福岡だいの動画と、同人誌の販売

同人誌 動画 プログラム 情報処理 アート グラフィックス 有償 2018年創業

日記 ペルーグアノブーム 英検一級 日本語訳

2023-02-02 04:42:09 | 日記
幻聴で思ったSu事その4
2023.02.06(Mon)
福岡大

英検一級

ペルーのグアノブーム
ペルーが 1820 年代にスペインからの独立を達成したとき、経済的苦境に悩まされていました。自由のための激しい戦争は、ペルーの国につながる 2 つの国間の銀の貿易に損害を与えました。
紛争はまた、ペルー政府が独立後の 20 年間、多額の借金をしてきた英国の銀行家たちに巨額の債務を負わせていました。
population.グアノとして知られるこの廃棄物は、国の海岸沖のチンチャ諸島の巨大な山に蓄積されていました.
その海岸は、太平洋から流れる栄養豊富な水に浸かり、さまざまな海洋生物が生息しており、多くの捕食鳥の群れを引き付けてきました。
冷たい海流と温暖な熱帯の空気の組み合わせは、非常に乾燥した環境を作り出し、グアノに自然に存在する豊富な栄養素が降水によって分散されないようにしました.実際、グアノの特に高い窒素含有量は、廃棄物を理想的な肥料。
先住民族は何世紀にもわたってグアノを持続的に利用しており、海鳥の個体数を乱さないように慎重に島からの採集のタイミングを計り、交尾期に鳥を傷つけた者には死の罰を与えていました。
グアノはヨーロッパでは広く評価されていませんでしたが、1838 年にペルーの 2 人のビジネスマンが英国にサンプルを送ったとき、農家はすぐに枯渇した土壌への影響に気づきました。
巨大な人口ブームによって引き起こされたおいしい食べ物への需要の急増は、持続不可能な農業慣行につながりました。一方、工業化によって農村部から都市部へ人口が移動したことで、人間の排泄物が農地に戻されてそのまま使用されるのではなく、都市に巻き上げられました。以前はそうでした。
グアノは、劣化した土壌を活性化する魔法の弾丸であることが証明されました.
1841 年までに、ペルーと英国の間で製品の貿易が順調に進み、グアノ時代が始まりました。ペルー政府は、チンチャ諸島のグアノを独占していましたが、国は国際海運を効果的に管理するための資本と専門知識の両方を欠いていました。販売。
その結果、これらはイギリスの商人に委託され、彼らの努力に対してかなりの手数料を受け取りました。
さらに、取引が完了するまでペルー政府への支払いは行われませんでした。これは、1 隻の船に積み込むのに 1 か月以上かかることを考えると、かなり長いプロセスでした。
これにより、ペルーは英国の債権者からさらに借金をするようになりました。彼らは製品であり、販売から得たお金を使用して利息を付けて返済しました。それにもかかわらず、パートナーシップはペルーの地位を強化し、潜在的な貸し手は政府への融資で資本を危険にさらすことを躊躇しました。
しかし、裕福で評判の良いイギリスの商人によって摘出されたペルーのグアノ収入の管理は、ペルーが海外の資本市場へのアクセスを開く債務を返済することが信頼できるという自信を植え付けました.
1850年代後半までに、外国への年間数十万トンのグアノの輸出は、ペルーの国の収入の4分の3以上に貢献していましたが、それでも国は国からの収入にとどまり、ペルー政府は特別なビジネス譲歩を奨励しました。しかし、企業はペルーの企業とパートナーシップを結ぶだけで大きな支配力を維持し、その結果、ペルーからの資本流出が続いた。
一見一定のグアノ収入の流れに基づいて国に提供されたローンへのアクセスに拍車がかかり、借入が行われました。
支配階級の間で横行する汚職は事態を悪化させるだけであり、さまざまな公共事業に多額の資金が投入されたにもかかわらず、経済を長期的に多様化して安定させるための努力にはほとんど費やされていませんでした。
ペルーが最終的に享受したグアノ主導の「繁栄」は、痛ましいほど有限であることが証明されました。
グアノ貿易によって荒廃したチンチャ諸島の巨大な厩肥の山は、何千年にもわたって形成され、1870 年代にはほとんど枯渇し、供給を補充するために頼っていた海鳥は、何十年にもわたる絶え間ない取引の後に大部分が追い払われるか、殺されました。抽出。
グアノの不足はペルーに経済的災難をもたらした.経済的慎重さの欠如により、グアノブームの後もそれ以前の状態よりも良くなることはなかった.スウェーデンの歴史家.
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日記 ペルーのグアノブーム 英語原文 英会話 外国語会話 英文

2023-02-02 04:34:46 | 日記
幻聴で思ったSu事その4
2023.02.06(Mon)
福岡大

英検一級

Peru's Guano Boom
When Peru achieved its independence from Spain in the 1820s,it was beset by economic woes.The hard-fought war for freedom had damaged the trade in silver between the two countries,leading to Peru's country.
The conflict had also put the country in massive debt to British bankers,from whom the Peruvian government had borrowed heavily for two decades following independence,`Peru was eventually handed a glimmer of hope in the from of an unlikely resource:seabird manure.
This waste product,known as guano,had accumulated in enormous mounds on the Chincha Islands off the country's coast.
Its shores,drenched in nourishing waters flowing from the Pacific Ocean and teeming with various marine species,attracted a large predatory bird population.
The combination of cool ocean currents and w3arm tropical air created an exceedingly arid environment,ensuring that the abundant nutrients naturally present in the guano were not dispersed by precipitation.The particularly high nitrogen content in guano,in fact,is what made the waste material an ideal fertilizer.
Indigenous peoples had been using the guano sustainably such for centuries ,carefully timing its extraction from the islands so as not to disturb the seabird populations and penalizing anyone who harmed the birds during mating season with death.
Guano was not widely appreciated in Europe,however,until 1838,when two businessmen in Peru sent samples to Britain,where farmers soon noted its effect on depleted soil.
The surge in demand for good food caused by an enormous population boom had led to unsustainable farming practices,while the population shift from rural to urban areas driven by industrialization meant human waste wound up in cities rather than being returned to farmland to be used as had previously been the case.
Guano proved a magic bullet to invigorate the degraded soil.
By 1841,trade in the product between Peru and Britain was well underway,ushering in the Guano Age.The Peruvian government enjoyed a monopoly over the Chincha Islands' Guano,but the fcountry lacked both the capital and the expertise to effectively manage international shipping and sales.
Consequently,these were consigned to British merchants,who received a substantial commission for their efforts.
Furthermore,payment was not rendered to the Peruvian government until transactions were finalized--a rather lengthly process considering that loading one ship could take wee44ll over a month.
This drove Peru to borrow further from British creditors--who,product--and pay them back with interest using money earned from the sales.The benefit of drawing out this process were not lost on the merchants.who were soon profiting more from granting advances to the Nevertheless,the partnership bolstered Peru's standing with made potential lenders hesitant to risk their capital on loans to the government.
The control over Peru's guano revenue excised by the wealthy,reputable British merchants,however,instilled confidence that the country could be trusted to make good on its debts opening up Peru's access to capital markets abroad.
By the late 1850s,the export of hundreds of thousands of tons of guano annually to foreign countries was contributing over thee,quarters of Peru's national revenue,yet the country remained in of revenue from the country,the Peruvian government encouraged special business concessions.British companies maintained their large degree of control,however,by simply entering into partnerships with Peruvian firms,resulting in the continued flow of capital out of Peru.
Spurred on by the access to loans afforded the country on the basis of the seemingly constant stream of guano revenue,the borrowing.
Rampant corruption among the ruling class only made matters worse,and although much money had been poured into various public projects,little had been spent on efforts to diversify and stabilize the economy in the long term.
The guano-driven "prosperity" Peru enjoyed eventually Proved painfully finite.
Ravaged by the guano trade,the Chincha Islands' once-gigantic mounds of manure that had formed over thousands of year were almost depleted by the 1870s,and the seabirds relied on for replenishing the supply had been largely driven away or killed after decades of incessant extraction.
The shortage spelled economic disaster for Peru,whose lack of economic prudence left it no better off after the Guano boom than it had been before it.Swedish historian.
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日本語 ペルーのグアノのブーム 英会話 英文 外国会話 英検一級 農作物 Peru'sGuanoBoom

2023-02-02 02:43:55 | 日記
幻聴で思った事その4
2023.02.06(Mon)
福岡大

English to Japan1 | Eiken Grade1 | Peru's(ペルース) Guano Boom | Guano | Peru(プルー) | Chincha | Island(アーイオラント) | Tropical(トロピコール) | Government | Boom | Freedom
英検一級
Peru's Guano Boom(ペルーのグアノーズブーム)
When Peru achieved(アチーブド:達成) its independence from Spain in the 1820s,it was beset by economic woes(ウオース:苦悩).The hard-fought war for freedom(フリーダム:自由) had damaged(ダーメージ損傷した) the trade in silver(トゥレイディンスルバー:銀の取引) between the two countries,leading to(リーディングトゥ:につながる) Peru's country.
The conflict had also put the country in massive(マーセーブ:大規模) debt(デープト:借金) to British bankers,from whom the Peruvian government(ガバーメント:政府) had borrowed(ボーロウド:借りました) heavily((ハブリー:重く) for two decades(ダーケイツ:―) following independence,`Peru was eventually(アベンチュアリー:最終的) handed a glimmer(グレマー:きらめき) of hope(ホープ:望む) in the from of an unlikely resource(ルイソース:資源):seabird manure(マニュアー:肥料).
This waste(ウェイスーツゥ:無駄) product,known as guano,had accumulated(アキュームレーデッド:蓄積) in enormous(エノーメース:甚大じんだい) mounds(マーウンス:山) on the Chincha Islands(アーイオレンツ:島々) off the country's coast(コースツォ:海岸).
Its shores(ショーアース:海岸),drenched(ドレンチト:湿性) in nourishing(ヌーオジン:栄養) waters flowing from the Pacific Ocean(パッセフックオーション:太平洋) and teeming(ティーミング:賑やか) with various(べリアス:様々) marine species(スピ―シース:種族),attracted(アトラークデット:惹かれた) a large predatory(プレデートリー:略奪的な) bird population.
The combination(カーンバネーション:組み合わせ) of cool ocean currents(オーシャンコーレンス:海流) and warm tropical(ウォームトロピコール:暖かい熱帯) air created an exceedingly(エクシーディングリー:極めて) arid environment(エーンバイロメント:環境),ensuring(エーンシュリーング:確保する) that the abundant(アバーンダート:豊富) nutrients(ニューツリエンス:栄養素) naturally present(プレゼーント:現在) in the guano were not dispersed by precipitation.The particularly high nitrogen content in guano,in fact(イーンファークツ:実際には),is what made the waste(ワートメイドォウエースゥツ:何が無駄になったのか) material an ideal fertilizer(アーイディアールファードライザー:理想的な肥料).
Indigenous(イーンデェジェネース:先住民) peoples had been using the guano sustainably(サースティナブリー:持続的に) such for centuries(サッチフォーセンチュリーズ:何世紀にもわたって) ,carefully timing(ケアフリータイーミング:慎重に時間調整) its extraction(エクストラクジョン:抽出) from the islands so as not to(ソウアズノットトゥ:しないように) disturb(デスダーブ:乱す) the seabird populations and penalizing(ピーナライジーング:罰する) anyone who harmed(エニワンフーハームド:傷つけた人) the birds during mating season(メィディングシーズン:勾配期) with death.
Guano was not widely(ワイドリー:広く) appreciated(アプリシード:感謝) in Europe,however,until 1838,when two businessmen(ビジネスメーン:仕事人) in Peru sent samples(セーントサンポー:見本を送った)to Britain,where farmers (ファーマス:農民)soon noted(スーンノーデット:直ぐに気付いた) its effect on depleted soil(オファークオンプリーデッドソーイオン:こうかつ土壌への影響).
The surge(サージ:うねり) in demand(デメーンド:要求) for good food(フォーグッドフード:美味しい食べ物の為に) caused by an enormous(カーズドバーイアエノーメス:巨大になものによって引き起こされる) population boom had led to unsustainable(持続不可能に繋がった:ラートトゥアンサスティナーボール) farming practices(ファーミングフラクセース:農法),while the population shift from rural to urban(シフトフロムルーアールゥトゥアーべン:田舎から都会へ)areas driven(エーリアストラーベン:運転される地域) by industrialization(イン―ダストリアールライゼーション:工業化) meant human waste(メーンヒューマンウエースト:人間の廃棄物を意味する) wound up(ウァーンダープ:巻いた) in cities rather(シーディイズラーダー:むしろ都市) than being returned to farmland(ルイターンドトゥファームレンド:農地に戻った) to be used as had(ビーユーズアズハード:そのまま使用する) previously(プリビアスリー:以前) been the case(ベンザケース:そうでした).
Guano proved a magic bullet to(魔法の弾丸を証明した:プルーブドアマジックボーレッドトゥ) invigorate the degraded soil(イーンビゴレイトグレィデッドソイル:劣化した土壌を浄化する).
By 1841,trade in the product between(トゥレードインザプロダクトビトウイーン:間の製品の下取り)Peru and Britain(ブレーデン:英国) was well underway(ウエールアンダーウエイ:順調に進行中),ushering in(アーシュリーイーン:案内する) the Guano Age.The Peruvian government enjoyed a monopoly(エーンジョーイアーモノボリー:独占を楽しんだ) over the Chincha Islands' Guano,but the country lacked both the capital(ラークドボーブドキャープドール:両方の資本を欠いた) and the expertise(エンドジエクポチーズ:そして専門知識) to effectively manage(アファークティーブマーネージ:効果的に管理する) international shipping and sales.(シッピングエンドセーオス:出荷と販売)
Consequently(コーンセークトゥオリー:その効果),these were consigned(ビーズウエアーケンサーインド:此れ等は委託された) to British merchants(マーチャンス:商売人),who received(フールシーブ:受け取った人) a substantial (サーブステーンシャール:実質的)commission for their efforts(コーミッションフォーデアレフォートズ:彼らの努力に対する委員会).
Furthermore,payment was not(ペイメンワーズノート:入金されませんでした) rendered to the Peruvian government(レンダードトゥザプルビアンゴーバメント:ペルー政府に提出) until transactions(エーントリーエントザークションズ:お取引まで) were finalized(ワーファイナラーイズト:確定しました)--a rather lengthly(ラーダレングリー:かなり長く) process considering(ケーンセドリーン:検討中) that loading one ship(ザローディングワーンシェープ:一隻の船に積み込む) could take well over a month(クッドゥテイクウエルオーバーアマンフ :一か月以上かかる可能性があります).
This drove(デースドローブ:此れが運転した) Peru to borrow further(ボーロ―ファーダー:更に借りる) from British creditors(ブリティッシュクレデダーズゥ:英国の債権者)--who,product--and pay them(エーンペーイダーム:そして彼らに支払う) back with interest using money(バックウイズインターレストユージングマ二ー:お金を使って利息を付けて返す) earned from the sales(アーンフロームザセーオス:売り上げから得た).The benefit of drawing out(ザベネフィットオブドローイングアウト:引き出す利点) this process were not(ジスプロセスウエアーノッート:この過程はそうでは在りませんでした) lost on the merchants(ローストオーンザマーチャンツ:商人に負けた).who were soon(フーウエアスーン:直ぐにいた人) profiting more(プロフィーティングモアー:より多くの利益を得る) from granting(フロームグラーディング:付与から) advances to the Nevertheless(アドバンセストゥザネバブレース:それでも進む),the partnership bolstered(ボースタード:強化された) Peru's standing with made(スターンディングウイドゥメーイド:立っている) potential lenders(ポテンシャルレンダース:潜在的な貸し手) hesitant to risk(ハーストゥレースク:危険を冒すことをためらう) their capital on loans to the government(ゼアキャピトルオンロ―ンズトゥザゴバメント:政府への積み立て返済の資本).
The control over(ケーントールオーバー:支配する) Peru's guano revenue excised(ラビーニューエクサーイズド:歳入控除) by the wealthy(バィザーウエーフリー:ふゆうそうによる),reputable(ラーピュドボー:評判の良い) British merchants,however,instilled confidence(イーンストールドコーンフィデーンス:植え付けられた自信) that the country could be trusted to make good on(クドゥビィトラステッドトゥメークグッドオーン:上手く遣っていくために信頼できる) its debts opening up(デ―プオープニングアープ:借金が開く) Peru's access to capital markets abroad(アークセーストゥキャーピトルマーケットアブロード:海外資本市場への接触).
By the late(バイザレート:遅ればせながら) 1850s,the export of hundreds(エクスポートハーンドレーズ:何百もの輸出) of thousands of tons(サーウザオブト―ンズ:千トン) of guano annually to foreign countries(エーニュウリートゥフォーリンカントリーズ:毎年海外へ) was contributing over(ケントゥーリンオーバー:貢献する) thee,quarters of Peru's national revenue(ナーショナルナーベニュー:国家歳入),yet the country remained(エットザカントリーリメーインド:それでも国は残った) in of revenue from the country(ラーベニューフロムザカントゥリー:国からの収入),the Peruvian government encouraged special business concessions(エーンコージュドスぺシアルビジネスケンセッションズ:特別な仕事譲歩をしょうれい).British companies maintained(カンパニーズメインティーンド:企業が維持) their large degree(デアラージデグリー:彼らの大学位) of control,however,by simply entering into partnerships(シンプリーエンタリングイントゥパートナーシェプス:単純に共同を結ぶ) with Peruvian firms,resulting in the continued(ルーザークテーイングインザケンテニュード:その結果継続) flow of capital out of Peru(フォローオブカピタルアウトオブプルー:ペルーからの資本の流れ).
Spurred on(スプードーン:拍車をかけた) by the access to loans(バイビアクセストゥロ―ンス:積み立て返済の接触によって) afforded the country on the basis(アフォーザカントリーオンザベーイセス:に基づいて国に与えられた) of the seemingly constant stream(オブデシーミンリーコンスタントストリーム:一見一定の流れの) of guano revenue,the borrowing(ボーロウイング:借りる).
Rampant corruption among(レーンプコーロアープションアモーング:横行する汚職) the ruling class only made(ザルーリングクーラスオンリーメイド:支配階級だけが作った) matters worse(マダーズウオース:さらに悪いことに),and although much money had been poured(アンドアバーマーチマネーハッペンポーウド:そして多額の資金が投入されたにも関わらず/and although:アンドアバー:とはいえ) into various(イントゥベリアース:いろいろに) public projects(パーブリークプロージェクツ:公共事業),little had been spent(レードハッベーンスペーンド:殆ど費やされていなかった) on efforts to diversify(オーンオネフォートダイブレーサファーイ:多様化の取り組みについて) and stabilize the economy(エーンステーブラーイズビーエコノミー:経済を安定させる) in the long term(インザローングターム:長期的には).
The guano-driven "prosperity(プロスペリティ:繁栄)" Peru enjoyed eventually(エーンジョーインドベンチュオリー:最終的に楽しんだ) Proved painfully finite.(プルーフピーンフドファイナリートォ:痛々しいほど有限であることが証明された)
Ravaged by the guano(ラーベジドバイザグアノー:グアノによって荒らされた) trade,the Chincha Islands' once-gigantic mounds(ワーンスゲンテックマーウンズ:嘗ての巨大な山) of manure that had formed over(マニューアドフォームドオーバー:形成された肥料) thousands of year were almost depleted(ウローアローモーストデプリーデット:殆どこかつしていた) by the 1870s,and the seabirds relied on for replenishing(ラライドオンフォープレー二シング:補充に頼った) the supply had been largely(ザサプライハドビーンラージュリー:供給は共に) driven away or killed(ドライベンアウエイオアキルド:追い払われたり殺されたり) after decades(アーターダケーツ:何十年もわたって) of incessant extraction.(イーンサースエンエクストラクション:絶え間ない抽出)
The shortage(ザショーテージ:不足) spelled economic disaster(スペールドエコノメークザースター:経済大惨事) for Peru,whose lack of economic(フーズラークオブエコノメーク:経済的) prudence left it no better(プルーデンスレフトノーベター:慎重さは其れを良くしませんでした) off after the Guano boom than it had been before(ザーハーペンビフォーxァ:以前よりも) it.Swedish historian(ヒストリアーン:歴史家).
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日記 訳文 英会話 実践会話 外国語会話 英日 英検一級説明集 TheEvolutionofawe 畏怖の進化

2023-01-29 15:34:33 | 日記
幻聴で思った事その4
2023.02.04(Sat)
福岡大

English to japan1 | eiken Grade1 | The evolution of awe | David Yaden | essays | shiota

The Evolution of awe(ジエボリューションオブアバー:畏怖の進化)
While it is easy(イージー:簡単) to imagine(アーマージン:創造) that an emotion(イーモーション:感情) such as fear(フィーアー:恐れ) might(マイト:そうかもしれない) have evolved(イーボールブド:進化) to help humans avoid(アーボーイド:避ける) physical danger(フィージーコ―デンジャー:身体的棄権),or that love fosters(ファースタース:育てる) interdependent relationships(ラーレイションシェップス:関係) hat increase(イーンクリーズ:増加) one's chances of scratchings(チャーンスオブスクラークチングス:ひっかき傷の可能性) their heads(デアヘード:彼らの頭).
In recent(リーセント:最近) decades(ダーケイス:数十年),however,researchers(ルイサーチャーズ:研究者),such as(サッチャーズ:その様な) the University of Pennsylvania's David Yaden have come up with potential(ポテンショー:潜在的) explanations(エクスプロネーションズ:説明) for why awe(フォーワイアー:何故畏怖の念を抱くのか) developed(デベーロップッド:発展した).
Awe can be(アーケンビー:畏怖の念を抱くことが出来ます) evoked(アボークト:誘発した) by positive(ポージティーブ:肯定的) or negative(ネゲティーブ:否定的) experiences(エクスピリエーンス:経験) -- a magnificent(マーグニフィセーント:壮大) landscape(レーンドスケープ:風景),for example(フォーエクズテンポー:例えば),or negative experiences -- a magnificent landscape,for creates feelings(クリーエイツフィーリングス:感情を生み出す) of connectedness(ケーナークトネース:繋がり).
Yaden's research gas supported this claim(サポーテッドデスクレーム:この主張を支持した) by providing(プロバイディング:提供する) evidence(エベデンスー:証拠) of a correlation(コーロレイション:相関) between awe (ビトウイーンアー:畏怖の念の間)and things(ペイーングス:もの) like social bonding(ラーイクショーショルボーンディング:社会的絆の様に).
He therefore suggests(ゼアフォーサグジャーゼス:従って提案する) that the emotion must be linked(マーストビーリーンクッオ:連結する必要があります) to human survival(ヒューマンサバイバール:人間の生存),possibly(ポーセーブリー:おそらく) having evolved to facilitate(ファシリテェート:容易にする) group cohesion(グループ(コーヒージョン:凝集)組の結束).
Yaden speculates(スペキュレース:推測する) that in our(ザーデンノアー:それは私達の) primitive past(クㇾミテーブパースト:原始的な過去),awe may also have reflected(アーウイーメイオールソーフラックテッド:畏怖の念も反映されている可能性があります) humans' desire for safety. (デザイア―フォーセーフティー).:安全への欲求)
Our fondness)(アワーファンドネース:私達の愛情) for magnificent views(フォーマグニフィセントビュース:壮大な景色の為) is obviou(オービエス:明らか)s in our but(イーンナワーバート:私達の中で) our primitive(プリミティーブ:現生的) ancestors(エーンサースタース:祖先) may have sought(メイハーブソート:求めたかもしれない) them out for other reasons too(フォーアザーリーズントゥュー:他の理由でも).
The ability(ヴィーアービリティー:能力) to spot approaching predators(スポートアプローチングプレデターズ:近づいてくる捕食者を見つける) or adversaries(アードバーサリーズー:敵対者),and the defensive potential offered(ゼディフェンシブポテンシャルオファード:提供される防御の可能性/offered:オーファード提供された) by elevated positions(エーレベートデッドプロゼションズ:昇格した地位),could have contributed(クードゥハーブコントゥリビューデッド:貢献できたかもしれない) to human beings(トゥヒューマンビーイングス:人間に) attraction(誘致:アートラークション) to spectacular scenery(スペタークラーシーナリー:壮大な風景).
University suggests that awe could have evolved(クドゥハビバーウト:進化したかもしれない) for a different describe(ディファレンデスクラーブ:異なる説明) memories of times(メモりーオブザターイムズ:時の思い出) when they had experienced(フェンゼイハードエクスピリーエンスド:彼らが経験した時) awe or some positive(サームポーセテーブ:幾つかの肯定的な) emotion like happiness.(ラーイクハーピネース:幸せの様に)
The study tasked(ザスタディータースト:研究課題) them with reading(デムウイドゥリーディング:それらを読んで) argumentative(アーギュメンテーデブ:論争的な) essays(エッセーイス) in favor of an unpopular opinion(インフェイバーオブアンパーピュラーオピニオン:人気のない意見に賛成),and the researchers(アンドリーサーチャーズ:そして研究者たち) assumed that participants(アースームドザットポッテセーペンス:参加者が/assumed:アースームド:想定/participants:参加者:ポーテーセペンス)who agreed(フーアグリード:誰が同意したか) with the essay(ウイビエッセーイズ:エッセイと共に) must have been successfully(マーストハブビーンサクセフリー:成功したに違いない) persuaded by the arguments(プレスデッドバイビアーギュメンツ:議論説得された).
Some of the essays(ソームオブビエッセーイズ:エッセイの一部) contained feeble arguments(ケンンテインドフィーブルアルーギューメンツ:根拠のない議論が含まれていた),while others were meant to be highly convincing(ウイーメーテントゥビイハイリ―ケンベンセン:非常に説得力があることを意図していた/convincing:ケーンベンセーン:説得力のある).
It was found that those participants(イットワズファンドザットゾーズテーセペーンス:その参加であることが分かった) who had describe(誰が説明した:フーハーデスクライブド) awe were much better able to(ウエーマッチベッターエーブルトゥ:遥かに上手く出来ました) see problems(シープロブロムス:問題を見る) with the feeble arguments(ウイーズザフィーブルアールギュメンツ:弱い議論で) than those who described(ザンゾーズフードスクライブド:説明した人より) other emotions.(アダーイモーションズ:他の感情)
Shiota therefore concluded(デアフォーケンクルーデッド:従って結論) that awe aids people(ザットアウイーエイドピーポル:その畏怖は人々を助ける) in processing(インポロッセッシング:処理中) information critically(インフォーメーションクリティクリー:情報を批判的に).
If this research is correct(ルィサィーチイズコレークト:研究は正しい),then it appears(ゼーネーアーピアース:その後其れが表示されます) that developing(ザートベールビーング:その発達途上) our sense(アーウセーンス:私達の感情) of awe may have demonstrable(メーイハーブデーモンストロボー:証明できる可能性がある) benefits in everyday life.(ベネーフィットインネブリデーライフ:日常生活での利点)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日記 英検一級 日本語本文 英会話

2023-01-28 00:09:17 | 日記
幻聴で思った事その4
2023.02.10(Fri)
福岡大

英検一級 英語 英会話 
ヴェルサイユ条約
ベルサイユ条約は、フランス、ロシア、イギリスの三国協商と、ドイツとその同盟国で構成される中央同盟国との間で 4 年以上にわたる流血の末、1919 年に正式に第一次世界大戦を終結させました。
しかし、実際の戦闘は 1918 年に調印された休戦協定によって終結しました。
これは、ドイツ軍が屈服し、戦闘を停止し、国境への侵略を防ぐために大規模な譲歩を行ったときに起こりました。
それにもかかわらず、最前線での架空の勝利の報告​​を含む、ドイツの戦時プロパガンダ キャンペーンの成功は、民間人がドイツ軍が粉砕されていることに気付いていなかったことを意味しました。
戦闘が終わったとき、ドイツ首相フリードリヒ・エーベルトは、ドイツ軍が「戦場から征服されずに戻ってきた」という欺瞞的な宣言をした。
国家の誇りを維持することを目的としていましたが、この声明は戦争の結果についての広範な妄想に大きく貢献し、これらは「裏切り」として知られる裏切りの神話を生み出すのに役立ちました.
この考えによれば、ドイツは軍事的に敗北していないので、内部から裏切られたに違いありません。
その結果、ナショナリストは、ベルサイユ条約がドイツに課した一見不利な条件について、労働団体、社会主義者、および国のユダヤ人人口を非難することができました。
条約の最も悪名高い条項は、一般に「戦争有罪条項」として知られる第 231 条でした。
それは、領土を明け渡し、財政的賠償を行うための根拠として、その行動に対するドイツの責任を確立した.
しかし、ドイツの敗北に苦いナショナリストはそれを非難し、三国協商が要求した賠償費用があまりにも高すぎて国を貧しくしたと主張した.
しかし文脈を読むと、第 231 条は、敵対行為の勃発についてドイツを非難するのではなく、ドイツが条約の他の条項に規定された賠償要求を法的に遵守する義務があることを立証するのに主に役立ったことが明らかになります。そのうちの実際には、ドイツの責任は主に民間人が被った損害の支払いに限定されていました。
したがって、この条項は、勝者によるドイツへの譲歩の一部としてより正確に見られます。
1930 年代にアドルフ イレーレ率いるナチ党が政権を握ったとき、ベルサイユは国際的なのけ者になりました。
第 231 条の国を戦争の有罪条項として利用して、ナチスはドイツの反感をあおった. 彼らの主張は多くの歴史的物語で採用され、英国の戦時中のデイビッド・ロイド・ジョージ首相のような影響力のある個人によって事実として受け止められた.ナチスの遺産にドイツの新たな戦後の軍国主義の責任の多くを置いたことで、それは完全に後ろ向きでした.
ベルサイユ条約に違反する彼らの違法な再軍備と領土の押収は、国際社会からのドイツの排除の真の推進力でした。
おそらく、第 231 条のラベルを「戦争有罪条項」として単に歴史の脚注に追いやる時が来たのかもしれません。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする