櫻井郁也ダンスブログ Dance and Art by Sakurai Ikuya/CROSS SECTION

◉新作ダンス公演2024年7/13〜14 ◉コンテンポラリーダンス、舞踏、オイリュトミー

dance photo(リハーサル記録:櫻井郁也ダンスソロ『心臓法則』7/13〜14.2024))

2024-06-12 | ダンス新作公演 Next performance

 

photo=rehearsal for next performance on July

 

 

______________________________________________________________

Stage info.

櫻井郁也ダンスソロ新作公演

『心臓法則』7/13-14 開催 

(予約受付中)

⬇︎ 公演webサイト ⬇︎ 画像click  

https://dance-sakuraiikuya-stage.localinfo.jp/

 

 

lesson.櫻井郁也ダンスクラス

レッスン開講中。踊ってみたい方はぜひ!

 

 


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

断想06/09:体、場所

2024-06-09 | ダンス新作公演 Next performance

 

他者の体を受け止めて、

他者に体を受け止められて、

体は変化してゆく。

 

新作の振付を進めながら、そんな言葉を思い出した。2020年の秋に、自らここに書いた。(全文

大抵のことは忘れてしまうから、あちこちに書く。このブログもその一つだし、持ち合わせの紙切れに書いたものも数知れず溜まっている。体の奥にも溜まっているのか、忘れたつもりの何かを、踊りの作品をこしらえていると平手打ちのようにパンっと思い出すことがある。

「からだ」という言葉には、ちから、とか、あらわれ、とか、うまれ、という現象に連なるいろんなものが渦をなしているような、そんなふうに僕は「からだ」という言葉のことを幻想することがある

とも、そこに書いてあるが、体というのは同時に古い箪笥のような場所でもあると、思う。自ら発想しながら仕舞い込まれ発話に至らぬ言葉や、指先からこぼれたまま楽譜にも書き留めていない音列、ドストエフスキーや川端の階段を降りかけた足の湿り気、それらが迷宮化したまま体の抽斗や蝶番に封印されて、筋肉や骨と一緒に次第に衰弱したり結晶化したりしていて、それらを熱しほどくような手順が、作品なるものの工程には含まれているのかもしれない、と思う。やはり、面白い。

 

 

______________________________________________________________

Stage info.

櫻井郁也ダンスソロ新作公演

『心臓法則』7/13-14 開催 

(予約受付中)

⬇︎ 公演webサイト ⬇︎ 画像click  

https://dance-sakuraiikuya-stage.localinfo.jp/

 

 

lesson.櫻井郁也ダンスクラス

レッスン開講中。踊ってみたい方はぜひ!

 

 


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

dance photo dance photo(リハーサル記録:櫻井郁也ダンスソロ『心臓法則』7/13〜14.2024))

2024-06-04 | ダンス新作公演 Next performance

 

photo=rehearsal for next performance on July

会場リハーサル(5/30)にて

 

______________________________________________________________

Stage info.

櫻井郁也ダンスソロ新作公演

『心臓法則』7/13-14 開催 

(予約受付中)

⬇︎ 公演webサイト ⬇︎ 画像click  

https://dance-sakuraiikuya-stage.localinfo.jp/

 

 

lesson.櫻井郁也ダンスクラス

レッスン開講中。踊ってみたい方はぜひ!

 

 


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ダンス公演情報:櫻井郁也ダンスソロ2024新作•公演WebサイトOpen ,チケット予約受付start(2024.7/13〜14開催)

2024-05-24 | ダンス新作公演 Next performance

NEWS !!

櫻井郁也ダンスソロ

2024新作

公演webサイトopen

7月13(土)〜14(日)に開催いたします櫻井郁也の新作公演につきまして、公演情報のWebサイトをオープン、チケット予約の受付を開始いたしました。

上演作品・日時・会場などの基本情報のほか、イメージを反映したチラシ画像、写真、櫻井自身のコメントなど、くわしく掲載しております。ぜひ、ご覧ください。

 

Sakurai Ikuya dance solo 2024 website open

We launched the dedicated website for Sakurai Ikuya's newest dance performance on July 2024. Please take a look the new website below.

 

 

⬇︎ 画像クリックにてお進みください ⬇︎ click  

https://dance-sakuraiikuya-stage.localinfo.jp/

 

当ブログでは櫻井郁也の最新状況のほか、本作の制作プロセスをblogで追うことができます。webサイトに一部掲載されているテキスト類(イメージ文、解題など)のより詳しい引用や、それらの変化、また、稽古から新たに発語されてゆく言葉など、現在進行形でご紹介していきます。また、各SNSでも、関連情報など掲載していきますので、引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

(十字舎房・制作部)

 

 


 

櫻井郁也︎/十字舎房・公式HP

Sakurai Ikuya/CROSS-SECTION Official website

※こちらからもご覧になれます

 

 

 


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新作解題(全文):櫻井郁也ダンスソロ2024,7/13-14

2024-05-18 | ダンス新作公演 Next performance

新作解題

心臓法則⇄HEART LOW

webサイト詳細告知の開始に合わせて解題を掲載します。

 

 新作公演(7/13-14)のタイトルは『心臓法則』、英題は”HEART LOW”。いづれも僕の造語で、稽古中にメモした言葉から音や形を拾って組んだ。

 心臓=生存核、そこでは、何かが始まり、衰弱してゆく。低いつぶやき。きざみ、ずれ、狂い、転倒してゆく、音楽法則。未出現の存在たちが、命の時間と偶然について、、、、(ノート抜粋)

 ステートメントにも引用したメモだが、ここから、心臓、法則、低さ、という3単語を貼り紙のように並列した。この3つの言葉に感じたリズムや形が気になり、ブリコラージュして題名にした。日本語に反映したのは物質性、臓器としての心臓に対して形のない潜在的な何かとしての法則。質感、リズム、すべて漢字で。英語に反映したのはやや動きのある心臓的感覚、あるいは形のない心としてのheartと、心臓の低い音や減速感を思わせる低さ最低値としてのlow。心の最低値か、生存最低値か。秘密にしておく、という意を含むこともできるのか。同時に、このlowは法則(principleやtheorem)とは異なるが似た言葉である法(law)への遊戯的変形ともなり、the hearts lawに近づくと心臓法あるいは心の法律の出現か。hearts row 、raw heart、row raw law low、などなどいろんな音を呼ぶ。lowは減衰と秘密をさそい、lawは法にして、rowは列であり続きゆくもの、rawは生々しいリアルなものやことにつながり、いづれも心臓にどこか繋がり。結局、表記に決め、こちらは音感と図形感で大文字だけ。

 今回、踊りが先行して言葉が追いかけてきている。社会状況からも、私的な状況からも、そして自身の身体感覚の変化からも、命のことを思う機会が急速に増える。そのなかで踊りを探っていることもあり、消えゆく瞬間を捉えようとするのか、稽古するたび短い言葉が積もってゆく。コンセプトから形式が導かれるのとは別に、身体から表出されるものと言葉が、追いかけ合い、重なり、変質し合う。ということが多い。イメージからダンスができるというより、ダンスがイメージを呼ぶというのか。本作と前作の対照的なところかもしれない。思わず書いた言葉の積層が、散らばり溶け出し、音や文字が分解されたり組み合わされたりして、別の妄想を生み、さまざまな思いや体感に響きはじめる。

 題をつけたが、これはプロセスの一つ。導火線だ。上演まで続く作業のなかで、イメージも踊りも、どう変わってゆくだろうか。胸が騒ぐ。ここから。

 

 

 

⬇︎ 公演webサイト ⬇︎ click  

https://dance-sakuraiikuya-stage.localinfo.jp/

 

lesson.櫻井郁也ダンスクラス

レッスン開講中。踊ってみたい方はぜひ!

 

 

 

 

 

 

 


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

速報▶︎櫻井郁也ダンスソロ2024新作・公演決定(Sakurai ikuya Next performance 2024)

2024-04-11 | ダンス新作公演 Next performance

速報 Stage information (English below)

次回公演決定のお知らせ

 

櫻井郁也が新作公演の開催日程を決定いたしましたので、お知らせいたします。

下記、ぜひご参集いただけますよう、何卒よろしくお願いいたします。

このブログでは、進行状況や創作中に思い考えたことなどを随時掲載いたしますので、ご注目いただけましたら幸いです。

 

 

 

櫻井郁也ダンスソロ

『新作2024』

      ※作品タイトル未定

 

2024年

7月13日(土)~14日(日)

公演決定

 

東京・六本木

ストライプハウスギャラリー(地下フロア)

→東京メトロ「六本木」徒歩5分(六本木交差点アマンドわき下る、欅坂手前) 

詳細告知&チケット発売:5月中旬開始を予定

 

※一般的な劇場公演とは全く異なるギャラリー公演ならではの雰囲気をお楽しみいただくため席数限定となる可能性ががあります。ご留意ください。

 

主催:十字舎房

協力:ストライプハウスギャラリー

主なご案内: 櫻井郁也/十字舎房:公式Webサイト

※当ブログ、十字舎房Facebook、櫻井郁也インスタグラムでも情報告知をいたします。

※ただいま上掲2種の仮チラシを劇場にて折込中です。

 

We will be held the Next performance by SAKURAI Ikuya in the following schedule. Please refer to the URL below for further details.

Sakurai Ikuya

Dance Solo 

"Newest work 2024"

13th  and 14th July 2024

at TOKYO ROPPONGI/STRIPED HOUSE GALLERY

 Detail on Web

 

 

 

_____________________________________

 

 

 

 

 

 


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

stage photo : Sakurai Ikuya dance solo(櫻井郁也ダンス舞台記録2022)

2022-09-20 | ダンス新作公演 Next performance

 

写真=櫻井郁也ダンスソロ2022『やがて、、、(タトエバ切ラレタ髪ノ時間ト)』より

 

踊ルことによってはじめて蘇ってくる感情がある、そんな気がしてならない。失い続けている原初的な感情かもしれない。(振付ノートより)

 

 

_______________________________

Stage info. 櫻井郁也/十字舎房:公式Webサイト

ただいまHPでは7月末に行った新作公演の記録を公開しております。作品制作中に記されたテキストや過去の公演写真なども掲載しておりますので、ぜひ、ご覧ください。

 

lesson 櫻井郁也ダンスクラス:ご案内  

 

 


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

stage photo : Sakurai Ikuya dance solo(櫻井郁也ダンス舞台記録2022)

2022-08-26 | ダンス新作公演 Next performance

 

写真は、先日行った公演『やがて、、、(タトエバ切ラレタ髪ノ時間ト)』の冒頭シーンから。

上演からもうすぐ1ヶ月になるが、今回の作品について、考えている。やわらかい動きや色彩を使ったが、根底には僕らの時代の根っこにある重いものが呼吸している。

踊りをつくりながら、荒れ野について考えていたのかもしれない。もう少しここの関係は続くかもしれない。アドルノの例の言葉"Nach Auschwitz ein Gedicht zu schreiben, ist barbarisch"アウシュヴィッツ以後に詩を書くこと、、、)ではないが、決して安易に答えを出せない問題が、肉の底に絡まってある気がしてならない、気になって、ならない。

踊りは、生きることを肯定し受け入れ続けてゆく覚悟や次世代に渡すことに関わっていると思うのだけど、同時に、このココという場所やイマという時間やコノ存在についての認識を(身体との対話を通じて)入れ換えてゆくことにも、連なっているのではないかと、いま思う。そこから新しい稽古を始めている。

次回作への構想に、少しづつ近づいて行きたい。

 

_______________________________

Stage info. 櫻井郁也/十字舎房:公式Webサイト

ただいまHPでは7月末に行った新作公演の記録を公開しております。作品制作中に記されたテキストや過去の公演写真なども掲載しておりますので、ぜひ、ご覧ください。

 

lesson 櫻井郁也ダンスクラス:ご案内  

 

 

 

 

 


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

公演パンフレット:櫻井郁也ダンスソロ2022『やがて、、、』

2022-08-11 | ダンス新作公演 Next performance

 

 

ない、とともに、あること。

カナタで。

 

切ラレタ髪、とはアウシュビッツ跡で見た少女の遺髪、三つ編みのまま切られた髪。時勢もあり、死者と未来の子供たちについて思うことが多い。気が遠くなるほど遠くの爆発と死が星の光になったように、わたくしたちの、にんげんのジカンにんげんのマイニチが気が遠くなるほど積み重なッたとき、たくさんたくさんたくさんの罪と失敗と悲しみと悔しさが、喪失と空虚の深さが、やがて、復活の力や新しい人を生み出す力に転じ、この肉体の暗闇の奥で血は光になり、はるか遠方を照らすのではないか。わけもなく、そう思う、思わずにイられない。 

2022年夏・櫻井郁也)

 

 

上記は、先日開催した新作公演(7/30〜31東京)の当日パンフレットの表紙写真と櫻井郁也による掲載テキストです。

上演完了以来、さまざまなご感想をいただきつつ、事後反芻を始めております。

関連する文章など、随時掲載いたしますので、よろしくお願いいたします。 十字舎房・制作部

 

 

_______________________________

Stage info. 櫻井郁也/十字舎房:公式Webサイト

ただいまHPでは7月末に行った新作公演の記録を公開しております。作品制作中に記されたテキストや過去の公演写真なども掲載しておりますので、ぜひ、ご覧ください。

 

lesson 櫻井郁也ダンスクラス:ご案内  

 

 

 

 

 

 


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

公演完了のご報告:櫻井郁也ダンスソロ2022『やがて、、、』

2022-08-03 | ダンス新作公演 Next performance

上演完了

櫻井郁也ダンスソロ

『やがて、、、

(タトエバ切ラレタ髪ノ時間ト)

Sakurai Ikuya Dance Solo

”WITH TIME”

2022年7/30〜31

東京・六本木
ストライプハウスギャラリー B1

__________________

おかげさまで、7月31日をもちまして、上記の新作公演を無事に納めさせていただくことができました。

たいへんな暑さのなか、沢山の方々にご来場いただき、心より御礼を申し上げます。また、人数制限をはじめ感染予防関連の様々なお願いにご協力いただき、ありがとうございました。

ただいま、当日アンケートのほかにも、SNSでのご記載や、ご感想メールが届きはじめております。いただいた一言一言がじっくりとエネルギーになり、イメージや思考や動きに何らかの力を与え、新たな作品の萌芽に関わってゆくのではないかと思います。

繰り返し見届けてくださっている方々、また2日連続での立会をしてくださった皆さま、そして、お言葉やご感想をいただいた皆さま、ご紹介者・評者の方々、上演協力・現場協力の方々、強く力をいただいております。

今回の成果をしっかり検証し、より意義のある公演をお届けできるよう、努力したいと思っております。

今後の活動予定など、順次このブログにてご案内させていただきます。

みなさま、あらためまして、これからも、何卒よろしくお願いいたします。

櫻井郁也、スタッフ、関係者一同

ダンス・アートユニット〈 櫻井郁也/十字舎房〉・公式HP

 

 

 

 

 


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

あなたは、どんな、、、(新作公演プロセス:櫻井郁也ダンスソロ2022.7月30〜31)

2022-07-29 | ダンス新作公演 Next performance

あなたは、どんな人だったのか。

そんなふうに、あの髪を思い出すたび、思う。

「少女の三つ編みのまま切断された髪。あれは、まだ生きていたかもしれない人の髪なのだ。会うことだって不可能ではなかったかもしれない」

そんなことが創作ノートに書かれている。

コロナ禍のなかで、肉体について、命について、そして、血液について妄想することが増えた。そんななかで、ウクライナ戦争が起こった。なぜか、あのアウシュビッツの少女の髪の記憶が強烈に思い出された。そこから始まった思索や感情や未来についての漠たる思いが舞踊衝動に結びついた。それは、今まで経験したのとは少し異なる、問うような思いの踊りになっていった。

上演の前日になるけれど、今回の作品は、ますます問いかけに満ちている。

問いの力が舞いを呼び込もうとしているように、同時に、舞いから新たな問いが呼び込まれてゆくようにも、感じる。

ご参集の皆さまとの時間の中で、この作品は、さらに変化してゆくに違いないと思う。

櫻井郁也

※写真は前回公演より。

 

_______________________________

いよいよ本番!!

↓↓↓click↓↓↓

櫻井郁也ダンスソロ新作公演

『やがて、、、(タトエバ切ラレタ髪ノ時間ト)

Webサイト(詳細&ご予約)

開催日=2022年 7月30(土)〜31(日)

席数限定につき、なるべく予約をご利用ください。(上記タイトルをclick)

 

 

lesson 櫻井郁也ダンスクラス:ご案内  

クラスの種類や内容など、上記をクリックしてください。

 

 

 

 

 

 


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新作公演プロセス:抗えないもの(櫻井郁也ダンスソロ2022.7月30〜31)

2022-07-28 | ダンス新作公演 Next performance

 

 

踊る、その体感が変わり始めている。この一瞬、というものへの感触も変わり始めている。

二度とない刻一刻ということ。

いまは長生きする人も沢山いるが、抗えないものはあるはず。自分自身も、年を重ねるほどにあと何年くらい生きていられるのかな、と思うようになってゆく。そんななかで、ふと思う。「体」なるものについて。「現在」なるものについて。

血はいつか光になるはず、

なぜか、そう思ってしまったところから、週末上演となる新作は始まった。

思い直感した、その根を探ってゆくように稽古が続き、蠢き踊ろうとする肉体を 見つめるうち、次第に、いまこの現在の舞踊衝動を自分なりに読み解いて作品コンセプトや題名が言葉になっていった。公演サイトに記載したいくつかのテキストは、そういう言葉たち。

体と踊る、痛みと踊る、時間と踊る、喪失と踊る、

ソンナコトをこころみるうち、

やはり、血について思い巡ることが、連日のことになった。

公演のたび、作品制作のたび、血への思いや考えや感覚が、共通して湧き出てくる。

僕にとってダンスというのは血に関わるものであることは間違いない。

血が未来の光を内包していると感じるのと同時に、

血には不在が溶け込んでいる、ということも、強く思い実感する。

不在とは死者、不在とは未来の子供たち。

不在とともにあること。

(最終稽古を経て、いよいよ本番に臨みます。)

櫻井郁也

※写真は前回公演より。

 

_______________________________

いよいよ本番!!

↓↓↓click↓↓↓

櫻井郁也ダンスソロ新作公演

『やがて、、、(タトエバ切ラレタ髪ノ時間ト)

Webサイト(詳細&ご予約)

開催日=2022年 7月30(土)〜31(日)

席数限定につき、なるべく予約をご利用ください。(上記タイトルをclick)

 

 

lesson 櫻井郁也ダンスクラス:ご案内  

クラスの種類や内容など、上記をクリックしてください。

 

 


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新作ダンス公演プロセス:ここ、という場所 (櫻井郁也ダンスソロ2022.7月30〜31)

2022-07-26 | ダンス新作公演 Next performance

 

なんにもない場所に立っているわけがないのです。

ココは、記憶や予感で満たされ、悲しみや喜びで満たされ、怯えや希望で満たされ、抗えぬ時間の流れと世情で満たされて、この場所となってある。

ココに立っている、ということは、この場所を満たしているあらゆる物事とワタクシの心を重ね合わせている、ということと、同じなのではないかと、ふと、思うのです。

文章=新作公演2022・創作ノートより

写真=前回公演より

 

_______________________________

いよいよ本番!!

↓↓↓click↓↓↓

櫻井郁也ダンスソロ新作公演

『やがて、、、(タトエバ切ラレタ髪ノ時間ト)

Webサイト(詳細&ご予約)

開催日=2022年 7月30(土)〜31(日)

席数限定につき、なるべく予約をご利用ください。(上記タイトルをclick)

 

 

lesson 櫻井郁也ダンスクラス:ご案内  

クラスの種類や内容など、上記をクリックしてください。

 


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

前回公演写真・テキスト(櫻井郁也ダンス舞台記録)

2022-07-21 | ダンス新作公演 Next performance

 

photo=Sakurai Ikuya dance solo"Ur-speak"2021

いのちあるあいだ、

ひたすら流れ続ける血液の中で、

生まれそこなった心が疼いているのか、

あるいは、

祖先の声が血に溶け継がれて騒乱しているのか。

(前回公演パンフレットより:text=櫻井郁也)

 

_______________________________

チケット予約受付中

↓↓↓click↓↓↓

櫻井郁也ダンスソロ新作公演

『やがて、、、(タトエバ切ラレタ髪ノ時間ト)

Webサイト

開催日=2022年 7月30(土)〜31(日)

席数限定。ご予約はお早めにお願いします。

 

 

lesson 櫻井郁也ダンスクラス:ご案内  

クラスの種類や内容など、上記をクリックしてください。

 


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

dance photo7/18

2022-07-18 | ダンス新作公演 Next performance

 

新作公演まで、あと2週間を切りました。

写真は通しリハーサルの一コマ。

出演者もスタッフも、いよいよ作業の山場です。ぜひ、ご来場くださいませ。

 

 

_______________________________

チケット予約受付中

↓↓↓click↓↓↓

櫻井郁也ダンスソロ新作公演

『やがて、、、(タトエバ切ラレタ髪ノ時間ト)』

Webサイト

開催日=2022年 7月30(土)〜31(日)

席数限定。ご予約はお早めにお願いします

 

 

lesson 櫻井郁也ダンスクラス:ご案内  

クラスの種類や内容など、上記をクリックしてください。


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする