アジア映画巡礼

アジア映画にのめり込んでン十年、まだまだ熱くアジア映画を語ります

スペース・アーナンディ/インド映画連続講座第Ⅴ期<インド映画のエレメンツ:1>「音楽の魅力」

2020-10-03 | インド映画

あっという間に10月になってしまいました。日本の、新型コロナウィルスの新規感染者数は1日500人前後がずっと続いており、第2波はなかなか収束傾向を見せません。アメリカではトランプ大統領も感染してしまい(マスクをバカにした報いだ、と思った日本人は多かったはず)、誰でもきちんと予防しないとウィルス感染はあり得るのだ、ということを証明してくれた形です。そんな中ですが、スペース・アーナンディのインド映画講座はしぶとく継続しております(笑)。三密を避けて実施する次のシリーズのテーマは「インド映画のエレメンツ」。あなたはどんな要素がインド映画を魅力的にしていると思いますか? 今回は切手にもなった、こんなレジェンドの皆様にも触れる内容のお話です。(技術不足のため、斜線を入れられなくてスミマセン

スペース・アーナンディ/インド映画連続講座第Ⅴ期

「インド映画のエレメンツ」

<第1回>音楽の魅力

チェンナイ・エクスプレス~愛と勇気のヒーロー参上~ [DVD] きっと、うまくいく [DVD] ソング・オブ・ラホール [DVD]

 スペース・アーナンディ「インド映画連続講座」は、定員を約半分に制限し、感染予防策を徹底させながら実施を続けています。今期第Ⅴ期の新しいテーマは、「インド映画のエレメンツ」。久しぶりに映画そのものに戻り、インド映画を魅力的にしている要素のあれこれを探ってみたいと思います。

 その第1回は「音楽の魅力」。この後「舞踊」「アクション」「神話」「スター」と、インド映画を輝かせている要素のあれこれを取り上げて行く予定ですが、何と言ってもインド映画に欠かせないのは「音楽」です。サイレント映画の時代から、インド映画の中では音楽的要素が使われてきており、1931年にトーキー化されると、待ってました、とばかりに挿入歌が何曲も劇中に使われるようになった、というフィルム・ソングの出発点は、インド映画ファンならよくご存じだと思います。

今回は、あらゆるインド映画音楽の基礎となるインド古典音楽の話から始めて、映画音楽の誕生物語とその変遷、著名な作曲家とプレイバック・シンガー、そして彼らのヒット曲についてもチェックしていきます。インド人は、曲の新旧に関係なく、いい歌なら若者でも昔の歌を歌い、その歌手について、作曲家について、そのシーンについて雄弁にしゃべります。また、最近の映画に昔のヒット曲が使われることも多くなりました。インドでは、フィルム・ソングは不滅なのです。

さらには、ソング&ダンスシーンの作り方、撮り方についても、お話ししてみたいと思います。現在、特にボリウッド映画ではソング&ダンスシーンが減ってきていますが、これはとても残念です。インド映画のなかの「音楽」は、この先どうなるのでしょうか? そんなところまでお話できれば、と考えています。

 日時:2020年 11月21日(土) 15:00~17:30  (お好きな回をお選び下さい)
                   12月 5日(土) 15:00~17:30 
                   12月12日(土) 15:00~17:30 
 場所:スペース・アーナンディ(東急田園都市線高津駅<渋谷から各停18分>下車1分)
 定員:11名
 講座料:¥2,500(含む資料&テキスト代)
 講師:松岡 環(まつおか たまき)

今回も、①定員は約半分、ソーシャル・ディスタンスを確保する、②参加者はマスク着用、手の消毒も徹底する、③会場は消毒を励行、換気も徹底する、④その他、できうる限りの感染予防策を取る、という点に注意して実施しますが、感染がいまだ終息しない状態なので、状況次第では中止のご連絡をするかも知れません。その点、悪しからずご了承下さい。

 ご予約は、スペース・アーナンディのHP「受講申し込み」からどうぞ。ご予約下さった方には、ご予約確認と共に、スペース・アーナンディの地図をメール送付致します。床におザブトンをひいて座っていただく形になりますので、楽な服装でお越し下さい(申し訳ないのですが、スペースの関係上イス席はご用意できません。悪しからずご了承下さい)。皆様とお目にかかれるのを楽しみにしております。

上に貼り付けた画像は参考作品のDVDなのですが、YouTubeにも参考になる映像がいっぱい! 一つ動画を貼り付けておきます。『チェンナイ・エクスプレス~愛と勇気のヒーロー参上~』(2013)のメイキング映像ですが、撮影現場では歌の音声を何で流しているか、にご注目下さい。

Titli Song Making Chennai Express | Shah Rukh Khan, Deepika Padukone

 

確実なのは、やっぱりアナログ機器なんですねー。そんなお話も講座でまた。

 


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 明日より公開! 大迫力の中国... | トップ | 香港電影迷朋友、同我一齊學... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

インド映画」カテゴリの最新記事