鮎釣りブログ ~ 根がかりおやじの鮎友日記 ~

あゆ釣り・ともだち
おいしいごはん

初めての葛川  も一回行くゾー!

2012年07月31日 | たのしい鮎釣り
土曜日上桂でトホホな結果に終わり、明日はどこに行くか迷っていました。 寿司屋のおやじさんが木曜日広瀬に行くと言ってたのを思い出し、さっそく電話。 「広瀬行くより葛川行ったら? おもろいと思うよ」との「お告げ」。 日曜日はこれまた初めての葛川釣行となりました。 名人はもう一度周山でガンバルということで、今回は師匠と二人で行くことに。 漁協で日券とおとりをいただいて梅の木キャンプ場へ。 日曜日と . . . 本文を読む
コメント

土曜日・周山

2012年07月30日 | たのしい鮎釣り
今日は7月28日土曜日。 シーズンまっただ中におりながら、パッとした釣果が得られない今日この頃。 「よぉ~し、ツッタルゾー」という気分にもなかなかなれず、今日はいつもより遅めの出陣。 いつもはまだ閉まっている桂川PAで朝食。 七味ちょっとかけすぎ。 そば担当のおばちゃんびっくりしてたな。 ちょうどオリンピックの入場行進で日本が出てきたところでした。 やっぱり日の丸はええな。 選手団のスーツ . . . 本文を読む
コメント

朽木・野尻・日曜日

2012年07月23日 | たのしい鮎釣り
いい天気です。 天気予報も雨はナシ。 今日も朽木に向かって走ります。 本陣の日曜朝市で朝メシ。 山小屋特製そば500円。二日酔いも吹っ飛びます。 「鯖寿司みうら」さんでお昼も調達。 ここのお寿司おいしい。 このブログを「見た」と言ってください。なにもサービスはないでしょうが… 村上さんで師匠・名人と合流。今日もパンパカトリオです。 名人は朽木3連戦。前の2戦は雨にたたられ散々だったよ . . . 本文を読む
コメント

台湾で鮎釣りをするには

2012年07月20日 | たのしい鮎釣り
最近いろんな方から「どうやったら台湾で鮎釣りができんの?」と聞かれます。 以下参考になれば… 1.どこで釣れるのか 私は台北の坪林(ピンリン)区の北勢渓と烏来(ウーライ)区の桶後(トンホー)に行きました。 台北市内から北勢渓まで車で1時間ぐらい。桶後で1時間半ぐらいでしょうか。 2.釣りのできる期間 4月~7月ぐらいまで可能らしいです。 でも、7月は水温が高くなりすぎて釣りにならないそうです . . . 本文を読む
コメント

朽木・美山・上桂で3連チャン(上桂チャリティ大会)

2012年07月19日 | たのしい鮎釣り
さて3連チャン3日目は「上桂チャリティ鮎釣り大会(やったと思う)」。 この大会は3人一組で争うチーム戦です。 私は名人が所属する京都渓清会の「強力助っ人」として参加させていただきました。 ホントは上桂で竿を出すのは初めて。皆さんに迷惑かけないよう頑張らねば。 朝5時半実家を出発。朝食はカップラーメン。激しく揺れる名人の車内にぶちまけながら完食。 銘木北山杉の産地を走ります。 ナントカ . . . 本文を読む
コメント

朽木・美山・上桂で3連チャン(2日目・美山)

2012年07月18日 | たのしい鮎釣り
土曜の夜から日曜未明にかけて、京都はドシャ降りでした。 実家に泊まりましたが、夜中に雨の音で目がさめました。 すごい雨でした。 この日は美山に行くことになっていましたが「アカンやろ」と名人。 6時前、美山に向かっているはずの師匠に「今日は無理やと思う」と一報。 新御堂から箕面有料道路に乗る寸前で師匠はUターンされました。 ダメ元で朽木に電話してみると「降ってない。今は濁りもない。」「でも葛川の . . . 本文を読む
コメント

朽木・美山・上桂で3連チャン(一日目・朽木)

2012年07月17日 | たのしい鮎釣り
土曜日の名神。 3連休だからか、車が多いな。 京都東から湖西道路に乗り換えます。 今年初めての朽木です。 上桂に向かっていた名人に電話して、急きょ朽木に来ていただきました。 名人とポンコ…名車!です。 今日は久しぶりに名人に教えを乞います。 向かったポイントは栃尾発電所の上流。 まだすこし水は高く、押しの強い流れでの釣りになりました。 早掛けタイプの針を使ったせいか、抜くときにず . . . 本文を読む
コメント

郡上はちょっと遠かった

2012年07月01日 | たのしい鮎釣り
先週の日曜日の朝、名神草津SAで 肉そば。 朝食後もひたすら走ります。 高速を降りたのは「ぎふ大和」。 初めての郡上です。 東海北陸道に乗ってから「郡上鮎」のステッカーを貼った車をいっぱい見たので、「混んでるかな」と思っていましたが… たくさん釣っておられました。 どこに行ってもあまり竿は曲がっていませんでした。 まぁここまできたんやから、とオトリを買って っていう橋の下に入 . . . 本文を読む
コメント (2)