ベルト・バックル修理 革漉き・裁断 伊東金属製作所

革ベルトやバックルの修理、革漉き、革の型抜きその他、幅広く紹介して行きます。

アルマーニジーンズ バックル ギボシ修理

2020-05-15 08:58:15 | アルマーニ修理

アルマーニジーンズのバックル修理です。
ギボシが折れています。
亜鉛ダイキャストのバックルなので、無理にベルトを外すと簡単に折れてしまいます。


このベルトはアジア製ですね。
どこかはあえて言いませんが、ベルト通しの留め金を見ればわかります。
隙間もあってクオリティが良くないです。


ギボシの頭を作ってねじ止めします。


修理完了です。


作業受付はメールかLINEでのみ受け付けます。
画像が無いとどのようなベルトなのか、どういった作業なのかわかりませんので、お電話でのお問い合わせはお断りしています。
かならず作業対象の現品の画像を添えてご連絡ください。
お電話いただいても、メールかLINEで写真を送ってくださいと返答するだけになります。

値段が気になる方は、弊社ホームページをご覧になってみてください。

バックル部分の修理
ベルトの革部分の修理

こちらに事例と価格を記載していますので、ご自分のものと同じ症状があれば参考になるかと思います。
ブログだと年数経過して価格改定したり、消費税の税率が変わったりで更新しきれないので、ブログには価格を掲載しておりません。

コロナウイルスによる外出自粛に伴い、収束するまでの間、持ち込みはお断りしています。
宅配便のみの受付になります。
よろしくお願いいたします。

LINEの場合、土日祝日でも時間があれば可能な限り返信してます。
しかし返信に時間が掛る場合もありますし、月曜まで返信できない場合もあります。
PCメールの場合は、土日のチェックはほぼ行いませんので、月曜になることが多いです。
よろしくお願いします。


伊東金属製作所
info@itokinzoku.co.jp
東京都足立区足立2-34-2
LINE ID:itokinzoku





コメント

トップバックル ギボシ再修理

2020-04-03 10:27:18 | ベルト(他ブランド)

2年以上前に一度修理したベルトです。
再度ギボシの玉が取れました。
亜鉛ダイキャストという材質を考えると、経年で弱くなる傾向にあるので、2年以上持ったと考えると、頑張った方だと思います。
そもそもちゃんと作られたバックルなら、壊れることがないのですから。
それでも可能な限りしっかり修理はしています。


表面に飾りがあるので、作業可能な加工が限られてしまうのです。
本来飾りは最後に付けられるものですので、付いた状態で作業というのは工法にかなりの制約があります。


ベルトもバックルピンが通るはずの小判穴が、折り返し部分に空いているので、造りが不思議な、何かを流用したようなベルトなのです。


前面の飾りを壊さずに修理するためにネジ穴を掘って埋め込みました。
しっかり留まるようにぎりぎりまで深く入れて作業しました。


玉を取り付けて修理完了です。

作業受付はメールかLINEでのみ受け付けます。
画像が無いとどのようなベルトなのか、どういった作業なのかわかりませんので、お電話でのお問い合わせはお断りしています。
かならず作業対象の現品の画像を添えてご連絡ください。
お電話いただいても、メールかLINEで写真を送ってくださいと返答するだけになります。

値段が気になる方は、弊社ホームページをご覧になってみてください。

バックル部分の修理
ベルトの革部分の修理

こちらに事例と価格を記載していますので、ご自分のものと同じ症状があれば参考になるかと思います。
ブログだと年数経過して価格改定したり、消費税の税率が変わったりで更新しきれないので、ブログには価格を掲載しておりません。

コロナウイルスが心配な昨今、持病があるため、収束するまでの当面の間、持ち込みはお断りしています。
宅配便のみの受付になります。
よろしくお願いいたします。

LINEの場合、土日祝日でも時間があれば可能な限り返信してます。
しかし返信に時間が掛る場合もありますし、月曜まで返信できない場合もあります。
PCメールの場合は、土日のチェックはほぼ行いませんので、月曜になることが多いです。
よろしくお願いします。


伊東金属製作所
info@itokinzoku.co.jp
東京都足立区足立2-34-2
LINE ID:itokinzoku


コメント

バックルダボ(ギボシ)修理

2020-01-18 09:32:19 | ベルト(他ブランド)

気に入っているベルトなので修理して欲しいというご依頼でした。
バックル自体の厚さは薄いのですが、取り付け部分だけは厚みが確保できます。
元々はネジで取り付けられていたものが根元で折れています。
これならこのネジ穴復元すれば直付けできそうです。


まずは真鍮棒から削り出してギボシを作ります。
ベルトの穴の大きさに合わせたサイズにしないと、また壊れてしまいます。
通常はギボシの大きさに合わせてベルトに穴を開けて作りますが、修理ですとすでにベルト穴が開いていますので、ベルトに合わせてギボシを作るしかありません。
このため、市販の部品単体で売っているギボシは使えません。


ネジを埋め込んで取り付け準備完了です。


バックルに取り付けました。

作業受付はメールかLINEでのみ受け付けます。
画像が無いとどのようなベルトなのか、どういった作業なのかわかりませんので、お電話でのお問い合わせはお断りしています。
かならず作業対象の現品の画像を添えてご連絡ください。
お電話いただいても、メールかLINEで写真を送ってくださいと返答するだけになります。

値段が気になる方は、弊社ホームページをご覧になってみてください。

バックル部分の修理
ベルトの革部分の修理

こちらに事例と価格を記載していますので、ご自分のものと同じ症状があれば参考になるかと思います。
ブログだと年数経過して価格改定したり、消費税の税率が変わったりで更新しきれないので、ブログには価格を掲載しておりません。

持込は完全予約制です。
留守がちですので、突然いらっしゃってもいないときが多いです。
持込のご予約にも事前の画像送付が必須となります。
ご協力お願いします。
持込は平日朝7時から17時までとなります。

LINEの場合、土日祝日でも時間があれば可能な限り返信してます。
しかし返信に時間が掛る場合もありますし、月曜まで返信できない場合もあります。
PCメールの場合は、土日のチェックはほぼ行いませんので、月曜になることが多いです。
よろしくお願いします。


伊東金属製作所
info@itokinzoku.co.jp
東京都足立区足立2-34-2
LINE ID:itokinzoku




コメント

グッチ インターロッキング ベルト バックル修理

2019-12-17 07:54:46 | グッチ修理

グッチのバックル修理です。
ギボシが折れています。


特にご自身で穴を増やしたわけではないですが、折れるということは、元々きついのでしょうね。
それとグッチはギボシ式のトップバックルでも、ただの丸穴のものが多いので、これも折れる原因です。
本来、トップバックルのベルト穴は、穴から外しやすくなるように、一方向だけ丸穴に対して切込みが必要です。


残ったギボシ部分にネジ穴を開けて再度頭を取り付けます。
まずはグラインダーで平滑に削って、そこへセンターポンチを打ち込み、ドリルで下穴を開け、タップでネジを切ります。
ネジを切るだけのことですが、いろいろ道具が必要です。
揃えるくらいなら修理に出した方が安いと思いますし、新品買った方が安いかもしれません。


まっすぐ入りました。


頭を作って取り付けました。


頭の部分をシルバー色でメッキして終了です。

作業受付はメールかLINEでのみ受け付けます。
画像が無いとどのようなベルトなのか、どういった作業なのかわかりませんので、お電話でのお問い合わせはお断りしています。
かならず作業対象の現品の画像を添えてご連絡ください。
お電話いただいても、メールかLINEで写真を送ってくださいと返答するだけになります。


値段が気になる方は、弊社ホームページをご覧になってみてください。

バックル部分の修理
ベルトの革部分の修理

こちらに事例と価格を記載していますので、ご自分のものと同じ症状があれば参考になるかと思います。
ブログだと年数経過して価格改定したり、消費税の税率が変わったりで更新しきれないので、ブログには価格を掲載しておりません。

持込は完全予約制です。
留守がちですので、突然いらっしゃってもいないときが多いです。
持込のご予約にも事前の画像送付が必須となります。
ご協力お願いします。
持込は平日朝7時から17時までとなります。

LINEの場合、土日祝日でも時間があれば可能な限り返信してます。
しかし返信に時間が掛る場合もありますし、月曜まで返信できない場合もあります。
PCメールの場合は、土日のチェックはほぼ行いませんので、月曜になることが多いです。
よろしくお願いします。


伊東金属製作所
info@itokinzoku.co.jp
東京都足立区足立2-34-2
LINE ID:itokinzoku





コメント

トップバックル ギボシ修理

2019-12-11 09:12:44 | ベルト(他ブランド)

トップバックルのギボシ修理です。
裏面から見るとバックルに厚みがあるので、再度取り付けができそうです。


が、表面は樹脂が流し込んであります。
当然、樹脂の分、金属部分は薄いので、思ったより作業しにくい作りです。
しかもこういった樹脂は、裏面からドリルで穴を開けた際に、少しでも刃先が当たると簡単に割れてしまいます。
樹脂の深さは確認できないので、推測で作業するしかありません。
工法の判断に迷う修理です。


ベルトはDSUQARED2のものです。


ちょっと怖い作業でしたが、無事ネジ穴を開け直すことができました。


ギボシは再利用するため、こちらもネジ穴を切りました。


短いイモネジを作って連結します。


見た目を損なわず修理完了です。


こちらのトップバックルは、バックルが薄いので貼りつけるしかありません。
真鍮色にメッキされた亜鉛のバックルです。
思い入れのあるベルトなので修理したいとおっしゃっておられました。



LINEA PELLE(リネアペレ)と素押しされています。
キロ単価の高い真鍮でバックルを作らずに、安価な亜鉛で作って真鍮色でメッキという作りなので、
バックルはあまり良いものとは思いませんが、革は悪くなさそうです。
メイドインチャイナですが、中国製だからと言って、良くないものだとも思いません。
メイドインジャパンでも、革製品に至っては、国内には中国の方が大勢働く工場さんが沢山ありますので、あまり地理的なものは昨今関係なくなっています。
メイドインジャパンだからと言って、日本人が作っているとは限らないものが沢山あります。


台座を取り付ける必要がありますので、取り付け部分を平滑に削ります。
亜鉛なので硬くて削りにくいです。


カーブを合わせて台座を作りました。
この部品は真鍮です。
亜鉛の板だったら曲げたら折れてしまいます。


ギボシを削り出しで作ります。


熱をかけるとメッキがやられますし、亜鉛は融点が低いので、冷間で取り付けるために化学反応で硬化する樹脂を使います。
ただいま硬化待ち中です。
硬化するまでは、滑ってずれてしまうので、貼り付け面を水平に維持します。
ギボシと台座は真鍮製ですので、酸化して変色しないように変色止めの塗装を施しました。


硬化して修理完了です。
およそ30分くらいである程度は硬化しますが、完全に固まるまで待ちたいので、出荷は翌日以降になります。

作業受付はメールかLINEでのみ受け付けます。
画像が無いとどのようなベルトなのか、どういった作業なのかわかりませんので、お電話でのお問い合わせはお断りしています。
かならず作業対象の現品の画像を添えてご連絡ください。
お電話いただいても、メールかLINEで写真を送ってくださいと返答するだけになります。


値段が気になる方は、弊社ホームページをご覧になってみてください。

バックル部分の修理
ベルトの革部分の修理

こちらに事例と価格を記載していますので、ご自分のものと同じ症状があれば参考になるかと思います。
ブログだと年数経過して価格改定したり、消費税の税率が変わったりで更新しきれないので、ブログには価格を掲載しておりません。

持込は完全予約制です。
留守がちですので、突然いらっしゃってもいないときが多いです。
持込のご予約にも事前の画像送付が必須となります。
ご協力お願いします。
持込は平日朝7時から17時までとなります。

LINEの場合、土日祝日でも時間があれば可能な限り返信してます。
しかし返信に時間が掛る場合もありますし、月曜まで返信できない場合もあります。
PCメールの場合は、土日のチェックはほぼ行いませんので、月曜になることが多いです。
よろしくお願いします。


伊東金属製作所
info@itokinzoku.co.jp
東京都足立区足立2-34-2
LINE ID:itokinzoku














コメント