選ばれない庶民のブログ

真実を探すブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

殺された尾崎豊

2016-07-29 08:35:09 | 都市伝説
尾崎豊の死因は、「覚醒剤服用による急性メタンフェタミン中毒が引き起こした肺水腫」。


尾崎豊は覚醒剤中毒により死んだらしい。

しかし、尾崎の遺体には暴行を受けたような傷やあざもあったが、警察は、「事件性なし」として調査を終結している。

検死をした人の著書によれば、「他殺をうかがわせるようなものはなかった」とのこと。
またそれを裏付ける、転倒したり暴れて転げ回っていたという証言がある。


尾崎が蘇生措置を施されている写真を見たけど、目の回りにアザがあった。これは、転倒したり転げ回ってできるようなアザなんだろうか。




月刊 keitaiバンディッツの取材に尾崎豊の死の真相が語られた。

『「俺が尾崎豊をリンチして殺した!」

こう語る男が現れた。
暴力団組織に属する男が証言した。



(抜粋ここから)


「あの日俺は、いや俺らは尾崎をあの民家の近くのある場所に呼び出した。はっきりした関係は明かせないが、尾崎と俺はそれ以前から面識があったから尾崎にしてみても俺らと会うこと自体は普通の事だったから当然『分かった。すぐ行く』ってなったわけだ。だからあの日あいつ(尾崎)はあそこにいた」

「あの日俺らは尾崎を呼び出したって言ったけど、『お前を殺すから来い』って言っても来るバカはいないよな。だから俺らは『酒を呑む』を前提としてあいつを呼び出したんだよ」


「普通、酒とシャブの両方一緒にやるとどっちかの量が減るもんなんだよ、二つ同時に死ぬまでやるなんてことは物理的に絶対に無理な話。公式の発表にも有るけど酒もシャブも両方半端な量じゃなかった訳だけど、その場合普通なら心臓麻痺で死ぬよ。シャブは必ずしも自分の意思で入るとは限らねぇだろ…例えばアンタが一緒に食事している人間を毒を盛って殺すとしたらどうする? 飲み物の中に大量の毒を入れるでしょ。ずいぶん回りくどくなったけど、これだけ言えばわかるよね」


→尾崎は、後藤という男とその仲間に東京・足立区の「尾崎ハウス」近くの酒場に呼び出された。
そこで酒に大量の覚せい剤を混入され、それを尾崎が飲んだ、ということになる。


「あの日、酒場の後ふらふらになった尾崎と一緒に店を後にした。その時尾崎は本当に意識が無いくらい錯乱状態だった。それこそ酒かシャブの影響なのか体をふるわせて踊り狂っていたのさ。そんな尾崎を人目につかない場所に誘導し、その後サンドバックのようにボッコボコに殴り倒したのさ。ふらふらで立ち上がれない尾崎を無理矢理起こして何度も、何度もこの拳で殴ったよ」


「(殴った理由の)その真相に関しては事情があって語れない。だけど俺らがあいつを呼び出した目的は始めから"殺る"事。それだけだった…。けどあの民家(現在尾崎ハウスと呼ばれる家)でリンチはしてない。俺らが殴り倒した後、尾崎は虫の息になりながら『帰りたい…帰りたい』って何度も呟いていたのを今でも覚えている。そんな状態であいつは夜通し彷徨ってあの家の軒先で全裸で倒れ込んだんだろう。俺は今まで何人もの人間を痛い目に遭<原文:合>わせてきたけど、そういう時誰もが決まって恐怖に震えるもんなんだよ、だけどあの時の尾崎から恐怖心はこれっぽっちも感じなかった…助けを請う言葉すら奴の口からは出てこなかったんだよ、ただ『帰りたい』それだけなんだ、小さな子供みたいにな」

→真実かどうかは断言できないが、男が語った話の上では尾崎は暴行された直後、大量の酒と覚せい剤、そして殴られた痛みの熱を振り払うため自らの服を脱ぎ全裸になったのだろう。


(抜粋おわり)


この男の証言が真実なら、尾崎豊は覚醒剤を飲まされて暴行され、殺された。
そして、尾崎豊殺害を指示したものがいる。


尾崎豊殺害を指示したと噂されているのは、
●尾崎が批判していた創価学会。
●創価学会員であり、尾崎と離婚予定だった妻


瀕死だった尾崎を、病院から家に連れ帰り放置し、
死なせたんだから、
「妻が尾崎の死を早めた」と言えるかもしれない。



肺水腫は、「肺に水がたまり呼吸困難になる」病気。


死ぬ前の写真で尾崎は、口に人工呼吸器をつけられている。
→つまり、尾崎は「自力では呼吸を保てないほど重症だった」ということ。


妻は、そんな状態の尾崎を「家に連れて帰る」という判断をした。
医師は治療するようにと言ったが妻が聞かなかった。
その行動には、殺意を感じる。


●尾崎の死の真相をまとめると、

「尾崎の殺害を指示された暴力団組員が、覚醒剤を飲ませて暴行して弱らせ、妻が治療させないように家に連れ帰り亡くなった」
ということになる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 尾崎豊の息子 | トップ | 陛下「象徴天皇として続いて... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

都市伝説」カテゴリの最新記事