映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

映画でシミュレーションしておけば何処かで役立つはず

ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー

2022年11月11日 17時21分35秒 | 映画 は行
評価★★★☆【3.5点】(12)



ある意味、壮大なる追悼映画。



国王ティ・チャラ亡き後のワカンダ王国を舞台に、
新たな脅威となる海の王国タロカンの侵略から国を守るための
過酷な戦いを描く。
<allcinema>



こういったスーパーヒーロー実写映画ではまずありえない
アカデミー賞作品賞にノミネートされたことに驚いていたら
その作品で主演を務めた俳優が突如亡くなるという悲劇ですよ。

これ絶対に似た俳優で代役使ってシリーズ化するんだろうな。
と思っていたら、まさかのドラマの中でしっかり死亡扱いだ。

序盤からこの世界観のまま国王ティ・チャラの死を受け入れ
もう、マーベル&ディズニーが執り行った社葬のようだった。
有り余るマネーによって映画のなかで“それ”をする大胆不敵さ。

でもいいんですよ。
ほんとうに彼の死は悲しかったから。

で、映画一本丸ごと葬儀で終わらせるなんて無理だろうし
ドラマとしてはどうなるの?ということで言えば
もうひとつ吸引力が足らないというか脚本自体が薄い印象で
誰にも感情移入ができなかったのが淋しい。

ブラックパンサーいないのにどうするんだよ?
こんな疑問もマーベルならではの力技で難なくクリアして
いやはや、こんなんだったらいつものマーベル作品と変わらず
前作のシリアスさはどこに行ったんだよという感じだった。

にしても、強引な敵役となった相手民族には気の毒としか。。。



【今週のツッコミ】

・アフリカ民族風な音楽はしっかり継承され、ここ満足。

・女性版ブラックパンサーがキャットウーマンにしか見えなくて
 でも、そのルックスには萌えまくり。

・ライバルのDCコミックス「アクアマン」または「アバター」を
 それぞれチョットだけアレンジしたからいいでしょ。みたいな。

・久しぶりにミショーンを見た。早く「ウォーキング・デッド」に
 復活してくれないかな。リックとミショーンの新シリーズに期待。

・兄の死を惜しむ間もなく母が逝く。ならば妹が映画を引っ張り
 ついでに助っ人女子大生とミショーンで2作目はなんとか。

・エンドクレジットでかなり意味深な男の子の登場に
 親族で派閥ができないことを祈るばかりだ。

・ちなみにこの子が大きくなってキウェテル・イジョフォーへ
 主演オファーががあったら笑える。

・ドラマはイマイチ。でも、衣装デザインや音楽はかなり良い。
 来年のアカデミー賞では衣装デザインと音楽賞、歌曲賞での
 ノミネートはあるかもね。
------------------------------------------------------------------------------------------
監督:ライアン・クーグラー
脚本:ライアン・クーグラー、ジョー・ロバート・コール
音楽:ルートヴィッヒ・ヨーランソン
出演:レティーシャ・ライト、ルピタ・ニョンゴ、ダナイ・グリラ

『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』




コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 西部戦線異状なし【2022年】 | トップ | バーバリアン  »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

映画 は行」カテゴリの最新記事