チュエボーなチューボーのクラシック中ブログ

人生の半分を過去に生きることがクラシック音楽好きのサダメなんでしょうか?

新日本フィルハーモニー交響楽団の知ってる人!?(1974年)

2021-02-22 02:31:11 | 日本の音楽家

音楽之友社『教育音楽(中学版)』1974年10月号から新日本フィル演奏会の画像です。指揮は秋山和慶氏。
新日本フィルは1972年設立なので、再スタート2年目くらいの頃ですね。



この写真をながめていたら、指揮者のちょうどうしろに知っている人が写ってる!



↑ この、お休み中の人です。最近テレビで見た?それともどこかで会った!?

 


。。。思い出すのに丸一日かかりました。

小学館「音楽の図鑑」。1973年初版第1刷発行。



この図鑑の「オーケストラの楽器」の章に登場されていました。一番右のかた。

常光誠治さん(1937年広島県生まれ。2021年2月19日にお亡くなりになったそうです)。

 


この本には日本人演奏家の写真がたくさん載っており、お名前や所属している団体をなんとか自力で解明しようとしたのですが、手がかりがなく少し前にあきらめたばかりでした。

追記(2021年3月24日):上の画像の左のオーボー奏者は新松敬久さん。2019年の年末にお亡くなりになったそうです。

また、オーケストラ画像の1番オーボエは鈴木清三さん。コメントありがとうございました!



この人たちは、服装からしても新日本フィルの方々だと判断してもいいですよね? (そもそも図鑑には少しでもプレイヤーの紹介文を掲載してもらいたかったです)

(2015年9月3日の記事に情報を追加しました)



4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (きくち)
2016-07-10 17:54:22
オーボエの常光さんだ。今は某高校で吹奏楽を指導してるんですよね
Re: Unknown (チュエボー)
2016-07-13 00:04:31
きくちさま、貴重なコメントありがとうございます!

オーボエ奏者「常光誠治」さんなんですね!
2年来の疑問が解けました。

解明した今となっては、常光さんご本人に対して失礼なことを書いてしまったのではと心配しております。
あと2人のオーボエ (Unknown)
2021-03-05 00:26:23
オケ写真の1番オーボエは鈴木清三(ボチャン)さん、
3人並んだ写真で常光さんはイングりしゅホルンを吹いていますが、左端の「オーボー」は新松敬久さん(2019年の年末に亡くなりました)。ブロムシュテット等と同じセヴンスデー・アドヴェンティスト教会に通っておられ、内輪でお葬式がありました。
Re: あと2人のオーボエ (チュエボー)
2021-03-24 22:44:20
コメントありがとうございます!返信が大変遅れてすみません。

お詳しいですね。もしかしたら関係者でいらっしゃいますね。光栄です。

ご連絡いただいた新松さまに関しては早速本文に反映させていただきます。

> ブロムシュテット等と同じセヴンスデー・アドヴェンティスト教会に通っておられ

大切な情報!教会の名前は恥ずかしながら初耳でした。勉強します。

これからもよろしくお願いいたします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。