塾長のブログ

バッカーズ寺子屋の塾長のブログです。

バッカーズ寺子屋15期・第1回入塾説明会

2019-02-14 07:03:15 | Weblog
いよいよバッカーズ寺子屋15期生の
入塾説明会が始まります。

第1回目は、2019年2月16日(土)16:00~17:00

東京都港区西新橋3-11-1
建装工業株式会社1階会議室にて開始致します。

ホームページよりお申し込み下さい。

3回のうち、どこかで話を聞いていただき、
その後、入塾願書の提出をお願い致します。

なかなか活動内容が伝わりにくいので、
是非、お子様と一緒にお運びいただき、
内容や趣旨をご理解いただければ幸いです。

皆様のご来場を心よりお待ちしています。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第2回入塾説明会 2019年3月16日(土)11:30~12:30
第3回入塾説明会 2019年4月20日(土)16:00~17:00
※会場はいずれも、東京都港区西新橋3-11-1 
         建装工業株式会社1階会議室
※詳細はホームページをご覧下さい。
http://backers-terakoya.net/

コメント

バッカーズ寺子屋15期生・募集開始

2019-02-11 14:35:38 | Weblog
バッカーズ寺子屋15期生の募集を開始致します。
入塾説明会へまずはお越し下さい。

なかかな活動内容をお伝えするのは
難しいところもありますので、
できればお子様と一緒にお越しいただけたらと思います。。

日程は以下の通りです。

第1回入塾説明会 2019年2月16日(土)16:00~17:00
第2回入塾説明会 2019年3月16日(土)11:30~12:30
第3回入塾説明会 2019年4月20日(土)16:00~17:00
※会場はいずれも、東京都港区西新橋3-11-1 
         建装工業株式会社1階会議室
※詳細はホームページをご覧下さい。
http://backers-terakoya.net/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なお、バッカーズ九州寺子屋
12期生の募集も開始致しますので、
お知り合いの方がいらっしゃれば、
お声がけいただきますと幸いに存じます。

第1回入塾説明会 2019年2月24日(日)17:00~18:00
第2回入塾説明会 2019年3月10日(日)17:00~18:00
第3回入塾説明会 2019年3月31日(日)17:00~18:00
※会場はいずれも、福岡市早良区百道浜2-4-27 AIビル9階
※詳細はホームページをご覧下さい。
http://www.backers-kyusyuterakoya.com/
コメント

ホームページリニューアル

2019-01-30 15:20:51 | Weblog
ホームページのリニューアルが完了しました。

塾生の部屋では、
引き続き、講座内容等、
色々な連絡をさせていただきます。

卒塾生の部屋は、
現在の所、過去のニュースレターをアップしています。

今後、卒塾生向けのイベント、
現在作成中の「卒塾生ニュースレター」など、
様々な情報発信をしていきます。

ホームカミングデイなどで、
情報を周知していきますので、
よろしくお願い致します。


コメント

ネバーエンディングストーリー

2018-09-03 01:47:32 | Weblog
『ネバーエンディングストーリー』という映画があります。滅び行くおとぎの国「ファンタージェン」を、『果てしない物語』を読んでいる一人の少年が救うという物語です。「ファンタージェン」は人間の夢や希望によって作られている世界ですが、人間が「虚無感」に支配され、夢や希望を持たなくなったために滅びつつありました。この物語の主人公である、『果てしない物語』を手に取った人間の少年バスチアンは、自分がファンタージェンを救うことなどできないと思っていますが、それもまた一つの「虚無感」です。所詮は本の中の話だから自分に関係なく、もし関係があったとしても、自分にはどうせ無理だ、世界を救うことなどできるわけがないと思い込んでいるのです。
 映画の終盤、ファンタージェンが滅び行く中、女王陛下(幼心の君)の言葉が続きます。「人間の子供は自分が果てしのない物語の主人公だってわかってないのよ。」「自分のような小さな子供に、ファンタージェンを救う力があるとは考えていないんだわ。」これは大きな可能性があるのに、その可能性を信じられない子供たちの姿、ひいては大人たちの姿を示唆していると思います。
 とうとうファンタージェンは滅びてしまいます。しかし、バスチアンは、間一髪のところで幼心の君に新しい名前を付け、彼女の手にはファンタージェンの最後の一粒の砂が残ります。現実の世界からファンタージェンへと行ったバスチアンは、幼心の君と闇の中で言葉を交わします。「なぜこんなに暗いんだろう?」「始まりはいつも暗いものなのよ。」「それ何なの?」「一粒の砂よ。これだけが残ったの。」「ファンタージェンはすっかりなくなってしまったの?」「ええ。」「じゃあ、全て無駄だったのですか?」「いいえちがうわ。ファンタージェンは新しくまたよみがえるのよ。あなたの夢と希望の中からね」。幼心の君はバスチアンの手のひらにファンタージェンの最後の一粒の砂を手渡し、促します。「何か願い事をしなさい。」「わからないよ。」「それじゃあ、ファンタージェンは生まれないわ。いつまでも。」「望みはいくつ叶うの?」「いくつでもいいのよ。望みが多ければそれだけファンタージェンは大きくりっぱになるのですもの。」そこでバスチアンは沢山のことを願い、無限の想像力によってファンタージェンは再び広大で豊かな世界を取り戻していきます。これが映画『ネバーエンディングストーリー』の概要です。
 おとぎの国ファンタージェンは、現実の世界のことだと私は思います。実は私たちの生きる現実の世界も、私たちの想像力や夢や希望によって生み出されてきたものです。科学技術の進歩も、文化・芸術の豊かさも、スポーツも、全ては私たちの想像力と希望(こんなことができたらいいなぁという思い。)が生み出したものです。あきらめや、虚無感との戦いは、今も続いています。「どーせ無理。」「自分なんて。」といった虚無感に打ち克ち、夢や希望を失わない人生を歩むことの大切さをこの映画は語りかけてくれます。
コメント

第3講座終了

2018-08-12 01:00:13 | Weblog
第3講座が終わりました。

今日は「合宿の振り返り」というタイトルですが、
仲間に学ぶことの大切さを掴んでもらった1日でした。

ここは、日本の教育が「同調圧力」に縛られて、
特に出来ていない部分だと私は感じています。

先生から学ぶことも大切ですが、
仲間から刺激を得て発憤すること。
それも大きな学びのきっかけとなっていきます。

また、和食のマナーも学びました。
日本人は西洋料理のマナーの習得に熱心で、
自国の食文化への意識が等閑にされています。
このテーマは、日本の自然・歴史・文化にも繋がっていて、非常に奥が深いものです。

「修己治人」の学である「四書」の中の、
『論語』と『大学』にも触れました。
渋沢栄一の『論語と算盤』の内容にも触れ、
人間学が如何に大切であるかを学びました。

さらに、古今東西の成功哲学に触れ、
物の見方、考え方の幅を広げ、
その大切さを学びました。

みんな居眠りする瞬間もなく、
6時間の講座に集中していました。

バッカーズ寺子屋では当たり前の光景ですが、
本当に素晴らしいことだと思います。

一年間の講座は、
トータルで30数日と決して多くはありません。

そして、毎回の講座での学びは、
一期一会のものです。

私も真剣勝負を続けていきます。

日本の未来のためです。
コメント

レポートに期待すること

2018-07-31 22:16:14 | Weblog
みなさんのレポートに期待していることは、
「自分と向き合う時間を持っていただく」
ということです。

合宿の中で交わした言葉、
起きた出来事、
してあげたこと、
していただいたこと、
塾友達の言葉と行動。
塾長やスタッフの皆さんの言葉と行動。

その意味に、
深く向き合っていただきたいと思います。

それが自分を
人として大きく成長させてくれるからです。

とても面倒だし、
時として苦しいことでもあります。

学校のテストの点数には反映されないことだから、
功利的に考えれば無意味にも思えてきます。

しかし、

言語を用いて、
自分の精神と格闘することを経なければ、
自分の考えは深いものにはならないと思います。

人間として成熟するということは、
そういうことだと思います。

だから、適当に書いて頂きたくないのです。

上手くなくても良いのです。
良いことを書く必要もありません。

ただ、

自分が本当に感じたこと、
気づいたこと、学んだこと(考えたこと)を、
真剣に書いていただきたいのです。

同じ経験をしても、
そのことの意味や本質を深く捉えられる人と、
表面的にしか物事を捉えることのできない人とがいます。

レポートを書くことを通して、
是非、深く考える習慣を
身に付けていただきたいと思います。

コメント

解散式

2018-07-30 18:37:19 | Weblog
保護者の皆様におかれましては、
ご多用の所、解散式にお運びいただき、
誠にありがとうございました。
心より感謝申し上げます。

保護者の皆様のお言葉もまた、
塾生の皆さんにとって、
大きな成長に繋がる
大切なメッセージだと考えています。

マイクがお嫌いな方も
いらっしゃるとは存じますが、
どうぞお許し下さい。

また、台風の接近等で、
色々とご心配をおかけ致しました。
お陰様で、無事、合宿を終えることが出来ました。
本当にありがとうございました。

もっともっと良き学び舎になるように、
改善を加えて参りたいと存じます。

今後ともよろしくお願い申し上げます。




コメント

帰路④

2018-07-29 12:49:53 | Weblog
山口宇部空港に到着しました。
間もなく搭乗手続き再開と言うことです。
何とか予定通り飛行機は飛びそうです。

取り急ぎ。
コメント

帰路③

2018-07-29 11:29:10 | Weblog
グループプレゼンを終え、
貸切バスは「つつじ」に到着しました。
昼食(地産地消のお弁当)を受け取って、
山口宇部空港へ向かいます。

搭乗予定の便は、
現在、「山口宇部空港台風のため天候調査中です。
搭乗手続きを中断しております。」
という表示になっています。

とにかく、急ぎ、山口宇部空港に向かいます。

そこで状況判断し、答えを出します。
ご心配をおかけ致しますが、
今しばらくお待ち下さい。

こちらの天候は小雨で、
風はまだそう出ていません。

取り急ぎ、ご報告致します。


木村貴志



コメント

帰路②

2018-07-29 09:21:07 | Weblog
予定している14:20発・JAL294便について、
JALのホームページに、

「台風12号の為、遅延または欠航となる可能性もございます。」

との表示が出ました。

コメント