フクヤマ画廊ブログ

フクヤマ画廊から日々のお知らせがメインですが、たまには画廊主の駄文を掲載いたします。末永くお付き合いくださいませ。

村上華岳 「羅漢」

2024-02-08 20:45:18 | おすすめ作品
おすすめ作品をご紹介いたします。
お問い合わせは、私どものホームページをご覧ください。



村上華岳 「羅漢」
紙本・墨 1938年(昭和13年)
352x234mm
左下に印譜(華)
左下に印譜(光存堂畫室)
村上佳子箱
「村上伸」氏鑑定登録済み



羅漢とは悟りを開いた高僧のことを言います。
華岳は晩年持病の喘息が悪化し、死というものをかなり切迫に感じていたのしょうか、こちらの作品も
何とも厳しい作風で、古画の名品に負けない気品と緊張感を感じさせます。

「僕の絵はまああれはあれだけのものや。もし将来があるとしたら僕は『瀧』や『羅漢』の方に進んで
いくつもりでいる」
 (昭和11年 村上華岳の言葉)

お問い合わせは、フクヤマ画廊まで
042-703-0002

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 村上華岳 「松巒孟春圖」 | トップ |   
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

おすすめ作品」カテゴリの最新記事