福岡だいの動画と、同人誌の販売

同人誌 動画 プログラム 情報処理 アート グラフィックス 有償 2018年創業

日記 英検 一級 ハルドロピンター 翻訳

2022-12-02 14:52:11 | 日記
幻聴で思った事その4
2023.01.02(Mon)
福岡大
Harold Pinter
Harold pinter rose to prominence in the 1960s and 1970s as one of the most important British playwrights of the twentieth century,conveys by casting doubt upon what appear to be the facts of stories taking place in everyday settings.
in his first full-length play,the birthday party,for example.two strangers enter a boarding house and proceed to terrorize Stanley,one of the guests.
Who the strangers are,what their purpose is,and how they are connected to their victim are never explained.
plays utilizing such dramatic devices,however,initially frustrated both critics and audiences alike,since exposition that would allow them to grasp a play' meaning and the motivations behind the character's action was considerd and indispensable part of scriptwriting.
though the birth party was initially a commercial failure,Pinter's unconventional style became renowned in his subsequent plays.
using psychological manipulation,Pinter's characters play elaborate power games with on another,struggle for dominance,and employ language as a weapon to gain control.
as apposed to straightforward questions and answers,their conversations tend to sound more like private monologues with occasional interruptions by the listener,and rarely serve the purpose of clearly conveying information.
indeed,their dialogue frequently contradicts their thoughts,which are sometimes only hinted at by their silences.
they are often confused about their identity and live in a world governed by dread and uncertainty,Typically dominant intruder will arrive without warning and upset the status qquo by seeking to impose his or her will upon those present.
what follows is a negotiation for some sort of advantage,whether that be between two strangers,a husband and wife,or a tortuer and his or her victim.
with what his biographer,Michael Billington ,calls his "ability to create dramatic poetry out of everyday speech,"Pinter builds a tension which rarely explodes but nevertheless produces a dramatic,compelling ,and,a times,darkly humorous effect.
though widely prised for his revolutionary storytelling and dialogue,Pinter failed to attain the widespread adoration that some other playwrghts have achieved.
one reason is that his works were often met with confusion,followed by irritation,and they were valley,however,sees such reactions as being the result of Pinter's briliance in crating a "blank screen on which it is possible for everyone to project their own incarnations of reality."
in contrast to clearly on the side of either good or evil,Pinter's main subject matter was the moral ambiguities of modern existence.
valley argues that Pinter's "strength lies in the immediacy with which he conveys that sense,even to hose who could not begin to articulate it.
"Despite Pinter's somewhat divisive reputation,his work continues to be performed regularly,and it is unlikely that it will ever fall into obscurity,which is the common fate of the majority of playwrights.




幻聴で思った事その4
2023.01.03(Tue)
福岡大


ハロルド・ピンター

ハロルド ピンターは、20 世紀で最も重要な英国の劇作家の 1 人として 1960 年代と 1970 年代に注目を集め、日常の設定で起こっている物語の事実と思われるものに疑問を投げかけることによって伝えています。
たとえば、彼の最初の長編劇である誕生日パーティーでは、2人の見知らぬ人が下宿に入り、ゲストの1人であるスタンリーを恐怖に陥れます。
見知らぬ人が誰なのか、彼らの目的は何なのか、被害者とどのようにつながっているのかは決して説明されません。
しかし、そのような劇的な装置を利用した演劇は、最初は批評家と聴衆の両方を苛立たせました.
誕生パーティーは最初は商業的な失敗でしたが、ピンターの型破りなスタイルはその後の演劇で有名になりました。
心理的な操作を使用して、ピンターのキャラクターは他の人と精巧なパワーゲームをプレイし、支配をめぐって争い、言語を武器として使用してコントロールを獲得します。
率直な質疑応答とは対照的に、彼らの会話は、聞き手によって時折中断される私的なモノローグのように聞こえる傾向があり、情報を明確に伝えるという目的を果たすことはめったにありません.
実際、彼らの会話はしばしば彼らの考えと矛盾しており、それは時には彼らの沈黙によってのみ暗示される.
彼らはしばしば自分のアイデンティティについて混乱し、恐怖と不確実性に支配された世界に住んでいます.通常、支配的な侵入者は警告なしに到着し、存在する人々に彼または彼女の意志を押し付けようとすることで現状を覆します.
次に続くのは、見知らぬ 2 人の間、夫と妻の間、または拷問者とその犠牲者の間であるかどうかにかかわらず、ある種の利益のための交渉です。
彼の伝記作家であるマイケル・ビリントンが「日常のスピーチから劇的な詩を作成する能力」と呼んでいるもので、ピンターはめったに爆発することのない緊張を築きますが、それにもかかわらず、劇的で説得力があり、時には暗くユーモラスな効果を生み出します.
ピンターは、革命的なストーリーテリングと会話で広く賞賛されていましたが、他の劇作家が達成したような広範な崇拝を獲得できませんでした。
理由の 1 つは、彼の作品がしばしば混乱に見舞われ、その後に苛立ちが生じ、それらが谷間だったことです。現実の化身。」
明らかに善悪のどちらかの側にいるのとは対照的に、ピンターの主な主題は、現代の存在の道徳的な曖昧さでした.
Valley は、ピンターの「強さは、その意味を明確に表現できなかったホースにさえ、彼がその意味を伝える即時性にある」と主張している.
「ピンターの幾分分裂的な評判にもかかわらず、彼の作品は定期的に上演され続けており、大多数の劇作家に共通の運命である無名に陥ることはまずありません.

コメント    この記事についてブログを書く
avchd726さんの出品
他の出品作品をマルシェルで見る
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 日記 思い出を見つける フ... | トップ | 日記 校正済み E-Lang2 聖... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事