札幌ではここだけ!自然派美容・糸の脱毛サロン《エルムの風》のブログ

★北海道ではここだけ★
お肌に優しいオールハンドの糸の脱毛であなたも素肌美人に♪
≪糸の脱毛スクール≫開講中!

北海道はおいしいものにあふれてる!

2024-04-24 15:47:36 | ひそかな楽しみ
北海道も春を迎え、旅行や外出がより楽しくなってきました。
最近、『初めて食べたおいしいもの』がいっぱいあって、ご紹介したいと思って・・・

帯広に行ったときに出会ったおいしいもの
六花亭帯広本店/さくさくパイ
 この店舗と他数店でしか食べられない、本当にサクサクの軽い口当たりのお菓子。中にカスタードクリームがたっぷり入り、素材のおいしさと
 サクサクなパイの軽さがいいです。テイクアウトしてホテルの部屋でコーヒーをおともに食べました。シアワセ(^^
六花亭帯広本店/マルセイアイスサンド
 これも取扱店舗は限られていますが、マルセイバターサンドのビスケットで、アイスクリームにホワイトチョコとラムレーズンを加えたものを
 挟んだ冷たいスイーツ。注文を受けてからサンドしてくれるので、ビスケットも噛むとホロリと砕けます。お店の奥にイートインスペースがあり、
 出来立てのおいしさが味わえます。
トテッポ工房 カフェ/トテッポサンデー
 お天気の良い日に行ったので、アイスクリームが食べたいと思い、注文。ミルクの風味のアイスに汽車をかたどったチョコクッキーがトッピン
 グしてあり、甘すぎず量も丁度よいサンデーでした。カフェはガラス張りで外の緑も美しかったです。
インデアンカレー/インデアンルーのカレー
 帯広に行ったら、ぜひ食べてみたかった市民のソウルフード的なカレー。ナベをもってルーを買いに行く方もいるそうです。
 ルーの種類を選び、辛さもチョイスして。私はインデアンルーの中辛を食べ、辛口を食べた同行者は「けっこう辛い!」と
 言って食べていました。安くておいしいルーカレーでした。

札幌で最近出会ったおいしいもの
六花亭札幌本店/ホットケーキ
 帯広で食べられなかったので、札幌で。家で作るものとシフォンケーキの中間のようなふんわりケーキ。柔らかいバターとシロップがついて
 きます。スタッフさんがおいしい食べ方を教えてくれ、ゆったりといただいてきました。コーヒーは途中でおかわりももらえました
 お店の庭のサクラは二分咲きというところでしたね。
どんぐりココノススキノ店/手作り具材の特製肉まん
 お客様からの差し入れでいただき、初めて食べました。まずその1個の大きさ&重さにびっくり一口かじると大きめの具材がぎっしり入って
 いて、それがまぁおいしいことランチに食べましたが、すごく満たされる味とボリュームです。
スーパーダイイチ/毎日手作りおはぎ
 これもいただきものですが、ダイイチのおはぎは以前から評判を聞いていました。帯広から札幌に進出&展開しているスーパーの手作りおはぎ
 です。北海道では「サザエ」というメーカーのおはぎが有名で私も食べていますが、小豆の味はもちろん、中のご飯の食感もそれぞれ異なり、
 好みが分かれるかもしれない。北海道は米・小豆・甜菜糖など和菓子の原料も豊富なので、好みで手軽に買えるのがうれしいです

道外から旅行で来られるときは、手軽でおいしいパンやスイーツも楽しんでください。
道内に住んでいてもなかなか出会えないおいしいものに、チャンスを見つけてまた出会いたいと思っています。




コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

女性の魅力がいっぱいで楽しめます!

2023-11-17 17:52:50 | 映画の話
私がやりました
フランスの映画で、話題になっている作品。主な登場人物は売れない新人女優マドレーヌと、その友人でありルームメイトの駆け出し弁護士ポーリーヌ、そしてなぜか突然現れる大物女優オデットの3人。ある有名映画プロデューサーが殺された事件で容疑者となったマドレーヌをポーリーヌが弁護して無罪を勝ち取り、法廷での鮮やかな闘いが大衆の心をつかみ、2人は新しい仕事にも恵まれ成功の階段を駆け上がっていきます。ある日、2人のもとに突然オデットが現れ、「あの事件の真犯人は自分で、あなたたちの成功は私のものだ」と言い放ちます。そして犯人の座をかけた駆け引きが始まるのです。もう、楽しすぎるオデット役のイザベル・ユペールがかわいくて、イヤな女だけど颯爽としててカッコイイのなんのパリのオシャレな女たちの魅力がいっぱい。周りでへこませられる男たちの姿も見ものです。これは映画館で楽しんでほしい

ロスト・キング 500年越しの運命
こちらは現代のイギリスであった実話の映画化です。シェークスピアの【リチャード3世】の芝居を息子と観たフィリッパは、いろいろうまくいかない日常を忘れるかのように「彼・リチャード3世」が一般に言われるような冷酷非情な王ではないのでは、と真実を求めて行動を起こします。民間の彼のファンクラブで情報を得たり、彼が埋葬されている可能性のある地方の大学に話を聞きに行ったりと、まるで『推し活』。
彼を見つけてあげたい、と話すとほとんどの場合は相手にされなかったり、素人が何を・・・という扱いを受けます。が、息子たちや別居中の夫の励ましと協力が彼女を前に進ませます。2012年、500年以上も行方不明だった彼の遺骨が発見されました。場所の特定をしたのはフィリッパ。普通の生活をしていた女性が、他人からどういわれようと自分の信念を貫いた実話です。見ていると応援したくなるし、一緒に探したくもなります。
後年、彼女はエリザベス2世から勲章を授かったということでした。王の名誉回復を成し遂げたのですからね。これもオススメします!
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

政治家の話と整クンのはなし

2023-09-28 20:42:12 | 映画の話
シモーヌ~フランスに最も愛された政治家~
シモーヌとはフランスで女性のために、刑務所の囚人のために、エイズ患者など弱い立場の人のために闘い、それらの人々の人権のために力を尽くした政治家の名前です。私はこの映画で初めて彼女を知りました。16歳の時ユダヤ人であるためにアウシュビッツに送られ、両親と兄を亡くしながらも生還した体験を持ち、法律を学んで自立した人でした。政党に所属せず、自分の信念を貫き、女性初の欧州議会議長に選出されてその実力を存分に発揮した彼女は、フランスで最も尊敬される人物の一人だそうです。こういう頼りになって尊敬できる女性政治家は、日本にもいつか現れてくれるのでしょうか?

ミステリと言う勿れ
テレビの人気ドラマの映画版。もじゃもじゃ頭の整クンは相変わらずの巻き込まれ系。美術展を見に行った広島市で、祖父の遺産相続で人が死ぬから、それを阻止するために力を貸してほしいと半ば強引にバイトとして雇われます。その旧家の相続人の長男が町田啓太。顧問弁護士の息子に松下洸平。この二人のイケメンを見るのが楽しみでした。ストーリーはなかなかで、面白い作品でした。整クンの観察眼が冴えて、それに付随して発せられるたくさんの言葉。整クン、いいこと言ってます。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

実話の持つ力、俳優の持つ力

2023-06-09 16:37:57 | 映画の話
ウーマン・トーキング 私たちの選択
2010年の実際にあった事件の映画化で、今とても話題になっています。
自給自足の生活を長く続けてきた村で、それまでの信仰と秩序を守る生活を破る連続レイプ事件が発覚。その村では幼い少女を含め女性全員が村の男たちによって傷つけられ、尊厳を奪われ続けていたのです。男たちは『悪魔の仕業』だとか『作り話だ』とか、被害を訴える女性を抑制してきました。
逮捕者が出て村の男たちは全員でその後始末のため町に出かけます。2日間、男たちのいない間に女性たちが納屋に集まり、自分たちのおかれた状況やこれからどうするべきかを話し合います。彼女たちは女性というだけで教育も受けさせられず、生活に必要な家事・育児・農作業のみを家族から教わって暮らしてきました。文字も教わらず、ここがどこなのか、外の世界はどんなものか、興味を持つこともなかったけれどもう、このままでは子供の将来も良いものにはならないと、男たちが戻ってくるまでに『闘う』『このままとどまる』『ここを去る』の三択で選び実行することに。
こんな村が現代にも存在することが驚きだし、死んだときに『神の赦し』を得るために現世のつらさを受け入れ続けるという考え方も驚きです。
あの村において宗教は男たちと権力者(もちろん男性)に都合よく解釈され、女性たちは男性のフィルターを通した宗教を拠り所に生きてきたのです。
この作品は背景を知ってから見たほうがより理解が深まるので、ネットで解説しているのを見てから映画館にいくのをオススメします。

波紋
これも話題の作品です。家族・介護・新興宗教・精神的自立などが描かれていて、出ている俳優陣がとっても豪華で素晴らしいのでオススメです。
主人公・筒井真理子 現実に負けず、したたかさも獲得していく姿がかっこいい!
怪しい宗教家・キムラ緑子 主人公に優しい言葉をかけ続け、搾れるだけ搾り取る、下心を満載にした笑顔に注意
宗教の信者・江口のりこ 彼女の役としては珍しい、毒も激しさもない穏やかな女性で、その笑顔の下に何もないのが怖い
宗教の信者・平岩 紙 彼女も穏やかな役で、張り付いた笑顔には近づいたら危ない空気感が
主人公の職場の友人・木野 花 宗教とはかかわりない人で、主人公が自分を見つめるキッカケをくれる。明るさ担当
こんなステキな俳優たちの演技がたっぷり楽しめて満足でした

最後まで行く
これも大好きな俳優を見るために行ってきました。内容は好きではないジャンルでしたが、なんせ綾野剛が良い、それだけ。
クールな警察官からどんどん表情が危険なものになり、狂気に満ち溢れていく、さすがの綾野剛でした

TAR ター
これも話題になり、いろいろ大変な作品だとわかったので、ネットで予備知識を入れて観に行きました。
ケイト・ブランシェットの当て書きのような作品だそうです。なるほど、こんな役は彼女にしかできないよねぇ
天才指揮者としてキャリアの絶頂にある彼女に、ある日スキャンダルが襲ってきます。
それをきっかけに彼女の完璧な世界が狂い始めていき・・・・・
成功のときの輝く表情も、不安でヒリつく表情も、ラストに向かう激しいオーラも、すべてが見ごたえあり
名優とはこういう演技を見せてくれる人なのですね。ステキだったなぁ
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

自分は他人のためになにができるのか?を見せてくれる作品

2023-04-17 18:33:22 | 映画の話
生きる LIVING
黒澤明監督の名作をカズオ・イシグロがリメイクした作品。映画館で予告を見た時から期待して公開を待っていました
1953年、戦後復興期のロンドンを舞台に、名優ビル・ナイが主役の公務員を演じています。確か、私は黒澤監督のオリジナルは観ていないのですが、この作品を観てその良さが伝わってきたように思います。昔の公務員にありがちに描かれる『今日できることは明日に回す』とか『陳情は何か理由を付けて他の部署に回す』とか『書類の山が大きいほど、人からは仕事をしているように見えるから、とりあえず積んでおく』という姿勢で勤めてきたウィリアムズ課長は、真面目に決まりきった毎日を過ごしていました。ある日、自分がガンで余命半年であると告知され、家族にも打ち明けられないまま仕事にも出られなくなって街をさまよいます。そこで最近転職した元部下の女性に再会し、彼女と話すことで自分のこれまでとこれからどう生きるかをじっくり考えることに。そこからの彼は、ずっとたらいまわしにしてきた陳情に目を向け、驚異の行動力で同僚を巻き込みつつ解決します。
余命を知ったビル・ナイのベンチに座る後姿がイイ名優はその佇まいでも魅せてくれますね。

パリタクシー
この作品も話題になり、予告を見て面白そう、と思っていました。ほとんどがタクシーの中で交わされるドライバーのシャルルと乗客の会話で進みます。タクシーなので目的地はあるのですが、乗客のマドレーヌは若かりし日の思い出の場所に寄り道するよう指示し、シャルルは仕方なくそこに車を進めます。パリの現在の街並みや凱旋門やエッフェル塔も、火事で焼けてしまって再建中のノートルダム寺院も見られ、観光気分が楽しめます。
車の中でマドレーヌが話す過去は辛い話で、シャルルが直面する現在の問題も切羽詰まったものでした。そんな二人はだんだん旧友のように会話できるようになり、アイスを食べて休憩したり、レストランでディナーを楽しむなど、マドレーヌの最後の自由な夜を過ごすのでした。
彼女の目的地は介護付き老人施設。明日からは「年寄ばかりと暮らすのよ」とこぼす彼女はどんなにつらいか、残念か。。。
数日後、施設に面会に来たシャルル夫妻は、彼女が数日前に亡くなったと知らされ、深く悲しむのでした。ただ1度、お客として乗せただけで、心を通い合わせた友人のあっけない別れでした。帰り道、彼女の遺言を渡され、シャルルの人生に大きな変化が起きたのでした。
こういう作品はなぜか、日本ではできないですね。やはりパリだからこそ、なのか?
もし、日本の俳優たちが二人芝居でやってくれるなら、ステキなものになるような気もしますが
マドレーヌは草笛光子・美輪明宏、シャルルは堤真一・遠藤憲一 なんてイイよねー



コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする