鹿児島の身近な法律家 藤原司法書士事務所  

法律問題でお悩みならお気軽にご連絡くださいませ。鹿児島県内出張可能!土日祝も対応しております!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

相続人と遺族の違い739

2014年09月30日 09時23分50秒 | お知らせ

鹿児島で遺産相続に関するお悩みをお持ちなら相談無料の藤原司法書士事務所へ!藤原司法書士事務所では、鹿児島の地域の皆様に愛される事務所を目指して参ります。宜しくお願いします!

前回まで法律婚と事実婚の違いを取り上げていました。

今回もその続きです。

私自身は法定相続分が原則となっている現行法を改正して、原則寄与分の解釈を拡大してその修正が原則となるべきであると思っています。でなければ笑う相続人が多数出てくる可能性が大であるからです。日本は長寿国ではありますが、長寿≠健康であるとは言えません。そうなるとどうしても面倒と言う言い方が適当かは別として被相続人の面倒をみる相続人とそれをしなかった相続人が立場が同じであるとはどうしても思えないからです。今後そのような事態は増加の傾向にあると言えるので、今までは民法の原則は私的自治であるのは間違いがないのですが、子と相続法に限ってはもっと国家の関与即ち裁判所を活用して、寄与分拡大での相続分の確定をする方がいいのではないでしょうか?

次回に続きます。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

藤原司法書士事務所

http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/souzoku2.html

☎099-837-0440

コメント

相続人と遺族の違い738

2014年09月29日 15時58分40秒 | お知らせ

鹿児島で遺産相続に関するお悩みをお持ちなら相談無料の藤原司法書士事務所へ!藤原司法書士事務所では、鹿児島の地域の皆様に愛される事務所を目指して参ります。宜しくお願いします!

前回まで法律婚と事実婚の違いを取り上げていました。

今回もその続きです。

明日で9月ももう終わりなんですね。あっという間に年末になるんでしょう。

さて前回まで私見による家族法の変更案を出してみましたが、本当に家族法はかなり限界まで来ているように思えます。抜本的見直しを早急にする必要に迫られているよう思います。ただそれに加え私は相続法も改正すべきであると考えています。以前にも取り上げましたが、悪しき平等主義即ち相続人がどんなに被相続人に貢献していても原則法定相続で相続が行われてしまう点はどう考えていてもおかしいと思っています。寄与や遺言で修正されるのではないのかと思われる方もおられると思いますが、寄与はそもそも相続人でなければ認められませんし、ハードルも高いものです。単に親の介護を負担していた程度では寄与とは認められないことも少なくありません。

また遺言も作成しておけばいいのですが、作成される方自体まだ多いとは言えず、公正証書以外であれば方式を少しでも間違えるとすべて無効になってしまうリスクすらあります。

次回に続きます。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

藤原司法書士事務所

http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/saimuseiri.html

☎099-837-0440

コメント

相続人と遺族の違い737

2014年09月27日 09時19分18秒 | お知らせ

鹿児島で遺産相続に関するお悩みをお持ちなら相談無料の藤原司法書士事務所へ!藤原司法書士事務所では、鹿児島の地域の皆様に愛される事務所を目指して参ります。宜しくお願いします!

前回まで法律婚と事実婚の違いを取り上げていました。

今回もその続きです。

あと、夫の死亡後の冷凍精子での受精による懐妊に関しては夫の同意があること及び手続きが法律で明記されれば認めるべきと考えます。例えば生前精子提供時にその同意を何らかの形で取り、かつ婚姻関係にあった者(離婚など解消していないことが必要)でその受精も法定安定を考えると期間制限を設けたうえで科学的証明で父子関係を認めてもいいのではないでしょうか?科学技術は進んでいてそれを利用しないと言うこと自体、現実的ではないのでこのような事態にも対応するべきです。

次回に続きます。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

藤原司法書士事務所

http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/saimuseiri.html

☎099-837-0440

本日は13時より研修のため、受け付けは午前中のみになります!

コメント

相続人と遺族の違い736

2014年09月25日 15時39分41秒 | お知らせ

鹿児島で遺産相続に関するお悩みをお持ちなら相談無料の藤原司法書士事務所へ!藤原司法書士事務所では、鹿児島の地域の皆様に愛される事務所を目指して参ります。宜しくお願いします!

前回まで法律婚と事実婚の違いを取り上げていました。

今回もその続きです。

次に科学的進化における親子関係に関してですが、日本では代理出産自体が認められていないにしても現実問題、代理出産が可能となっている以上出産した人がそのまま母として親子関係が確定していることもその前提が崩れつつあります。そこで現実を見据えてそのような場合でも証明ができれば卵子提供者を母と認めていいのではないでしょうか?ただ無制限ではなく婚姻関係にある男女の受精卵を代理母が出産したような場合に限るなどある一定の制限は必要だと思います。

次回に続きます。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

藤原司法書士事務所

http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/

☎099-837-0440

コメント

相続人と遺族の違い735

2014年09月23日 09時41分39秒 | お知らせ

藤原司法書士事務所では祝日も法律相談を受け付けております!鹿児島で遺産相続に関するお悩みをお持ちなら相談無料の藤原司法書士事務所へ!藤原司法書士事務所では、鹿児島の地域の皆様に愛される事務所を目指して参ります。宜しくお願いします!

前回まで法律婚と事実婚の違いを取り上げていました。

今回もその続きです。

ここからはあくまで私見になりますが、科学的証明ができることを前提として、推定規定を日数で区切るのではなく、婚姻関係から生まれた子全てに及ぼし、その子であることを否定できる期間をある一定程度(私は3~5年を上限にした方がいいと思いますが)設けその否定できるものも夫に限らずある程度の利害関係者に限ってできるようにすればどうでしょうか?その期間内に提訴権者が提訴しなかった場合は、後に例え科学的証明で親子関係が否定できても最早親子関係は確定しているので覆すことができない、逆に提訴期間内であれば夫でなくても今回の妻(私は正直この妻の立場は理解しきれませんが)のように否定も可能となります。

次回もこの続きです。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

藤原司法書士事務所

http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/

☎099-837-0440

本日~17:00まで

コメント

相続人と遺族の違い734

2014年09月20日 13時54分49秒 | お知らせ

藤原司法書士事務所では飛び石連休も法律相談を受け付けております!鹿児島で遺産相続に関するお悩みをお持ちなら相談無料の藤原司法書士事務所へ!藤原司法書士事務所では、鹿児島の地域の皆様に愛される事務所を目指して参ります。宜しくお願いします!

前回まで法律婚と事実婚の違いを取り上げていました。

今回もその続きです。

私自身は、現代科学で親子関係を極めて高い証明ができるようになっても民772条の父子関係の推定規定は、未だ一定の合理性を失っているわけではないと思っております。なぜかと言えば、親子関係を否定されないまま長く父子として暮らし、その後仮に父が死亡し相続が開始され、しかし他の相続人から相続関係を否定するためにその証明をされてしまったような場合や相続まで行われなくても子が成人してから父母が離婚することに際して子は全く疑っていなかった親子関係を父から証明により否定されてしまう場合などに証明のみで否定することが本当に許されるのか?法的安定性があるのか?に疑問があるからです。(尚、この例は実際にあった事件を元にしていて特に後者は子はかなりショックを受けていたと言われています。)

次回に続きます。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

藤原司法書士事務所

http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/

☎099-837-0440

本日~17:00まで

コメント

相続人と遺族の違い733

2014年09月19日 16時49分45秒 | お知らせ

鹿児島で遺産相続に関するお悩みをお持ちなら相談無料の藤原司法書士事務所へ!藤原司法書士事務所では、鹿児島の地域の皆様に愛される事務所を目指して参ります。宜しくお願いします!

前回まで法律婚と事実婚の違いを取り上げていました。

今回もその続きです。

全く個人的なことで、テーマにも関係ありませんが、テレ東の大江真理子キャスターが結婚されました。かなりショックですが、幸せをお祈りしています。

さて、来年民法は債権法と呼ばれる分野で大幅な改正を予定しています。と言うのも民法は大きく分けて財産法(債権法はこの中に含まれます)と家族法に分かれますが、財産法は、基本明治に成立して以来、小幅変更はしていますが、大きくは見直していなかったからです。つまり明治のルールがいまだそのまま生きていると言うことです。もちろん変えないことも大事ですが、時代時代の変化に合わせて変えていくこともそれは大事であると言えます。何が言いたいかと言えば、家族法の分野も戦後、男女平等による大改正は行われましたが、それ以外に関する分野ではあまり大きく変わっていないのです。その一つの例が772条嫡子子推定規定で、まだ血液鑑定すらなかった時代に妻の子が必ずしも夫の子であるとは限らないと言う現実的な問題に対して定められたルールであり、その合理性自体必ずしもすべてが失われていませんが、現代科学で親子関係が確実に近い割合で証明できる時代には何らかのマイナーチェンジも必要になってきていることは確実です。

次回に続きます。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

藤原司法書士事務所

http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/

☎099-837-0440

コメント

相続人と遺族の違い732

2014年09月17日 10時00分03秒 | お知らせ

鹿児島で遺産相続に関するお悩みをお持ちなら相談無料の藤原司法書士事務所へ!藤原司法書士事務所では、鹿児島の地域の皆様に愛される事務所を目指して参ります。宜しくお願いします!

前回まで法律婚と事実婚の違いを取り上げていました。

今回もその続きです。

前回の文章で訂正があります。

×決意園主義→○血縁主義

さて、不妊治療を行っていた夫婦が夫の死亡により一旦はあきらめることになったとしても、夫の精子が冷凍保存されてた場合、夫の子がほしいと思うこと自体はとても責められるものではありませんし、夫の親族の了解も得ています。その上で懐胎出産して、夫の子として正式に認められるためには裁判が必要と考えて起こしたものだったのですが、結果として否定されしまいました。しかしこれは今後ぜったににでない事例とは言えなく、むしろ増えていく事例であるとも言えます。またこれに対し、精子バンクなるものから全く他人の子を懐胎することも現代では可能でそうなると全く知らない他人のおなかから自分の子が生まれてくるなんてことも出てきます。そうなるとやはり立法が現在の状況に追いついていないこと自体が問題が大きい事であると言えます。

次回に続きます。

ここまで読んでいただきありがとうございます。


藤原司法書士事務所

http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/

☎099-837-0440

コメント

相続人と遺族の違い731

2014年09月15日 09時45分27秒 | お知らせ

藤原司法書士事務所は連休最終日でも法律相談を実施中!お気軽にお問い合わせくださいませ!藤原司法書士事務所では、鹿児島の地域の皆様に愛される事務所を目指して参ります。宜しくお願いします!

前回まで法律婚と事実婚の違いを取り上げていました。

今回もその続きです。

最高裁の判断としては①~⑤の事実を考慮しても、立法上(民法としては)完全に想定外であり、また仮にその事実を考慮できるとしても手続も無い状態つまりもし冷凍保存した精子で受胎できたとしてもその生死の持ち主即ち父となる者の同意が必要ならその同意をどう定めるかすらない状態であれば今ある規定で判断するしかない=親子関係を認めることは不可能であると結論づけています。

確かにそれも一理あるかな?と思いますが、何かしっくりこないのも事実です。しかも民法は必ずしも決意園主義をとっていないと明言するならば、先日の7月14日の親子関係の裁判において、実態に即するべきと言った反対意見の裁判官においてはどの口が言うか!と言いたくもあります。

次回に続きます。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

藤原司法書士事務所

http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/

☎099-837-0440

本日~17:00まで

コメント

相続人と遺族の違い730

2014年09月14日 09時42分32秒 | お知らせ

藤原司法書士事務所は3連休中でも法律相談を実施中!お気軽にお問い合わせくださいませ!藤原司法書士事務所では、鹿児島の地域の皆様に愛される事務所を目指して参ります。宜しくお願いします!

前回まで法律婚と事実婚の違いを取り上げていました。

今回もその続きです。

確かに簡単に冷凍保存された精子による人工授精によって懐胎した子との父子関係を生物学上の証明だけで認めるとその精子提供者との(その提供当時の予想外の)混乱を招く恐れがあることは容易に想像可能です。しかしこのケースの場合、多少気の毒な点があることもまた事実であると言えます。

まず①夫婦間が不妊治療を受けていたこと②夫が白血病にかかってしまったので放射線治療などにより遺伝子が傷けられる恐れがあったので精子を保存した③夫が回復傾向にあったので不妊治療を再開しようとしてそれに夫も同意していた④その矢先夫が死亡してしまった。

以上の点が挙げられさらに⑤夫の家族にも相談して同意を得たうえ夫の精子で人工授精をして妊娠が成功した

事も見逃せない点です。

次回に続きます。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

藤原司法書士事務所

http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/

☎099-837-0440

本日~17:00まで

コメント

相続人と遺族の違い729

2014年09月10日 08時43分26秒 | お知らせ

藤原司法書士事務所では、鹿児島の地域の皆様に愛される事務所を目指して参ります。宜しくお願いします!

前回まで法律婚と事実婚の違いを取り上げていました。

今回もその続きです。

前回の例は、判決文を読めばわかりますが、結論から言えば夫の子と認められませんでした。

「夫の冷凍保存による精子により夫の死亡後に懐胎した子の父と子の親子関係における最高裁判断」

http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/488/033488_hanrei.pdf

以前も紹介した父子の親子関係確定のための前提にまず大きく逸脱しています。

http://ameblo.jp/kagosimasihousyosi/entry-11915329042.html

婚姻状態とは相手方が生存している状態でなければなりません。また配偶者の死亡は離婚と同じではありませんが、この嫡出推定では準用されます。即ち現代科学が懐胎を可能としても、嫡出推定の婚姻解消後(子の解消は離婚だけでなく、夫の死亡も当てはまります)300日以内の出産に当てはまらないのです。

次回に続きます。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

藤原司法書士事務所

http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/

☎099-837-0440

コメント

相続人と遺族の違い728

2014年09月08日 08時59分10秒 | お知らせ

藤原司法書士事務所では、鹿児島の地域の皆様に愛される事務所を目指して参ります。宜しくお願いします!

前回まで法律婚と事実婚の違いを取り上げていました。

今回もその続きです。

「夫の冷凍保存による精子により夫の死亡後に懐胎した子の父と子の親子関係における最高裁判断」

http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/488/033488_hanrei.pdf

この事件の内容は

・夫との子ができず不妊治療を受けていた

・夫が白血病にかかり、放射線治療を受けるため事前に精子を取り出し冷凍保存を行っていた

・夫の死亡後に体外受精(元々夫も生前承認しておりその体外受精を行う直前に亡くなってしまった)、により、懐妊出産した

・その後裁判認知を行った

簡潔に書けばこうなります。

現代科学においては、このような事例も不可能で無くなってきました。

これに対しての最高裁判断は次回みていきます。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

藤原司法書士事務所

http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/

☎099-837-0440

コメント

相続人と遺族の違い727

2014年09月04日 09時27分41秒 | お知らせ

早くももう9月!今年もあと4か月となりました!藤原司法書士事務所では、鹿児島の地域の皆様に愛される事務所を目指して参ります。宜しくお願いします!

前回まで法律婚と事実婚の違いを取り上げていました。

今回もその続きです。

現代科学の発達により、親子関係確定の前提がだんだん崩れている状況にあります。前回も取り上げた前提で母は子の出産の事実があれば法律上も親子であることが確定していましたが、現代では必ずしもそう言えない状況が出てきています。いわゆる代理母出産ですが、日本は一応禁止となっていますが法的抑止力はないばかりか、海外では普通に認められているところも少なくなく、ちょっと前に話題となったタイの日本人男性の代理母出産などの問題など現代科学と法律規定との関連性がかなり難しい局面を迎えているように思われます。さらにこんな事件もありました。

 

「夫の冷凍保存による精子により夫の死亡後に懐胎した子の父と子の親子関係における最高裁判断」

http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/488/033488_hanrei.pdf

これについては次回みていきます。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

藤原司法書士事務所

http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/

☎099-837-0440

 

 

 

 

 

債務整理鹿児島 借金鹿児島 自己破産鹿児島 任意整理鹿児島 相続鹿児島 離婚鹿児島 多重債務鹿児島 過払金返還鹿児島 会社設立鹿児島 遺産分割鹿児島 遺言状鹿児島 土日営業鹿児島 土日相談鹿児島 土日対応鹿児島 法人設立鹿児島 無料相談鹿児島 払い過ぎた利息鹿児島 出張相談鹿児島 相談無料鹿児島 親権鹿児島 養育費鹿児島 エンディングノート鹿児島 法人破産鹿児島 倒産鹿児島 特定調停鹿児島 相続放棄鹿児島 相続登記鹿児島 NPO設立鹿児島 過払金返還請求鹿児島 法律相談鹿児島 鹿屋大隅相談鹿児島 売掛金回収鹿児島
相続相談無料

コメント

相続人と遺族の違い726

2014年09月03日 09時22分08秒 | お知らせ

早くももう9月!今年もあと4か月となりました!藤原司法書士事務所では、鹿児島の地域の皆様に愛される事務所を目指して参ります。宜しくお願いします!

前回まで法律婚と事実婚の違いを取り上げていました。

今回もその続きです。

私は今回の最高裁判断は妥当と考えていますが、ただ民法の規定もかなり限界に近づいているなとも感じています。DNA鑑定が本格化したのは確か20年ほど前からだったと記憶していますが、親子を科学的で客観的に証明できる技術が発展してきているのと、かつて司法判断で母と子の関係は分娩の事実があれば法的親子関係が確定するとの事も代理出産が可能である現代ではそれすらも通用しなくなってきました。日本では代理出産が認められていないとされていますが、別に刑法上の罰則規定がある訳ではなく産婦人科学会で禁止されているに過ぎないのですること自体可能な状態であります。(医学会のことは私はよく知りませんが、違反してもそれほどのペナルティが課されるようには見えません)

次回に続きます。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

藤原司法書士事務所

http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/

☎099-837-0440

コメント

相続人と遺族の違い725

2014年09月02日 08時10分27秒 | お知らせ

 早くももう9月!今年もあと4か月となりました!藤原司法書士事務所では、鹿児島の地域の皆様に愛される事務所を目指して参ります。宜しくお願いします!

前回まで法律婚と事実婚の違いを取り上げていました。

今回もその続きです。

母からの親子関係否定の訴えの方は、マスコミ報道でしか分かりませんが、多少自分勝手感が否めません。夫の子でないと薄々感じていたのであればその段階でけじめをつけて離婚をするべきではなかったのでしょうか?もちろん当事者間でしか分からない事情もあるのでしょうが、その後結局離婚して子の信実の父と暮らし始めその子が父となついているから親子関係を真実のものと一致させたいとして提訴に至った経緯が少し得心の至らないところが正直感じられます。真実の父との親子関係の実態に合わせるべきとの反対意見もありましたが、それだけでは代理母から出産した子との親子関係が確定できなかった理由と矛盾しますし、子に罪はないとの意見も尤もですが、親のしでかしたことが全く子に影響することも現実としてあります。だから私は今回の事件について結論自体妥当と考えています。

次回に続きます。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

藤原司法書士事務所

http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/

☎099-837-0440

コメント