晩春・季春(きしゆん)・末の春

2024-04-14 18:45:15 | 青萄の第六絶滅期俳句Ⅲ
      ハナモモかな?↑道端のイヌナズナ↓〈晩春〉は近代になって使われはじめた季語       有働 亨/晩春のとろりと海や母郷見ゆ   河合佳代子/晩春の一日母が奈良の旅   季春のトチノミたつた一顆の熱狂/森 青萄       . . . 本文を読む
コメント (1)

四月

2024-04-13 20:28:38 | 青萄の第六絶滅期俳句Ⅲ
      林床にニリンソウの群れ↑ポツンと落ちていた栃の実↓       秋元不死男/老農に浅蜊水吐く四月かな   相生垣瓜人/四月には魚も愚かになると云ふ   四月聞く草の悲鳴もオーバーフロー/森 青萄         . . . 本文を読む
コメント

枝垂桜(しだれざくら)・糸桜・しだり桜

2024-04-12 21:09:12 | 青萄の第六絶滅期俳句Ⅲ
      今日の散歩で枝垂桜🌸 気温上昇中 湧きたつように百花繚乱の兆し       富安風生/まさをなる空よりしだれざくらかな   大野林火/しだれざくら女の囲む中に垂る   中村汀女/糸桜夜はみちのくの霧深く   上昇の哨戒ヘリやさくら垂る/森 青萄   . . . 本文を読む
コメント

土筆(つくし)・つくづくし・土筆摘む

2024-04-11 17:07:25 | 青萄の第六絶滅期俳句Ⅲ
      大風と大雨の後ダンナの食用に土筆を摘みにいった ちょっとしょっぱいつくだ煮になってしまったが… ダンナは春を実感するために土筆を食べないと気が済まないらしい ほぼほぼコントロールの効かないワタシに命令はしないが…ソレトナク土筆の話題を振ってくるのだった💦       石塚友二/ . . . 本文を読む
コメント (1)

晩霜(おそじも)・遅霜・別れ霜

2024-04-10 19:11:07 | 青萄の第六絶滅期俳句Ⅲ
    林檎に先駈けて咲いた巴旦杏の花↑昨日今日と霜注意報が出ている日光     石塚友二/晩霜の気配に澄めり星の空   赤城さかえ/頬の痩せ肋の痩せや別れ霜   晩霜の干渉ハバナ症候群/森 青萄           . . . 本文を読む
コメント

甘茶・五香水・甘茶仏

2024-04-09 19:28:17 | 青萄の第六絶滅期俳句Ⅲ
      午後5時過ぎ 大春荒れの日光連山(中央から女峰山・赤薙山・丸山・小丸山・霧降高原)↑身の飛ばされそうな大風に湖面も波立つほど 甘茶とは木甘茶の葉と甘草の根を煎じた甘すぎる茶 日光山輪王寺では五大明王像(木像)の秘仏初公開始まる ヤマザクラも咲きだした↓       池内たけし/甘茶仏す . . . 本文を読む
コメント

花曇(はなぐもり)・養花天

2024-04-08 18:33:59 | 青萄の第六絶滅期俳句Ⅲ
    スーパーの帰りに急いで撮った駅前の桜 雨がポツポツと来て これから本降りか     福永耕二/レグホンの白が混みあふ花曇   米谷静二/度はづれのわが寒がりや養花天   養花天ピークアウトのほどを知る/森 青萄           . . . 本文を読む
コメント

春昼(しゆんちう)・春真昼

2024-04-07 18:44:39 | 青萄の第六絶滅期俳句Ⅲ
    終焉のハクモクレン     福田甲子雄/春昼や子が笛鳴らす遺族席   平畑静塔/春昼や腑分して来したゞの顔   スパイ防止法なき国の春昼/森 青萄           . . . 本文を読む
コメント (1)

春の闇・春闇

2024-04-06 18:54:16 | 青萄の第六絶滅期俳句Ⅲ
        青木月斗/大濤が動かしゐるや春の闇   田村木国/春の闇渚も音をおさめけり   春闇や量子コンピューターに影/森 青萄           . . . 本文を読む
コメント

松の花・松の蕊・十返りの松

2024-04-05 22:42:23 | 青萄の第六絶滅期俳句Ⅲ
    河川敷には赤松が多い ※メタマテリアル (負の屈折率)     平井照敏/雨雲の去りては到る松の花   佐藤鬼房/松の花何せんと手をひらきたる   メタマテリアルさみどりに松の花/森 青萄             . . . 本文を読む
コメント

水温(みづぬる)む・温む水

2024-04-04 19:49:37 | 青萄の第六絶滅期俳句Ⅲ
        杉田久女/水底に映れる影もぬるむなり   佐藤鬼房/しなやかな子の蒙古痣(あざ)水温む   水温むスペクタクルの水の地球(ほし)/森 青萄           . . . 本文を読む
コメント

竹の秋・竹秋(ちくしう)

2024-04-03 21:32:04 | 青萄の第六絶滅期俳句Ⅲ
    竹秋は陰暦3月の異名     永井荷風/夕方や吹くともなしに竹の秋   神保愷作/四五本の竹の秋なるあかるさよ   大峯あきら/顔老いし鞍馬の鳶や竹の秋   竹秋のサプライチェーン調ひぬ/森 青萄           . . . 本文を読む
コメント (1)

春の宵(はるのよひ)・春宵(しゆんせう)・千金の夜

2024-04-02 18:56:55 | 青萄の第六絶滅期俳句Ⅲ
      ツノハシバミ↑アブラチャン↓ぼんやりと霞む春       石田波郷/春宵やセロリを削る細身の刃   下田明子/春宵の皆殺されし沙翁劇   インセンティブなき千金の夜の悪寒/森 青萄           . . . 本文を読む
コメント (1)

四月馬鹿・万愚節・エイプリルフール

2024-04-01 21:00:03 | 青萄の第六絶滅期俳句Ⅲ
      様子を見に行った二度目の今日 既にあちこちに咲き出していましたミヤマウグイスカグラ(深山鶯神楽) 天気は結構な荒れ模様でした          岡本圭岳/四月馬鹿母より愚かなるはなし   中島八重女/わが練りし辛子に泣きて四月馬鹿   ファストロープ降下つぎつぎ鶯神楽 . . . 本文を読む
コメント

花時(はなどき)・桜時・花支度

2024-03-31 23:51:58 | 青萄の第六絶滅期俳句Ⅲ
      キブシ↑トゲがないので(たぶん)ウルシ↓       青木月斗/花時の博物館をのぞきけり   野見山朱鳥/花時も天上天下唯我咳く   林 徹/桜どき汽車谷底に折れまがる   桜時インターポールより電話/森 青萄     . . . 本文を読む
コメント