ベルト・バックル修理 革漉き・裁断 伊東金属製作所

革ベルトやバックルの修理、革漉き、革の型抜きその他、幅広く紹介して行きます。

BAPE バックル修理

2021-04-30 07:38:47 | ベルト(他ブランド)

BAPEというブランドのベルト修理です。
大切なベルトを壊してしまったとご連絡いただきました。


ギボシも折れていますが、バックルも曲がっています。
かなり強い外力が掛かったのでしょうけれども、真鍮で出来ているのが救いでした。
亜鉛なら完全に折れています。


まずはバックルにネジ穴を開けてネジを埋め込みます。
表面に貫通するとお釈迦ですし、浅すぎても抜けてしまいますから、一番緊張するのが穴あけです。
どこまで開けられるかは完全に経験則です。


ベルト通しも曲がっていてスムースに通りません。


ここは簡単に広がりました。


ギボシも取り付けました。


バックルの曲りは戻すのは折れそうで怖いのでそのままとなります。
AとPの下の部分しか繋がっていませんから、ここを戻すのは非常に危険です。

作業受付はメールかLINEでのみ受け付けます。
画像を添えてご連絡ください。
お電話では受け付けません。
よろしくお願いいたします。

伊東金属製作所
info@itokinzoku.co.jp
LINE ID:itokinzoku



GWは暦通りです。
返信も暦通りとなります。



コメント

トップバックル フック修理

2021-03-22 08:35:37 | ベルト(他ブランド)

トップバックルのフック折れです。
ギボシではなく、引っ掛けるタイプになっています。
背面に刻印されているピューターという文字が気になります。
ピューターとは錫です。半田のぐにゃぐにゃした金属の事です。
柔らかいのでフックも折れてしまうのです。
錫の修理は強度確保が課題になります。


ダメだとは思いますが、フック部分は肉が盛ってあり、ネジ穴の深さも確保できそうでしたので、ネジ穴を開けてみました。


フックを作って入れてみましたが、繰り返し負荷を掛けているうちに、ネジ穴がガタガタになりました。
やはりこの方法では持ちこたえられません。


補強のために台座ごと取り付けます。
バックルとの接触面積を増やして強度を確保します。


金属面を接着する樹脂で取り付けています。
錫は200度以下で溶融してしまうので熱が掛けられません。
あくまで冷間での作業となります。

作業ご希望の方は下記をよく読んでからご連絡ください。

作業依頼方法

作業受付はメールかLINEでのみ受け付けます。
画像が無いとどのようなベルトなのかわかりませんので、お電話でのお問い合わせはお断りしています。
かならず作業対象の現品の画像を添えてご連絡ください。
ですので、お電話いただいても、メールかLINEで写真を送ってくださいと返答するだけになってしまいます。
連日沢山のご依頼をいただいており、できれば事務作業を簡素化して、その分、より沢山の修理を行ってあげたいと考えております。
問い合わせ時は画像送付のご協力お願いします。これから送って良いですか?等の前置きも不要です。
現状では、少々時間の掛かりそうな修理では、申し訳ないですがお断りせざるを得ない状況もあります。

値段が気になる方は、まずは弊社ホームページをご覧になってみてください。

バックル部分の修理
ベルトの革部分の修理

こちらに事例と価格を記載していますので、ご自分のものと同じ症状があれば参考になるかと思います。
ブログだと年数経過して価格改定したり、消費税の税率が変わったりで更新しきれないので、数年前からブログには価格を掲載しておりません。

東京都のコロナウイルス感染者数増加に伴い、徒歩圏内以外の方からの持ち込みはお断りしています。
弊社では高齢者も働いておりますので、ご理解ご協力お願いいたします。
徒歩圏内以外の方からの修理受付は宅配便のみになります。
よろしくお願いいたします。

LINEの場合、土日祝日でも時間があれば可能な限り返信してます。
しかし返信に時間が掛る場合もありますし、月曜まで返信できない場合もあります。
PCメールの場合は、土日のチェックはほぼ行いませんので、月曜になることが多いです。
よろしくお願いします。


伊東金属製作所
info@itokinzoku.co.jp
東京都足立区足立2-34-2
LINE ID:itokinzoku







コメント

Gucci ベルトカット

2021-03-17 16:04:54 | グッチ修理

グッチのベルトカット、17センチのカット作業依頼です。


作業前の状態です。
まだ新しいベルトです。


裏面はこのようになっています。
できる限り同じ作りのままカット作業をします。


バックルを外しました。
バックルが傷つかないように養生しました。


17センチ短くするために、折り返し位置にマーキングします。


折り返し部分を薄くしました。
縫製の糸はもちろん切れてしまいますから、この部分だけ再縫製します。


針穴を1つずつ手作業でトレースしていきます。


カットしてバックルを取り付けました。


トップバックルなのですが少々穴がきついようでした。


おそらくこのまま使っているとバックルが破損しますので、切り込みを入れて作業完了です。
これでベルトを外す時のバックルの負荷が大きく減ります。
トップバックルのギボシ折れは、はずす際に力が掛かって折れてしまうのです。
特に作業指示はいただいていませんが、気になったのでついでに処置しました。

作業ご希望の方は下記をよく読んでからご連絡ください。

作業依頼方法

作業受付はメールかLINEでのみ受け付けます。
画像が無いとどのようなベルトなのかわかりませんので、お電話でのお問い合わせはお断りしています。
かならず作業対象の現品の画像を添えてご連絡ください。
よく、グッチのベルトなのですが・・・、と、ご連絡いただきますが、
作業するのに必要なのは、グッチかどうかではなく、バックルがどのように留まっているのかが見たいのです。
ですので、お電話いただいても、メールかLINEで写真を送ってくださいと返答するだけになってしまいます。
連日沢山のご依頼をいただいており、できれば事務作業を簡素化して、その分、より沢山の修理を行ってあげたいと考えております。
問い合わせ時は画像送付のご協力お願いします。これから送って良いですか?等の前置きも不要です。
現状では、少々時間の掛かりそうな修理では、申し訳ないですがお断りせざるを得ない状況もあります。

値段が気になる方は、まずは弊社ホームページをご覧になってみてください。

バックル部分の修理
ベルトの革部分の修理

こちらに事例と価格を記載していますので、ご自分のものと同じ症状があれば参考になるかと思います。
ブログだと年数経過して価格改定したり、消費税の税率が変わったりで更新しきれないので、数年前からブログには価格を掲載しておりません。

東京都のコロナウイルス感染者数増加に伴い、徒歩圏内以外の方からの持ち込みはお断りしています。
弊社では高齢者も働いておりますので、ご理解ご協力お願いいたします。
徒歩圏内以外の方からの修理受付は宅配便のみになります。
よろしくお願いいたします。

LINEの場合、土日祝日でも時間があれば可能な限り返信してます。
しかし返信に時間が掛る場合もありますし、月曜まで返信できない場合もあります。
PCメールの場合は、土日のチェックはほぼ行いませんので、月曜になることが多いです。
よろしくお願いします。


伊東金属製作所
info@itokinzoku.co.jp
東京都足立区足立2-34-2
LINE ID:itokinzoku


コメント

ルイヴィトン ベルト修理 カット、ギボシ、作り替え

2021-03-04 09:26:29 | トレンチバックル

ルイヴィトンのベルト修理、ギボシ折れです。


裏面のこの部分ですね。
この部分は本来ねじ止めされていますので、ネジが折れたのか抜けたのだと思います。


分解してみました。
接着剤か何かで付けようとしたみたいです。


ギボシのネジ穴も埋まっています。
接着剤使わなければネジ穴はそのまま使えたのですが、埋まっていますので切り直さなくてはなりません。


ドリルで下穴を開けてからタップで切り直します。


裏面からねじ止めします。


修理できました。


追加で不完全な穴が開いていますので、これが原因かもしれません。


ルイヴィトン、ベルトカットのご依頼です。


裏面からばらしていきます。
ベルト通しがフンドシ式ですので、移設する必要があります。


6センチカットですので、小判穴を6センチ移設します。


小判穴移設完了。


バックルを取り付け直して余分な部分を切り落としました。


裏面の状態です。
すべて手作業で、できるだけ同じように仕上げていますので、お陰様で皆様よりお喜びの声がいただけています。
ありがとうございます。


最後にフィッティングに問題ないか、その他気になる点はないか確認して出荷です。


ルイヴィトン、ベルトの作り替えをいただきました。


オリジナルより若干色が薄いですが、型押しの模様はかなり近いものが在庫にありました。


長さは同じで仕上げています。


オリジナルを踏襲し、裏面も共革の作りです。

作業ご希望の方は下記をよく読んでからご連絡ください。

作業依頼方法

作業受付はメールかLINEでのみ受け付けます。
画像が無いとどのようなベルトなのかわかりませんので、お電話でのお問い合わせはお断りしています。
かならず作業対象の現品の画像を添えてご連絡ください。
お電話いただいても、メールかLINEで写真を送ってくださいと返答するだけになってしまいます。
連日沢山のご依頼をいただいており、できれば事務作業を簡素化して、その分、より沢山の修理を行ってあげたいと考えております。
問い合わせ時は画像送付のご協力お願いします。これから送って良いですか?等の前置きも不要です。
現状では、少々時間の掛かりそうな修理では、申し訳ないですがお断りせざるを得ない状況もあります。

値段が気になる方は、まずは弊社ホームページをご覧になってみてください。

バックル部分の修理
ベルトの革部分の修理

こちらに事例と価格を記載していますので、ご自分のものと同じ症状があれば参考になるかと思います。
ブログだと年数経過して価格改定したり、消費税の税率が変わったりで更新しきれないので、数年前からブログには価格を掲載しておりません。

東京都のコロナウイルス感染者数増加に伴い、徒歩圏内以外の方からの持ち込みはお断りしています。
弊社では高齢者も働いておりますので、ご理解ご協力お願いいたします。
徒歩圏内以外の方からの修理受付は宅配便のみになります。
よろしくお願いいたします。

LINEの場合、土日祝日でも時間があれば可能な限り返信してます。
しかし返信に時間が掛る場合もありますし、月曜まで返信できない場合もあります。
PCメールの場合は、土日のチェックはほぼ行いませんので、月曜になることが多いです。
よろしくお願いします。


伊東金属製作所
info@itokinzoku.co.jp
東京都足立区足立2-34-2
LINE ID:itokinzoku






コメント

トップバックル ギボシ取り付け

2021-01-28 07:58:30 | ベルト(他ブランド)

このような形式のバックルをトップバックルと言います。
こちらのバックルは福岡県のお客様から送られてきました。
ギボシが折れているので取り付けるのですが、工法を検討しなければなりません。


表面がドクロなのは問題ないのですが、ギボシを取り付けるあたりが肉抜きされていて薄いかもしれません。
これだと背面から穴を開けてネジ穴が切れるかどうか、前面に貫通してしまうと失敗なので慎重に検討します。


薄い部分をダイヤルゲージで採寸します。
ノギスでは入らないので採寸できません。
3.5ミリはあるようです。


ギボシのすそ野が残っているのでこの部分と合わせれば5ミリ程度の肉厚は確保できそうです。
平らに削ってセンターポンチを打ちこみました。この後、穴あけとネジきりです。


製作したギボシです。
ベルトの穴の大きさがわからないので小さめに作りました。


ネジ切りしたバックルに取り付けて完成です。


本来はベルトの穴とフィッティングを確認するのですが、ベルトがありませんので、もし穴がきついようなら図のように切り込みを入れて使うのがトップバックルでは理想ですと、お客様に伝えました。はずす時にほとんどは折ってしまいます。


こちらのバックルもギボシ取り付けです。
大切なバックルのようで非常にお困りのようでした。


このバックルは薄いので穴あけできません。
プレートを一枚貼り付けてそこにギボシを取り付けます。
バックルの貼り付け面を平滑に削りました。


製作した部品たちです。


修理できました。
ギボシの取付はバックルの厚さ、形状により工法を検討します。
全てワンオフ作業ですが、中にはどうしても不可能なものもあります。
画像を送っていただく際には、側面から厚さがわかるような画像も一緒に送っていただけると助かります。

作業受付はメールかLINEでのみ受け付けます。
画像が無いとどのようなバックルなのかわかりませんので、お電話でのお問い合わせはお断りしています。
かならず作業対象の現品の画像を添えてご連絡ください。
お電話いただいても、メールかLINEで写真を送ってくださいと返答するだけになってしまいます。
連日沢山のご依頼をいただいており、できれば事務作業を簡素化して、その分、より沢山の修理を行ってあげたいと考えております。
ご協力お願いします。
現状では、修理ができても少々時間の掛かりそうな修理では、申し訳ないですがお断りせざるを得ない状況もあります。

値段が気になる方は、弊社ホームページをご覧になってみてください。

バックル部分の修理
ベルトの革部分の修理

こちらに事例と価格を記載していますので、ご自分のものと同じ症状があれば参考になるかと思います。
ブログだと年数経過して価格改定したり、消費税の税率が変わったりで更新しきれないので、数年前からブログには価格を掲載しておりません。

東京都のコロナウイルス感染者数増加に伴い、徒歩圏内以外の方からの持ち込みはお断りしています。
弊社では高齢者も働いておりますので、ご理解ご協力お願いいたします。
徒歩圏内以外の方からの修理受付は宅配便のみになります。
よろしくお願いいたします。

LINEの場合、土日祝日でも時間があれば可能な限り返信してます。
しかし返信に時間が掛る場合もありますし、月曜まで返信できない場合もあります。
PCメールの場合は、土日のチェックはほぼ行いませんので、月曜になることが多いです。
よろしくお願いします。


伊東金属製作所
info@itokinzoku.co.jp
東京都足立区足立2-34-2
LINE ID:itokinzoku





コメント