★★ひとつだけの花★★

♪♪保護猫達のおうち探し♪♪
~えんむすび~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

🌟お空に逝った子達🌟

2017年12月31日 | ペット
2017年 最後のブログは
お空に逝った子達。

11月12月の2ヶ月の間に
地域猫2匹 里子猫2匹との
お別れがありました。

9月に埼玉県のお宅へ迎えられた
2匹 あんずちゃんとカリンちゃん。



写真左側がカリンちゃん。

FIPを発症しましてまだ
生後4~5ヶ月でしたが
11月7日 5時55分頃 奥様とご主人が見守る中息を引き取りました。

9月23日~僅か1ヶ月半位でした。本当に短い時間でしたが
ご家族皆に可愛がられ愛され
旅立ちました。



お嬢さんもカリンちゃんが亡くなってから毎日、毎日泣いて暮らしていたそうです。。

残されたあんずちゃんが元気で
いてくれたのでそれだけが救いだったとか。。

ケージ等もずっと貸し出したままだったので先日久し振りに
ご主人、娘さん、あんずちゃんと友人宅で会いました。



あんずちゃんと姉妹の様に仲良しです。カリンちゃんの事は残念でしたがご家族も落ち着きを取り戻しているそうなので少し安心しました。

そして11月に同じ現場での
地域猫2匹が亡くなりました。

少し変わった柄の白黒猫
【トムくん】餌やりさんがそう呼んでました。


この写真は亡くなる2日前に撮ったものです。
私がこの子の存在を知ったのが
9月
とても麻酔など耐えられない
ほどガリガリで状態が悪かったので去勢手術は様子を見てました。

ご飯もどんどん食べれなくなり
最後は病院で血液検査をしてもらったら腎臓の数値が
有り得ない位に高く
数値だけ見たらいつ死んでもおかしくない...... 今夜が峠かも知れないと言われてしまいました。

病院後は餌やりさんの自宅で最期を看取ってもらいましたが約2日頑張ってくれたそうです。

私は仕事で死に目には会えませんでしたが市内の霊園で合同火葬にしていただきました。



2匹目はやはり同じ餌やりさんの所で

茶トラの【チャーくん】

この子は見た目普通でしたが
どうやら足を怪我しているみたいとの事で何度も何度も捕獲器を
仕掛けていたのですが全然
捕まらず。



餌やりさんが「たぬちゃんも来るのよ」と言ってましたが
ある日捕獲器にはたぬちゃんではなく【アライグマ】が入った時も有りました。※即リリースしました。



何と言ってもいつでも食べれる様にとどんぶり4個の24時間置き餌現場でしたからね。



じつは、移動用の監視カメラを購入しました。


アライグマは2頭で夜と早朝に
2回も捕獲器に入りました。

肝心のチャーくんは捕獲器
素通り。



結局捕まらないまま17日の早朝に
外猫ハウスの中で冷たく固くなって死んでいるチャーくんを餌やりさんが発見しました。
(前日の夜までご飯は食べていたそうなのですが亡くなった理由は解りません)

私のところに朝連絡が入ったのですが仕事に出る時間だったので死に目にはまた会えませんでした。

そしてチャーくんも市内の霊園で
合同火葬していただきました。

そして最後は

昨年10月に里子に出た
アメリカンショートヘアーの男の子 レオくん。

ペット可アパートで引っ越しの際に首輪を外され外に捨てられ
そのままアパート駐車場で
5~6年も野良猫生活していた子です。



私が彼を初めて見た時の写真
【2016年 3月】



これは里親さん宅へトライアルに届けた時


そのままトライアルも成功して
正式譲渡になり
いつも幸せ便りが届いてました。



本当に温かいご夫妻で心から安心していました。
そしてその幸せもまだまだずっと続くものだと思っていました。



里子に出てから1年と少し経った頃に辛く悲しい現実が......

あれだけ食べることが好きなレオくんがフードを余り食べなくなりそして食べずらそうにヨダレを垂らす様になり......

病院で検査をしてもらった結果が
口腔内の悪性腫瘍だなんて。

ご夫婦はなるべく痛みを取り除いてあげながら私達が責任を持って
介護します。看取りますと言ってくださいました。

それから日に日に痩せていく姿
食べられずにでも食べたくて
佇んでいる姿

本当に辛かったと思います。

もっともっと一緒に過ごさせてあげたかった。
ご夫婦も「もっと長く一緒にいたかった」と.........

最後になってしまうかも知れないので私がレオくんに会いに行ったのが11月15日
口腔内の腫瘍が大きくなっていて
下顎が腫れていて血の膿を垂らしていました。その時に感じたのはもしかしたら年を越せないかも知れない。。。



この写真が届いた数時間後に
逝ってしまいました。

12月2日 15時35分

この日は息子さんもレオくんに会いに来ていて
ご主人が抱く腕の中で突然痙攣を起こしあっと言う間に息を引き取ったそうです。



ご夫婦の先代ワンコ達が沢山眠る
霊園で個別火葬していただき
お骨は自宅へ戻って来ました。

レオくんと命名したのも1代目の
アラスカンマラミュートの男の子の名前を取ったそうです。

とってもとっても幸せにしていただきました。
ご家族で過ごした時間は1年と2ヶ月

ご主人が最後に言ってくれた言葉が忘れられません。

「こんな私達でしたがレオは幸せだったのだろうか あのまま外で野良猫生活して野垂れ死ぬより少しは増しだったかな」と......

もう感謝しかありません。

レオくんは濃縮された幸せな時間だったと思います。



2017年最後のブログにご訪問くださいましてありがとうごさいました。m(__)m











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【大矢誠事件と11月12月TNR活動】

2017年12月31日 | 日記
先ずは大矢誠事件から

12月12日 判決日
2度目となります東京地裁へ行ってきました!



今回も傍聴券を求め......
(人数は前回より少なく200人ちょっと)


またしてもハズレてしまいました。


今回も杉本彩さん
ネット署名の発起人 綿引静香さんもいらっしゃって
お二人とも傍聴券を手に入れました。【お譲りしていた方を見ました】


そして外で待つこと数十分、、、、、判決は



これを知って泣き崩れる人。
私も自然に涙が止まりませんでした。暫くは放心状態だったと思います。

大矢誠関連各NEWS記事はコチラ




世に放たれた悪魔は市民が監視するしか有りませんよね。

既に自宅住所も携帯番号も
車もナンバーも
更には家族構成、夫婦の実家まで割れています。
先日は大矢誠のお母さん、そして息子の写真までも出回っていました。
今回、どれだけ多くの人が心を痛めたか
どれだけ殺意を覚えた人がいるでしょう......

今後も周辺住民は身構えなくてはなりませんし
事件を風化させては行けないと思います。

ましてや大矢誠は反省など全く
していないのですから。

判決後、大矢誠の自宅取材へ行った時の様子が
北田直俊さんのFacebookやTwitter記事に
載っていたのを観ました。


【11月12月のTNR活動】

今回もどうぶつ基金さんのお力添えをいただきました。

全国の支援者様
この場をお借りしてお礼申し上げます。ありがとうごさいました。

また大矢誠が出て来ますが
虐殺を行っていた深谷市櫛引の現場からそう遠くない場所からの
SOSに答えるべく
片道60キロ以上の道のりでしたが
キジトラばかりがいる現場より
人馴れしていて触れる子を優先して11月25日に不妊手術の為、
おおにし動物病院へ搬送しました。
何とも無責任な餌やりと言うか飼い主でキジトラだらけの現場です。(餌やりは手術に大反対 今回も半ば強制的に連れて来ました)
まだ沢山残っていて私ひとりでは
手に負えない場所なので
これからボランティアを始めると言う地元の有志の人、そして行政と隣接市のボランティア団体さんとで何とかして行く事になりました。

深谷市ではボランティア団体も
協力してくれる獣医もいない為に
どうぶつ基金の協力獣医は
一番近くても群馬になるみたいです。



せめて30キロ圏内だったらもう少し協力出来るのにと歯痒い思いですが。。

そして、12月は私の方のTNRは諸事情によりお休みしました。

でもチケットはあったので
個人ボランティアさんで必要としている方に使っていただきました。

あきる野市


ここも無責任な餌やり現場で
みんな未避妊で増えるばかりだったそうです。

お写真が有りませんが
黒猫、サビ、三毛、全頭メスに
使用しました。

この内サビちゃんは大怪我していたので縫合手術も受けたそうです。 良かったですね。(T_T)



♪本日はご訪問くださいましてありがとうごさいました。♪






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【大矢誠の判決は本日12月12日】

2017年12月12日 | 日記
猫殺しの元税理士

大矢誠被告の判決は本日
12月12日 13時30分~
東京地裁「第429号法廷」にて
行われます。

傍聴券は13時迄に並んだ方を対象にパソコンで抽選となります。

私も仕事休みを変更してもらったので前回同様並びたいと思います。

11月28日の初公判には杉本彩さんも駆け付けてくれて傍聴されました。
傍聴を終えて......杉本彩さんのブログはコチラ

週刊女性12月19日号でも大矢誠を記事にして下さいました。
週刊女性PRIMEはコチラ

紙の署名は
【61.830筆】で終了しました。
署名の発起人さんのブログはコチラです。
ずっとずっと大矢誠を追い続け
記事にして下さってました。
悶絶の中苦しんで死んでいった
猫達の画像にも目を背ける事なく掲載してくれてました。

私も色んな画像を直視するのは辛かったけど向き合わなければあの子達に失礼だと......

猫の郵便さんはどんな判決が出ようが今後も大矢誠を追い続けてくれるでしょう。

猫の郵便プラットフォーム
さんのブログはコチラ




前代未聞の虐殺事件
過去の前例にない判決を望みます!!

~大矢誠に実刑判決を~
最後の祈り
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京地裁へ行って来ました!【大矢誠被告】

2017年11月28日 | 日記

11月28日は
【猫殺しの元税理士 大矢誠被告人】の第一回目の公判日でした。

仕事も運良く休みだったので
東京地裁へ傍聴券を求め足を運んで来ました!



到着が早すぎた為(受付開始一時間半も前)抽選の列には二人しか並んでおらず
1度裁判所の中へ入り地下にある売店や食堂で休憩を取ってから
再び並ぶ事に......



再び並んでいると、この様な整理券を渡されました。
※パソコンで抽選らしいので運次第ですね!



ここには受付した先着番号が書かれています。
整理券の交付締切時間が13時で
この時後ろを見るとかなりの人が並んでいました。
後から聞いた話では350人位は
いたそうです。

傍聴席は20数席なのに

そして私はと言うと......残念ながら外れてしまいました。

そして裁判所の外へ出ると
杉本彩さんがいらっしゃいました。
※写真右手前の女性はネット署名【チェンジ オルグ】の発起人さんでもある綿引さんでした。



彩さんとは以前、動物愛護のシンポジウムでお会いした事があるのですが
何度見てもお綺麗な方です。
オーラが違います(T_T)

何だか以前より痩せてしまっている様な感じに見受けられましたが
女優業に愛護活動にと休んでいる暇もないのでしょうね...。
頭が下がります。




そしてじつは、当たった傍聴券をお譲りした方がいたらしく彩さんも傍聴されたそうです。

譲った方は中野区にある
moco動物病院の先生だそうです。
地域猫 飼い主のいない猫の問題に協力されている病院なので
近くだったら是非とも利用させてもらいたかったのですが。



傍聴後、裁判所の外へ出て来た彩さんを取り囲む記者達!



お忙しい中 真摯に記者の質問に答えてらっしゃいました。



肝心の裁判の内容は......
今後、傍聴された方が詳細を
記事にしてくれるとは思うのですが
今日はこちらの方が傍聴記録として
Twitterで書かれていたので
載せておきます。
ご覧になってみて下さい。

大矢誠裁判 傍聴記録①~④


検察側は求刑1年10ヶ月
弁護側は執行猶予が相当

裁判官の判断は次回
12月12日に下される事になります。
執行猶予なんかではなく
必ずや実刑が下されます様に!

仕事が休めたらまた傍聴券を
求め列に並びたいと思います。

最後になりますが
大矢誠被告が出て来るであろう
西門で出待ちをしました。



結局本人は大勢が集まるこちらからではなく
裏口を使って出て行ったそうです。機転を利かせそっちへ回った方から後に聞きました。

大矢誠は顔を隠しどうやらレンタカーで(睨んでいた通り)去って行ったそうです。

今後も大矢誠への執念は続きます!

ご訪問くださいまして
ありがとうございましたm(__)m
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【号外速報】大矢誠被告人第1回目の公判日決定!

2017年11月16日 | ボランティア
埼玉県 猫殺しの税理士

大矢誠被告人の第1回目の公判日が11月28日(火)に決定致しました。

ネットでの署名は先日終了しましたが、紙での署名は引き続き受け付けています。⤵⤵⤵⤵⤵

※公判日が決定したので19日(日)
必着だそうです!

★☆詳細はこちらのブログをご覧下さい★☆




ネットの署名締切日にも関わらず
ドンドン増え続ける署名の数

発起人の方は断腸の思いでキャンペーンを終了したそうです。



★☆厳罰を望みます★☆
是非とも裁判所へ足をお運び下さいm(__)m 私も行く予定です!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加