特集!!塞翁が馬

いい人いい出会いいいお店

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

国際ジャーナル 民主党政権の支持率低下はどうなっていくのか?

2010-05-31 18:11:25 | 日記
国際ジャーナルなどのマスコミにおいても、これからの政局については詳細な分
析が進んでいると思います。民主党の政権はどうなるのでしょうか。平野博文官
房長官は、鳩山首相が決断した沖縄の基地問題について、結果的な責任があると
発言しています。これは民主党における鳩山首相への後ろ向きな発言ではないか
と思います。今後は鳩山おろしの動きが強まっていくのかもしれません。また連
立政権を離脱した社民党との関係についてはどうなっていくのでしょうか。これ
について官房長官は3党で合意してきた政策もあるので、しっかりと共闘してい
ければという希望を述べています。しかしながら、どのような協力体制を築いて
いくのか、具体的な話はこれからではないかと思います。選挙を前にして、どの
政党も、票集めのことが頭の隅にちらついているのかもしれません。世論調査に
おいては、鳩山内閣の支持率が日々低下しています。これについて民主党ではど
のような対策を考えているのでしょうか。去年の選挙における国民の期待が大き
かった故に、裏切られたと感じる国民が増えているのかもしれません。そのこと
も民主党政権への支持率に現れているのではないかと感じます。これからどう
なっていくのでしょうか。





現代画報を見つけて
国際ジャーナル | 国際通信社 | 国際通信社グループ 報道ニッポン 現代画報 wiki 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 現代画報は現代画報社から出版されています 経営者の為の異業種ネット 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
コメント

報道通信社 往年のブランドの人気が復活

2010-05-31 16:35:07 | 日記
往年のブランドが復権してきているようです。理由は、電通が言うような理由も一つの理由かも知れませんが、主たる理由とは思えません。消費の購買力が若者のそれよりも、団塊の世代などが主力をになうようになったから、その世代に馴染みの深いブランドがすんなり受け入れられている要素が強いように思われます。各企業は、時代と共に置き去りにされ、過去のものになってしまったブランドを今、一度洗い直して、リニューアルできないかを検討するに値する可能性があります。
今の時代は、メインストリート系の商品よりの一歩、裏道に入ったような商品、また機能性に溢れた商品が好まれるような気がしています。既存ブランドの有効活用は、ブランドを浸透させるコストが大幅に軽減されるので、視聴者の心に響くメッセージを軽く乗せるだけでビジネス展開できるのでこのトレンドは嬉しいことではないでしょうか。
-----以下、産経新聞引用要約
「シーブリーズ」「角瓶」「仁丹」など、昔、なじみ深かった人気商品ブランドが復活を遂げている。マンネリ化や、時代とずれて売れ行きが伸び悩んでいたブランドが復権している。大胆な販売戦略の見直しを契機に新たな客層を掘り起こしたり、かつての顧客を取り戻したりして息を吹き返している。「仁丹」など、いつの頃からか店頭からは消えたのではないだろうか。ところが、森下仁丹は、生薬独特のにおいを抑えたビジネスマン向けの新商品「JINTAN116」を3月に発売した。狙いは40歳前後の「アラフォー」。現在の購入者は70歳以上が7割を占め、近年の売り上げは横ばいという仁丹にとっての新商品は、実に34年ぶりで、同社は「商品イメージを変えたいと顧客層の拡大に期待を寄せている。商品動向に詳しい電通の担当者は「日本が元気だった時代の世界観を味わい、前向きになりたいのでは」と消費者の購入動機を分析している。




国際ジャーナルと私
経済情報誌 国際ジャーナル 2009年6月号のご案内 wiki 現代画報は現代画報社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 経営者の為の異業種ネット 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています
コメント

現代画報 引き上げ禁止!

2010-05-31 12:23:46 | 日記
日本テレビの「太田総理の私が総理大臣になったら」という番組では、出演者が
マニフェストを紹介し、パネラーに過半数で認められれば、実際に国会へ陳情し
ようという企画の番組です。

今日のオンエアでマニフェストを提出したのは勝間和代。経済評論家として引っ
張りだこの彼女のマニフェストはずばり、「むこう10年は消費税を上げない」
という、消費者にはありがたいものでした。

もはや消費税10パーセントの引き上げはやむを得ないのでは、という風潮が高ま
っています。サラリーマンの中にも、「薄く広く取るのだから」という意見が多
いですね。
しかし、日本の経済は実はそれほど破綻していないのだ、という根拠のもと、消
費税引き上げ禁止を主張し、パネラーと激しい議論を繰り広げましたが、その中
で紹介された国民の声に「消費税を上げるくらいなら子ども手当を廃止してくれ
」というものがありました。

2009年1月の現代画報の記事に「必要性が疑問視される定額給付金 」というもの
がありましたが、昨年の今頃はまだ自民党政権下。ばらまきだなんだと、定額給
付金の話題でもちきりでした。もうあれから一年たつのですね。

政権変わって民主党で支給が決定された子ども手当。これからも何かと物議をか
もしそうです。




報道ニッポン 取材
rex.xrea.nu 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 経営者の為の異業種ネット wiki 現代画報は現代画報社から出版されています 報道ニッポンは報道通信社から出版されています
コメント

国際ジャーナル 労災の「顔」後遺症の補償に男女差は違憲…京都地裁

2010-05-28 15:26:33 | 日記
男女の逆差別の一例。一般論では男女とも同じではあるはずだが、女性の方がより、気にする人の方が多いのもまた常識。しかし、それは個人差であるから法律上は同じにすべきであろう。過去の同じ障害を負った人は、常識の前に、泣き寝入りしたのであろう。今の時代になってようやく疑問をぶつけた人がパイオニアになった。司法関係者、立法関係者の怠慢、そしてフェミニストは女性のことは気にするが、男性はどうでも良いと言う独善性が示されたということである。この男性は、面倒な裁判に訴えざるを得なかったので慰謝料の請求も可能ではなかろうかと思う。気になるのは法律の規定の基準が、男性の等級にあるように思えることでる。
先に男性の基準があって、女性は男性より優遇しなければと等級が上がったのではないか。法律は男性が中心になって作るから、女性を決めて、男性の等級を下げたとは考えにくい。とすれば、この判決の結果、法律が改定されるときは女性が下げられそうである。既得権であるから、それは無いであろうが、男性と女性の中間になる可能性は少しはあるのではないだろうか? さて結論はどうなるのでしょう。そもそも、このようなことは金では、解決できないから論理的な判断基準を設けることができません。
-----以下、読売新聞引用要約
顔などに大きな傷跡が残った労働災害の補償で、女性よりも男性が低い障害等級とする国の基準は法の下の平等を定めた憲法に違反するとして、勤務先で大やけどをした京都府の男性が障害等級に基づく等級の認定の取り消しを国に求めた訴訟の判決があり、「性別による差別的な取り扱いに合理的理由はない」と国の基準を違憲と判断、認定の取り消しを命じた。障害等級表では、顔などに大きな傷が残った場合、男性は12級、女性は精神的苦痛が大きいとして5等級上の7級になる。給付金は、12級は年間賃金の半分弱(156日分)を一時金で受けるだけだが、7級は3分の1強(131日分)を年金として受給できる。



国際ジャーナルに登場
本の紹介 「関西変身どころ」 | 国際通信社 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 現代画報は現代画報社から出版されています wiki 経営者の為の異業種ネット 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
コメント

現代画報社 マグロの価格についてはどうなっていくのか?

2010-05-28 10:43:12 | 日記
世界的な環境に対する関心の高まりは、日本の伝統的な食文化にもおよんでいる
と感じます。その点は国際ジャーナルなどでも報道していると感じます。例えば
ワシントン条約の締約国会議のクロマグロを巡る本格的な議論もその一つではな
いかと思います。特にすし屋などにとっては大きな関心事ではないでしょうか。
クロマグロの価格高騰を心配する声が大きくなっています。この先行きは不透明
です。もし仮にクロマグロの需給がひっ迫すればより価格の安いほかのマグロの
価格にも影響を与えることになるかもしれません。いずれにしても、より正確な
情報把握が必要になってきていますね。ちなみに1世帯が年間に食べるマグロの
量が、日本で一番おおいのが静岡市です。各家庭でも週に2、3回はマグロが食
卓に上るそうです。特に人気なのは、メバチマグロやビンナガマグロで、値段は
クロマグロの半額以下になっています。静岡市にあるスーパーでは、なんと販売
しているマグロの9割がクロマグロ以外です。もし、大西洋クロマグロの国際取
引が禁止された場合、マグロ全体の需給がひっ迫して、売れ筋のほかのマグロに
影響が及ぶのではないかという懸念がでています。静岡市民ならずとも心配なと
ころですね。





現代画報の飛躍
現代プレス・国際ジャーナル・報道ニッポン・現代画報 現代画報は現代画報社から出版されています 経営者の為の異業種ネット wiki 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています
コメント