あおいほしのジャジーなミュージックライフ

あおいほし(青井保志)の音楽活動や楽器や音楽観をつれづれなるままに書いています。

Aria Pro II ES-700ST-VS '76がやってきた

2018-09-04 06:49:59 | 楽器

誕生日の夜、ヤフオクをポチっとやったら落ちちゃった。
んで、やって来ました Aria Pro II ES-700ST-VS '76、バイオリンフィニッシュの渋いルックスのセミアコギターです。
1976年製ですが、傷もあまりなくきれいな個体です。

 

届いてからピックアップがどんなのが付いているか見てみました。
弦を緩めて、ネジを外し取り外してみると、

まず、ピックアップ取付穴から見えるセンターブロック加工が丁寧になされていることが分かりました。

センターブロックだけではなく、全体に作りが良いギターです。

当時Ariaのギター製造を受け持っていたマツモク製でしょうか?

ネックも含め全体的に日本職人のきめ細やかさ、丁寧さが感じられる作りです。

 

 

ピックアップをよく見てみると、

PAT PENDという記載があります。

これは Patent Pendingの意味で、特許出願中という意味です。

その下に番号があります。 

NO. 02789

特許出願番号でしょうか? それともこのピックアップのシリアル番号でしょうか?

この時代のマツモク製造でしたら、ピックアップはMaxonかな?

 

スタジオで鳴らしてみました。 いい感じの音です。

出力は大きすぎず小さすぎず、程よい出力で、ジャズ系にも使えます。

エフェクターでドライブをかければロック系やブルース系にも使えます。

今年の横浜ジャズのステージにはこいつを使ってみようかな・・・

 

 

 

 

コメント

秦野市タバコ祭りミュージックフェスタ(第71回)に音曲座とDENIMで出演します

2018-09-04 06:04:31 | バンド活動

秦野たばこ祭りが、9月22日(土)、23日(日)の両日に開催されます。

なにやら17万人の人出と言う事です。秦野市が人であふれますね~
 
 
そのイベントの一環で、秦野たばこ祭りミュージックフェスタという音楽イベントがあります。

http://www.kankou-hadano.org/tabakomatsuri/event/day1-2event/tabakomusicfesta

市役所駐車場のメインステージに加え、各商店街が個別にいくつもステージを立てて、

さながら秦野ジャズフェスの様相です。

 
一昨年(2016)は商店街のステージで演りましたが、去年、今年と市役所メインステージに選ばれました。

しかも、今年は2バンドエントリーして2バンドともにメインステージに選ばれました。

一つはブルースバンドのDENIM(14:30-15:00)、もう一つはAORバンドの音曲座(17:50-18:20)で演奏します。

 


 

 
出演日の9月22日は花火大会もあるようで、多くの人出が期待できます。

音曲座の方は夜の部の出演なので、花火大会を見に行く沢山の人たちが来てくれると思います。

花火大会の前座として夜空に向けてドドーーンとAORを放ちましょう(^_^)

コメント

Greco SV-800 1981年製 去年の今日買ったギター

2018-08-27 08:32:10 | 楽器

Greco SV-800 1981年製 セミアコギター。
これを買ってちょうど1年経ちました。
Facebookがその時の感動を知らせてくれました。
その記事を転載します。
 
 

'81年Greco製のこのギター、とんでもないギターでした。
想像をはるかに超えた名器と言っても良いでしょう。
私のフィーリングにピタッときました。 ①音のレンジが広い。
セミアコ特有の甘い艶のある音から、エレアコのような切れのある爽やかな音まで、ノーマル状態の切り替えで出ます。それに加え、下方にある黒いつまみが魔法のつまみです。これを変化させることで、ハムとシングルを次第にミックスできるのです。しかもフロント、フロント+リア、リア、の3モードに対して。もうこれは335とストラトを一緒にしたギターと言っても過言ではありません。シングル100%にするとパキパキ・シャリシャリした音で、ファンク系コード弾きにぴったり来ます。もう驚きです!
 
②ネックが細い、弦高が低い。
ギタリストとしては大きい方ではない私の手にしっくりくるネック幅と厚さです。弦高は12Fで1mm前後、タッチしただけで音が出ます。弾き易いの一言。
 
③ボディーが小型、軽い。
日本人向けに開発されたのでしょう、335などの標準セミアコに比べれて一回り小ぶりです。そのせいもあって、軽いです。私のES-347に比べておそらく1kgは軽いでしょう。持ち運び、ステージ、いずれも疲れません。
 
④綺麗です。ほとんど傷無し、金属腐食無し、フレット減りなしのミント状態。
おそらくオーナーはもったいなくて弾かずに保存していたのでしょう、ほとんど新品状態です。36年も経っているのに、木部や金属部は新品状態。バインディングのみが時間の経過を物語っています。
 
日本の職人が精魂込めた絶品のギターです。

 

 

 

 

コメント

Greco TE-450 1974年製 (その2)

2018-08-20 10:01:24 | 楽器

学生の頃買ったGreco TE-450 1974年製

約3年間の使用だったけどネック部分がボロボロになった。

1フレットと2フレットは自分で打ち換えた。

加えてリアのピックアップを取り替えたり、フロントのピックアップカバーを替えたり、ヘッドロゴを書き換えたり(若気の至り)。

すっかりGrecoと分からなくなった。

リアのピックアップはディマジオのスーパーディストーション。

鳴りが良い! アタック感がある。

一方のフロントピックアップはオリジナルのMaxon。

ふくよかな柔らかな鳴り。まるでクラプトンのウーマントーン!

フロントとリアのこのコントラストが気に入っている。

 

 

 

 

 

コメント

Greco TE-450 1974年製

2018-08-20 09:54:49 | 楽器

実家に眠っていた、学生時代の3年間弾いたギターを、この夏持って帰って来た。
このギターでは、メジャーソロデビューしたCharのファーストアルバムや、カールトンの初期アルバムRoom335などを弾いた。
3年間でメイプル指板はボロボロ、フレットはすり減って、1、2フレットだけは自分で打ち直した。

 


今週末のライブでこいつを使ってやろうと思う。


   なぜ?


今度立ち上げたブルースバンド DENIM は、私がバンドを始めた中学生の頃やっていたブルースへの回帰バンド。
その初ステージは、学生時代弾き込んだこいつが最も相応しい。
40年ぶりにこのギターが鳴ってくれる。


2018年8月25日土曜日
藤沢本町クラジャ
15:30開場 16:00開演

チャージ無し、飲食代のみ
私達のバンドDENIMはトリの18:30出演



コメント