瞠目雨水

世界を発見し、見つめ、目を見開く(=瞠目する)。そして最も瞠目するに相応しい対象とは自分自身であるという瞠目すべき事実。

ああ夜空に描いた風景画

2017年05月19日 20時41分19秒 | 詩編
 凡庸な精神は
 あの空の遥かなる高みへと上る

 笑顔が咲いた
 それぞれの夜の居間

 東京は
 乱れ打つ人ごみが
 ターミナルを心臓として
 郊外へ向かって
 押し出されていこうとする

 静かな夜を
 待ち受けるために

 凡庸な精神は
 むしろ遥かなる時を追いかける

 明るいネオンに彩られ
 それぞれの人は思いおもいに輝く

 静かな寝息をたてるこの街も
 きっと誰かの幸福の宿

 ささやかな街の寝息が
 明日の風景を夜空に映す午前0時
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ただっこ | トップ | セックスマイナーボヘミアン »

コメントを投稿