞レースに向け、是非に今回観ておきたかった1本。 日本公開のタイトルは「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」とな? NYに着いた翌朝ー番に早速チェック! はじまった瞬間に気付く。 「何か違うわ、これ 」 タイトルのロゴの出方と....
バードマン Birdman 祝アカデミー4冠。 獲得のそのワケを、ばっちり鑑賞済の 当ブログが分析! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
今日のアカデミー賞で4冠。 作品賞 監督賞 脚本賞 撮影賞 どの賞も入選がナットクできる! そこで改めて、鑑賞後にアップした感想を振り返ってみたい。 <はじまった瞬間に気付く。 <「何か違うわ、これ 」 <タイトルのロゴの出方といい、リズムを刻むドラムス....
バードマン Birdman 祝アカデミー4冠。 獲得のそのワケを、ばっちり鑑賞済の 当ブログが分析! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
今日のアカデミー賞で4冠。 作品賞 監督賞 脚本賞 撮影賞 どの賞も入選がナットクできる! そこで改めて、鑑賞後にアップした感想を振り返ってみたい。 <はじまった瞬間に気付く。 <「何か違うわ、これ 」 <タイトルのロゴの出方といい、リズムを刻むドラムス....
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) (マープルのつぶやき)
JUGEMテーマ:洋画 「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 原題:Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance) 監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ 2014年 アメリカ映画 120分 PG12 キャスト:マイケル・キートン   ...
映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 (公式)を本日公開初日に劇場鑑賞。採点は ★★★ ☆☆ (5点満点で3点)。100点満点なら70点にします。 ざっくりストーリー 今でも世界中で大人気のスーパーヒーロー映画...
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) (♪HAVE A NICE DAY♪)
絶賛!!ではないけれど面白く観ました アカデミー賞の他のノミネート作品はあまり観てないけど・・・ バットマンを演じたマイケル・キートンが演じるし マイケル・キートン自体のストーリーでもあるような作品だそうですね。 バードマンの声、ふと思ったけど クリスチ...
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) (風に吹かれて)
舞台裏の悪戦苦闘 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/birdman 監督: アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ  「21グラム」 「バベル」 かつてスーパーヒーロ
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 (時間の無駄と言わないで)
超長回し風の撮影と編集半端ない。 2時間のほぼ全てが1カット(に見える)って凄いよね。 舞台が変わろうが時間が変わろうがカメラが追い続けるのなんの。 繋いでいる素材自体が ...
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)  (心のままに映画の風景)
ヒーロー映画「バードマン」で一世を風靡したリーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、そのイメージが払拭できず、鳴かず飛ばずの俳優人生を送っていた。 自分が脚色を手掛けた「愛について語るときに我々の語ること」で再起を懸けようと、ブロードウェイの舞台に...
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)★★★★ (パピとママ映画のblog)
『バベル』などのアレハンドロ・G・イニャリトゥが監督を務め、落ち目の俳優が現実と幻想のはざまで追い込まれるさまを描いたブラックコメディー。人気の落ちた俳優が、ブロードウェイの舞台で復活しようとする中で、不運と精神的なダメージを重ねていく姿を映す。ヒーロ....
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【BIRDMAN OR (THE UNEXPECTED VIRTUE OF IGNORANCE)】2015/04/10公開 アメリカ PG12 120分監督:アレハンドロ・G・イニャリトゥ出演:マイケル・キートン、ザック・ガリフィナーキス、エドワード・ノートン、アンドレア・ライズブロー、エイミー・ライアン、エマ・スト....
映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 (FREE TIME)
映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」を鑑賞しました。
翔べ! ~『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 (真紅のthinkingdays)
 BIRDMAN OR  (THE UNEXPECTED VIRTUE OF                    IGNORANCE)  かつてアメコミヒーロー映画 『バードマン』 に主演し、一世を風靡したもの の、今は落ちぶれつつある俳優のリーガン(マイケル・キートン)は、再...
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) (Akira's VOICE)
悪夢も視点を変えればハッピー。  
バードマン あるいは(無知がもたらす予知せぬ奇跡)見に行った~。(;´∀`) (ペパーミントの魔術師)
いつもはサブタイトルを何かつけるんだけど、タイトル長すぎ~。(^_^;)・・・ってそれはどうでもいい。 アカデミー賞の授賞式を見ていた時に妙に印象に残ってしまったのは、 司会をやってたひとがこの映画をパロって、ブリーフ一丁で舞台に出てくるのを通路から撮ってた...
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) (だらだら無気力ブログ!)
アカデミー賞受賞してなかったら、多分観に行ってなかっただろうな。
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) 監督/アレハンドロ・G・イニャリトゥ (西京極 紫の館)
【出演】  マイケル・キートン  エマ・ストーン  エドワード・ノートン  ナオミ・ワッツ 【ストーリー】 かつてヒーロー映画『バードマン』で一世を風靡した俳優リーガン・トムソンは、落ちぶれた今、自分が脚色を手掛けた舞台「愛について語るときに我々の語ること....
「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 (或る日の出来事)
ユニークだなあ!
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) Birdman or The Unexpected Virtue of Ignorance (映画の話でコーヒーブレイク)
本年度アカデミー賞最多9部門ノミネート。 作品賞、監督賞、脚本賞、撮影賞の4部門で受賞 主演のマイケル・キートンはゴールデングローブ主演男優賞受賞です 前評判もよく、かなり期待して見てきたのですが・・・ 非常にユニークで不思議な映画でした。    ****....
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』は二兎を追う (映画のブログ)
 グッとくる題名だ。  『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』。原題は"Birdman: Or (The Unexpected Virtue of Ignorance)"。  映画監督に限らない。創作に携わる人は誰もが「予期せぬ奇跡」を目指していよう。それをもたらすのが無知であることに...
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)/BIRDMAN OR (THE UNEXPECTED VIRTUE OF IGNORANCE) (我想一個人映画美的女人blog)
今年のアカデミー賞作品賞ほか最多4部門で受賞のアレハンドロ・ゴンザレスイニャリトゥ監督作品。 「アモーレス・ペロス」や「21グラム」「バベル」「BIUTIFUL ビューティフル」 全編1カットに見せる手法?という驚異の撮影スタイルで描き出し緊迫感の継続....
「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」☆映像に釘付け (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
男性版「ブラック・スワン」というべきか。 常に極限に居ることを強いられる人たちにとって、一部の癒しもないヒリヒリした日常から、遂に到達した念願の高みと究極の安らぎの世界。 「ブラック・スワン」はハッピーエンドと感じた私がやや戸惑うラストも、もしかすると...
バードマン あるいは (無知がもたらす予期せぬ奇跡) (はるみのひとり言)
映画館で観ました。 ヒーロー映画”バードマン"で一躍大スターになったリーガンさん。しかしシリーズ終了から20年経った今は、あのバードマンのと言われるくらいで新境地もなくスランプ状態。家族も大切にしてなかったので、妻とも離婚、娘との溝も深まっ....
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) (映画好きパパの鑑賞日記)
 今年のアカデミー賞で作品賞など4部門に輝いた作品。ただし、業界受けはするけれど、一般向けかというと微妙な点がしました。むしろマイケル・キートンの主演男優賞のほうがふさわしかったのでは。  作品情報 2014年アメリカ映画 監督:アレハンドロ・G・イニャリ...
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」□監督・脚本 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ□キャスト マイケル・キートン、ザック・ガリフィナーキス、エドワード・ノートン、       アンドレア・ライズボロー...
バードマン (もののはじめblog)
あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) かつて「バードマン」というアメコミ原作の映画に主演し、ヒットを飛ばしたもののその後がパッとしなかった映画俳優が再起を賭けてブロードウェイで芝居をするというストーリーを、ほぼワンカットと見間違うようなカメラワークが...
バードマン (映画的・絵画的・音楽的)
 『バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』を渋谷シネマライズで見ました。 (1)本作(注1)は、本年度のアカデミー賞作品賞を獲得した作品ということで、映画館に行ってきました。  本作の冒頭では、レイモンド・カーヴァーの詩が掲げられ、そしてタイト...
映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』感想 ザ・ドラム・ムービー (映画を観たからイラスト描いた)
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』Birdman or The Unexpected Virtue of Ignorance2014年/アメリカ/120分監督:アレハンドロ・G・イニャリトゥ出演:マイケル・キートン/ ...
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) (こんな映画見ました~)
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』---BIRDMAN OR (THE UNEXPECTED VIRTUE OF IGNORANCE)---2014年(アメリカ )監督: アレハンドロ・G・イニャリトゥ 出演:マイケル・キートン 、ザック・ガリフィナーキス、エドワード・ノートン 、...
再起をかけた男 (笑う社会人の生活)
13日のことですが、映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」を鑑賞しました。 かつてヒーロー映画『バードマン』で一世を風靡した俳優リーガン・トムソンは落ちぶれた今、自分が脚色・演出・主演の舞台に再起を懸けていた。 しかし、降板した俳優の代...
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
『バベル』などのアレハンドロ・G・イニャリトゥ監督 の新作でマイケル・キートンが主演を務め、本年度 アカデミー賞の作品賞、監督賞、脚本賞、撮影賞と 4つもの受賞歴を誇るブラックコメディー映画 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 が公開されまし...
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) (銀幕大帝α)
BIRDMAN OR (THE UNEXPECTED VIRTUE OF IGNORANCE) 2014年 アメリカ 120分 コメディ/ドラマ PG12 劇場公開(2015/04/10) 監督: アレハンドロ・G・イニャリトゥ 製作: アレハンドロ・G・イニャリトゥ 脚本: アレハンドロ・G・イニャリトゥ 出演: マイケ...
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) (いやいやえん)
【概略】 映画シリーズ4作目を断って20年、今も世界中で愛されているスーパーヒーロー“バードマン”。だが、バードマン役でスターになったリーガンは、その後のヒット作に恵まれず、私生活でも結婚に失敗し、失意の日々を送っていた。再起を決意したリーガンは、ブロー...
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) (Birdman: Or (The Unexpected Virtue of Ignorance)) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 アレハンドロ・G・イニャリトゥ 主演 マイケル・キートン 2014年 アメリカ映画 119分 ドラマ 採点★★★ 平均寿命から考えると、人生の折り返しってのをとっくに過ぎてしまったミドルエイジ真っ盛りな私。ただまぁ、下の子がまだ小さいってのもあってか、さ...