パソコン便利屋 どらともサポート ブログ

CRITICAL_PROCESS_DIED

ご近所さんから・・・パソコンが起動しなくなった・・・ということでお伺いしました。

パソコンはノートパソコン(Windows10←8.1アップグレード)でした。

とりあえず電源を入れると・・・自動修復が始まります・・・が「PCを修復できませんでした」で終ってしまいます。

手持ちのWindows10の修復ディスクを使用しましたが状況は変わらず。システムの復元も試しましたが、Cドライブは復元が「無効」のままで、使用できません。



STOPコードが「CRITICAL_PROCESS_DIED」となっていました。以前のサポートでもあったのですが、このエラーの場合、起動パーティションなどが壊れてしまっていることが多く、たいていは、データを取り出したのち、リカバリーを行いデータを戻すことになります。

パソコンをお預かりして、最悪はデータを取り出してリカバリーになることを了解いただきました。

このエラーの場合、検証用パソコンにつなぐと、CやDドライブのファイルは見ることができます。
とりあえず、ユーザーデータなどを取り出し、別のディスクにクローンを作成して、検証を行いました。

起動パーティションなどの操作をいろいろ試してみましたが・・・ダメです。

リカバリーを行い、Win8.1→Win10にして、データを戻しました。

この事例、何例か見てきましたが・・・いづれもWin7やWin8.1からWindows10へのアップグレードを行ったパソコンで発生しているような気がします。

本当は、これを行えば必ず直るという方法が分かればよいのですが・・・力不足です
名前:
コメント:

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

 

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最近の「パソコンサポート」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事