パソコン便利屋 どらともサポート ブログ

パソコン便利屋 どらともサポートは岐阜市内を中心に出張パソコン修理・出張パソコン教室を行っています。管理人のブログです。

お断り

本ブログで紹介しております設定や修理方法が必ずしも最善であるとは限りません。
本ブログの内容を参考にされる場合は、自己責任でお願いします。
不具合など発生しても当方は責任を負いません。

サポートに関するお問い合わせ・ご質問はこちら
どらともサポート掲示板 
まで

support@doratomo.net

どらともサポート ホームページ

インターネット接続設定・・・の前に

2013年08月31日 | パソコンサポート
新規のお客様から・・・回線業者とプロバイダーを変更した。回線は通じたがプロバイダーの接続設定をお願いしたい・・・ということでお伺いしました。

プロバイダーの接続設定情報などの書類は全てそろっていました。

パソコンを立ち上げてルーターにログインして設定を行おうとすると・・・うん、変な画面が表示されてきます。

う~ん、「RegCleanPro」いわゆる詐欺ソフトです。これとセットで「AdvancedSystemProtector」も入っています。他にも「Delta Toolbar」などの怪しいアドオンも入っています。

お客様に尋ねると・・・時々突然画面が開くことがあったそうですが、都度画面を閉じて使っていたそうです。

まずネット設定の前に、これらのソフト・アドオンの対処を行ないました。

対処後は、プロバイダーの接続情報をルーターに設定して作業完了です。

今回のお客様・・・回線業者を変更したのは、キャッシュバックがあること、月々の使用料金がさがることなどを勧められたからだそうです。

しかし、今までの回線業者の解約(休止)や、キャッシュバックを受けるために加入したサービスの解約(契約1ヶ月後?)などはお客様自身が行わないといけません。新しい回線業者さんがこれらの流れを書いた書類を渡していましたが、お客様もよくわからないとのことで、あらためてご説明いたしました。
回線業者やプロバイダーなどを変更するのは、お客様の自由なのですが・・・今までの回線業者やプロバイダーの契約解除や休止などの手続きや連絡は、お客様自身で行わないといけないことが多いことも理解しておく必要があります。
コメント

OS変更の場合の注意点

2013年08月27日 | パソコンサポート
時々サポートでお伺いしている企業様から、「パソコンを新しくしたいが、探して欲しい」とご依頼がありました。
基本的には、予算や必要な機能をお聞きして代行してパソコンを購入・設定することは可能です。

どのような用途で使うのか、尋ねると・・・「会計ソフトを入れて使う」とのことでした。
そうすると・・・今お使いの会計ソフトがWindows8やWindows7に対応しているか確認する必要があります。
ちょっと前のソフトだとおそらくWindows8には対応していないと思います。Windows7に対応しているのでしたら、まだWindows7のパソコンを探せば問題ありません。
どちらにも対応していないようだと・・・お使いの会計ソフトの新しいバージョンを用意(Windows7か8に対応)しないといけません。

ソフト以外にも、プリンターなどの周辺機器も新しいOSに対応してるか確認する必要があります。

お客様とは、日程の調整を行い、ご要望やOSの対応状況などの確認のため、一度お伺いさせていただくことになりました。
コメント

中古パソコン設置・設定作業

2013年08月25日 | パソコンサポート
以前このブログに、中古のノートパソコンの代行購入のことを書きました。条件としてはWindows7でMicrosoft Office2010 Home&Businessが入っているということでした。

中古で安いものは、Officeが入っていてもMicrosoft製のOfficeでなくて、いわゆる互換ソフトが入っている場合がほとんどです。
なかなかMicrosoftのOfficeが入っている中古Windows7機で、ご希望予算におさまる機種がなかったのですが、なんとか見つけて代行購入しました。

ネットで購入したので、実際に中古の程度は実機をみないとわからないのですが・・・届いて確認してみると・・・程度は結構良いものでした。
さらにサービスパックもSP1になっており、WindowsのUpdateも最新の状態になっていました。セキュリティソフトもMicrosoftのSecurityEssentialsが入っており、こちらも最新にアップデートされていました。きっちりメンテされています。

お客様のところへ訪問し、無線LAN接続、プリンタ接続設定などを行い、簡単に使い方のご説明を行いました。
今までXPの初期機をお使いでしたが、今回のパソコンがネットやWordがサクサク動作するのに驚いていらっしゃいました。
確かにXPの初期機だと、ネットでも画面が切り替わるのにかなり時間がかかるし、Wordの文字変換もワンテンポ遅れますからね。



コメント

XP機をUbuntu機へ

2013年08月24日 | その他
今回はサポートねたではないのですが・・・先日のお休みにXPパソコンをUbuntuパソコンに変更してみました。


一時流行った、ネットトップパソコンです。仕様的にはXPSP3、CPUはAtom、メモリー1GBというものです。
XPでも簡単な処理なら使えなくはないのですが・・・来年4月のサポート終了後は、ネット接続などができなくなってしまいます。

ということで、Ubuntuのパソコンに変更しました。

Ubuntuのサイトからisoファイルをダウンロードして、DVDに書き込みました。そのDVDを使ってUbuntuをインストールしました。



CPUが非力なので、サクサクとまではいかないですが・・・それなりに快適に動作します。

Office系のソフトも「Libre Office」が入っており、MicrosoftのOfficeの形式でも保存することができます。

アプリを閉じる「×」が画面左上にあるのは、ちょっと戸惑ってしまいましたが、これは慣れればOKですね。

時間があれば、メールなども設定してみていろいろ使ってみようと思います。

Ubuntuはパソコンサポートでは、Windowsが起動しない場合などに、UbuntuをCDから起動して設定ファイルを書き換える、データを取り出すなどで使用しています。

XPパソコンで、ある程度のスペックのものであれば、UbuntuのようなLinux系のOSを入れて引き続き使用することも一つの方法かもしれませんね。

コメント

無線LAN接続設定作業、他

2013年08月23日 | パソコンサポート
ずいぶん前に、ノートパソコンの液晶パネルの交換作業をさせていただいたお客様から、ネット接続のご依頼がありました。ご自身のノートパソコンはネットにつながっているのですが・・・夏休みでお孫さんが来ていて、お孫さんのパソコンをご自宅の無線LANにつないで欲しいとのことでした。

お伺いしてみるとお孫さんのパソコンはWindows8のノートパソコンで、無線LAN内蔵タイプでした。あとは、無線パスワードを入れればOKです。

しかし無線のパスワードがわからないとのことでした。そういえば液晶パネル交換した際にはもう無線接続でしたから、ずいぶん昔に設定されたのでしょうね。

無線ルーターのある場所へ案内してもらい確認すると・・・ずいぶん昔のルーターです。
比較的最近の無線ルーターには、初期の無線暗号化キー(パスワード)が記載されている機種が多いのですが、このころの昔のルーターは、記載されていないものが多いです。

ルーターにログインして、暗号化方式・暗号化キーをメモして、お孫さんのパソコンの無線LAN接続設定を行いました。

無線ルーターの設定情報を報告書に記載してお渡ししました。

お客様は、XPのノートパソコンをお使いでしたが・・・やはり来年の4月のサポート終了について、いろいろわからない点がありご質問をいただきました。

その中で、今使っているXPのノートパソコンをWindows8(またはWindows7)に変更できないかというご質問がありました。
物理的には、OSを変更することは可能です。

しかし仕様的にメモリーが最少でも2GB必要なこと、CPUが非力であることが問題となります。ノートパソコンでも、CPUの交換は不可能ではありませんが、ちょっと面倒です。もし交換するとしても、同様なソケット(形状)のCPUしか取りつきませんので、それほど性能は変わりません。またメモリー容量については、お客様のパソコンは最大で1GBまでのメモリー搭載となっていました。
これらを考えると・・・今のXPのパソコンのOSを新しくしても、パソコン自身の性能が追い付かないので、今より快適に動作させることはできません。

いろいろご説明させていただき、将来的にどうするかご検討くださることになりました。

来年4月になると、XPのパソコンが使えなくなると思っていらっしゃるかたも、時々いらっしゃいますが・・・4月になっても、今まで通りXPパソコンは起動しますし動作もします。

何が変わるのかというと・・・今まで定期的に行われていたWindowsUpdateなどのサポートが終了します。WindowsUpdateは、セキュリティ的に弱い部分が見つかった場合に、それに対応するために行われます。XP自体は10年以上前の設計のOSで、セキュリティ的に維持していくのは難しくなってきています。
そのため、4月以降もパソコンは起動・動作しますが・・・セキュリティ的に弱い部分が見つかっても、以降は対応するためのWindowsUpdateが行われなくなりますので、セキュリティ的には弱くなってしまいます。
従ってパソコン自体は動作しますが、インターネットにつないで使用するのは危険(セキュリティ的に弱いのでウィルス感染や情報漏洩しやすくなる)になります。
もちろんセキュリティ対策ソフトが入っているから大丈夫とおっしゃるかたもいますが、Microsoftのサポートが終了してしまうとOS自体が、セキュリティ的に弱くなるため、将来的にはセキュリティ対策ソフトもXPの対応をやめてしまいます。

では、インターネットにつながなければ大丈夫かというと・・・USBメモリーやデータCDなどからのデータのやり取りも危険になります。もしウィルスに感染しているUSBメモリーをさしてしまうと・・・セキュリティ的に弱い場合、そのままパソコンもウィルスに感染してしまう確率が高くなります。

使い方としては、インターネットにつながず、他のパソコンとUSBメモリーなどでデータのやり取りを行わない、完全に独立した?パソコンとして使用することになります。

例えば文章を作成して印刷する(ファイルで他のパソコンとやり取りは禁止)ような昔のワープロ的使い方や、ネットにつながないゲーム機?として、DVD(ビデオ)やCD(音楽)の再生機として使うことになるのでしょうか。
コメント