偏平足

山の石仏と独り言。

石仏950岩崎・御嶽山(愛知)明寛・明心

2021年01月22日 | 登山

岩崎・御嶽山(おんたけさん) 明寛・明心(みょうかん・みょうしん)

【データ】 岩崎・御嶽山 134メートル▼最寄駅 名鉄豊田線・日進駅▼登山口 愛知県日進市岩崎町▼石仏 御嶽山一帯、地図の赤丸印▼地図は国土地理院ホームページより


【案内】 日進市郊外の岩崎にあるこんもりした森が御嶽山。山全体が御嶽信仰の聖地になっていて、御嶽信仰独特の霊神碑が林立している。霊神碑は御嶽信仰の信者の霊魂が木曽の御嶽山に帰る拠り所として建てたもの。本来は木曽御嶽の山中に立ててきた霊神碑、名古屋周辺の御嶽講はこの岩崎にその場所を造ってきた。その数を調査した小林奈央子氏(注)によると、講社の霊神場496ヶ所に霊神碑4599基と報告している。その発祥を岩崎神社発行の社記から案内する。
 岩崎御嶽山の創建は万延元年(1860)。御嶽山開祖の明寛行者・明心行者が西国三十三ヶ所観世音霊場を巡礼中、夢の中に現れた覚明行者より「人々の信仰と御山繁栄のため、尾張愛知郡岩崎村の竹之山に御嶽山の大権現の御分霊を勧請すべし」とのお告げを受け、木曽の御嶽山より御分霊を勧請したのが始まり。
 明寛は文政5年(1822)名古屋市古出来町生まれ。俗名は丹羽羽宇兵衛で、16歳のときに大先達・儀覚行者について木曽御嶽山へ登山。明心は天保7年(1836)名古屋市門前町生まれ。俗名は倉知茂兵衛。15歳で明寛について木曽御岳山に登山。のちに二人で心願講社を設立して尾張・三河に信者を広め、岩崎に木曽御岳山に次ぐ霊山を開いた。後にこの山は中京地区御嶽信仰の聖地となって、「尾張御嶽山」と称された。
 明寛を木曽御嶽山に連れ出した儀覚は明和6年(1769)名古屋市熱田の生まれ。俗名は武藤清六。広山行者の教えを受け、熱田に宮丸講を創立して西国まで布教活動をした。木曽御嶽山一の池の成田山の三十六童子を勧請しのも儀覚である。広山は寛政4年(1792)木曽御岳山の王滝口を開いた普寛行者の弟子。夢の中に現れた覚明は天明5年(1785)木曽御岳山の黒沢口を開いた尾張春日井の行者。覚明-儀覚-明寛-明心と繋がる尾張・三河生まれの行者により、木曽御嶽信仰がこの地方に広まっていった。
(注)小林奈央子著「岩崎御嶽山霊神場に見る御嶽講の現在」日本宗教学会『宗教研究』79巻(2005)4号収録




【独り言】 50年前、初めて木曽の御嶽山で霊神碑が林立している光景を見たときは驚きました。しかしそこは御嶽山のふところですから、神秘的でもあり幽玄さも感じました。そして今回の岩崎御嶽山です。多くの霊神場と林立した霊神碑は木曽と同じです。しかし幽玄さはなく、都市部の霊園といった印象でした。霊山を印象付ける不動の滝とか八大龍王などの行場もありますが、霊神碑のなかに埋没してしまった感じです。
 関東や信越で、木曽御嶽山を勧請した里山を多く見てきました。その多くは御嶽三座神と摩利支天や不動三十六童子を造立するぐらいで、霊神碑は木曽の御嶽山に立てるものというのが基本なのでほとんどありませんでした。霊神碑を立てた山も若干ありましたが、これほどの霊神碑がある山を見たのは初めてです。どうしてこのような状況が生まれたのか。平野部に勧請された御嶽信仰は社殿を構える例はあります。関東でも、東京・大田区やさいたま市桜区他に知られた御嶽神社があります。名古屋周辺にもそのような神社があり、これに満足せず霊神碑を立てる山を岩崎に求めたのでしょうか。
 江戸時代の中期から盛んになった富士信仰に倣って、江戸時代末期には中部山岳を開山して新しい山岳信仰を開いた行者が沢山排出しました。行者のなかには山梨の甲斐駒ヶ岳のように新たな信仰を立ち上げ、山麓に神社を構えて霊神碑を立てたところもありました。長野の修那羅峠のように石仏を奉納した山や、茨城の御岩山や栃木の茶臼岳のように出羽三山信仰に倣った独自の山岳信仰を創った山もありました。明寛と明心も御嶽山に倣った独自の霊山を創ろうとしたのでしょうか。

 岩崎御嶽山で気になったのは、所々に荒れた霊神場があることでした。

コメント

石仏番外 伊豆・富貴野(静岡)八十八霊場本尊

2021年01月18日 | 登山

伊豆・富貴野(ふきの) 八十八霊場本尊(はちじゅうはちれいじょうほんぞん)

【データ】 富貴野 564メートル▼最寄駅 伊豆箱根鉄道・修善寺駅、伊豆急線・下田駅▼登山口 静岡県松崎町門野▼石仏 富貴野山宝蔵院境内、地図の赤丸印▼地図は国土地理院ホームページより

【独り言】 このブログは富貴野(静岡)橋供養塔の続きです。
 伊豆半島には伊豆八十八霊場という霊場巡りがあります。湯ヶ島の嶺松院から始まり、三嶋・熱海・伊東から南に下って河津・下田・松崎と半島を一周して修善寺で終わる広大な霊場巡りです。この巡礼、残された石塔から江戸時代中期には成立していたとされています。巡礼の81番が松崎町富貴野の宝蔵院で、かつては山の上にある難所の寺でした。いまは山頂まで車道ができ、山頂一帯は「富貴野山21世紀の森」という森林浴の公園になっています。宝蔵院の境内には約200体もの石仏が並んでいます。
 200体の石仏のうち、境内山門跡の中央に2列に並ぶ約150体が弘法大師と四国八十八霊場の本尊です。弘法大師と本尊を並び祀るこの形はよく目にするところで、これを一か所に並べると88×2=176体にもなりますから凄い光景になります。宝蔵院の石仏群も凄い光景ですが、石仏を調べると、本来1番寺院から大師と本尊を並べるのですが、ここではばらばらです。そのなかで大師は43体ですから、半分行方不明です。大きさは50センチ前後、ほとんどが苔むしています。
 中央2列の外側には参道にあった「丁目」銘が入る地蔵などが並んでいて、これらを入れた数が200です。これだけの石仏をそろえるには偉大な指導者と組織があっての造立とみましたが、詳細はわかりません。境内にある案内には「約120体もの石仏には弘法大師像・お地蔵さん・観音さまなどさまざま。信仰厚い村人たちが一体づつ背負って運び上げた」とありました。

弘法大師

馬頭観音

大日如来

弥勒菩薩

如意輪観音

薬師如来

十一面観音

聖観音、弘法大師


コメント

石仏949伊豆・富貴野(静岡)橋供養塔

2021年01月15日 | 登山

伊豆・富貴野(ふきの) 橋供養塔(はしくようとう)

【データ】 富貴野 564メートル▼最寄駅 伊豆箱根鉄道・修善寺駅、伊豆急線・下田駅▼登山口 静岡県松崎町門野▼石仏 富貴野山宝蔵院参道、地図の赤丸印▼地図は国土地理院ホームページより

【案内】 西伊豆・松崎町の北西に富貴野という山がある。山頂の一画にあるのが宝蔵院という寺。寺の縁起では弘法大師開山の真言密教の聖地ということになっているが、平安時代の初め岩仲という僧が初代で地蔵菩薩を本尊とする富貴野山地蔵金剛宝蔵密院と称したようである。しかし室町時代の文明年間に24世梅翁の示寂に以後荒廃した。これを文亀(1501~1504)のころ再興したのが河津町の普門院4世清安で、これを機に曹洞宗に改宗し宝蔵院となった。以後28世善応まで続いて、今は無住となっている。寺への本道は西伊豆町の一色から。このときは松崎町の門野から入った。車道は富貴野の一角にある宝蔵院まで続いている。


 富貴野の山頂地近く、一色と門野からの道が合流するところから男道と女道が宝蔵院まで続いている。そこに立っている石碑が橋供養塔だ。碑の側面に「文化癸酉(1813)春三月/當十七世大岡」とある。正面の銘は読めていないが、橋の文字がいくつかあったので橋供養塔とした。実はこの場所は門野から登ってくると川を渡る場所になっていて、いまも木造の橋がかかっている。当時の橋が石なら石橋供養塔となるが、碑銘からは橋らしいことしかわからない。
 橋は生活に欠かせないもの、聖による架橋、霊魂の宿るところ、境界・結界の地でもあり、おのずと橋の伝承・信仰が育まれた。これが江戸時代になると、橋を架けると同時に供養塔も立てられるようになった。橋の信仰についてはこのブログの燧ケ岳で檜枝岐の橋姫白山で布橋勧請を案内した。



【独り言】 富貴野の橋供養塔から男道は尾根に造られた石段が続く立派な道です。道端には地蔵菩薩の丁目石が置かれていたそうですが、今はすべて宝蔵院の境内の山門跡に集められています。舟形光背の地蔵の一つには「七丁目/一色村/諸願成就/寛政十二年庚申年」銘がありました。ほかにもいくつかの丁目が入った地蔵がありますが造立年がまちまちで、概ね寛政年間(1789~1801)に立てられた地蔵のようです。
 地蔵が集められた宝蔵院の山門跡には200基近い石仏が並んでいました。これについては次回に案内します。

コメント

石仏548伊豆・青野山(静岡)地蔵菩薩

2021年01月12日 | 登山

伊豆・青野山(あおのやま) 地蔵菩薩(じぞうぼさつ)

【データ】 青野山 544メートル(国土地理院地図に山名無し。下田市青野の北東544.8三角点)▼最寄駅 伊豆箱根鉄道・修善寺駅、伊豆急線・下田駅▼登山口 静岡県松崎町八木山、地図の黒丸印▼石仏 青野山東の峠、地図の赤丸印。青丸は岩樟園▼地図は国土地理院ホームページより

【案内】 南伊豆町青野の北に下田市加増野へ出る峠道があった。国土地理院地図三角点544.8の西肩を通るこの道を下田市のHP「下田街道」では青野道としている。またこのピークを青野山と明記する報告もあるのでそれに倣って青野山とした。
 青野山へは西側の松崎町八木山から蛇石峠道に入り、さらに石仏で知られた高野山への道から沢通しに東へ向かう林道から向かった。この道は下田市と南伊豆町の境界尾根近くまで続いていた。ここまで入れば青野山は近く、尾根までは送電線鉄塔の巡視道を利用した。
 峠の石仏は地蔵菩薩が3体。いずれも風化がひどい地蔵で、並んで北側の加増野方面を向く。首が欠け落ちていた地蔵の台座に「安政七(1860)/青野村/鈴木」銘が残っていた。
 地蔵菩薩は峠にある印象だが、そのような峠は意外に少ない。伊豆のように山や峠に地蔵菩薩が立っている地方は珍しい。その理由はわからないが、湯ヶ島の二本杉峠に立つ地蔵には「六趣能化尊」とあった。六趣は六道、能化尊は地蔵菩薩。あわせて六道に苦しむ衆生を救う地蔵菩薩となる。地蔵は峠をこえる人の安全を護るばかりでなく、地蔵信仰も勧めるため立てられたのだろう。地蔵の功徳談は平安時代から知られ、『今昔物語』巻第十七には32もの例が紹介されている。そこに登場する地蔵のほとんどが子供の姿であった。伊豆の峠の地蔵はどこも、子供が遊んでいるような穏やかな情景である。


【独り言】 青野山へは昨年の1月に、南側の青野集落から入りました。しかし登山口もわからず、山中をうろついているうちにこの山を所有している管理者に出くわしてお咎を受けたことがありました。所有者は東京大学で、青野山の南側一帯が東大の演習林になっていて、入山するには前もって許可を取る必要があるということでのお咎めでした。その場は、知らないで入ったということで特別に無罪釈放となりました。しかし学術調査ならまだしも登山では許可は出せないということなので、今回は裏側の松崎町八木山から入った次第です。

 そのときに見た演習林内の石造物・山の神の石燈籠を紹介しておきます。それは国土地理院地図の「岩樟園」と明記されたところにあったものでした。石燈籠には「山神宮/大正二年/奥山鑛山/鑛夫一同」がありました。樟脳が目的だった山から鉱物が出て、こちらの経営も順調で山の神を祀ったようです。
 ところで樟はクスノキです。岩樟園は、防虫剤やセルロイドの原料の樟脳(しょうのう)を採るクスノキの人工林植栽地の名称でした。一帯に残る石垣はクスノキから樟脳と樟脳油を採取するための施設跡で、山の神は岩樟園の守り神も兼ねたのでしょう。

コメント

石仏547伊豆・高野山(静岡)善膩師童子

2021年01月08日 | 登山

伊豆・高野山(たかのさん) 善膩師童子(ぜんにしどうじ)

【データ】 高野山 200メートル(国土地理院地図に山名無し。八木山集落の西、林道側の寺院印▼最寄駅 伊豆箱根鉄道・修善寺駅、伊豆急線・下田駅▼登山口 静岡県松崎町八木山▼石仏 寺院印一帯の岩の基部、地図の赤丸印▼地図は国土地理院ホームページより



【案内】 西伊豆・松崎の街の東、八木山集落の奥に高野山石仏群と称されている山がある。そこは国土地理院地図にも寺院として明記され、谷間の岩壁の間に寺が建立されていた。寺の歴史は不明だが、岩が重なりあう隙間に祀られた石造物の紀年銘から、江戸時時代末期から明治にかけて信仰があり参拝者があったようにうかがえる。しかし今は寺院も廃墟となり、残された石造物から往時の繁栄を偲ぶだけである。

 石造物のなかで目を引くのが毘沙門天三尊像。正面に毘沙門天、脇侍として吉祥天と善膩師童子を従えたこの三尊石仏は珍しい。三尊の関係を簡単に説明すると、毘沙門天は四天王の北方の守護・多聞天であり、単独で祀るときは毘沙門天となる。その妻が吉祥天で子供が善膩師童子とされている。毘沙門天は右手三叉戟、左手に宝塔をのせる像容が一般的で、吉祥天は宝珠、善膩師童子は宝莒を持つ。平安時代末期の仏教図像集『尊容鈔(十巻抄)』には、毘沙門天の五太子として、最勝・独健・那・常見・善膩師の名がある(注)。毘沙門天三尊には末の太子が選ばれている。
 高野山の毘沙門天は右手に三叉戟を持ち、左手は欠けている。邪鬼を踏み、高さは46センチ。脇侍は26センチで石造物としても小さな三尊だ。吉祥天は宝莒(ほうきょ)を持つが頭部が欠けている。善膩師童子も宝莒を持つ。同じような像容の脇侍だが、吉祥天が豪華な袖なのに対して善膩師童子は大人しくまとまてある。どのような背景からこのような三尊が造立されたかはわからない。台座には「峯/天祥院」銘がある。峯は登山口の八木山であり、天祥院は八木山の先にある臨済宗の寺である。
(注)佐和隆研編『仏像図典』昭和37年、吉川弘文館



【独り言】 高野山の石仏群のメーンは重なり合う巨岩の隙間に祀られた十三仏でした。初めに出会うのが不動・釈迦・文殊。このなかの釈迦に「安政五年(1858)峯村講中」銘があります。次に普賢・地蔵・弥勒。弘法大師が祀られた岩の裏側に薬師・観音・勢至、その奥にの岩の基部に阿弥陀、阿閦、虚空蔵。大日だけに弘法大師の近くに一体だけ祀られていました。


 弘法大師は岩場の奥の大きな岩穴に鎮座していて、その前に立つ僧形像の台座に「紀州那賀郡粉川村」から始まる銘がありました。一部分しか読めなかったのですが、安政四巳季(1857)に村内安全を祈願して大師像を納めた、というような文言のようです。伊豆には修善寺をはじめ、弘法大師伝承が各地にあります。また紀州とのつながりを伝える伝承も多く、このブログの伊豆・二本杉峠では江戸時代の天明の頃尾鷲の人が紀州の炭焼きを伝えたこと、伊豆・高根山では紀州の船主が道標を立てたことを案内しました。

コメント

伊藤介二・昭和の石仏写真館(24)六地蔵

2021年01月06日 | 石仏写真館

六地蔵(東京都中野区・天徳院)












コメント

伊藤介二・昭和の石仏写真館(23)板碑

2021年01月06日 | 石仏写真館

板碑(埼玉県坂戸市・大智寺)
延文5年(1360)

応永27年(1420)

応永31年(1424)

文明14年(1482)

天正元年(1573)

コメント

山形県「烏八臼」墓石の研究

2021年01月05日 | 


2020年、蓬莱波形山文庫

加藤和徳氏から『山形県「烏八臼」墓石の研究-内陸の調査から-』をいただきました。そこから烏八臼について簡単に案内します。
 烏八臼の三文字を組み合わせた文字をウハッキュウと読む。これを墓石の頭部に入れることは室町時代から江戸時代末期まで、主に曹洞宗と浄土宗関係の寺院にみられる。その意味については諸説あって定説はないが、これを墓石に入れることにより「地獄に落ちても苦痛を受けず、安楽国にうまれかわるように……との願望を込めたまじないの記号」とする説もある。その根源を「隋求陀羅尼経優軌」に求める人もいる。山形県内の烏八臼墓石は44基、その14基が江戸時代初期の寛文期(1661~1673)に集中している。
 
はじめに
一 「烏八臼」の字義について
二 「烏八臼」墓石の所在と宗派
三 「烏八臼」墓石の実例
四 烏八臼の文字配列
五 烏八臼の墓石年表
六 烏八臼の造立推移
七 その他の調査記録
追記

コメント

屋上菜園2021-01 気になる野菜

2021年01月04日 | 屋上菜園


 今年も元気は野菜が育ちますように。タマネギとニンニクは順調です。雑草も順調なので、暇をみつけてはつまみ採っています。小松菜もホウレンソウも元気です。気になるのが茎立ち菜とキヌサヤです。とくにキヌサヤは種を蒔いたのが遅かったため、まだ芽がでません。少し掘り返すと、少し芽が出ていたのでなんとかなりそう。

コメント

八千代新川千本桜 21-01

2021年01月03日 | 




 桜の古木のお化けのようになった枝の剪定は、12月いっぱいで20数本整え目標達成です。体力は何とかもちました。これで今年の春は、すっきりした桜並木になるでしょう。

 11月末の一斉清掃で切り取った河津桜の枝、いま我が家で満開です。

コメント

伊藤介二・昭和の石仏写真館(22)六観音

2021年01月02日 | 石仏写真館

六観音(東京都青梅市・真浄寺)
聖観音

千手観音

馬頭観音

十一面観音

如意輪観音

准胝観音



勢至菩薩


コメント

伊藤介二・昭和の石仏写真館(21)新宿中井の八坂

2021年01月02日 | 石仏写真館

一の坂

二の坂

三の坂

四の坂

五の坂

六の坂

七の坂

八の坂

 

 

 

コメント

2021年石仏写真展

2021年01月01日 | 登山

2021年石仏写真展

日本石仏協会2021年石仏写真展
期 日 1月13日(水)~17日(日)
会 場 東京都千代田区一番町25JCビル地下1F
    日本カメラ財団JCクラブ25フォトサロン
最寄駅 東京メトロ半蔵門線・半蔵門駅④出口
偏平足 1月15日午後1時30~5時、会場におります。

偏平足の作品
①終の棲家・空(群馬・袈裟丸山)

②終の棲家・穴(山形・天狗山)

③終の棲家・根(静岡・修善寺)

④終の棲家・石(茨城・閑居山)

コメント

歴談八千代 第45号

2020年12月31日 | 


八千代市郷土歴史研究会より、2020年度の機関紙「歴談八千代」第45号をいただきました。

【目 次】
発刊にあたって(田中巌)
■特集 旧村神野の総合研究 そのⅠ
1 神野の概要(田中巌)
2 神野の古代(田中巌)
3 神野の中世
   中村備中守親平と星名郷(遠山成一)
   八千代市神野の新発見板碑群の調査概要(蕨由美)
4 神野の近世
   神野村の江戸初期の領主(菅野貞男)
   八千代市神野の江戸初期の一石五輪塔(蕨由美)
   明治6年の戸籍長にみる神野村の家族構成(青田博之)
5 神野の民俗・年中行事と祭り(畠山隆)
6 神野の近代
   安藤佐五右衛門家(屋号ヒガシ)の系譜(菅野賢男)
   神野村の明治七年「墓所繪圖書上帳」(蕨由美)
   昭和10年「神野区勢一覧」からみる神野のすがた(青田博之)
   神野の水神宮と土地改良-祀りと挑戦-(小林詔三)
■特集 旧村保品の総合研究 そのⅡ
1 保品の庚申塔群の石造物調査(蕨由美)
■研究ノート
 米本浅間講(割菱講)について-その1-(鈴木康彦)
 下高野の冨士資料・明治33年発行の許状は「割菱講」免状(蕨由美)
 高本の万治3年銘庚申塔と
          そのスタイル「三猿三面彫塔」に広がり(蕨由美)
 子之神社考(田中巌)
 「チバニアン(千葉の時代)」に学ぶ(山口忠)
 新型コロナウイルス・COVID-19の感染拡大の記録(鈴木康彦)
■記憶の小箱(田中巌)
■歴史を楽しむ活動「歴史散策報告」
 亀戸七福神巡り
 神野地区を歩く
▼令和2年度活動記録と活動予定▼八千代郷土史研究会会則抜粋▼八千代市郷土史研究会会員名簿▼編集後記

コメント

日本の石仏172(2020-12)

2020年12月30日 | 


■発行・日本石仏協会 〒224-0037横浜市都筑区茅ヶ崎南1-3-10-409(前川) TEL045‐943‐4409
■発売・青娥書房 〒101‐0051東京都千代田区神田神保町2-10-27 TEL03‐3264‐2023
■2000円+税

【表紙】丸石道祖神/山梨県笛吹市御坂町尾山(岡田均)
【写真】▼引接寺浄土庭園の五輪塔群/滋賀県東近江市上山町(黄瀬三郎)▼馬頭観音/香川県さぬき市多和兼割の大窪寺(前川勲)▼夫婦丸彫り坐像の背より瀬戸内海を眺める/広島県尾道市因島白滝山山頂(遠藤康子)▼天江の石像 鹿島様/秋田県雄勝郡東成瀬村天江(高野幸司)
【巻頭随想】タイムトラベル-石の記憶を未来につなごう(坂口和子)
【特集】疫病
▼疫病と石仏-神奈川県平塚市周辺(中森勝之)
▼大野松齋の墓-種痘で多くの人命を助けた奇特神妙の人(嘉津山清)
▼下総・佐倉藩領内の種痘と疱瘡神造立(田中英雄)
▼埼玉県越谷市の「疱瘡神」文字塔(須藤賢一)
▼疫病と富山の人々(尾田武雄)
▼常願寺川左岸の疫神(滝本やすし)
▼虎列刺菩薩と疱瘡神-山形県米沢市の事例(加藤和徳)
▼塞ぎや厄除けの神にされた庚申塔-埼玉県の庚申塔より(門間勇)
▼岡山県木野山神社のオオカミ像(下平武)
【石仏論考】
▼丸石道祖神ノート(四)丸石信仰の展開(2)「丸い石」を信仰するということ(岡田均)
【誌上講座】
▼石仏入門㉖板碑Ⅱ板碑の素材(門間勇)
▼名号塔の知識㊲時宗名号書体 一遍から二祖へ(岡村庄造)
【石仏談話室】第290回9月▼篠田浩輔「石造物3Dアーカイブス・記録と公開のお勧め」(岡田均)▼三明弘「行徳を歩く」(中森勝之)第291回10月▼遠藤康子「広島県尾道市周辺の石仏を訪ねる」(前川勲)▼田中英雄「三十三体観音と三十三所観音」(中野高通)
【コラム】▼子抱え地蔵尊/長野県諏訪市湯の脇の温泉寺(小川洋子)▼鹿児島県湧水町の十三仏(三代川千恵子)▼坂東六十六部供養塔/東京都清瀬市中清戸の全龍寺(内山孝男)
【その他】第125回石仏見学会報告/9月20日(日)千葉県市川市行徳/案内・三明弘▼石仏交流▼第45回総会案内▼2021年度石仏見学会予定▼第129回石仏見学会案内/川崎の石仏▼一泊石仏見学会案内/群馬県板倉町と館林市の石仏▼編集後記(坂口和子)

コメント