カプアン通信

カプアンとは
なんちゃっテリア
カプアとアンジェロのコンビのこと
カプアンたちの日常と
犬好き親爺の犬話閑話

新スタート

2007年11月30日 02時51分22秒 | カプアン通信初回
アンジェロパパ改めカプアンパパです。
カプアとアンジェロのパパなので、カプアンパパです。

しばらくブログをお休みをしてしまい申し訳ありませんでした。
カプアが我が娘になってから、いろいろなことがありました。

カプアンのジジである私の父親が、風邪からの腸炎で入院しましたが
その後、カプアンのババである私の母親まで、風邪で軽い肺炎にかかり入院しました。
幸い、お医者さんの処置が早かったので、2人とも先週末退院いたしました。
ご心配おかけしました。

カプアの足は、一時悪くなり、さらに、皮膚病にもかかりました。
いろいろな治療を試しましたが、今は、鎮痛剤と抗生剤が効いて元気になり
再びアンジェロとガウガウしています。
今後も、注意深く経過観察をします。

最近、仕事が減ってしまい、犬たちと遊んでばかりいた
カプアとアンジェロのおやじは、珍しく仕事が大量に依頼され
てんてこ舞いの毎日です。
腰痛と四十肩は、軽かったので完治しましたが
年内に仕上げなければならない仕事が20案件以上あり、くらくらしています。

そんな毎日ですが、一頭増えれば楽しい我が家。
これからも、犬馬鹿なお話をつづっていくつもりです。

再スタートにあたり、あらためて、登場人物のご紹介です。




雑種犬アンジェロ(2歳3ヶ月、オス、約13キロ)
2005年8月下旬、千葉のある公民館前にダンボール箱で
ほか2匹の兄妹とともに捨てられました。
すぐに、千葉WANのhanaharuさんのお宅で保護され
たくさんのワンちゃんやネコちゃんに囲まれてスクスク育ち、
2005年11月19日、我が家の長男になりました。
人間とネコが大好き。身体は細いけれど運動神経抜群です。
最近は、供血ドナー犬として活躍しています。



雑種犬カプア(もうすぐ1歳、メス、約14キロ半)
2007年4月ころ、千葉県某所で、姉妹犬と二頭で放浪中
千葉WANさんに保護されました。推定2006年12月生まれ。
千葉WANのakiさん宅で、ワンちゃんネコちゃんに囲まれて元気に育ちました。
2007年5月下旬我が家に来て、いろいろあり、約半年里親様を募集していましたが、
2007年11月12日、我が家の長女になりました。
テレビに夢中になったり、観察眼がするどく、賢いワンコです。
普段はのんびりしていますが、大型犬に遊びを仕掛ける大胆さもあります。



中年オヤジ カプアンパパ(40代後半、オス、70キロ台)
東京都出身。赤ん坊の頃からワンコに育てられ、
これまで4代のワンコたちと暮らしました。犬馬鹿オヤジです。
脱サラ後、自営をはじめ20年近く経ちました。
特技は笛を吹くこと、苦手なことは早起き。


ブログの名前は変りましたが、アドレスなどは変りません。
しばらくは、お休みしていた間のお話などをご紹介する予定です。

なお、今週末の12月2日日曜日、神奈川ではじめての千葉WANプチ里親会が開催されます。
http://chibawan.exblog.jp/(←クリック)

 ←クリックで拡大

この方は犬の化身なのでは、と思ったほど、たくさんのワンコたちから
慕われている、チビスケ母さんが中心になって、会の準備が行われています。
アンジェロとカプアも当日、応援にかけつける予定です。
(早起きは苦手なので、たぶんお昼ころになります)
かわいいワンコたちが、皆さんに会うのを待っています。
また、会場は海辺の風光明媚なところです。
ぜひ、多くの方が来場されますよう願っています。


これからもどうぞよろしくお願いいたします。
コメント (8)

ありがとうございます

2007年11月18日 03時15分49秒 | わんこよもやま話


土曜の朝のカプアとアンジェロです。
毎日、激しくガウガウしていたアンジェロとカプアは
カプアが我が家の子になった翌朝から、急に穏やかな関係にかわりました。
不思議ですね。


みなさま、たくさんの暖かいお祝いメッセージありがとうございました。
毎日、何度も読み返して、感動しております。
お返事が遅れて申し訳ありません、諸般の事情で、もうしばらくかかりそうですが
後日、コメントを入れさせていただきます。
新ブログ開始もしばらくかかりそうです。といっても内容は大きく変りません。

父の件でも、ご心配いただきありがとうございます。
父は、重い病気にかかったわけではありません。
ただ86歳という高齢なため、病院で念のためケアをしていただいてます。
近日中に退院できると思います。

私の腰痛は、ほとんど治りましたが、こんどは四十肩になりました。
久々に接骨院でマッサージを受けました。
運動不足を痛感しております。

カプアのソックリ犬“ディアナちゃん”は、カプアが我が家の子になった翌日
ディアナちゃんを救出してくださったムック母さまのウチの子になりました。
偶然にも、カプアと同じ結果となりました。おめでとうございます。
↓その幸せなお話は、ディアナちゃんをクリックしてください。


カプアが痛がっている足は、いままでは前足でしたが、今週半ばころより右後足に変りました。
念のため本日、病院でレントゲンを撮って調べましたが、いまのところ新たな治療は必要ないようです。
先週の土曜日よりカプアは、同じ病院で、ホメオパシー治療をはじめています
痛み止めと、骨のケア、心の安静のためのレメディを毎日与えています。

きょうは、カプアのつきそいでアンジェロも病院に行きましたが
小型犬のワンちゃんが、手術で血液が必要になったので、アンジェロに
供血ドナー犬としての、出動の指令が下りました。


えっオイラ?

残念ながら、今回は血液のタイプが合わなかったみたいで、
輸血はできませんでしたが、アンジェロはA動物病院の皆さんに感謝されました。



今晩の動物病院は、緊急手術が多かったみたいで、
アンジェロとカプアのお迎えが深夜になってしまいました。
獣医師の先生方お疲れさまでした。
我々の姿を見ると、カプアは喜んで走ってきて、お父さんの足にしがみつきましたが
気持ちがゆるんだのか、そのままジャ~ッと・・・。
こんなことでもうれしいものです。

アンジェロとカプアのお散歩コース、ミッドタウン・ガーデンの
クリスマス・イルミネーションがはじまりました。
12月25日まで16:00~23:00の時間帯、幻想的なミルキーウェイが出現します。
Tokyo Midtown 1st Christmas



なぜか、この光を見ていると、虹の橋を渡ってしまったワンコたちのことを、思ってしまいます。

本日は、お昼から江戸川河川敷で、千葉WANプチ里親会が開催されます。
カプアとアンジェロは今回うかがえませんが、かわいいワンコがたくさん参加します。
お時間がございましたら、是非お出かけください。
詳細は、http://chibawan.exblog.jp/(←こちらをご覧ください)

 ポスターを拡大(←クリック)
コメント (14)

重大発表

2007年11月14日 16時57分38秒 | カプアの紹介
すでに千葉WANのホームページをご覧になって
気づかれた方がいらっしゃると思いますが
里親様募集中だったカプアは、
11月12日をもって
我が家の娘になりました。

実は、いままで隠していましたが
カプアは、今年の5月末頃、我が家に里子として迎えられる予定でした。

しかし、数日暮らしてみて、アンジェロと二頭の世話をすることが
思いのほか大変だったのと、両親の健康のことなどがあり
千葉WANスタッフさんたちと、よく話しあいましたが
5月末の時点で、家族にすることをあきらめ
我々のところより、カプアが幸せになる家庭の家族に
なってもらおうと思いました。

その際、カプアを預かってくださっていたakiさんのもとに
お返しする予定でしたが、
カプア以外にも多くのワンコを飼っているakiさんの
預かりさんとしての負担のことなども考え
普通ではありえない話ですが
そのまま、カプアをお預かりし、里親様の募集をはじめました。

我々のわがままを聞いてくださった、
akiさんをはじめ、千葉WANのスタッフの皆さまには
いろいろご心配をおかけしたと思います。


我々なりに、約半年、カプアにふさわしい家庭が見つかるよう
ブログを作り、里親会に参加し、
また食事など、カプアの日頃の健康に気をつけてきたつもりです。

ただ、迷子の心配を考えて、カプアのからだにマイクロチップを入れたことや
ドッグランの楽しさを教えたくて、ドッグラン申し込みのために犬鑑札の登録したり、
里親希望者様に、きれいなカプアをお目にかけたくて、
トリミングサロンに預けたりしたことが、
逆にカプアのことを手間のかかるワンコと感じさせてしまったり
やりすぎと、まゆをひそめた方もいらっしゃったかもしれません。

いままで、なかなか、カプアにぴったりと思われる希望者様が
あらわれませんでしたが
先週、ある希望者の方からお申し込みをいただき
いよいよ、カプアとお別れかと思いました。

しかし、先週終わりころから。カプアがびっこをひくようになってしまい。
いままで、痛くても、絶対声をあげなかったカプアが
夜中に、我々のベッドにやってきて、
ふとんの上で、朝まで小さな声で鳴き続けました。

我々は、広範囲のレントゲンを撮るなど、病院で精密な検査してもらいましたが
原因がわかりませんでした。
そして、ホメオパシー治療の資格をお持ちの獣医さんから
最近、何か変ったことがありませんでしたか?と聞かれ
希望者様のお申し込みがあり、カプアの将来について夫婦で話しあったことを伝えると
それが、原因のひとつと言われ驚きました。

日頃わがままで、ごはんを食べず、すぐ下痢をするアンジェロに比べ
何でもよく食べ、落ち着いて見えるカプアが
実は、アンジェロよりも、繊細でナイーブであることも
獣医さんから指摘されました。

検査のため、病院にカプアを預け、夕方引き取りに行ったとき
待合室中の人が驚いて振り向いたほど、カプアが狂喜して
私に飛びついてくれました。

この様子をみて、
カプアが我々を家族として、選んでくれたものと理解しました。

里親希望者様には、たいへん申し訳なかったのですが
理由をお伝えし、お断りさせていただき、
こころよくご了解してくださいました。


カプアをお申し込みいただいた皆さまには申し訳ございませんでした。

千葉WANの皆さまにも、ご迷惑、ご心配をおかけしました。

長い時間がかかりましたが、カプアが我が子になり、アンジェロの妹になり
ほっとしたのと同時に、
里親希望者様にお断りしてまで家族にしたことで
カプアを必ず幸せにさせなければ、という責任を感じております。

カプアの足はまだよくなりませんが、今後、西洋医学とともに、
お灸や鍼などの東洋医学や、レメディなどのホメオパシー治療を
ためしながら、ゆっくり治していくつもりです。

我々のおこないに、ご批判もあるかもしれませんが
カプアに幸せになって欲しいとの思いで決断させていただきました
ご理解いただければうれしく思います。





























おことわり
更新頻度が少なくなるかもしれませんが「アンジェロの日記」は名前を変えて、これからも続けてまいります、今後ともご指導ご鞭撻をよろしくお願いいたします。なお、私の仕事の都合と、本日父が入院したため(たいしたことはありません)ブログはいったんしばらくお休みする予定です。
コメント (42)

わすれもの

2007年11月12日 19時02分13秒 | 犬じゃない話

今朝、カプアを抱えて、腰痛が再発したアンジェロパパです。
カプア11ヶ月。人間でいえば、花も恥じらう17歳くらいの女の子です。
小柄に見えますが、体重は15キロ近くになってしまいました。しずちゃん並みです。


昨日は、アンジェロパパが小学校6年生だったときの同級生たちとクラス会をしました。
担任のI先生が、昨年亡くなられてしまい、一周忌にあわせ
お墓参りもかねて集まりました。みんなと会うのは、30ウン年ぶりでした。

みんな、いいお父さんお母さんになっていて、昔の給食の話などで盛り上がりました。
それと、自分たちの母校の中学校が、統廃合でなくなるという話を聞きました。
子どもの数が激減しているのですね。
アンジェロパパの小・中学校は、東京都の区立の学校でしたが
当時1クラス45人くらいが普通で、1学年6組までありました。
いまは1学年1クラスなんて場合もあるそうですね。
あと、昔の先生はきびしく、今でいう体罰スレスレな教育がありましたが
皆、自分が悪いとわかっていたので、なんら問題になりませんでしたよ。


ところで、最近、忘れ物が多いアンジェロパパは
デジカメを、二次会で中座したときに忘れてきてしまいました。
幸い、残っていた同級生が見つけて預かってくれました。

アンジェロパパのカメラは、中古で買ったサイバーショットという
やや大きなカメラで、ブリーフケースなどに気軽に入らないので、
テーブルの上に出していて忘れてしまいました!
もっと薄い、洋服のポケットに入るようなカメラが欲しくなりました。
洋服ごと忘れる。というケースも考えられますが



厚さが6センチもあり、昔のフィルムカメラみたいです。


このカメラに、カプアが週末受けた、ホメオパシー治療の様子なども
入っているのですが、友人が送ってくれるまで、写真をご紹介できません。

なので、カメラが戻るまで、数日間ブログをお休みします。
めんぼくございません。
コメント (6)

続マイクロチップのススメ

2007年11月09日 21時18分36秒 | カプアンパパの犬話


上の写真は、たくさんのワンコの命を救っているチロママさんが
先月、動物愛護センターで目撃したシーンです。
回収車から引っ張り出されたワンコは、据え付け型のマイクロチップリーダーの機械を通されます。
据え付け型リーダーは、動物病院などにあるハンディ・リーダーより感度が高く、
動物が通るだけで、マイクロチップに反応します。

チロママさまは、心の中で「機械が反応してくれ!」と祈ったそうですが
無情にも、この生後3~4ヶ月の子犬は、収容部屋へ連れていかれました。


きょうは、前回のマイクロチップのススメ続編であります。

アンジェロパパはその後も、マイクロチップについてネットなどでいろいろ調べました。
そして、マイクロチップの導入に反対もしくは思案されている方が
まだ相当いらっしゃることがわかりました。

反対者の意見は主に次の2点です。
1. 動物の体に害があるのでは
2. リーダー(読み取り機)が普及していないので、入れても無意味

1.については、↓次のウエブサイトがありますので、閲覧をおすすめします。
マイクロチップの疑問にお答えします(77問77答)
このサイトは動物病院のグループが作成してますので、
副作用やデータ読み取りのシステムのことなど技術的な疑問に詳細に答えています。

結論からいって、副作用や事故は非常にまれです。
英国の獣医師会では、マイクロチップの挿入で何か副作用が起きた場合、
報告をするよう求められており、すでに23,000,000頭の犬がマイクロチップの
挿入をしており、235頭の副作用報告がありますが、その大部分は
マイクロチップの移動によるものです。
これはおよそ10万頭に1頭という割合です。例えとしてふさわしいかわかりませんが
宝くじの100万円が当たる確立より「まれ」です。
また、日本でもっとも多く導入されているデジタルエンジェルス社の「ライフチップ」は
他社の7~8倍移動しにくい構造になっています。
アンジェロとカプアに挿入してもらったのも、この製品です。

そして、報告があるものでは、伴侶動物のマイクロチップによる死亡例は
世界で、たった1例だそうです。
それは、猫に挿入したマイクロチップが脳幹に迷入した例だそうです。

アンジェロパパは、先日、カプアの足の件で、A動物病院の獣医さんに面会し
マイクロチップの移動による健康への影響はないか質問しました。
獣医さんによると、マイクロチップが入っている皮下組織部分は神経への影響が無い箇所に
挿入されているので、多少動いたとしても問題ないとのことでした。

それから2.についてですが、たしかに2005年頃までは、調査結果で公表されていたのが
東京都、静岡県、福岡県、川崎市だけであったため、普及してないと思われてましたが
その後、急速に普及しています。
最新の調査結果がネット上で見つからなかったので、アンジェロパパは
10月31日に、環境省の動物愛護・管理の担当官に電話をしました。
環境省でも、地方自治体への、リーダー導入一覧データは把握していませんでしたが、
電話に出た係官によると、すでに、全国の保健所、動物愛護センターに
マイクロチップ・リーダーがかなり導入されている。との話でした。「かなり」というのが
「過半数」なのか「思ったより多い」という感想なのか不明ですが、
普及していないというのは間違いです。

また、動物愛護管理法が昨年、改正されて、特定動物(猛獣など)は
マイクロチップの挿入が法律で義務づけられたため、動物を扱う公共機関は
マイクロチップ・リーダー設置の推進が求められています。
今年度中に、全国すべての保健所、動物愛護センターなど動物を扱う公共機関に
マイクロチップ・リーダーが設置されるという話も一部ではあります。


以下に参考になるサイトを紹介します。
※ただし、マイクロチップの技術、導入状況は日進月歩です。なかには、古い情報も一部含まれます。

『マイクロチップってどんなもの?』(All About)
『マイクロチップ、入れてみました!』(All About)
『マイクロチップ販売会社4社へのアンケート』(All About)
『動物病院マイクロチップアンケート:前半』(All About)
『動物病院マイクロチップアンケート:後半』(All About)
『マイクロチップ総評:前半』(All About)
『マイクロチップ総評:後半』(All About)


長文を読んでくださりありがとうございました。
マイクロチップ導入を思案されている飼い主さんの一助になれればさいわいです。
コメント (4)

盲導犬のニュースを読んで

2007年11月08日 22時30分08秒 | カプアンパパの犬話
今朝、新聞を開いたら、宮中に入った盲導犬のニュースが載ってました。

インターネットでもたくさん同じニュースが出てました。

皇居宮殿に初めて盲導犬 叙勲伝達式で

昨日、元京都府視覚障害者協会会長の福島さんが、天皇陛下にあいさつをする式で
盲導犬とともに宮殿入りした。というニュースでした。
ちなみに天皇陛下の長女、黒田清子さまは子どもの頃から
盲導犬の活動について関心が高いそうです。
また、宮内庁によると、事前に申請すれば盲導犬は宮殿に入れますが
実際に申請したのは福島さんが初めてだそうです。

朝日新聞の記事では、福島さんが拝謁のあと
「まだまだ社会に盲導犬は周知されていない。今回、宮中に入らせていただいたことで、
社会に理解が広がって欲しい」と語ったそうです。


犬猫保護や里親探しのこともそうですが、日本社会は動物の福祉について
理解が足りないと思います。

身体障害者補助犬法が施行されて、すでに5年以上たちますが
いまだに、盲導犬の入店拒否などの問題があるそうです。
ちなみに、2003年10月からは、スーパー、デパート、ホテル、レストランなど
民間施設においても盲導犬の同伴を拒むことはできないとされています。
しかし、いまのところ入店拒否に対する罰則がありません。

↓こちらのページに、日本盲導犬協会が、補助犬法の意識調査をした結果が紹介されています。
盲導犬のこと知っている?

それによると、盲導犬を入店拒否した理由について
「ペット入店不可」という意見が目立ちます。
盲導犬とペットを同一視するとは、何という理解不足!

私は、学生時代、満員電車で補助犬を間近に見たことがありますが
満員なため4本足で立っていられなくなり、ついに2本足で立ち上がってしまい
自分の顔の横に、犬の顔がありましたが、なにくわぬ顔で耐えてました。

盲導犬が外で排泄をしないよう訓練を受けていることや
他の犬からの攻撃からも動じないことや、飼い主の命令であっても
飼い主を危険から回避するためには、命令に背くことなど、
きびしい訓練で身につける数々の能力には驚嘆いたします。

ところで、盲導犬は激務なため寿命が短いと考える方が多いようですが
盲導犬協会などによると、仕事を与えられて活き活きしているせいか
一般の家庭犬より、寿命は長いそうです。ただし、10歳を越えて
仕事を続けることはきびしいそうで、主人と泣く泣くお別れをして
リタイヤウォーカー(引退した犬を世話するボランティア)の家で
のんびり余生を過ごすそうです。



ぼくたちも、もうどうけんになれるかな
あなたたちは「もうどう犬」じゃなくて「どうもう犬」でしょうが
コメント (4)

トイレの話

2007年11月07日 19時41分36秒 | わんこよもやま話

先住犬のサリーは、長年、私の実家で外飼いをしていました。
10歳のころ現在の我が家に引っ越してきて、室内飼いに変りました。
しかし、しつけ方もヘタだったので、どうしてもトイレシートが使えませんでした。

サリーのために家族全員で交代して、1日3回の散歩をしましたが、
台風の日や、雨の日や、特に冬場のトイレ散歩が大変でした。
また、晩年、がんにかかり、歩けなくなったあと、
体重16キロのサリーをかかえて歩き回り、私が腰痛になってしまったり、
サリーのために台車を買って、それに乗せて近所の神社まで散歩に行ったりしました。

そんな苦労がありましたので、できれば、ワンコは室内トイレを覚えて欲しいと思います。
さいわい、アンジェロは赤ちゃんのころから、hanaharuさんがトイレトレーニングをしてくださったので、
我が家でトイレの失敗をしたことはほとんどありません。長時間の留守番も安心です。

カプアは、ウチの前に預かっていただいていた家では、トイレシートを使っていたそうですが
ウチに来てから、なぜかできなくなりました。いまでは「小」のほうは、トイレシートでできますが
「大」は、まだ室内でするのが抵抗があるようです。



1階の車庫 普段は車が置いてあります。我が家は、居室内に車を置いてます。
ここと半地下の仕事場がワンコたちのフリースペースです。

昨日は、雨が降っていたので朝のトイレ散歩はしませんでした。
午後から、カプアがヒンヒン鳴き出しましたが、トイレを覚えてもらいたいので
3階のトイレシートに連れていったり、1階のトイレシートに連れていったりしましたが
外には出しませんでした。

と、そのとき仕事の電話が入ってしまい、カプアからしばらく目を離しました。
ずっとヒンヒンしていたカプアが、急におとなしくなり、どこかからプ~ンと
かぐわしいニオイがしてきました。

仕事の電話をそこそこに切り、トイレシートを見ました。
ここを使おうとした形跡はありますが、ウンはありません。
仕事部屋も見回し、車庫の床も探しましたが見つかりません。
カプアに聞きましたが、もちろん教えてくれません。

しかしよく見ると、モルタルの床では寒かろうと妻が用意した「犬の足跡柄マット」の上に、
大きなウンが5つ、6つ湯気をたてています!



このマットの上にした。

先日、ワンコたちが、おなかをこわしたときは、カプアは3回とも、
ちゃんとトイレシートでできましたので油断してました。
実は、以前も2度ほど、別のマットの上でしたことがあります。

想像するに、カプアは柔らかくてふかふかしたところで用を足したいのかもしれません
散歩中は、公園の芝生の上でするのが好きです。

また、カプアが用を足したマットは、私のいたところからいちばん遠い場所でした。
犬のしつけの本などには、トイレは、寝床の近くに置いてはならぬと書いてあります。
「自分の巣から、離れたところで排泄するのが、敵に悟られないようにするための犬の本能」
という説明を読んだこともあります。

カプアは散歩で道を歩いていて、もよおしたときは、車道の真ん中に出てウンをしようと
するのでキケンです。知りあいのヒナちゃんもそんなことがあると聞きました。
ちなみに、アンジェロは、散歩中は滅多にウンをしませんが、もよおしたときは
生け垣の中にお尻をつっこんでしようとするので、UNの回収がたいへんです。


さて、きょうも、カプアは午後、我慢ができなくなり、ヒンヒン鳴きました。
あわててマットを隠しましたが、目を離しているときに、車庫の隅で大量UNをしました。
車庫の床は塗装したモルタルなので、掃除はラクでいいです・・・・
いやいやいや、ちゃんとトイレシートでしてください。カプアちゃん。



ウ~ンかんがえとくわ
コメント (8)

里親さんたちの輪

2007年11月06日 20時22分30秒 | いぬ親会

日曜日に多摩地区の千葉WANプチ里親会にご来場くださり
ありがとうございました。

今回は2回目でしたが、はじめて多摩地区の臨時千葉WANプチ里親会が開催される
と聞いたとき、このブログで
「これを機会に、多摩の里親会が定期的に開かれるようになり、さらに、神奈川地区や埼玉地区など
里親会の場が広がっていけば、すてきなことだと思います」と書きました。

多摩の里親会は今後も定期的に開催される予定だそうです。また、なんと!
神奈川県の湘南で、はじめての千葉WANプチ里親会が開催されることが決まりました。





30回近く続いている、江戸川のプチ里親会も、いろんな方々の努力で継続してますが、
特に、多摩地区の臨時里親会は、千葉WAN卒業犬の里親さまたち、中でも、
ワンコの預かりをされていない方々も参加して運営されています。

湘南地区の臨時里親会も、神奈川県在住の里親さまが、大勢お手伝いをされる予定と聞いております。
すこしおおげさに言えば、プチ里親会は、保護ワンコとの出会いが核となって、
大勢のいろんな立場の人がワンコを救う運動を支える、稀有(けう)な場となりつつあるように感じます。


神奈川地区の里親の皆さまに、会場でお会いするのを楽しみにしています。
湘南里親会も成功を収めますよう、期待しております。



なお次回は、11月18日(日)、いつもの江戸川河川敷にて
千葉WANプチ里親会が開催されます。

 ポスターを拡大(←クリック)

コメント

福生~姉妹?~鍼灸

2007年11月05日 16時20分56秒 | いぬ親会


昨日の東京はとてもいいお天気でした。上の写真は、朝8時台のミッドタウン・ガーデンです
いつもの休日はこんなに早くに散歩はしません。お出かけ前の散歩でした。お出かけ先は・・・




福生(ふっさ)市多摩川中央公園にて行われた
第2回千葉WANプチ里親会in多摩です。




ワンコたちに会いに沢山の方がいらっしゃいました。




新登場のプロフィール掲示板。参加ワンコだけでなく、現在、千葉WAN HP上で
里親様募集中の、ほぼ全てのワンコのプロフィールを閲覧できます。
製作者の、こだま姉さんお疲れさまでした。




えっ! カプアがふたりいる?




あなたは生き別れになった、わたしのお姉さん?




カプアのソックリさんのディアナちゃんが応援に来てくれました。
たくさんのワンコと人に囲まれて、少し緊張ギミのディアナちゃんでしたが
ウワサどおり、とてもお利口なワンコさんでした。ムック母さま遠い所までありがとうございました。
ディアナちゃんに目を奪われて、ムックくんの写真を撮り忘れてしまいました。ごめんなさい




昨日は沢山の卒業ワンコが応援にかけつけてくれました。
マイちゃんと再会して照れているアンジェロ




会場に、千葉WAN卒業ワンコ、ホクくんの里親さんで、鍼灸の資格をお持ちのご夫婦が
いらっしゃって、たくさんのワンコの調子を診てくださいました。
カプアは、歩いたり運動に不自由はないのですが、前足を時々浮かせることがあり
2、3回獣医さんに診ていただいているのですが、ホクくんのママさんにもご相談いたしました。




からだのバランスを整える、お灸と、鍼治療までしていただきました。
カプアは、足の筋が疲れやすいそうで、マッサージと保温のアドヴァイスをいただきました。




キャララちゃんも、お灸をされて気持ちよさそうでした。
ホクくんパパさん、ママさんありがとうございました。




どのワンコもしあわせになれるといいね~




帰宅して、アンジェロとカプアは爆睡。お疲れさまでした。



カプアは、ご質問をいただいた方は何人かいらっしゃいましたが
昨日の時点で、お申し込みはありませんでした。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

里親会にいらっしゃった皆さまどうもありがとうございました。
コメント (10)

近所のお店

2007年11月03日 22時15分30秒 | カプアンのグルめぐり
今週は、妻も私も仕事の疲れで、疲労困ぱいだったので
昨日は、何かうまいものを食べに行こう、ということになりました。
近所には、ワンコと入れる店がなかなか無いのですが、一軒だけありました。



トラットリア ピッツェリア エッセ ドゥエさん
小さくて、カジュアルな雰囲気のお店ですが、本格イタリアンが楽しめます。
テラス席は、ワンコもOKです。



自家製ソーセージの網焼き 白いんげん豆のサラダ添え 



私たちのは? 残念ながら、キミたちのごはんはありませんよ。



ポルチーニ茸のクリームソースを和えたフェットチーネ



マネージャーの星さんは、動物好きな方です。



フルーツ添えパンナコッタ おいしゅうございました。



ピッツアイオーラ(ピッツア職人)の佐藤さん(左の方)は
ナポリ、シチリアで修業を積んだ本格派です。
テラス席はピッツア窯の前ですので、佐藤さんの仕事ぶりを
間近で見られます。

カプアは人間のレストランに入ったのは、初めてだったかも
しれませんが、おおむね、お利口にできました。
ガウガウばかりしないで、がんばって、レディになってね。


明日は福生の里親会↓です。きょうは早く寝ないと
おやすみなさい。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 ←ポスター、クリックで拡大します。

明日は「第2回千葉WANプチ里親会in多摩」が開催されます。
お天気もよさそうですね。カプアも予定どおり参加します。
お散歩がてら、是非お出かけください。
詳細は、http://chibawan.exblog.jp/(←こちらをご覧ください)


コメント (2)

秋の風物詩

2007年11月01日 12時24分45秒 | カプアとアンジェロの紹介
もう、きょうから11月ですが、妙に暖かいですね
いまは春だったかな? と混乱してしまうアンジェロパパです。

先日、某所を散歩中にカプアがこんな顔になりました。



地方により呼び名はいろいろあるようですが
いわゆる「ひっつき虫(草の実、種)」です。
細かい虫が顔に沢山ついたのかと思い、一瞬鳥肌がたちました。



アンジェロも!

手で取ろうとすると、ベタベタして不快ですが
クシで、すけば取りやすいそうです。
この季節は、散歩中、クシを持参したほうがいいですね。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 ←ポスター、クリックで拡大します。

今週末の日曜日「第2回千葉WANプチ里親会in多摩」が開催されます。
カプアも参加します。お時間がございましたら、是非お出かけください。
詳細は、http://chibawan.exblog.jp/(←こちらをご覧ください)



Grick株式会社様のご協力により、先日ご紹介した「Dog in the cafe カレンダー 2008年版」を
千葉WAN里親会会場(篠崎会場のみ)やチャリティフリマ、BLOOMさん店頭(11月19日より)
で販売いたします。この3ヶ所で販売するものは、カレンダーの売上金を、保護された犬猫の医療費
としてご寄附いただけることになりました。Grick株式会社様ありがとうございます。



コメント (6)