空見日和

blog開設から4200日超
何がとび出すやら...
空見日和の軽~いお話

久保美智子/すかすかに剪られ二月の蒲萄棚

2019-02-17 19:12:26 | 青萄の準絶滅危険俳句








うらうらと妻は現世で葱刻む/青萄






コメント (1)

鴻巣真木/初夢の出口に父を置き去りに

2019-02-16 22:39:38 | 青萄の準絶滅危険俳句











離着陸ながめ一人の数え日に/青萄







コメント (1)

大下真理子/白魚に透けて昨日の寒さかな

2019-02-15 21:11:04 | 青萄の準絶滅危険俳句








雪女郎独学すとはアナーキー/青萄






コメント

正木ゆう子/よきものに猫のためいき雪催

2019-02-14 18:36:50 | 青萄の準絶滅危険俳句











雪蟲のさびしき色の脱げそうな/青萄






コメント (1)

小林貴子/水禽に空は鞴を鳴らしけり

2019-02-11 18:40:19 | 青萄の準絶滅危険俳句








鷺の白すつくと立ちぬ汚染水/青萄






コメント (2)

杉山久子/銀色の猫くるバレンタインの日

2019-02-10 19:44:41 | モブログ〰空見たことか






杉山先生の(これは絶版)↑『猫の句も借りたい』が新装文庫版化されたそうです🎉✨😆✨🎊


「きさらぎの猫の眼浅黄萌黄色」や「借る気なき猫の手ずらり土筆晴」など、胸打つ猫の名句108句がぎっしり詰まっています😻






コメント

渡辺誠一郎/この国に生きて如月耳鳴りす

2019-02-09 16:12:15 | 青萄の準絶滅危険俳句








絶滅に理由のありぬ手毬唄/青萄









コメント (3)

陽気に誘われて〰白鳥大橋🐥船場(ふなば)の渡し跡🚢

2019-02-07 21:09:56 | モブログ〰空見たことか




塩谷町↑かねてより不評だった鬼怒川大渡橋の白鳥写真でしたが、たまたま今日は白鳥の比較的❔近くまで行けて写真が撮れましたので、勇躍ご報告したいと存じます✨

















初めて見ましたこの説明板↑船場の渡し跡…けっこう謂れのある場所だったんですね🐱ありがとうございました☺






コメント

「東大王」難読漢字オセロ〰鳥の名前🐦

2019-02-05 19:19:01 | モブログ〰空見たことか





水上、伊沢が読めなかった漢字↑光ちゃんも読めず失格❗



残る鶴崎が読みきった↑そうか…矮小の鶏🐔だからチャボなんだ🎵



オセロ司令塔の宮川一朗太の指揮は揺るぎなく↑ヴァイオリニスト松尾依里佳正解⭕



最後のお願い↑富永美樹も正解⭕ 芸能人チーム奇跡の逆転勝利🎉✨😆✨🎊



困ったときの一朗太ガッツポーズ連発↑伊達に松田優作と共演してないぜ~😱



歳時記の難読漢字↑クイナは水の鶏だね🐥明日6日はgooブログのメンテナンス入ります🙇







コメント (2)

日下節子/冬の大三角イースト菌はパンの中

2019-02-05 00:00:05 | 青萄の準絶滅危険俳句








山眠り一縷の流れのこるなり/青萄






コメント

宇都宮・美しの川あたりをほっつき歩く😽

2019-02-04 19:32:59 | モブログ〰空見たことか









かつてはこの辺りにホタルが自然発生していたのだろうか、サイレント・スプリングっぽいが…🐦



けっこう大きなサルノコシカケ↑






冬晴の宿木という無重力/青萄







コメント

対馬康子/大いなる鳥影降りてくる恵方

2019-02-01 18:50:52 | 青萄の準絶滅危険俳句








ヒラメで謂えば目と目のあいだは光年/青萄






コメント

植木國夫/松明あかしばさと崩れて闇揺する

2019-01-30 13:02:51 | 高野主宰発★俳句の読み


  「松明あかし」は福島県須賀川に420年前から続いている火祭で、このたび改訂された角川の『俳句歳時記』に季語として採用された。日本三大火祭の一つとも言われ、巨大な松明三十本が市内を練り歩いたのち点火される。伊達氏に降伏を迫られた二階堂氏の家臣や領民が松明を持って山に集まったことに発祥し、のちに滅ぼされた二階堂郎党の霊を弔うため続いたとのことだから、盆火と同じ死者追悼である。

 「伊達の墨塗」も福島県の小正月の行事として角川の『俳句大歳時記』に掲載されている。行事の季語が京中心となるのはやむを得ないが、発行部数の多い歳時記に地方の行事が掲載されるのは歓迎すべきことである。反対に行事そのものが廃れて不掲載になる場合も少なくない。宮城県塩竃で続いていたという小正月の行事「ざつとな」は古い角川の「図説俳句大歳時記」にはあったが「俳句大歳時記」からは削除されている。宮城県奥松島の小正月の「えんずのわり」や東和町米川の初午の「水かぶり」など、歳時記には掲載されていないが、今も続いている行事の季語として詠い継ぎたい。

 大手出版社の歳時記に掲載されるかどうかは、季語であるかどうかとは別のことで、それほどこだわることはない。歳時記に収録されなくとも、季語として通用する言葉はたくさんある。可能であれば、たとえば一昨年刊行された『沖縄歳時記』のように、その土地その土地の風土が反映された歳時記が地元で作られることが望ましい。宮坂静生氏の「地貌季語」の掘り起こしの仕事は、そうした意味からも貴重な仕事なのである。宮城県の『宮城県俳句歳時記』が刊行されてから、すでに35年以上経つ。

 句の鑑賞がおろそかになってしまった。「闇揺する」が松明の巨大な姿を目前にさせてくれる。戦国の世の戦死者が蘇って来ているようだ。


💬2019年「小熊座」1月号/高野主宰の〈小熊座の好句〉より






コメント (8)

「東大王」オセロ難読漢字〰野菜・果物の名前🍆

2019-01-29 21:06:04 | モブログ〰空見たことか





カミナリ⚡のカツミ君↑



コロチキのナダル君↑ほうれんそうではなくチンゲンサイでした😱



山梨が世界に誇るスーパースター絶好調↑



芸能人チーム最後の一人になってガンバった小島よしおも失格に…芸能人チーム全員失格で東大王チームが余裕の勝利✌ 7はかぼす27はとうがらし、だそうですが😵



私が毎年通う白鳥大橋の写真が(遠くて何も見えんと不評でしたが)今日の新聞には白鳥が大きく出ていました、さすが新聞社のカメラマン❗白鳥はやっぱり例年より数が多いようです🐥☺






コメント

山田佳乃/初景色車窓三枚分の富士

2019-01-28 20:10:17 | 青萄の準絶滅危険俳句






富士山画像🗻は無いので↑いつもの日光連山でご勘弁を🙇




木枯のはたと止むとき来る薄日/青萄






コメント