この年齢からの再就職〜瀝瀝(れきれき)散歩道

瀝瀝というのは「水が音をたてる様子/風が音をたてて吹く様子」つまり、「ありのままの風景」ということでしょうか。

おもしろこともなき世をおもしろく〜愉快痛快に時代を駆け抜けた高杉晋作

2020-09-08 21:39:00 | 日記


私は旧東海道品川宿が好きです。
ノスタルジックに街道散歩のできる場所です。
この品川宿に幕末の志士たちが集った飯売り旅籠屋「土蔵相模」がありました。

土蔵相模は品川でも有数の規模を誇った妓楼で、高杉晋作、伊藤博文ら幕末の志士たちが密談を行った場所として知られています。
文久2年の長州藩士による英国公使館焼き討ち事件の際は、ここ土蔵相模から出発。
また安政7年(1860)には桜田門外の変で襲撃組主体をなした水戸浪士17名がここで訣別の宴を催したそうです。



品川宿の昔からの魚屋さんのおばあちゃんは
「この界隈はね、路地裏に入ると迷路みたいな道ばかりだよ。遊郭のお女郎さんたちが逃げても逃げきれないように
道を迷路にしたんだ」と言っていました。
品川宿は「土蔵相模」をはじめ、大小の遊郭が立ち並んでいたそうです。

さて、高杉晋作の辞世の句について、ちょっと興味を持ちました。

おもしろこともなき世をおもしろく すみなしものは心なりけり 

「明治」という新しい時代はすぐそこまでやってきていましたが、高杉晋作は志半ばで病に倒れ
29歳の短くも激しい人生を終えます。 
辞世の句の内容を斟酌するのは大変難しいところがありますが、

「面白いと思えることのない世の中を面白く。それを決めるのは自分の心ひとつだ」

「心のありようで世界は面白くもなるしつまらなくもなる、心の持ち方、心の有り様でいかようにも世界を捉えられる」

下の句の「すみなしものは心なりけり」は病床の高杉に代わり、福岡の勤王女流歌人・野村望東尼が結んだといわれています。
面白くもない世の中を面白くしてきた、という高杉晋作に対して、つまりすべては心の持ちようだ、と返したのです。

人は人 吾は吾なり 山の奥に棲みてこそ知れ 世の浮沈

これも高杉晋作の言葉。
人は人、我は我なり、、、人と比べるのではなく、自分の進む道はなに? 自分の道をしっかり見据えなくちゃ!
という感じでしょうか!

自分自身を見つめ、まさに主体的に自由に生きた、と言っていいでしょう。
「愉快痛快に生涯を駆け抜けた男」という言葉がぴったりの高杉晋作ですね。


高杉晋作(幕末の志士、長州藩士)
(1839~1867)。吉田松陰門下。幕末に長州藩の尊王攘夷の志士として活躍。江戸品川のイギリス公使館焼き打ち、奇兵隊の創設、
第2次幕長戦争での幕府軍撃退など、尊攘運動の先頭にたち、自由奔放かつ迅速な行動力と決断力で、幕末動乱の世を疾風の如く駆け抜けた伝説の革命児。
慶応3年4月14日下関で29歳で病没。







コメント

「お・し・ま・い・death」からのスタート 

2020-08-19 13:29:26 | 特別職国家公務員


半沢直樹、見ていますか?
我が家では家族全員、あのやりすぎ演技、うけています! いえ、大うけです!

「お・し・ま・い・death」と言う大和田常務!

thの発音がよかったですよね。

「お・し・ま・い・death」

仕事や人生で一つの区切りがついた時、それはその「期間」の終わりを告げる「おしまい」の時期です。
おしまいの時期が明確に自分自身で確認できればいいのですが、、、
「おしまい」前後は、このあとどうしよう? どういう風に働こう、って悩むんですよね。
その悩んでいる時期が「ニュートラル」な時間。
悩みが吹っ切れ、次に向かって進もうという意欲が湧いているのが「転機」です。
人によってこのサイクルの長さはずいぶん違います。
あっという間に「転機」を迎えることができる人もいれば、ずっと悩んで悩んで「ニュートラル」が長い人もいます。

これはブリッジスという人のキャリア理論ですが、誰でもこんなサイクルを辿っている、と言えばそうなんでしょうね。

再就職を前にすると、いろいろ悩むことが多いと思います。
ましてやコロナウイルス が大流行で経済も停滞、働き方もずいぶんと変わって来た現在、
真剣に時代を見据え、再就職に備えることが必要です。



「防災士」という仕事

さて、ひょんなことから「防災・危機管理」という仕事と関わることになりました。
「危機管理」と言えば、私の学生さんたちのご専門ですから、大きなことを言うことはできないのですが、、。
この「防災士」の資格がとても人気です! こんな時代だからでしょうね、、、。
東京大阪の講座は12月まで満席。地方都市でもキャンセル待ちが続きます。

「防災士」は民間資格ですが、「落とすための試験」ではなく「防災危機管理意識」を広く普及させていこう、
という視点で作られた資格のように思えます。
誰でもが受験することができるし、2日間の講習で85%以上の合格率ですから、資格としては簡単な方です。

私の所属する会社は今年7月、港区の防災アドバイザーに認定されました。
これは元自衛官の防災士さんの力なくしてはできなかったことです(感謝!)
自衛隊を退官されてから防災の仕事に就き、東京都や神奈川県でキャリアを積んだ2名の方がお手伝いしてくださいます。



じゃ、私も防災アドバイザーになれるか、と言うと違います。
港区によると「防災士」の資格があるから、と言って防災アドバイザーになれるわけではない、と釘を刺されました。
それなりの実績がなければ、認められない、というのです。

つまり防災士の資格はおおよそ誰でも取れるけれど、取っただけではダメ。ちゃんとした実績を持ってなくちゃ、ね。

ということらしいです。



私の防災士の試験は今週末です。
なーにも知らないし、職場や大学の防災訓練を数々こなして来ましたが、自分から進んでやったことのない人です。
もう年齢も年齢です(受験資格は年齢制限、学歴関係なしだそうですが、、)
ラッキーなことに、会社では防災危機管理の部門を作り、始動し始めました。

私はその雑用をやりながら実際に「防災危機管理」を防災アドバイザーのそばで学ぶこと(インターンシップ)ができるのです。
これが(世間で言う)実績となります。
おおよそ、1年間の仕事が50回程度ということですので、50回、雑用係として現場に出れば、それだけのキャリアになります。
2年で現場100回、3年で150回(実際にはそんなにやらないと思います!営業ですから)
これが履歴書に書けることになります。

資格は生かしてこその資格です。
ただ、持っているだけの方は今後再就職に向けて、在職中にもご自身の専門性を高める実績を作っていただけたらと思います。

withコロナの時代の就職戦線はことの外、きびしいです。
9時から17時までの時間で働く、という意識ではなく、成果で働く、という「成果報酬」にさらに大きく傾いていくでしょう。
中途半端な仕事の仕方は離職につながります。
徹底的にご自身が何が得意か、どんなことができるのか、何が不得意かを見極め(自己理解)
お仕事を探していただけたら、いいなあ、と思います。


さて、最後に半沢直樹の名言、こちらも大切です!
「お・し・ま・い・death」の大和田常務がおしまいだとすれば
半沢直樹の未来に向けての言葉

「これまでの出会いと出来事に感謝をし、その恩返しのつもりで仕事をする。そうすれば、必ず明るい未来が拓けるはずだ!」

コメント (2)

人生は(皮肉にも)アクシデントがつきもの

2020-08-12 10:25:23 | 日記


暑いですね!
危険な暑さの上に、コロナウイルスの拡大。
そこまで差し迫って身近に感じられなかったこの問題が、ひょんなことから、私たち家族に降りかかってきました。



我が家の次男が長野県上田市に移住することになりました。
自由人の人生を歩んできましたが、何か一大決心をして、長野県の上田を選んで、8月9日に引越し。
私たち夫婦は翌日、10日に引っ越しの手伝いに上田の彼の2DKのアパートを訪ねました。
生活に足らないものを買って、アパートに戻りましたが、「水」が通っていないことがわかりました!
えっ、という感じですが、、、
そこで、近くの「真田ふれあい温泉」に行って汗を流し、夕方、一緒に食事をしました。

少々酔っ払った時に、、あるひらめきが!
元々は日帰りするつもりでしたが、上田の別所温泉には安楽寺というお寺があり、そこに「国宝」三重塔があります。
実は30年近く前に草刈正雄さんが真田幸村を演じた「真田太平記」のドラマを見て、主人と一緒に上田にきたことがあります。
その時、別所温泉まで足を伸ばし、安楽寺の三重塔を見ましたが、さすが、国宝に指定されるだけの400年前の建造物で、その精巧な造りに驚いたことがあります。



そうだ、安楽寺に行ってみよう!

また、鉄道オタクなので、上田電鉄別所線の電車に乗るのも楽しみになってきました。




結局、主人は夕食後、午後9時の新幹線で東京に戻り、、部屋に水の出ない次男と私がホテルに泊まることになりました。
(ホテルはお盆でも空いていました!)

次男は新しい生活を前に、ワクワクドキドキで、めちゃくちゃハイな感じですが、
引っ越し疲れで午後10時には就寝。

ところが、ところがです。
明け方3時過ぎ、次男の唸り声で私は目が覚めました。
お腹が痛くて七転八倒している次男、
背中を強く押して欲しいと言われ、2時間ほど背中を押しましたが、よくならず、、、
とうとう朝6時半に救急車を呼ぶことになりました。

救急車が来てから、救急隊の人は慣れた様子で受け入れ病院を探してくれましたが、
「東京からきた人」ということで、ある救急病院に断られてしまいました。
コロナウイルス の関係です。

救急車はホテル前に止まったまま、受け入れ病院が決まるまで動きません。
その間も、呻き声を出し、苦しんでいる次男。
しばらくして、地元の大きな医療センターが東京人間の次男を受け入れてくれることになりました。
その後は、早い早い、、かなりのスピードで救急車は医療センターに到着、やはり「救急車」ってすごいですね。

7時半に救急外来に担架ごと次男は運ばれ、おおよその結果が出たのが午前11時。
次男の苦しみの原因は「胆石」でした。
そのまま入院。ただし、コロナウイルス対策で、入院の面会はできない、そうです。
私は次男に「がんばってね」と一言声をかけただけで、東京へ戻ることになりました。

次男は胆石の手術をすることになり、お盆も重なって、おおよそ2週間ほど入院することになりそうです。
その間は面会不可で家族が付き添えないので、「一人」で何もかもしなければなりません。

喜び勇んで、心機一転、新しい生活を始めようと思った矢先の出来事です。
彼の信州への移住生活は入院から始まるってことですね。
人生、山あり谷あり、やる気が出たときに皮肉にもアクシデントがやってくる、、、、
(そんなことが私もたくさんありました!)



一生忘れられない教訓になるのではないでしょうか。

とは言え、やっぱり心配ですね〜!

(親切に対応してくださった上田ステーションホテルの皆様、上田市消防本部救急隊の皆様に感謝を込めて!)







コメント (2)

テレワークに慣れていく〜withコロナの働き方

2020-08-01 14:02:15 | 日記


6月末から7月にかけて、猛烈に忙しい日々が続きました。
事務作業は好きではないのに、大変細かいチェック作業を行い、精神的にもきつい日々が続きました。

とはいえ、「はい、もうやめちゃおう!」って仕事を放り出すことはできないんですよね、、。
我慢して最後まで、最後まで、、、です。
どんな仕事でも責任がない仕事はありません。

ちょっとラッキーなのは「テレワーク」中心の仕事ですから、
どんなに忙しくても1日のスケジュールが自分で決められることです。

だから、散歩も日課の一つです。





写真は品川駅港南口から歩いて5分ほどの芝浦中央公園のバラ。







高輪ゲートウェイ駅の背面に位置していて、都会なのに、アメンボのいる湿地もあります!






さて、テレワークは散歩もできる、という自由度の高い働き方です。
だから、9時から5時まで時間で区切る仕事とは違って、時給換算等もしにくくなります。
まさに実力主義、どんなことができたか、成果があったかなかったか、結果に対して報酬が発生します。

withコロナではこんな働き方が中心になってくるでしょう。
まさにこれまでのキャリアとそれを活かす工夫が試されます。


私たちって、本当に難しい時代に生きていますよね。
土日で時間がある方、ぜひ真剣に今後70歳までの働き方を考えてみてください!








コメント

ちょっとだけプライドが出てしまう〜50代熟練者

2020-07-25 11:49:36 | 日記



私たちも「そういう年齢」になってきました。
つまり、人生も50年が過ぎ、「熟練」の域に入ってきたということです。
50年も生きていれば、思いっきり楽しい経験や、絶対に思い出したくもない人との出遭い
命に関わる試練、そんなことも乗り越えてきた、、、。

だから、ちょっとだけプライドが出てしまう時があります。
(当たり前です、プライドは大切ですから!)
生きてきた、、というプライドですね。

ただ、このプライド
いいタイミングで出せばいいのですが、バッドタイミングだと、かなりあと味の悪い思いをすることになります。

授業中、思いっきり頷いている人がいます。
「お〜、よく聴いていてくれる人がいる」と先生としては嬉しくなりますが、、、
ちょっとだけ質問を振ってみると、ガクっ!
「え〜、あんまり聴いていなかったんだ〜」とわかる時があります。
まあ、その人のせいではなくて、教える側がもう少し工夫しなければならないのですが、、、。

実は、私も思いっきり頷きながら、実はあんまりよくわかっていない、というタイプです。
頷いて、頷いて、そのままこっくりコックリと寝てしまう、、、そんなパターンも度々!




「中国語の通訳をしてもらえませんか。AIの関係です」と昨年、頼まれました。
何となくやってみたい、という気持ちが大きくて、つい引き受けてしまいました。
でも、そのあとは地獄です。
実はAIについて何も知らないし、中国語の専門用語もわからない、、、
最近は中国語も使っていないから、忘れちゃってるし、、、
結局は相手が1分喋っているのに、15秒で終わる、なんていう通訳をしてしまいました!
いやですね〜、、私って!


改めて、自分を観察すると面白いですよね。
「知ったかぶり」をよくしています。
また、営業なんかでは「ハッタリ」も使います。
「知らないことを知っているように見せたり」「知っていることを知らないようなふりをしたり」

ただ、最近はプライドをかなり捨てて、素直にわからないことはわからない、というようにしています。
そうじゃないと、仕事が前に進まないことが、やっとこの年齢になってわかったからです。

50代で再就職をすると、周りの人は
「あの人は30年以上特別な公務員として頑張ってきたのだから、これくらいできるでしょう」と
大事な仕事を任せられるかもしれません。
認められて仕事を任された時、特にこれまで体験したことのない仕事の時には
慎重に、慎重に!です。
ちょっとだけプライドが出て
「わからないことをそのままにしたり」
「知ったかぶりをしたり」すると
仕事が停滞してしまうことがあります。

「知らないことは知らない」
「わからないことはわからない」

「だから教えていただけますか」と間髪入れずに言える自分になりたいと思うし、ならなくてはいけないんですよね!









コメント (2)

アフターコロナ〜スパイ大作戦型の働き方って?

2020-07-24 00:21:33 | 特別職国家公務員


3月末に大学の授業のオンラインが決まりました。
え〜っていう感じです!

もちろん理系でITなら任せて、という先生も大勢いますが、
「オンラインなんて、、やったことない」という年配の先生も結構多いのです。
概ね、「どうしよう〜、、、」という戸惑い、、、、

そんな先生たちの不安を象徴するかもしれません、
Facebookに「新型コロナ休講で、大学教員は何をすべきかについて知恵と情報を共有するグループ」
というグループができ、あっという間にメンバーが20,000人に膨れ上がりました。

私もめちゃくちゃ困った一人です。
しかし大学の前期授業はオンライン、と決まりましたから、もう、それで授業をするしかありません。
時代の流れとはいえ、結構大変ですね、今を生きるって!


コロナの第2波がやって来る(既にやってきた)ようです。
今後はどのような働き方になるでしょうか?
巷で言われているのは「ジョブ型雇用」になるだろう、、、ってことです。
「ジョブ型雇用?」
それって何?

まずは

ジョブ型雇用とは、従業員に対して職務内容を明確に定義し、労働時間ではなく成果で評価する雇用制度です。

これまでの雇用は
「メンバーシップ型雇用」、つまり、「人に対して仕事を割り当てる」、そんな雇用形態です。

日本に根付いている「新卒一括採用」「年功序列」といった言葉が「メンバーシップ型」には当てはまります。
新卒一括採用型は職種を限定せずに、職種や仕事内容をローテーションさせて気勢を見極め、
本人の希望等も取り入れつつ会社を長く支えていく人材を育てていく方針です。
「年齢が上がる度に昇給していく」「長く勤める程、退職金が多くもらえる」という手法をとることで、
終身雇用のように長く勤めてもらうことを前提としています。
メリットは多くあるものの、「専門職の人材が育ちにくい」といったデメリットもあるため、
IT化の進む現代にそぐわない部分があるともいえます。

ジョブ型雇用は「仕事に対して人を割り当てる」感じです。
社員の年齢や勤続年数は関係なく、その人自身の実力・スキル・成果が重要視されます。
メリットとしては、自分の能力を活かして経験やスキルで報酬を決めることができる、
仕事に必要な能力を持った人材を必要なタイミングで募集するため、
欠員が出た際に最適な人材を確保しやすいことです。
デメリットとしては、企業の方針転換や経済状況が変化した際に契約終了になる可能性が高く
自律的にスキルアップができなければキャリアアップが難しい、雇用形態です。
新卒者やキャリアチェンジした人は、その仕事の経験がほとんど無いため、雇われにくい、と考えられます。

例えば、高校の時間割を考えてみてください。
英語の授業では英語が(少なくとも学生より上手に)教えられる先生が担当します。
数学では数学、音楽では音楽の専門家が授業をします。
決して物理を体育の先生が教える、なんてことはありません。

同僚のM講師はジョブ型雇用を「スパイ大作戦雇用」と名付けました。
あるミッションを遂行するために、その専門のスタッフ(スパイ)が集められます。
このミッションならこの能力やスキルのあるスタッフを割り当てる、その能力のある人以外はダメ、という感じです。

withコロナ、アフターコロナではジョブ型雇用がが増えて来るのでは、という大方の予想で、
すでにこの雇用形態を取り入れている大企業、スタートアップの企業があります。

さて、ここで改めて問います。
「9時から5時まで」会社にいるだけでお給料をもらえる人は、今後ほとんどいなくなります。
成果主義、つまり働いた分だけ給料をもらう、それも専門的に働くことが求められる、
私たちはどうやって、今後働いていったら良いでしょうか?

頭を絞って、今後のキャリアプランを練らなくてはなりません。
大変だけれど、、、、この時代を生きていくために、もうちょっと頑張ってみましょう!



コメント

その人が下した決断の数がその人を作っていく

2020-07-18 01:28:05 | 特別職国家公務員


wowowで放映中のアメリカのドラマ「グッドドクター3」の中で
自閉症の外科医マーフィーが言います。
「その人の下した決断の数が、その人を作っていく」
いい言葉です。

決断にもいろいろありますよね。
父は50年以上もタバコを吸い続け、とうとう肺癌になりました。
それまで何度禁煙してもうまくいきませんでしたが、
主治医に「禁煙しなければ手術しない」と言われてから、およそ1週間でタバコをやめることができました。
これこそ命がけの決断ですね。

ダイエットは中学校時代からのルーティンみたいな私的イベントです。
今日から甘いものは食べない、と決めるのですが、しばらく経って目の前にスイーツが出てくると、、、
決断がすぐにゆらぎ、「いいや、明日からダイエットしようっと」ということになります。
何回ぐらい繰り返したでしょうか!



あの人と結婚するんだ、という決断。多くの人が体験したでしょう。
友だちは「イケメン」の彼と付き合って3ヶ月で婚約。
でも、実際に彼ともう少し接近して付き合ってみると、服装にルーズで、若干汗臭いということがわかりました。
そう考え始めると汗の臭いが気になって気になって、、、「そばにいるのが嫌になっちゃった」と、結果的には破談にしました。
臭いはね、なかなか難しいです。

これも決断ですね。

仕事を辞めるのも決断が必要です。
私もいくつかの職場を後にしました。
「辞めるつもりで、言いたいことを言って」やめた職場が二つほどあります。
「辞めるんだから言っちゃってもいいでしょ」みたいな感じですが、
この時に信念を持って辞め、さらに前向きに生きるのか
逃げるように辞めていくのか、、、




その決断によって、辞めた後の日々は大きく変わっていくかもしれません。




苦しくて、涙が出るような決断もあり、
悔しくて眠れないで決めた決断もありました。

だけど振り返ってみれば
それらが全て相まって、今の自分がいるのかもしれない、と思うのです。




コメント

人の心に残る説明の仕方〜秋田・青森の旅

2020-07-08 11:01:46 | 日記

弘前 赤レンガ美術館

青森、秋田の出張を決行しました。
コロナウイルスの感染が再び広がっている中ですから、東京の人間としてちょっとだけ心苦しい気持ちがしました。
でも各地では友人たちが温かく迎えてくれました!

美味しいものもいっぱい食べましたよ!



うに



アジの塩焼き



蓴菜(じゅんさい)



ハーブのお肉

旅の楽しみですね。

さて、今回の旅は目的は3つでした。
そのうちの一つは青森の高校の先生、教育委員会の人たちと「アクティブラーニング」の効果について話し合うことでした。

長い人生の中で、イベントや授業、説明会等で人の話を聞かなければならない時がたくさんあります。
でも、聞きたくない時ってありませんか?
講師のお話が若干つまらなかったり、お昼を食べた後で、眠かったり、好きじゃないけれど、義務として参加しなければならなかったり、、、
こんなイベントの内容を少し変えることによって、人々の頭の中にイベントの内容がストン!と落ちる
そんな手法が「アクティブラーニング」です。



図を見てください。三角形の頂点の部分、
講師が一方的に話しているだけでは、その内容の聴衆への定着率は5%という結果が出ています。
ちょっとだけ、参加者に「読ませる」という活動を足すと10 %の定着率
動画や音楽を聴かせる、なんていう視聴覚プログラムを取り入れると20%
救急の人工呼吸の練習を参加者の前で実演してみせる等のデモンストレーションを採用すると30%になります。
でもここまでは「講師」や「話者」中心です。

これを参加者中心にするのが「アクティブラーニング」です。
講師がテーマを与え「みんなで話し合う」(講師はできるだけ干渉しない)で参加者に活動してもらうと50%
自ら体験するという活動、人工呼吸の練習をみんなで実習する等の活動を入れると、75%
それを活動の中で教える側になれれば、人の知識の定着率は90%になります。

例えば、防災訓練やセミナー
参加したくてきている人、義務できている人、主婦、会社員、若い学生、高齢者、年齢も性別も防災についての知識もモチベーションも異なります。
こんな人たちに話す講師は本当に「知識を定着させよう」と思うと大変です。
そこにワイワイがやがや、みんなで話し合わせる場を作る、
防災に関するゲームをやってみる
実習をやってみる
アイデアを自分たちで考える
それを発表して、コメント(褒め言葉)をいただく

という活動を入れると、どうでしょうか?


アクティブラーニングによる授業は私たちも「自衛隊のキャリア開発教育」の中で実践してきました。
また、企業での研修、人材募集、(参加するのが面倒くさい)防災セミナーや訓練にも活かせることがわかり、
テキストを開発しています。

さて、このアクティブラーニングのテキスト開発の基になっているモチベーションの部分は
私自身がこれまでお金を払った講座や講義で、もったいないことに寝てしまうことが非常に多かったという経験から来ています。
よ〜く分析すると、
その話者の話の内容の水準に自分がついていけない時に眠くなるようです。
物理、化学、数学の話、防災、純文学についての講義、宗教の話、募集説明会、どれも自分に興味がないし、能力もないのでつまらないのです。
話をする先生も「ある程度の知識がある」人向けに話しています。

しかしアクティブラーニングを取り入れると、ある程度まで自分がその授業についていけるようになります。

アクティブラーニングの授業は「先生」のトレーニングが大切です。
ただ、話し合わせればいい、というものでもありません。
やりっぱなしの授業もよくありません。
フィードバックと授業評価、ここまでいけば、かなりいい線に達しているなあ、と思うのです。

そんな話を青森の先生たちとしました。

興味のある人同士、結構話は盛り上がりました。
こんな友だちがいることも、教師として活動している私にとって、嬉しくて誇らしいのです。




コメント

ガチンコ募集事務所〜高校生の立場になって考える

2020-07-06 06:28:58 | 特別職国家公務員


大好きな長野の旅。
今年も長野地方協力本部のお招きで、広報官教育のため長野を訪れました。
この教育は今年で2年目です。

人好し、食べ物よし、空気よしの長野です。
雨が降らなければ、星空もよく見えたのに、、、。残念、梅雨ですから空はいつも暗い感じでした。

さて、「ガチンコ自衛隊の募集事務所」これが今回のキーワードです。
いくつもの募集事務所を見てきましたが、
「あ、これはまさに自衛隊の募集事務所」「自衛官が考える事務所」と思える
想像通りのオフィスを「ガチンコ募集事務所」と私は考えています。




陸海空の3コーナーがあり、大きな広報ルームならオートバイが展示してあります。
さらに戦車、飛行機、ヘリコプター、護衛艦等のプラモデルやポスター。
大きなソファセット。
そういうところに高校生は元気に入って行けるでしょうか?
もちろん行ける高校生も、そうでない高校生もいるのですが、、、、

さて、今回は長野地本のオフィスを飾る小物に注目してみました。



「今日は何の日?」
1年365日、何らかの記念日があるそうです。
これを通りに面した事務所の外に置いておくと、必ず通りがかりの人が見ていくそうです。
そのままガラス張りの向こうの事務所の中を見てくれる、、、、、いいアイデアです!



こちらもさりげない言葉が書かれた手書きのブラックボード。





季節ごとに変わる鉢植えの花。鮮やかです。





人寄せベア。2mほどありますが、このくまちゃんと写真を撮っていく高校生たち。





ぬいぐるみの下にも可愛い掲示板。




手作りの折り紙付きの掲示板。季節感があります!



高校生が来たときに出される渋茶。
それよりもメニューを書いて 高校生に選ばせたら、とは昨年の提案。
ちょっとワクワクしませんか?
これは様々な事務所で行われていました。

事務所によってコンセプトを明確に、というのが今回のもう一つのキーワード。
高校生対象なら高校生のために
親子向けなら親子向けのアイデア
オタクならオタク用に

その事務所の状況によってかなり異なると思いますが、それを見極めて、作戦を立てるのが
所長さんをはじめとするスタッフの腕の見せ所です。

すごく感心して「さすが!」と思ったのは、ある所長さんのエピソードです。
高校生の一番好きな食べ物ランキングでここ2年トップを維持しているのは、何だと思いますか?




タピオカ

所長さんは高校生がたくさん訪れるタピオカ店に毎日通って自らタピオカを注文。
毎日です!
タピオカ店の店長と友だちになり、そこに自衛隊のポスターを貼らせてもらい、パンフレットも置いてもらったそうです。

すごい事例です。
でも高校生の目線に立てばこその、ユニークなアイデアだと思いました!

7月1日、高校生の就職活動が解禁となりました。
様々な困難の中、これからの募集事務所のスタッフたちの募集活動の健闘を祈っています。








コメント

抜いたり抜かれたり〜100年後の大逆転

2020-06-30 13:29:14 | 日記



先週は、ライバル社に仕事を落札され、少々落ち込みました。
これが現実だとわかるのですが、ここ数年、私たちが引き受けていた仕事ですから、少々ショックが大きかったです。
ふ〜っ、
人生、抜いたり抜かれたり、、、ですね。

先日、主人の父が改修の設計に携わった赤坂の迎賓館を見学に行きました。
赤坂迎賓館は明治42年竣工、明治以降の建築物では初めて国宝に指定されたたった一つの建物です。



義父は4年前に亡くなりましたが、いいお仕事をしたものだなぁと、改めて思いました。



ところで、この建物を設計したのは長州藩出身の片山東熊という建築家で、東大建築学科の前身、工部大学校の一期生でした。
同期生には東京駅や日銀を設計した辰野金吾、丸の内の三菱オフィス街を設計した曽禰達蔵がいます。
明治の工部大学校の教員はすべて外国人で片山東熊たちはイギリス人建築家、鹿鳴館を設計したジョサイア・コンドルの教え子でした。
ジョサイア・コンドルは工部学校着任当時(1877年)は若干25歳、片山東熊たちは23歳、ほぼほぼ同年代でしたが、
弟子たちに建築史から製図、施工方法まで丁寧に教えました。
座学だけでなく、現場実習や実際の設計の手伝いなどを通し、東熊たちはわずかな期間で西洋建築の高度な知識と技術を習得していきました。

実は工部大学校を首席で卒業すると、その後ヨーロッパへ留学、帰国するとそのまま母校の教授になる、
つまり当時の建築界のリーダーとなる道が約束されていました。

残念ながら、片山東熊は5人中3番で卒業、首席は辰野金吾でした。
聞くところによると辰野金吾は野心にあふれる積極的な性格、片山東熊は人の良い穏やかな性格だったと言うことです。
恩師のジョサイアコンドルは、今後の日本の建築界をリードすると言う視点から、辰野金吾を首席にしたのかもしれませんね。

その後の辰野金吾は飛ぶ鳥を落とす勢いで明治を代表する建物を作り続けます。

一方、片山は東京国立博物館、京都国立博物館、そして明治42年の旧東宮御所(赤坂迎賓館)を設計していきます。
有栖川宮熾仁(たるひと)親王邸の建築掛(がかり)に任命され、ヨーロッパに1年間滞在し、
室内装飾品の調達を行い、ルネサンス様式の壮麗な邸宅を完成させました。
その後、外務省の建築掛として清国の北京公使館の建築を担当。約2年間を北京で過ごし、帰国後は皇居御造営事務局に出仕します。


京都国立博物館

当時の皇太子殿下(のちの大正天皇)のご成婚を機に、1897年、ご夫妻の新居として東宮御所建設計画が浮上。
東熊は技術部門のトップである技監に任命され、生涯最大の仕事に取り組むことになりました。
1909年、実に10年の歳月をかけて東宮御所は完成。この間、東熊は宮内省内匠寮の最高ポストである内匠頭(たくみのかみ)に技術者として初めて昇進し、
名実ともに栄誉を手にしました。

次の天皇の住居である東宮御所の建築には相当な気合を入れた片山東熊ですが、明治天皇からは「ちょっと贅沢過ぎる」と軽くお叱りを受けたようです。
彼はかなり落ち込み、その後は病気がちになってしまったということです。
なんだか気の毒ですね。

平成21年(2009年)、ちょうど明治42年(1909)の竣工から100年目、迎賓館は国宝に指定されました。
工部大学校を3番で卒業し、穏やかでちょっと控えめな片山の作品は1番の辰野金吾を抜いて、
明治以降の建物で最初の国宝となったのです。

「斗そう(とそう)の小吏たる我願にあらず、大器まさに晩成を期すべし」
(『日本博士全伝』より。「斗そうの小使」は「薄給の小役人」という意味)


人生何が起こるかわからないですが、100年たってからの大逆転というのも、あり得るのだなぁと、感じました。




https://careersg-oneonone.jp

コメント