あさひホームのまじめな社長のまじめな家造り実践会

まじめな家を造る。家造りの喜び・苦闘・悩みを徒然にペンを取りました。

無視

2018-11-21 09:51:58 | 政治

水面に写す晩秋



安倍首相帰国 文大統領とは「戦略的放置」

11/18(日) 20:41配信

安倍晋三首相は18日夜、シンガポール、オーストラリア、パプアニューギニアの3カ国歴訪を終え、政府専用機で羽田空港に帰国した。
5日間の歴訪で「自由で開かれたインド太平洋」構想や自由貿易推進の意義を重ねて発信し、各国首脳との会談も積極的にこなした。
しかし、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領との会談はなかった。
元徴用工による訴訟で韓国最高裁が日本企業に賠償を命じた判決への対応を示せない文氏と会談しても無意味だと判断、「戦略的放置」に徹したようだ。

 「国際的なルールにのっとり、貿易投資の自由化によって繁栄するアジア太平洋地域は『自由で開かれたインド太平洋』の核だ」

 安倍首相は18日、パプアニューギニアの首都、ポートモレスビーで開催されたアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議でこう訴えた。
各国首脳との会談でも自由や法の支配の重要性を説いて賛同を得た。

 文氏とは、15日にシンガポールで行われた東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議の場で2回、17、18両日のAPEC首脳会議や関連会合と計4回接触した。

 首相同行筋によると、最初のASEANプラス3(日中韓)では文氏が安倍首相に駆け寄り握手を求めた。
首相は握手こそしたものの、話しかけてきた中国の李克強首相に顔を向けたという。

 韓国最高裁の判決は1965(昭和40)年の日韓請求権協定に反し、「国際法違反の状態」(菅義偉=すが・よしひで=官房長官)にある。
外務省幹部は「ボールは向こうにある。
文氏と会談する状況にはない」と説明する。
歴訪中には、平成27年末の慰安婦問題に関する日韓合意の柱である「和解・癒やし財団」を近く解散する韓国政府の方針が伝わった。
文政権の国内世論しか見ないような対応に、首相同行筋は「むなしさが漂う」とこぼした。(原川貴郎)

私心
いじめ問題でいじめられたお子さんが「無視された」等と聞きますが、隣国との関係もここしばらくはいじめではないが、無視で良いのではと思います。
慰安婦問題・そして元徴用工問題。

話はそれますが、社会的大問題を起こしたオウム真理教の広報に上祐氏がいました。
あ^言えばこ^言うで揶揄されましたが、この国もこれに似ていますね。
未来的思考でと両国の首脳は言いますが、この国とは未来に希望あるのでしょうか?疑問です。

さて、この国家の国民性を云々するのは失礼に当たるので控えますが、文大統領は国家の指導者たる者としての資質は
私の目から見れば皆無としか言いようがないです。

解決済みの問題を何かと理由を付けほじくり返す根性に呆れます。
遅いようですが、国民こぞって領土を返せと声高に叫ぶ時に来ているのではと思う今日この頃です。

コメント

紅葉も佳境

2018-11-19 08:16:42 | Weblog

紅葉もそろそろ終盤ですが、桜のシーズンと言い季節の移ろいを強く感じる今日この頃です。

山中温泉









ホワイトロード





雑感

先日、少し早いと思いつつ冬用タイヤに交換しました。
このタイヤで3回目の冬を迎えるので、次回の使用は無理と判断して早めの交換です。

それにしてもガソリン価格が高くなりましたね。
使用している車はハイブリッドで従来の車に比べて燃費は随分と良くなりましたが、
それでも距離を延ばして乗車するのでガソリン代金はそれほど減りません。
運転も加齢と共に疲れと危険が増えるので体が元気なうちにと思っての行動ですが・・・。

先月、高齢者の運転講習会に行って来ました。
自動車教習所で試験官を隣に運転しましたが、やっぱり技量は落ちていますね。
今回は免許更新出来ましたが、
次回は75歳を超えるのでその時は認知症の試験もあるとか・・・加齢と共に危険度も増しますが、少しでも長く運転できる様に健全な心身でありたいものです。

 











 

コメント

ある電話に!!!

2018-11-17 08:19:34 | Weblog

囲炉裏のある住まい




一本の電話から

長らく音信が途絶えていた所の電話です。
これには驚きました。

更に新築を紹介するという事なのでつい「この私で良いのですか」と電話の向こうに問い直しました。

すると「君で良いのだ。これから建築したいと思っている妹を紹介する」という事でした。

此処で少し話は戻します。

先ほど音信は途絶えていたと言いましたが、実はあさひホームを立ち上げた当初から宣伝用にカレンダーを作りました。

このカレンダーを電話の主に毎年私が届けていました。
これは私のどこかに申し訳なかったという思いと、ささやかなお詫びのしるしでした。

それでご電話の主様とは年に一度お届けするカレンダーで細い糸がつながっていたのですね。

勿論この間一度も顔を合わせた事もなく言葉を交わした事も有りませんでした。

創業して20年程毎年カレンダーだけは届けた事が・・・・・もっともこれだけで今回の電話を頂いたとは思っていません。

どこかであさひホーム住まいづくりについて、噂で聞いていたのでしょうが、
一本の頂いた電話からご縁とは……考えさせられる電話でした。

遡れば、

電話を頂いた方が、新築住宅が完成し受けとる時(本来は喜び一杯のはずでしたが)
「米田君を信頼して**ホームを選んだが、もう**ホームの事は今後一切口に出さない、選んだ私が悪かった」
大変辛い言葉でした。
それは電話の主、そして私にとっても。(それ以来ご縁が途切れました)

そしてこの様な事を言わしめた住まいを絶対造らないと誓ってあさひホームを立ち上げました。

生意気になりますが、住まいは作り手(施工業者)の考え方ひとつで良い住まいにもなれば、普通の住まい、又それ以下の住まいにも成ります。

頂いた電話も私は創業時からとことん頑丈で長持ちする住まいづくりに邁進してきたお陰だと思っています。

それは依頼して頂いた方を裏切らない真面目な事が一番・・・・・と改めて思う所です。

コメント

ある電話!!!

2018-11-13 08:51:56 | Weblog

紅葉と光芒







前回から続きます。

電話の主は?

ユーザー様とはご縁が深まったのですが、ところが工事が始まるとクレームのオンパレードとなりました。
肝心の施工で関係は劣悪になった次第です。
その経緯を言えば長くなりますので割愛致します。
短く言えば当時住宅会社はイケイケドンドンでお施主様には申し訳ないのですが、いい加減な住宅を造ったのです。

お施主様の怒りはいか程か・・・・・・想像ついて頂けると思います。

さてその後、勤めていました住宅会社は清算という形でこの業界から消えました。
もっとも私と電話の主とは建物引き終えた時点(会社清算前)にご縁はついえていました。

その後、私は勤めていた住宅会社を反面教師とし、平成8年、絶対手抜きをしない住まいづくりを信条に小さな会社を立ち上げました。
施工者なら手抜きをしないのは当たり前の事ですが、あえてその言葉を声にしました。

お陰様で創業今年で22年経ちましたところに、最悪の関係で終わっていました元ユーザー様から先日電話を頂いたのです。
それがなんと親戚を紹介するとの電話でした。

次回に続きます。

コメント

ある電話に!!!

2018-11-09 10:23:02 | 住まい

白馬三山方面









電話の主は
さて前回で電話した方と、私が務めていた住宅会社との間でもめ事が有った事を想像して頂けたと思います。

その通りです。

営業職の私目線からも申し訳ないと思える程の工事でした。
(当時はバブル絶頂期のはじける直前、努めていた住宅会社に限らず多くの建築業者は
今思えば、まともな住宅を建築してなかったのでは・・・・・)

さて縁は何処にあるの解りませんが、この方と知り合ったのはたった一本の電話からでした。
当時の会社は夕方からが本格的な営業が始まります。
(勤務体制は午後0.00時から午後9.00)

たまたま私が受けたのです。

早速モデルハウス(展示場)をご案内・知り合って僅か1週間程でご成約頂きました。
話はトントン拍子でした。この方はモデルハウスと接客が気に入ったのでしょう。

私がたまたま電話をとり担当になりましたが、他の営業者であっても努めていた住宅会社で新築されていたでしょう。
(当時努めていた会社は県下では大手に入り名が通っていました)

何であれ、私がきっかけで勤めていた住宅会社で新築をしました。
(住まい創りの成功不成功は依頼先で8割決まると言われています.)

次回に続きます。





コメント

ある電話に!!!

2018-11-07 09:42:03 | 住まい

富士は日本一の山



高ボッチから

電話の主は


先日の事、「**市の**様から彼方に何か住宅の事で話がある様子」と妻から。
私は**市の**様・・・・・記憶になかったので誰だろう?
とにかく電話をした所

その方は**市ではなくて**台の**様でした。

それで私はびっくり。

その方とはかれこれ話は30年程遡ります。
以前勤めていました住宅会社で知り合った方で私にとっては(電話をされた方にとっても)忘れらない深いご縁が有りました。

それも大変辛く‣苦い記憶です。

妻が聞き間違えたのですが、当然私にとって**市の**さんでは記憶になく、**台の**さんと言えば深く記憶に残っている方です。

さて疑問を持ちながら・・・**さんは「実は兄弟が家を造りたいと言ってるので紹介する」との事です。

一瞬我が耳を疑いました。

**さんとは30数年音信無し
**台の**さんと判った瞬間、30数年前のクレームを今になって聞かされるのかなんて思ったのですが・・・全く違ったのですね。
新築の紹介でした。

それで「私で良い」の・・・とオウム返し問いました。
すると君のあさひホームで相談したいとの事
沢山ある住宅会社の中で、以前のいきさつを思えば「何で私の所で」とさらに問い直せば・・・・・・。

この話の続きは次回に

コメント

賠償問題

2018-11-01 05:11:32 | 政治

夕日をうけて・・・・・・富士山


高ボッチから

 

元徴用工訴訟、日本企業に賠償命じる初判断 韓国最高裁

10/30(火) 14:18配信

 朝鮮半島が日本統治下にあった戦時中に日本本土の工場に動員された韓国人の元徴用工4人が、新日鉄住金に損害賠償を求めた訴訟の上告審で、韓国大法院(最高裁)は30日、個人の請求権を認めた控訴審判決を支持し、同社の上告を退けた。
これにより、同社に1人あたり1億ウォン(約1千万円)を支払うよう命じた判決が確定した。

 韓国の裁判所で、日本企業に元徴用工への賠償を命じる判決が確定したのは初めて。

 日本政府は、元徴用工の補償問題は1965年の日韓請求権協定で「完全かつ最終的に解決済み」との立場を取る。
今後の両国の対応次第では、外交や経済関係に打撃を与える可能性があり、日韓は新たな火種を抱えることになった。

 原告は同社が賠償に応じない場合、資産差し押さえなどの強制執行手続きができる。
弁護団は、同社の資産は韓国にないとして、第三国での手続きを視野に入れる。
同様の訴訟は、新日鉄住金に加えて不二越(富山市)など約70社を相手にした計15件があり、今回の最高裁の決定は他の訴訟の判決にも影響しそうだ。
また、同様の訴訟が新たに相次いで起こされる可能性も高い。(ソウル=武田肇)

朝日新聞社

私心
慰安婦問題に続きこれもかとの思いです。
この国は日本に対しての恨みつらみは半端でないことですね。

日本は1965年当時当時の韓国国家予算の2.3倍程の超多額な賠償金を払っている。
にも拘わらず。
この国の異常で執拗さに唯々呆れます。

竹島の不法占拠といい、この国は我が国に対して国際法も関係ないとの事でしょう。

参考に

https://matome.naver.jp/odai/2140219720053980901





コメント

終活

2018-10-31 08:30:18 | Weblog

月光の木場潟










雑感
早や10月も今日一日。
何時もの事ですが、それにしても最近は月日の経つのはもの凄く速いと感じます。

「光陰矢の如し」時は止まらないですね。

さて11月が来れば私、お陰様で?72歳となります。

私の幼少期の70歳越えと言えば結構なお年寄り・・・・・・その世代となったのですが今時の70歳代は見かけも精神的にも若いですね。
それでも何時まで生きれる訳では有りません、明らかに人生の終盤です。

そこでこれからが大切と思いますが、簡単に言えば、何事も「終わりよければ全て良し」残された年月を如何に過ごすか、
過ごす事が出来るのかになるのでは有りませんか。
もっともなる様にしかならないですが・・・・・・経つ鳥跡を濁さず人生終えたいのですね。


コメント

北方領土

2018-10-27 15:51:02 | Weblog

対岸の水鳥





遠すぎて残念

<北方領土>択捉の日本人墓石 ロシア人修復「友達だから」

10/26(金) 9:21配信

 北方領土・択捉島の元島民2世らにより7月、同島の紗那墓地で倒れた日本人の墓石4基を復元する作業が始まったが、
一緒に汗を流した同島在住のロシア人、セルゲイ・クワソフさん(63)がその後一人で墓石をすべて据え直した。
本格復旧は来年以降と考えていた関係者は「まさかここまでやってくれるとは」と感激している。【本間浩昭】

 今年度のビザなしロシア側最終訪問団の一員として富山県を訪れたクワソフさんが15日、帰港前に根室市で日本側の関係者に詳細な経過を明らかにした。

 墓石の復元プロジェクトは、1級建築士の井桁(いげた)正美さん(58)=東京都中野区=が12年前に初めて紗那墓地を訪れた際、
曽祖父・柏谷幾次郎さんの墓が倒れているのを目の当たりにしたのをきっかけで始まった。

 「何とか修復できないか」と数年越しで計画を温め、今年7月にビザなし日本側訪問団として択捉島を訪れた際、
井桁さんら11人が1912(大正元)年に同島で亡くなった高橋直孝さんの墓の修復に着手。土台にセメントを流し込み、来年墓石を据える予定だった。

 その作業を手伝ったクワソフさんによるとセメントが固まった8月、推定350キロの高橋さんの墓石を小型クレーンを使って一人で据えた。
さらに墓地内に倒れていた日本人の墓石を次々と据え直したという。

 重さ約1.3トンもある「明治30年1月 故柏谷幾次郎」と書かれた墓石は「斜面に曲がって倒れていたので起こすのに3日かかった。
いつも花を手向けています」とも話した。

 根室市で井桁さんと再会したクワソフさんは直した墓石の写真のコピーを示しながら「近くに母の墓があり、行くたびに倒れた日本人の墓石が気になっていた。
友達だから協力した」と伝え、堅い握手を交わした。
さらに、墓石の下から見つかった皿も渡した。

 井桁さんは「元島民は島を離れるとき、墓の近くにいろいろなものを埋めてきたと聞いている。
きっとその一つだと思う」と感謝。「来年は元島民のおばやいとこを、復元された墓に連れて行きたい」と喜んだ。

 ◇「叔父の病気、日本人が治してくれた」

 倒れた日本人の墓石をボランティアで修復したクワソフさんによると、母は戦後間もない1945年、ロシア中部・ボルガ川流域のサラトフから祖母に連れられ、きょうだい6人と一緒に択捉島に移住した。
生前には「日本人と同じ学校(紗那国民学校)に通い、子供のころから日本人を友達だと思っていた」と話していたという。

 同校は、北方領土にいまも残る数少ない木造建造物。「
僕も1年生のとき(61年)まで通った。
でも現在は使われておらず、いずれ壊されてしまうだろう」と寂しげな表情をした。

 クワソフさんは母から聞いた日本人との親交のエピソードも語った。
「叔父が病気になったときは、日本人医師が治療してくれて治った」「日本人は敵ではなく、友人だった」

 その母も数年前、同島で亡くなり、紗那墓地に埋められた。紗那郊外にある同墓地は、日本人の墓とロシア人の墓が混在する状態で葬られている。

 クワソフさんは「日本人とはかつて一緒に仲良く暮らしていたし、将来も一緒に住めると思う」と語った。

私心
先ずは心優しいロシアの人に感謝です。

さて北方領土です。
安部首相は頑張っていますが、残念ですが北方領土の返還は厳しいですね。
プーチン首相の強力な権力に淡い期待を一時はしましたがはかない夢の様ですね。
ロシアは返さないのが基本姿勢でしょう。

コメント

所信表明

2018-10-25 08:18:26 | 政治

白川郷の夜景




 雪の積もった時期に再訪したいです。

<所信表明>首相、改憲協議に期待 「幅広い合意、確信」

10/24(水) 14:03配信

 ◇第197臨時国会が召集

 第197臨時国会が24日召集され、安倍晋三首相の所信表明演説が同日午後の衆参各本会議で行われた。
相は来年10月の消費税率10%への引き上げに向け「経済に影響を及ぼさないようにあらゆる施策を総動員する」と表明。
増税分から財源を振り分けて幼児・高等教育無償化を実現することなどを通じ、「全ての世代が安心できる社会保障制度」に改革する意欲を示した。
憲法改正では「立場を超え、できるだけ幅広い合意が得られると確信している」とし、与野党協議の進展への期待感を表明した。

 首相は改憲に関し「(衆参の)憲法審査会で政党が具体的な改正案を示すことで、国民の理解を深める努力を重ねる」と述べ、自民党案の提示を機に議論を深めたいと意気込んだ。

 9月の自民党総裁選で3選されたことを踏まえ、首相は「次の3年間、国民とともに新しい国創りに挑戦する」と表明。
一方で「長さゆえの慢心はないか。
そうした国民の懸念にもしっかりと向き合っていく」と述べ、森友・加計学園問題などを巡る世論の不信感にも配慮を示した。

 政府は臨時国会で外国人労働者の受け入れ拡大を目指す入国管理法改正案の成立を図る方針。
首相は演説で「一定の専門性・技能を有し、即戦力となる外国人材を受け入れる」と表明し、新たな在留資格を設け、法務省の入国管理局を「出入国在留管理庁」に格上げする意向を示した。
外国人労働者に日本人と同等の報酬を確保し「世界中から優秀な人材が集まる日本を創り上げる」と述べた。

 また、今夏の一連の災害の復旧費用などを盛り込んだ9356億円の補正予算案の成立で「復旧を加速する」と表明。
防災・国土強靱(きょうじん)化対策を年内にまとめ、「3年間集中で実施する」と表明した。

 外交では「戦後日本外交の総決算」を目指すとした。
北朝鮮による拉致問題では日朝首脳会談への意欲を改めて示し、「ご家族もご高齢となる中、あらゆるチャンスを逃さないとの決意で臨む」と強調した。
日露関係では「プーチン大統領との信頼関係の上に領土問題を解決し、日露平和条約を締結する」と改めて表明した。
日中関係では、26日の首脳会談を通じ「新たな段階へ押し上げる」と語った。
通商問題では、日米物品貿易協定(TAG)の交渉を進め「双方に利益が得られるような結果を出す」と述べた。【高山祐】

 私心
個人的には所信表明で関心を持つのは憲法改正・・・・・・私は改憲に賛成です。
多くの国民に合意を得る為に政治家は大いに努力するべきです。

現状では国会議員の三分の二以上の賛成が必要となっているのも不合理で、憲法は国民の過半数の合意が有ればいつでも改憲出来る様にと願う所です。
勿論国民の命と財産を守る自衛隊は堂々と憲法に明記するべきと思っています。

コメント