空見日和

何がとび出すか
空見日和の日々

対中いずみ/十一月合はせ鏡の如く過ぐ

2020-11-22 21:21:28 | モブログ〰空見たことか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石田郷子/日の差せる小径が見えてゐて寒し

 

 

 

 

ヤマウド↓

 

 

 

 

馬力神↓

 

 

 

 

藺草慶子/ゆらぎては尖る種火や堂の冬

 

 

津田このみ/寒林をバルビゾン派として歩む

 

 

西村麒麟/ストーブや一秒ほどの夢を見て

 

 

 

 

白菜畑↑

 

 

 

今瀬一博/ところどころ抜かれて冬菜畑となり

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

宇多喜代子/降り来たるものみな怖し火も雪も

2020-11-21 16:28:40 | モブログ〰空見たことか

 

 

 

 

 

 

 

 

この竹林の奥におばあさんが一人住んでおられたが、いつの間にか無住となり、家は取り壊されたようだが…通りがかるたびに、特に綺麗に色付いたもみじを見ると、遠見に洗濯物を干していた老婦人(後ろ姿)を思い出す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

友岡子郷/絵より絵へ歩む短き日なりけり

 

 

関 悦史/こたつ切りて厚着やカード持てぬ身の増税

 

 

大井恒行/掘り進む地球のみやこ出てきたり

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (1)

岸本尚毅/鳴く猫に赤き口あり日向ぼこ

2020-11-19 18:57:36 | 野に咲く花はどこへゆく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

依光陽子/ははき木の燃え立つ色の毛糸欲し

 

 

石田郷子/君が来て古障子よくすべること

 

 

今井肖子/これ以上めでたくなれぬ大熊手

 

 

 

 

 

 

 

コメント (3)

グレート・トラバースで見た〈俳枕〉早池峰(はやちね)山

2020-11-17 15:30:06 | 平井照敏編の俳枕(東日本)

 

 

 

 

 

 

 

先日テレビをつけたら偶々「早池峰山」への登山をやっていたのに見入り、これが珍しくプロでもかなり苦労している様子で、その日はたぶん体調がかなり悪かったのかもしれぬが…好きな仕事でも仕事となれば楽なことはないよな~🐧と思ったのである。

 

 

 

 

岩手・北上山地のほぼ中央の主峰で標高が1914メートル、遠野市の北端にあり、遠野伝説を生んだ山であると共に古くから霊場として知られた。

山麓の大迫町に、大償(おおつぐない)神楽・岳(だけ)神楽が、山伏神楽で国の重要無形文化財になっている。早池峰神楽は阿吽の神楽と言われ古代の形を伝えているという。

 

 

 

 

 

 

加藤秋邨/踊り足早池峯霧の渦まけり

 

 

能村登四郎/早池峯の雪かがよへり朝さくら

 

 

菅原多つを/霧に舞ひ霧に了りぬ岳神楽

 

 

宮 慶一郎/夜の稿雪の早池峯目覚めゐて

 

 

大畑善昭/早池峯は雪降りゐしか今日見えず

 

 

 

 

 

 

コメント

高野ムツオ/サルビアの焔股間を上り来る

2020-11-16 21:00:17 | 青萄の第六絶滅期俳句

 

 

 

 

 

遊牧民の生き方に憧れている。草原全体が一つの大きな庭だと考えたら、人間はもっと自由になれるはず。大地に風に動物や植物も、家族ならたくさんいる。

一人暮らしだから孤独なのではない。持ちたがり持つことに拘りすぎるから人は孤独になるのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何年も見ている見事な柿の木である🍊月一位でゆく本屋の裏の屋敷柿。この家はいつ見ても広い庭中の手入れが、完膚なきまでに行きとどいている👏前庭のメインは古い垂れ桜だが、これも見事である🌸

 

 

 

 

 

 

ワタクシか私以外か鮎落つる/青萄

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (1)