どんなときも日記

ウェスタ川越にあるカフェ&ベーカリーどんなときものブログです。

川島のアマゾン様で初めてのパン販売

2022-06-22 17:18:42 | お店情報

昨年秋に川島と川越のアマゾン様にパンの納品をした後、「川島のアマゾンでパンの

販売をしませんか」という嬉しい提案をいただいていました。

でもなかなかコロナ感染の広がりが止まらず、長い間実現しませんでした。

ようやく先週の6月19日の日曜日、イベント販売という形に決めていただき

念願のパン販売会の開催となりました。

何しろこんなに大きな会社でのパン販売は初めてとあって、二人の仲間は

緊張でガチガチに固まってしまう有様。

コロナ感染を防ぐためお互い1メートル以上近づいてはいけないという厳しい状況の中、

社員の皆様が工夫して素敵な会場を準備して下さいました。

おかげで用意したパンはあっという間に完売。

社員の皆様にも喜んでいただけました。

障害を持った仲間が地域社会の中で働く機会を与えて下さった川島のアマゾンの

皆様に感謝です。

川島アマゾンの皆様、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 


本日と明日は新宿町5・6丁目「春の域活き文化祭」です

2022-05-14 12:28:22 | 日記

コロナ禍が広がる2年前、どんなときものカフェでは毎月のように「パン屋のお楽しみ市」や

新宿町の地域文化祭で賑わっていました。

出店の作家さんたちと会うたびに「いつになったら再開できるの?」。

でもようやく今日と明日の2日間、新宿5丁目、6丁目の地域の文化祭を開催して

いただけることになりました。

雨が上がり会場は大賑わいです。

明日もやってま~す。ご来場お待ちしています。


看護学校でのパンの販売再開しました

2022-05-13 11:16:57 | お店情報

コロナ期間中はパン販売が中止になっていた会社や学校がいくつかあります。

埼玉医大の付属看護学校もその一つでしたが、2年ぶりに「パンの販売に来てください。」

という嬉しい電話が入りました。

1、2年生には初めてのパン販売となります。「キャーッ、学校にパン屋さんが来ている。」

長蛇の列が出来ました。

300個のパンがあっという間に売り切れて・・・・

ごめんなさい、もう売り切れです。次はもっとたくさん持ってきます。

看護学校の皆さん、ありがとうございました。


川越女子高校でのパン販売順調です

2022-04-25 16:59:54 | お店情報

私たちのパン屋では川越市内の2か所の高校で昼休みにパンを販売しています。

先月までは、コロナ感染予防での短縮授業に続いて春休みに入り、

高校でのパン販売はお休みの日が多くなっていました。

さて、待望の新学期!!

パン販売5分前の写真です。

「さあ、準備はいいか?」(ここでは密を避けるためにパンの販売場所は2か所に分かれています。)

チャイムが鳴ったよ・・・そして、わずか10分後・・・・

まだ並んでいる皆さん、ごめんなさい。パンは売り切れ状態。

さあ・・今日の売り上げは?

朝早くからパンの袋入れに値段付け、販売の準備、お客様の応対と計算。

後片付けの後は、最後の売り上げ計算とパソコンへの入力。

これが高校担当の彼の仕事です。

これだけの仕事を笑顔でこなす彼はこのお店のすばらしい仲間です。

 


ギャラリーの絵が変わりました

2022-04-06 17:36:55 | お店情報

本日お店に来ていただいたお客様、スタッフ全員の胸についたこんなリボンに

気が付かれましたでしょうか?

4月2日から8日まで国連総会が定めた自閉症啓発デーの週間となります。

発達障害を多くの方々に理解していただくために、いろいろな場所でテーマカラーのブルーの

ライトアップを行っています。

ギャラリーにはいもの子の仲間達が描いたブルーをテーマにした作品が展示されています。

今世界では大きな戦いが起き、様々な差別や偏見が渦巻いています。

そんな中で、仲間たちがお互いを思いやりながら描いたこの作品、パン屋にある

小さなギャラリーですがぜひ一度見においで下さい。