空見日和

何がとび出したか
空見日和の5千日

二上貴夫/冬の道もどるとなれば遠きかな

2021-12-02 21:57:05 | 青萄の第六絶滅期俳句Ⅱ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

湧水↑コウゾリナ↓

 

 

 

 

 

秋草にふれて渓谷鉄道通過/青萄

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

狂想の冬日こいつも面白がつている/青萄

2021-12-01 20:08:17 | 青萄の第六絶滅期俳句Ⅱ

 

 

 

 

 

 

 

 

信頼していた古い友人から宗教をすすめられて困っている。というかガックリきている。

ワタシはどこまで低能だと思われているのだろう。すると数年前に尊敬していたネット経由の人からも別の宗教をすすめられた嫌な記憶が甦ってくる。丸め込みやすいとバカにされたのだとしか思えない。そうか(気がつかなかったが)その人の取り巻きたちも仲間だったのだろう、と今頃にして思う。

娘に言うと、昨今たいがいの人は何かの宗教的なものに入っていて、珍しくないことだという。その人たちはその中にどっぷり浸かって心地イイのだから、(いくらやめるように言われても)やめることはないのだという。だいたいが金儲けだとか。

自分が信仰を持つのはいいとしても、自分が加害者になって被害者を作るのはやめてほしい、とガックリ来たワタシは個人的に思うのだが。

 

 

 

 

 

 

 

雉哭くやむかし厠にキンカクシ/青萄

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (1)

福永耕二/泣く吾子を鶏頭の中に泣かせ置く

2021-11-30 15:02:52 | 青萄の第六絶滅期俳句Ⅱ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラシャメンを匿つている鶏頭花/青萄

 

 

 

 

 

 

 

 

項垂るる鶏頭一束の中に/青萄

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (1)

イノベHAIKU・咳してもひとり10句(9)

2021-11-29 19:49:34 | 青萄イノベーションHAIKU

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひもろぎの緋のはじまりや枇杷の花/青萄

 

枇杷の花卒都婆小町の帰心の灯

 

桔梗の流涕きいたかもしれぬ

 

きちこうのかなしくないと云えば嘘

 

ぬばたまの地割れのごとく鬼胡桃

 

裸木となりてまつたき冬の王

 

着ぶくれて逃げも隠れもするわたし

 

熱燗やラヴェルのボレロ身より涌く

 

絶滅の人類の田に花鶏(アトリ)来る

 

死ににゆく猫は小走り雪の花

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

子規/鐘つきはさびしがらせたあとさびし

2021-11-27 18:04:01 | モブログ〰空見たことか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子規/植木屋の山茶花早く咲にけり

 

 

 

 

 

植木屋のツメレンゲ↑棉↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (3)